FC2ブログ

光熱費レポート その 2

年も変わり、データがかなり充実して来たので、久々の光熱費レポート第2弾です。
グリーンのラインが入居後のデータです。
わたしは24時間空調が外断熱住宅の必須条件と認識しているのですが、家計管理者である恐妻はどうしても従来の生活習慣から脱皮出来ず、相変わらずの随時局所空調を続けています。
何しろ、床暖房のタイマー運転さえもほとんど切られてしまう情けない生活・・・(^^;)
さて、高気密住宅の真価が問われるのは夏期よりも冬期だと予想していましたが、やはり大きな差が出ました。
テキトーな空調生活にもかかわらず、服装さえ工夫すれば真冬でも非常に快適です。寒い朝の窓際でも室温との差はまったくなく、とうぜん結露はゼロ。
そして、グラフでは1月の差異が分かりにくいかもしれませんが、素晴らしい結果となりました。
昨年1月には光熱費(電気+ガス)が最高記録の47,287円だったのが、この1月は28,253円で済んでしまいました。その差は実に -19,025円!! 1ヶ月でこの差は大きいです。
しかも、生活自体ははるかに快適!!寒い日でもほとんど床暖房だけで過ごせていたのが効いてます。「家中が快適」が売り物の外断熱住宅ですが、看板に偽りなしです。
とにかく隅々まで室温が安定してます。浴室や脱衣所やトイレなども10度を切る事がないため、補助暖房の必要がないのが何よりありがたいです。

光熱費レポート201001


ドライの謎(改訂)

最近買った、お気に入りのデジタル温湿度計です。電波時計も付いてます・・・って、逆か (^^;)
液晶全盛時代ですが、この8セグメントLED照明の見やすさには逆立ちしてもかなわないですね。
デパートの展示品に一目惚れして衝動買いしましたが、一点を除いて大満足です。
秀逸なデザインですが、しょせんは二流メーカー。写真では分かりにくいですが、家庭内に置く実用品としては異常に輝度が高すぎるのが大きな欠点です。いちおう2段階の輝度調整スイッチがありますが、それを弱にしても、照明を消した室内ではまるで常夜灯のような発光です。
スヌーズ付きのアラーム機能もありますが、残念ながら寝室にはまず置けません。
とはいえ、何しろカッコいいし、室内の温度湿度が一目瞭然なので重宝してます。
※やっぱりクレームが多かったのか、すでに廃番です。後継品は、デザイン的にはかなり劣りますが、照度はちゃんと対策しているみたいです。
P1000150R.jpg
この温湿度計の表示によると、自室(約12畳)の環境では「温度32度・湿度60%」が扇風機でしのげる限界点だという事が分かりました。よって、室温が32度に達した時は迷わずエアコンをオンにします。何しろ断熱性能抜群の環境ですので、5分と経たない間にぐんぐんと数値が下がっていくのが快感です。エアコンの室温は29度に設定してありますが、10分以内に26度まで下がり、後は徐々に設定温度に近づいて行きます。ちなみに中々29度にはなりません。30分くらいかかる感じ。(-_-;)
10年前の、しかも一番安いクラスのエアコンなので、こんなものなのかもと思ってます。
その後、30度に設定しても問題ない事が分かり、以後そうしています。30度にすると、さすがに「涼しさ」はまったく感じなくなりますが、もちろん「まったく暑くない」ので、空調の目的は達しています。運転中の湿度はだいたい35%前後で安定しているので、この恩恵ですね。
それはさておき・・・
我が家では夏場のエアコン使用については、ほとんど"ドライ"運転にして来ました。"冷房"よりも電気代の節約になると無邪気に信じていたためです。
ところが、最近になって何気なしに色々と調べてみたところ「場合によっては"ドライ"の方がはるかに電気代がかかる」らしい事を知って、冷や汗がたら~りと滴り落ちたのでした。(^^;)
リンク先の記事は、個人の感覚や思い込みなどではなく、電力会社の見解です
そんな事は生まれて初めて知ったぞ!!なんというアホだったのだ!?
もともと、ウチでは高級機種のエアコンなど買った事がないし、ドライにすると必要以上に良く冷える(!!)ので、結果的にはドライ運転で正解だったようです。ただし、この事を知ってからは、ほとんど"ドライ"は使わなくなりました。
何しろ、"ドライ"運転の間は室外機が止まらないんですからね!!
それにしても、わたしの身辺ではこの事を知っている人に出会った事がないんですが、正しく使用している家庭はどれくらいあるんでしょうね・・・

光熱費レポート その 1 (改訂)

外断熱住宅に住み替えたなら、当然のお約束(!?)である光熱費のレポートです。
断熱性能以外の比較条件としては、同じ木造一戸建てであり、床面積もほぼ同じで、電気+ガス → オール電化の違いです。
月度/年度2007年2008年2009年
4月24,33722,57421,209
5月21,02820,87114,168
6月15,87117,35810,665
7月15,96718,55310,324
8月20,00223,38812,114
5月-8月計72,86880,17047,271









光熱費グラフ 

2009年の4月以前は電気+ガスの合計額、5月以降はオール電化システムとなったので光熱費は電気代のみです。改善された事はグラフを見れば一目瞭然ですね。
4月は前住居とオーバーラップしているので参考値として、5月からの4ヶ月間のトータルでは、前年と比較して、半減とまでは行ってませんが、59%(4割減)・金額にして32,899円の節約という好成績でした。
ちなみに、8月になって更に大きく差が開いていますが、これはおそらく、8月になってから「入浴を止めてシャワーにした」事と洗濯時間の見直し効果です。
昨年までは、毎日浴槽を満たしていたのを、生活費の見直しで「夏場はシャワーで済ませる」という戦略が奏功したのです。やっぱりこの差は大きい事を実感しました。給湯は電気式に変わりましたが、温水加熱機能は深夜に働いています。
また、洗濯乾燥機をほとんど毎日使用していますが、オール電化になってからはタイマー運転で深夜から開始して早朝までの間に完了するようにしています。関西電力の「はぴeタイム」プラン契約では、時間当たりの電気代がほぼ四分の一という低料金になります。
そんなわけで、エアコンの使用時間に大差はないので、断熱性能以外の要素で節約出来ているようです。(^_^;)
ま、断熱性能の差は、昨年の光熱費最大47,000円/月を記録した冬場に効いてくるでしょう。

芝生を敷こう

プロジェクトの最終段階である外構工事の段階で、資金がタイトになってきたのと、ガーデニングの第一歩として"DIY"でしてみたかったので、芝生の工事は依頼しませんでした。
入居後一段落してからホームセンターで安い高麗芝を買ってきて、試しに玄関脇の小さなスペースに敷いてみたら、思ったより簡単にうまく出来たので、味を占めて裏庭の作業にかかりました。
そして、見事にあえなく大失敗・・・(-_-;)
固められた真砂土の上に、何も考えずにそのまま敷いたら 1週間もしないうちにほとんど枯れてしまいました。いい加減にやっててはダメだと猛省し、土を 5センチほど削り取って(けっこう重労働!!)敷き直しました。おまけにその当日作業中に雨となりましたが、天罰と腹をくくり、レンガの縁石とともに作業を終えました。芝生の状態は写真の通りの惨状です。生き返ることを願いつつ・・・
芝生敷き込み中
裏庭全面に敷くほどのエネルギーもないので、とりあえずというところで約半分の面積にしてます。
東側の庭に設けた遊歩道の両脇にも敷いてみました。雨でも子供は喜んで作業中です。
芝生敷き込み中
早めにやり直したおかげで、2週間後にはだいぶ緑が戻ってきました。やれやれ・・・
芝生2週間後芝生2週間後
これは2ヶ月後です。ほぼ復活。ちなみにかかったコストは材料代約 5,000円でした。
芝生2ヶ月後芝生2ヶ月後
それにしても、やはり感じることは・・・「となりの芝生はやっぱり青い」

お値段以上の ・・・

新居計画の最後の難関がカーテン類です。そもそも土地・建物・外構・諸費用は必死で計画を立ててローンを組みますが、素人計画では、たいていの場合その中にカーテン類は入ってません。
そして、入居直前になって検討をし始め、見積金額を見て青くなる事になります。漫然と選んでたら、軽く100万円を超えたりしますから・・・(^_^;)
我が家の場合、特に細長タイプの上げ下げ窓を多用(20面!!)しているため、更に深刻です。
IMG_5039R.jpg
カーテンにしてもロールスクリーンにしても、最低でも 6,000円する事が分かり、かなり悩みの種となりました。そこで、ふと思いついたのが、TVCMでおなじみの「おねだん以上のニトリ」です。
ダメ元で、奈良南店を覗いてみたら、驚きの連続でした。すべての商品が異常に安いのです。品質も悪くありません。そして、見つかりました。注文通りの品が。
IMG_5038R.jpg
オーダーしたようにぴったりサイズのロールスクリーンが、何と1,490円!! (@_@)
IMG_5030R.jpg
ブラインドに至っては、驚愕の 499円!!!! 造りはしっかりしてるし、見栄えも悪くないです。その場で買い集めて、クルマのトランクに詰め込んで意気揚々と引き揚げた事は云うまでもありません。
ニトリの店に行ったのはこれが最初だったのですが、正に「インテリアのユニクロ」です。
高級品を求める人には向きませんが、デザインや品質を確保した上で、ちゃんとした実用品を驚きの低価格で提供するこの会社が、ファースト・リテイリング(ユニクロ)と並んで小売業の勝ち組となっているのは当然の感があります。
掃き出し窓用のオーダーカーテンや寝室用木製ブラインド等を含め、結局総額10万円以内で済んでしまいました。ニトリさん、ありがと!!

ホントは「イケア」に行きたかったんですが、慢性的な大混雑の情報に嫌気がさして、とりあえずニトリにしたんですが、大正解でした。

≪PREV | | NEXT≫