FC2ブログ

唐招提寺

2018-09-02_DSC08793.jpg
近場の名所旧跡で未訪問の場所はまだまだあるので楽しみは尽きない。( ´ー`)

2018-09-02_DSC08795.jpg
「東大寺」に比肩する世界遺産の「唐招提寺」。言うまでもなく建立したのは大偉人の鑑真和上。
中国(唐)の僧侶でありながら、5度にも及ぶ渡航の失敗と失明というすさまじい苦難にも負けずついに来日を果たし日本に仏教を確立された、という逸話は日本人なら誰でも知っている ? ・・・はず。( ´ー`)

ただし、なぜそれほどまでの使命感を持って来日されたのかという背景事情と、晩年の10年間を日本で過ごし、その前半を「東大寺」と後半をこの寺で過ごして生涯を終えたという事くらい学んでないと、"世界遺産"だからというだけではこの寺院に拝観する意味はあまりないだろう。
とエラそうに書いたって、自分でもすっかり忘れていたので事前にネットでさらっと学習し直してからやって来たのだった。(;`ー´)

2018-09-02_DSC08797.jpg
600円の拝観料を払って、金堂へ。屋内は重要文化財を保管するほとんどの寺院と同様撮影禁止なので、撮りたい衝動をなだめながら、ここに安置される三体の仏像をおごそかに拝観しよう。

2018-09-06_唐招提寺金堂
隠し撮りするわけにもいかないので、Wiki から借用した。「東大寺」と同じく"盧舎那仏"がここにも安置されている。"東大寺版"とは異なり、背後に864体(元は1000体あった?)の仏を従えている。良く見ると手のポーズも違いますな。
見事な仏像は左から"千手観音立像"、"盧舎那仏坐像"、"薬師如来立像"。いずれも身長5メートル超の大きな仏像である。
写真を撮れないストレスは間違いなくあるが、しかしこのおごそかな空間の中、すぐそばで動き回ってシャッター音を立て続けるヤツが何人もいるという様子を想像したら、たしかに"撮影禁止"としたくなるという矛盾も感じる。( ´ー`)
それはそれとして、例外的に撮影自由となっている「東大寺」の英断にも感心するばかりである。

2018-09-02_DSC08800.jpg
「開山堂(かいさんどう)」。ここには"御身代わり像"がある。
「御影堂」に安置されている、国宝指定の"鑑真和上坐像"が年に数日間しか拝観出来ないためにいつでも拝観出来るようにと、現代の渾身の技術力により、コピーでもクローンでもない分身のような見事な作品となっている・・・らしい。

誰でも知ってるような上っ面だけのウンチクはこれくらいにしてと・・・(;`ー´)

2018-09-02_DSC08801.jpg
鑑真和上が永眠する「開山御廟(かいざんごびょう)」への道。

2018-09-02_DSC08805.jpg
2018-09-02_DSC08807.jpg
以下、公式HPからの引用

同時期の高僧の中では唯一、1250年の永きに亘って、参拝する人が途絶えません。現在は御廟前に和上の故郷・揚州から贈られた瓊花が植えられ、初夏にその可憐な花を咲かせます。

2018-09-02_DSC08814.jpg

2018-09-02_DSC08815.jpg
再び「開山堂」。"御身代わり像"であってもやはり撮影禁止は変わらず。
おそらく、遠方から撮影しようとする不届き者を排除するための偏光ガラス(?)によって守られている。

もちろん「唐招提寺」に限らず、寺院建立の背景を少しでも知ってるのと全然知らないのとでは、拝観する行為の意味合いに大いなる差異がある事は言うまでもない。予習は欠かせないな、とあらためて肝に銘じて今回はおしまい。( ´ー`)
関連記事

シュギョーの終わり

自転車シュギョーを始めてからちょうど二ヶ月が経過したのを機に"シュギョー"を止める事にした。
"シュギョー"と称して、8%-10%程度の登り坂でいつもヒィヒィと苦しんでいたのは、体力のなさ以上に、せっかくのクロスバイクの変速機を活用していなかったのが最大の理由だった。その内情はというと・・・

2018-09-04_DSC04718.jpg
"R3"の変速機はフロント3段・リヤ8段となっているが、このうちのフロントは2速固定でリヤも4-8速までしか使っていなかったのだ。
そんな状態で坂道がしんどいなんて「アホやんけ !!」なのだが、当面は前任者のシティサイクルと同条件で開始すると決めていたのだ。
そうしないと、シティサイクルからクロスバイクに乗り換えてから成績が向上したとしても、それは体力向上の成果なのかマシン性能の差によるものなのかの判断がしにくいと考えていたのだった。
アホらしいこだわりなのは認識していたが、とにかく一ヶ月間は同条件で走行してみる事が出来たので今後はフツーに走る事にした。

CyclingMap0902.jpg
今回は奈良市方面の周遊ルート。
スタートのA地点からB地点まで延々とアップダウンが続くため敬遠しがちだった難コースだったのだが、今回からは
勾配8%を超えたら迷わずフロントインナーに切り替え
と決め、リヤもこまめに変速するというフツーの走行をしてみたらスタミナ消耗がかなり軽減されて最大心拍数も140程度だった。
これまでは出かける前から気が重かったのだが、今後は気にせずルートを選択出来るようになるな。( ´ー`)

2018-09-02_DSC08769.jpg
「平城宮跡」を後にする前に、しばらくは快適なサイクリングロードを楽しめた。広大な敷地内の自転車用通路は路面がフラットで玉砂利のゴツゴツ感がまったくなくすべるように走行する事が出来るのでとても気持ちが良い。

2018-09-02_DSC08817.jpg
帰り道で選んだのが以前から走ってみたかった「秋篠川サイクリングロード」。これも非常に良く整備されたサイクリングロードで「平城宮跡」に匹敵する快適さだった。もっと早く来てみるべきだったな。( ´ー`)

2018-09-02_DSC08822.jpg
距離そのものは大したことないのだが、奈良市内~大和郡山市~斑鳩町手前までをつないでくれる貴重なルートではある。

2018-09-02_DSC08823.jpg
フツーに変速機を駆使するようにしたおかげで、自宅前の"地獄坂"も単なる"きつい坂"と呼べるようにはなったが、10%という負荷がかかる事に変わりはなく、ここだけは心拍数160となってしまう。ただし、シュギョーを開始した頃は帰宅してから一時間位は再起不能状態だったのが、今では5分程度で回復するようになった。そんなわけで"シュギョー"は終わりました。( ´ー`)
関連記事

シュギョーの終わり / 平城宮跡

2018-09-02_DSC08746.jpg
9月2日朝、外気温は26度。
7月1日から自転車シュギョーを開始して以来、初めての「風が涼しいと感じる」まともな気候となった。( ´ー`)

2018-09-02_DSC08748.jpg
本日のルートは奈良県民となってからも未踏だった「平城宮跡」と「唐招提寺」を巡る観光コースとした。
出発後30分足らずで富雄川沿いのサイクリングロードに到着。苦手な"北側ルート"なのだが、本日は変速機を駆使してスタミナ消費を最小限に抑えているので元気いっぱいである。( ´ー`)

2018-09-02_DSC08751.jpg
快調に走行して「近鉄尼ヶ辻駅」到着。

2018-09-02_DSC08753.jpg
9時0分スタートなのだが、ちょこちょこと停車しなければならないルートなので、走行時間は約半分の24分となっている。( ´ー`)

2018-09-02_DSC08759.jpg
「朱雀門ひろば」まで10分とかからず到着。

2018-09-02_DSC08760.jpg
浮かんでいるだけでまったく動かない"遣唐使船"。動かないのはともかくとして、"朱雀門"もそうなのだがこの真新しいキレイな復元品を目にしても歴史の重みがないため何の感慨も沸かないのは仕方ないよな・・・( ´ー`)

2018-09-02_DSC08762.jpg
とはいえ付帯施設は新しい方が良いのも間違いない。「天平うまし館」は空調の効いた館内に休憩所や快適なトイレも完備されていて休憩にはもってこいでありがたい。( ゚∀゚)

2018-09-02_DSC08755.jpg
自撮り失敗・・・(;`ー´)

2018-09-02_DSC08765.jpg
だだっ広い敷地にぽつんと建つ「朱雀門」。これまでこのスポットに足が向かなかったのは、広大な敷地内にごくわずか点在するだけのスポットのためにかなり歩かねばならないのが最大の理由。しかし、自転車ならノープロブレム。( ゚∀゚)

2018-09-02_DSC08788.jpg
と思ってたら、突然こんなのが現れた・・・(。゚ω゚)

2018-09-02_DSC08789.jpg
これが"セグウェイ"か。実物にお目にかかるのは初めて。なるほど、これがあれば移動も苦にならんな、料金は知りませんが・・・

2018-09-02_DSC08790.jpg
まだまだ新しい朱色の塗装が青空に良く映えている。

2018-09-02_DSC08792.jpg
しかし、「朱雀門」を通り抜けてもその先には見事に何もありません。( ´ー`)
はるか彼方に「第一次大極殿」なる建物はあるそうだが・・・特に見てみたいとも思わないので「平城宮跡」はこれでおしまい。
関連記事

ブログ記事で画像のリンクをさせない方法

この記事はブログの閲覧者の方ではなく、作成者のためのものです。

Webブラウザの基本機能として、マウスポインターは通常は FC2EDITOR4.png だが、リンク設定された写真などでは FC2EDITOR5.png に変わる。
アイコンが指先に変わった時にクリックすると大きいサイズの写真等が表示されるという、おなじみの機能である。
FC2ブログでは、写真をアップロードして記事内に挿入すると必ず元画像へのリンクが同時に生成されるため、通常は何もしなくても良い。
しかし、本ブログのように写真サイズが大きめで、リンクをクリックして拡大という動作をさせたくない場合は工夫が必要となる。
なぜなら、指先アイコンをクリックしても同サイズの写真しか表示されないというムダで不親切な動作結果を排除したいからである。
記事への画像挿入時に"リンクを作成しない"というオプションがあれば良いのだが、未だに用意されないので仕方がない。

FC2ブログのサムネイル画像があまりに汚いため、表示品質を確保したい場合は、本文用と拡大表示用の二種類の写真をアップロードするようにしているのだが、あまりに面倒くさい。何しろ拡大サイズが必要となるような写真は最近はほとんどないという事情もある。(;`ー´)
つまり、マウスポインターを写真の上に移動しても矢印ポインターのままであり、クリックしても何も起こらないようにしたい。
それには、写真を記事に挿入して自動付加されるリンク情報を削除してしまえば良いのである。これでアイコンが変化しなくなるし写真の上でクリックしても何も起こらない。本ブログではほとんどの記事でこうなっている事に気づいた人も多いだろう。え ? 誰も気づいてなかった ? (;`ー´)

2018-07-08_FC2EDITOR.png
これはFC2の記事エディターで画像を挿入したところ。
最初のうちは便利に感じるFC2の記事エディターだが、慣れてくると非常に使いにくくて仕方がなくなってくる。何といっても表示されるフォントが小さすぎてもサイズ変更する事も出来ず、それだけでもイライラする。もちろんフォントそのものも変更出来ない。

さて、ここで必要な処理としては、写真のリンク情報を削除するために <a href= から、次の <img の直前までの部分を削除してやれば良い。
ただし、写真数が多くなると加速度的にストレスがたまって来る。限られたエディターのエリアの小さなフォントにイライラしつつ、根気良く慎重にマウスを操作しつつ該当部分を削除するという単純作業を強いられるためである。(;´Д`)
画像アップロード画面でリンクを付加しないというオプション機能がないため当初は記事の公開前に延々とこのイヤな作業を行っていた。
「何でそんな面倒な事を ?」なのだが、大げさにいうと自分の"美学"なのだから仕方がない。(`・ω・´)

そんなわけで、ストレス解消のため本ブログでは数年前から記事を別のテキストエディターソフトで書いている。
文章作成と編集のためのテキストエディタとしては優れたフリーソフトが多数公開されていて、自分が愛用しているのは"Mery"。
多くのテキストエディタにはベンリなマクロ機能が装備されている。これをうまく利用すれば自動化が実現するわけ。

2018-07-16_FC2EDITOR2.png
要領としては、FC2のエディタの画像挿入機能を利用して、画像処理部分だけを先に生成してしまい、そのままカットアンドペーストで"Mery"へ移動し、保存してあるマクロ(簡単なプログラム)定義ファイルを実行するだけ。

2018-07-16_FC2EDITOR3.png
見事、F4キーのひと押しだけで一瞬にして記事内容が注文通りに不要部分を削除して自動編集された。( ゚∀゚)

マクロ定義ファイルを作成するには、キーボード操作を記録できるキーボードマクロ機能を利用するのが手っ取り早い。
というより、ゼロから作成するには、それなりのプログラミング知識がないとムリなのだ。
※この"Mery"の場合は"JavaScript"というプログラミング言語が元になっている

実際の操作としては、次のような単純作業の繰り返しとなる。

  1. <target= "_blank"> 部分を先頭から検索
  2. 検索された行の先頭頭までを選択状態にする
  3. 選択した部分を削除
  4. <target= "_blank"> 部分が存在する間は最初から繰り返す

1. から 3. まではキーボードマクロ機能で作成出来るので、4.の繰りかえし部分のみ追加する

改良したプログラムコード。もちろん意味を理解しようとする必要はないし、"JavaScript"でマクロが動作するエディタであればこのままコピペしてもらってもたぶん動作すると思います。うまく行かなかったらごめん。( ´ー`)


document.selection.StartOfDocument(); // 文書の先頭にカーソルを置く
var 検索語=&quot;target=\&quot;_blank\&quot;&gt;&quot;; // 検索語を変数にセット
for(N=0;N&lt;100;N++){ // 以下は同じことを100回繰り返す
if(!document.selection.Find(検索語, meFindNext)) {break;} // 検索に失敗すると処理を中断
else{
document.selection.GetBottomPointX(mePosView); // 検索語を選択してその最後にカーソルをセット
document.selection.StartOfLine(true); // そのまま行頭まで選択状態にする
document.selection.Delete(1); // 削除を実行
}
}
関連記事

再び激坂に挑む

ちょうど一ヶ月前に初の挫折を経験した「矢田山の激坂」。
特に決まりはないようだが、"激坂"と称する定義は"自分の能力では30mも進めない"というところかな。( ´ー`)

2018-08-26_DSC08709_20180827212335242.jpg
前回と同じ地点なのだが、ありゃりゃ ? 平坦路にしか見えない !? コンデジでいい加減に撮った結果である。(;`ー´)

2018-08-27_P1090128.jpg
広角のままでは坂道が坂道として描かれない、という常識を思い出して撮り直してみた。それらしくなったかな・・・( ´ー`)
再訪問した理由は、前回がシティサイクルの"METRO"での体験だったので、はるかに強力な性能である今の"ESCAPE R3"で再挑戦してみる価値はあるかもと思い直して、のこのことやって来た。

2018-08-27_P1090143.jpg
前回は書いてなかったが、この激坂スタート地点にたどり着くまでにもけっこうスタミナを奪ってくれる600mほどの登り坂がある。

2018-08-27_P1090142.jpg
サイクルコンピューターでは斜度7-8%と出るレベルだが、ここまではそれほど苦にならないほどに自分もマシンも能力アップした。
前回はここまででさえ一度休憩しないと登りきれなかったのだ。・・・といっても、これはマシンの差によるところが大きいだろう。

2018-08-26_DSC08710.jpg
もちろん一ヶ月程度で脚力が大きく向上したわけでもなく、激坂に対してはシティサイクルがクロスバイクに変わったというだけでは歯が立たない事に変わりはないので、スタート地点からは多段変速機の能力を活用する事にした。フロントはインナーの38T、リアは2速の28Tにセット。
こんなギヤ比では当然カメのように遅くなるが平坦路ではペダルが空転しているかのように踏力が軽くて抵抗がない状態となる。
さてさて・・・これでどこまで行けるのか。

2018-08-27_P1090129.jpg
この間のシュギョーの成果か、今回は激坂に直面しても「まったく歯が立たない」とまでは感じない。( ´ー`)
そして、なんとか100mほど登ったところで「これはひょっとしていけるかも・・・」と希望を持ったのだが・・・
さらに50m近く進んだところで俄然勾配が厳しくなり、一時停止せざるを得なかった。しばし休憩の後に再挑戦したがやはり50m程度しか進めず、停止するだけで精一杯。激坂途中での再発進はムリだし危険さえ感じたためそこでシュギョーを中止した。
何しろこんなクルマ一台分程度しか道幅がない地点でも数分間に一台くらいの頻度で車の往来もあるのだ。一応国道だし・・・(*´・ω・)

2018-08-26_DSC08715.jpg
押し歩きでたどり着いた頂上付近の風景。今回も走破は不可能だったが一応満足ではある。何しろここにたどり着くまであと100mほどという地点くらいから一段と勾配が激しくなり、サイクルコンピューターの 勾配計は実に18% を指していた。( ≧Д≦)
今の自分の能力では完走出来なくて当たり前ともいえる。前回はスタート地点から10mも進める気がしなかったのだし、休みつつとはいえ三分の二くらいまで来れたのは上出来としておこう。

サイクルマップ0827
帰ってから"ルートラボ"で調べてみた。やはり"距離344m・平均斜度15.3%・最大標高差57m"となっている。
やはり当分は近づかない方が良さそうと総括。来年の春くらいまでには何とか・・・(*´・ω・)
関連記事

≪PREV | | NEXT≫