小さな「課題のクリアで気を良くする」の図 ( ´ー`)

2018-07-08_DSC08108.jpg
7月8日(日)の朝は台風一過のような晴天。
今週は西日本で記録的豪雨が続いて各地で甚大な被害が出ているが、報道を見る限り奈良県では大きな被害はなさそうだ。

2018-07-08_DSC08086.jpg
気温もあまり高くなく、二度目のシュギョーに出発した。地元の竜田川もあまり水位が上がらずに済んでいるようだ。

2018-07-08_DSC08088.jpg
二年前くらいから出来ている、椿井交差点のイタリア車の中古車展示場。ここは開店当初からまったく商売っ気がなく単に中古車の倉庫的な場所のようだったのだが、最近になってようやく価格表示するようになった。いつもはクルマで通過するだけのため確認しようがないのだが、今日は自転車の気楽さで価格チェックしてみたら、アルファ145が115万円でフィアット500が79万円になっている。
ミントカラーの500の方はそんなもんかなという価格だが、ホワイトの145はけっこう強気なのだなぁ・・・とちょっと驚いた。(。゚ω゚)
このアルファ145はとても魅力あふれるクルマで、一時欲しいクルマのリストに入っていたほどなのだが、それにしてもだいぶ古いもんなぁと調べてみたら、最終型でも2001年式なのだった。相場は良く分からんが、このお値段で果たして売れるのか・・・(*´~`*)

2018-07-08_DSC08091.jpg
ところで。本日の主目的のひとつは、斑鳩町にあるサイクルランドショップで変速機の修理依頼。しかし着いた時は開店前だったので、法隆寺に足を延ばす事にした。天候のためか時間帯のためか分からないが、先着の観光客は数えるほど。
そして、案の定そのほとんどが中国や韓国の方々でした。こちらも10時の開場前で入れないしで、そそくさと退散。(*´~`*)
時間を潰してサイクルショップに舞い戻ったら、ワイヤーだけでなく変速レバーユニットも交換の必要ありとの診断で料金5,000円の提示。
作業時間も一時間位みてほしいとの事。ワイヤー交換で15分1500円程度の見込みだったので今回は保留とした。(*´・ω・)

2018-07-08_DSC08093.jpg
さて。前回のテーマであった坂道地点だが、そのすぐ横に並行している同程度のターゲットを発見。
・・・じゃなくて、単純に先に視界に入っただけ。どうみても同条件で少し距離もあるように見え、トライしてみた。
結果は、何と無事クリアで更に(わずかだが)10mくらいは進める余裕さえあった。あれ ? まだ二回目なんですが・・・(;`ー´)

前回は登りきっただけで精魂使い果たした状態でヘロヘロだったのに、大した進歩である。とはいえ、大してトレーニングもしてないのにこの短期間で大幅に身体能力が向上したはずがなく・・・理由として考えられるのは、初回とルートと距離の違いもあり、ここにたどり着くまではけっこう脚力の余裕が残っていた事と、登坂時の"ペース配分"が少しだけ身についたという点。といっても大した事はしていない。
今回は中間地点まで少し余裕があったため、後半にかけて80%程度の踏力でペダルを踏んで進めるだけ進み、加速度的に負荷が増大するゴール近くで95%のパワーとしただけ。残りの5%とは、もうちょっとだけ進もうと思えば進めたかも、という程度の事だが。
たった100数十メートルの区間とはいえ、前回は中間地点から100%の踏力をかけていたのだった。それと、スタート前からの平坦路で思い切り加速してその勢いで・・・というのはこの程度の距離でさえ結果的にほとんど意味がない事も学んだ。(*´・ω・)

2018-07-08_DSC08096.jpg
すると、次の課題はこの"三里"地区での、「三洋堂書店」前のこの地点から「よってこ屋」ラーメン店までの長い登坂路。

2018-07-08_DSC08097.jpg
はい、ムリでした。そんなに甘くはないよな。(*´~`*)
途中4速まで落としてみたが、やはり完走は出来ず2分ほどの休憩タイムが必要だった。ま、あとのお楽しみという事で。

2018-07-08_DSC08102.jpg
帰宅途中の田圃道で出会った、変わった花。

2018-07-08_DSC08099.jpg
これ、モニタではちゃんとジャスピン表示されていたのだが・・・最近こんなのが増えている。( ≧Д≦)
ここ一年ほどで"RX100M3"で、ピンぼけ頻度が無視できないレベルになって来ているのだ。

2018-07-08_DSC08104.jpg
帰宅ゴール前はちょいとルートを変えて、平坦路を含めてみた。やっぱりラクです。( ´ー`)

2018-07-08_DSC08106.jpg
今日は帰宅後もいくらか余裕があり、決めてみた。こうして横からみると、あと5kg程度の減量は必要なのだと良く分かる。(*´・ω・)
まぁ、特にいかしたファッションではないのも分かってるが実用性優先。前回炎天下で走行してひどい日焼けに見舞われた反省を生かし、重ね着スタイルとしたのだった。もちろん効果てきめんでまったく日焼けの被害はなかった。
今回も30度超で湿度も低くない気候だったが、重ね着しても心配(期待か !?)していたような汗みどろ状態とはならず、最近の機能性スポーツウェアの性能は素晴らしいと再認識出来た。( ´ー`)
関連記事

坂道考察

エラそうなタイトルだが、先日挑んだ坂道について客観的なデータを知っておきたくなったもので。
やはり、具体的な数値目標というのがモチベーション維持に重要な要素という事もある。
結論からいうと、角度にして約4.8度のようだ。
何となく、自転車では5度くらいが一般的なキツイ坂道という事くらいは認識していたが、ドンピシャでした。

2018-07-06_勢野北口付近の急勾配
もちろん目測で角度なんて分かるわけがなく、困った時の Google 様にお願いした。
それによると、"START"地点の標高がちょうど50mで、ゴール地点が60m。偶然だが計算しやすいデータが表示された。
坂道の角度を知るには、まずはパーセントで表される勾配を計算しなければならない。
これはカンタンで、高さを水平距離で割るだけ。水平距離100mで高さ1mとすると、1%となる。
今回の例では、水平距離約120mに対して10mの標高差なので、勾配は10÷120=約8.3%。
しかし、その後が大変。勾配から角度を割り出すにはちょっと高度な数学の知識が必要な事も分かった。
答えはアークタンジェント。昔懐かしい三角関数の兄弟みたいなもんで逆三角関数と呼ばれている。もちろん、その名前が分かったからといっても実際の計算方法なんて知らないし、どうする !? (;`ー´)
「そうだ、関数電卓があれば良いのだ !」 といってもそんなの持ってないが、最強の電卓"Excel"なら一発だろう。

2018-07-07_勢野北口付近の急勾配2
さすが、そのものズバリの ATAN という関数はあったが、結果が勾配と変わらないと思ったら、この関数が返してくるのは単位が ラジアン なのだった。これを角度に変換再計算するための DEGREES という関数も用意されているのだった。これで一件落着。
で。画像をアップした後で気がついたが、それなら計算式は =DEGREES(勾配のセル) で良いのだった・・・(;`ー´)

そして、当面の目標としている自宅近辺の最もキツイ坂道も、水平距離500mで高低差40mである事が分かった。約4.6度である。
あれ ? 結局は例の坂とほぼ一緒だったか・・・たしかに、今の脚力では登坂出来るのは100mくらいが限度なので合ってるな。
もちろん変速機を最大限活用すれば限界距離を延ばせるのは当たり前だが、現時点で 1~3の低速ギヤは使用不能だし、あえて5速のままでシュギョーを続けてみる事に決定。あまり時間がとれないので、負荷をかける事が肝要でしょう。さて出来るかな ? ( ´ー`)
関連記事

簡易メンテなんす その1(クリーニング)

雨天続きという事もあり、早くも小休止となってしまった。屋内トレーニングというテもあるが、まだそこまでは・・・(;`ー´)
という事で。その前にさすがに汚いマシンを何とかしなくては、とクリーニング開始。

2018-07-04_DSC04647.jpg
「ピカールとシリコンスプレーがあればカンタン。」と意気込んでみたが・・・

2018-07-04_DSC04648.jpg
せっせと作業したものの、まったく効果なしで早くもギブアップ。(´д`)
※白っぽい部分は、何度も塗り直したピカールの残骸
そこで良く良く考えて調べてみたらば、"ピカール"は金属磨き用品であって、錆落としの効能はない事が分かった。
そういえば、以前にレコードプレーヤーのターンテーブル磨きでまったく効果がなかったのを思い出したぞ。( ;´・ω・`)

2018-07-04_DSC04652.jpg
そうと分かれば、手持ち品にこだわっていられない。ホームセンターにひとっ走りで専用品をゲット。約1000円。

2018-07-04_DSC04653.jpg
ゲル状なので塗りやすいとはいえ、ブラシがないとちゃんとした作業はムリ。
「素早くサビを分解」との謳い文句だが、これまた全然効果がない !! アタマに来て返品しようとして、小さな文字の説明書きを読み直してみたら、分かりにくい位置に「5~10分程度待て」と書かれてあった。おい ! どこが"素早く"なんや !! ゴルァ !!(*`Д´*)

2018-07-04_DSC04656.jpg
たしかに、塗り直してから10分程度放置してみたら見事にサビが流れ落ちていた。返品しなくて良かった。( ゚∀゚)

2018-07-04_DSC04659.jpg
2~3回作業を繰り返すと、見違えるようなキレイな状態に !!

2018-07-04_DSC04657.jpg
しかし、材質の違いによるものか、チェーンホイールにはまったく効果がなかった・・・

2018-07-04_DSC04662.jpg
腐っていたグリップも撤去し、各部みっちり時間をかけてクリーニングし、かなり見てくれは良くなった。( ´ー`)
それにしても、20年近く所有していてタイヤがあまり減ってないのは、いかに置き物状態が長かったを象徴している・・・
関連記事

楽しいサイクリング ? と平群町ミニリポート

サイクリング修行の帰り道、平群町のミニレポートといこう。いつでも思い立ったらすぐに撮影出来るのもサイクリングの楽しさ、かな。

2018-07-01_DSC08054.jpg
平群パイパス沿い「BIGエクストラ」のすぐ南側にある、お気に入りのガソリンスタンド兼コンビニ。

2018-07-01_DSC08055.jpg
ここは広くてキレイで設備も充実しているし何といっても肝心のガソリン価格が安くて全般的にサービスが良いのが魅力。近隣のガソリンスタンドの中でもトップクラスの安さ。奈良市や東大阪市周辺の店から10円以上も安いのです。
併設のセブンイレブンでナナコにチャージして支払いするだけでこの価格、しかも店内でもらえる割引券で更に2円引きとなる。
つまり ハイオクガソリン142円 という、現時点の全国平均レギュラーガソリン(152円)よりはるかに安い。( ゚∀゚)

2018-07-04_DSC04658.jpg
「更に更にですよ!!」と、TVショッピングばりに叫びたくなるのが、併設のセブンイレブンで指定の日に5000円のナナコチャージすると、粗品をいただけるようになっている。もちろん高級品ではないエコノミータイプだが、フツーに買うと200円くらいはする商品。
確実にここでガソリン給油するためチャージによるデメリットはなく、せっせと5000円ずつチャージしているこの頃です。(;`ー´)

2018-07-01_DSC08056.jpg
そんなわけで、二年ほど前にこの店が出来てからは以前の"ガソリン価格定点観測"地点としていた店にはまったく足(ハンドル)が向かなくなってしまった。悪いけど、最近めっきりおカネに細かい性格になってしまったのでね。(;`ー´)

2018-07-01_DSC08057.jpg
さすがに日曜日の昼過ぎとあって久々に目にした「丸亀製麺」の店外まで延びた行列風景。たしか毎月1日は"釜揚げうどん"半額デーだったが、今でもそうなのかどうかは知らない。ま、元々激安の290円が半額になるだけだし・・・自分は大好きですが。( ´ー`)

2018-07-01_DSC08062.jpg
平群町のど真ん中にある、近鉄生駒線平群駅。駅の前後はいずれも単線。どこにでもあるようなローカル臭ぷんぷんである。( ´ー`)

2018-07-01_DSC08064.jpg
しかし、以前はいかにも田舎の駅という風情だった駅前周辺は一連の整備計画によって一変。たしか一年くらい前からこんなに立派な風景に様変わりしている。

2018-07-01_DSC08065.jpg
整備されてからも一向に商業施設が誕生しない中、地元の手作り教室兼カフェとして頑張っておられるお店。

2018-07-01_DSC08068.jpg
典型的な"片田舎の小さな町の小さな電気屋さん"だった店も、整備計画の恩恵によってこんなに大きく立派に生まれ変わっている。

2018-07-01_DSC08070.jpg
こちらも。以前のこの地域では考えられなかった総レンガ輸入住宅風の造り。やっぱり土地持ちは良いなぁ、と単純に羨ましかったりもする。
そうそう、この地域にムカシから信用金庫がある事も知らなかったのだった。

2018-07-01_DSC08074.jpg
ここは以前とまったく変わっていない。今は新築郵便局隣で、どうみても地域の新興宗教の本尊だと何となく思っていたのだが・・・

2018-07-01_DSC08073.jpg
表札を見たら、れっきとしたお寺のようで・・・( ´ー`)

2018-07-01_DSC08075.jpg
平群町は緑豊かな自然に恵まれた街です。

2018-07-01_DSC08076.jpg
ふと田んぼを撮りたくなるのは写真の師匠の影響だが、未だにまったく足元にも及ばないのが恥ずかしい。
同じ風景であっても、「きれいに撮れている」のと「画になっている」のとは意味合いが全然違うのだが、その事に気付かされただけでもラッキーではあります。と分かったような事を云いつつ、いつになったら追いつけるのか・・・ひょっとしてムリ ? ( ´ー`)

2018-07-01_DSC08077.jpg
これまた一年以上も前から、立て看板だけが存在していた製菓工場の建設がようやく始まっていた。

2018-07-01_DSC08079.jpg
その隣は、一足早く完成していたガレージメーカーの"工場"。
何と、世の中には"Garage Life"という自家用車のガレージ専門誌が存在しており、そこに大きな広告を出している会社なのだ。

2018-07-01_DSC08080.jpg
で。そのすぐそばの平群町きっての人気ラーメン店。この日は当然駐車場も満車。手前が空いてるのは撮影時の一瞬だけだった。

2018-07-01_DSC08082.jpg
自分の本当のターゲットは、この「よってこ屋」の前後の長い坂道。現時点でも、一番奥の方の平坦路からここまでは何とか登って来られるのだが、ここを過ぎて自宅のある丘陵住宅地から自宅に至る500mほどの勾配が今風の表現で"半端ない"エリア。( ;´・ω・`)
ここをノンストップでクリア出来るまでは今のスポーツサイクルで頑張るつもり。毎日は出来ないし、まぁ三ヶ月はかかるかも・・・

ロードバイクへの挑戦はその後と、あえてそう決めている。
まぁ、自分なりに思うところがあって不利な条件での修行を選んだというわけです。( ´ー`)
関連記事

楽しいサイクリング ? (;`ー´)

2018-07-01_DSC08019.jpg
意気込んだところで、いきなりしんどさを伴う修行なんかにチャレンジしても長続きするはずがないのは自分で分かってる。(;`ー´)

2018-07-01_DSC08010.jpg
7月になったばかりというのに、出発時の気温がすでに30度を軽くオーバーし、体感的には35度 !
湿度もかなり高く、とても快適サイクリングなど望めないが、汗をかく事が目的なのであえて最悪の時間帯にシュギョーに出たのだ。
とはいえ、この気候なのでスタート時くらいは涼しげでラクな環境をと「竜田川」沿いのサイクリングロードでウォーミングアップ。


2018-07-01_DSC08023.jpg
長年放置していて"愛車"もないもんだが、汚れてしまった外観とは関係なく、今のところは快調に相棒をつとめてくれている。( ´ー`)

2018-07-01_DSC08023.jpg
気分良く竜田川ロードを抜けるとすぐに「大和川」に遭遇する。名前の通り、奈良県最大の一級河川である。
※竜田川だって、しょぼい割に一応は一級河川 ( ´ー`)

2018-07-01_DSC08025.jpg
"よく整備された河川敷"と書きたいところだが、実際にはジョギングロードがつぎはぎだらけという感じでこんなにきれいな場所は多くないのだった。この辺りはたしか三年前くらいにも来ているが、それからほとんど進歩していない。(;`ー´)

2018-07-01_DSC08027.jpg
大和川沿いをしばらく走行すると出発後一時間くらい。気候もますます悪いし、ムリはせずそろそろ帰路につく事にした。
すると、何となく見覚えのあるような住宅地が目に入った。

2018-07-01_DSC08028.jpg
「これは・・・」

2018-07-01_DSC08038.jpg
昨年10月の"台風の爪あと"というのが未だにそのまま残っている悲劇の現場だった。通勤に利用している近鉄生駒線は、この影響(徐行運転)でいまだに臨時ダイヤが続いているのである。

2018-07-01_DSC08043.jpg
ローカルニュースで何度も目にしてはいたが、間近で観るのは初めて。やはりすさまじい光景である。
興味本位の好奇心で取り上げて良いものであるはずがなく、関心はあってもこれまでスルーして来ていたのだが・・・
「念願の戸建てマイホーム」の悲惨な姿は,このような地形の上に建っている住宅の住民にとってはまったく他人事ではないだろう。
驚くべきは、すでに一年間近く経過しているというのに、責任者が確定しないため全然復旧が進んでいないという事実。
せっかくの新築住宅に住めないまま、おそらく多くの住民がこの間も仮住まい家賃に加えて重い住宅ローンを支払い続けなければならないのだろう。一時的な救済措置はあるのだろうが、人生を狂わされた被害者の方々の心情は察するに余りある。

2018-07-01_DSC08046.jpg
さてと。スタート時から念頭に置いていた坂道に挑戦してみよう。自宅近辺にもそれなりにきつい勾配の坂道はあるのだが、折り返し点に近い場所にあるこの難所をあえて選択してみたのだった。
写真では表現しにくいのだが、大した距離ではない。しかし、この角度は初心者にとってはけっこうキツイものがある。
あえて5速のままでトライした結果は、何とか頂上をクリア出来た。しかし、本当にギリギリセーフの状態。( ≧Д≦)

2018-07-01_DSC08049.jpg
残っていた体力を使い果たしてしまったというほどのヘロヘロ状態になってしまい、小休止する事にした。過疎地らしく、100円の自販機があちこちにあるのがありがたい。

2018-07-01_DSC08052.jpg
グロッキーの時はビール、じゃなかった。水分補給に限ります。とりあえずはラムネで一息。
ボトルがピンぼけではないかって ? そんなの気にする余裕はまったくなし。 (;`ー´)
関連記事

≪PREV | | NEXT≫