FC2ブログ

ザ・たこ焼き Ⅲ

前回の記事の記述には重大なミスがあったので、お詫びと訂正をしておく。
・・・ってほどには、たいそうな事でもないのだが。(;`ー´)

20140706-8s.jpg
「別に、"ごっつ旨い"というほどではないではないか」、と断定していたのだが・・・
パッケージ裏面の"調理時間の目安"を無視していた。いや、"無視"はしていない。"軽視"していたのである。

20140706-1s.jpg
ウチの電子レンジでは、500・600・800Wという切り換えモードが出来るようになっていて、当然のように 800Wモードを多用している。それで問題ないというか、それが合理的と考えていた。
冷凍食品の多くは600Wモードが標準のようになっている。おそらく最も普及しているのが600Wの機器なのだろう。

20140706-3s.jpg
600Wの推奨時間を 800Wモードで 20%程度短縮して設定すれば、その分短時間で調理出来るわけ。
実際にそれでずっとやって来た。何も問題はなかった。少なくとも自分では。
何気なく、「前回は外側がフニャフニャだったので何か工夫をしなくっちゃね」とか「しかし、フライパンなんかを使うと結局は"釣鐘型"になってしまう」とか「そうだ、たこ焼き器で熱すれば良いかも。しかし、それではお手軽冷凍たこ焼きではなくなってしまう。」などと独り言をつぶやいていたら、横から天の声がした。
「どうせ 800Wでやったんでしょ ? 説明書通りに600Wで3分30秒で解凍してみたら ?」

20140706-6s.jpg
「で、そのココロは ?」
「加熱時間が長くなるから、外側のフニャフニャも少しは改善されるかも。」
「・・・。」

何となく、科学的な考察の雰囲気がある。そういえばそうかも・・・
元来へそ曲がりな性格なのだが、時折り自分でも感心するほど素直になれる時がある。
この時がまさにそうだった。そして、神様が微笑んでくれたのだ。

待つ事 3分30秒後。電子レンジから紙製の舟を取り出し、うやうやしくソースと花かつおと青のりをふりかけて、楊枝を突き刺してみると・・・

20140706-7s.jpg
これはオドロキ!! 突き刺してもカタチが崩れない。
食してみれば、外皮のフニャフニャ感がほとんどなくなり、ちゃんとした歯ごたえがある。
しかも、前回はあまり存在感がなかった生地の出汁の味付けも、今回はしっかりと感じられる。
これはイイ !! かなりイイ !! ヾ(o´∀`o)ノ

それでも"ごっつ旨い"のキャッチフレーズは、額面通りとまでは思わないが、十分に評価出来る。
そんなわけで、テーブルマークさんの"ごっつ旨い大きなたこ焼き"はお勧めです。(^。^)
関連記事

この記事へのコメント

ひろちん : 2014/07/10 (木) 17:01:19

私も今まで冷凍食品の解凍については意識した事がありませんでしたが、(温まったらいいだろうという程度の考え)これからは意識してやってみます!

結局「ごっつ旨いたこ焼き」は、やはりごっつ旨かったんですね!(笑い)

管理人 : 2014/08/01 (金) 22:25:17

コメントいただいていたのをすっかり忘れていて、お返事遅くなってすみません。
今はそこそこ「ごっつ旨い」です。(´∀`)

管理人のみ通知 :