FC2ブログ

大阪モーターショー その2

モーターショーの続き。余分な写真の削除と、前回一部モザイク処理を忘れていたため再掲載です。

20131222-031s.jpg
とても"軽"とは思えない、"S660"のグラマラスなお尻。

20131222-071s.jpg
ちょっと驚いたのが、かつての愛車"CB400 Super Four"。
何と今でもバリバリの新車として登場とは、嬉しくなってしまった。ヽ(゚∀゚)

20131222-077s.jpg
スーパーGTってやつかな。オモチャっぽいカラーリングがちょっと気に入った。

20131222-078s.jpg
20131222-080s.jpg
HONDAの最新型RV車"ヴェゼル"。実物はずっとスタイリッシュなのだが、けっこうな人気で人だかりが絶えないため、撮影位置が限定されてまともな写真にならなかった。それなら載せるなよって・・・(。-ω-)

20131222-093s.jpg
20131222-099s.jpg
BMWのEV(電気自動車)観音開きドアの"i3"とPHV(プラグインハイブリッド)方式でガルウィングドアの"i8"。
"i3"の方は欲しけりゃ今でも買えるぜ。(;`ー´)

20131222-104s.jpg
SF映画のスクリーンから飛び出して来たような見事なカタチ。どうみても駐車する時に困りそうので買わないでおく。

20131222-083s.jpg
この写真の主役はもちろん幸福そうなベテランライダーさん。( ´ー`)

20131222-087s.jpg
BMWのブースはあまり広くない上、EVとRV以外の展示車はすべて3シリーズの"GT"、"カブリオレ"、"クーペ"と"M4"。
おっと、クーペはこれからは"4"でした。
"GT"を間近でマジマジと観察したのは初めてなのだが、意外や「カッコ悪くない!!」ではありませんか。
しかし、やはりデカイ!! 購入対象外や。いや、どのみちもう買えんがね。(;`ー´)

20131222-173s.jpg
こちらは、飛ぶ鳥を落とす勢いで旬の電気自動車メーカーであるテスラモーターズの"MODEL S"のシャーシ展示。
当たり前とはいえ、内燃機関エンジンがない。こうやって見せられると、自動車にとってエンジンがいかに大きな(邪魔な)存在であるかを実感する事が出来る。

20131222-180s.jpg
テスラがエライのは、いかにも電気自動車という姿ではなく、ジャガー並みの流麗なスタイリングに仕立てた点。
当然、ボンネット下は巨大なトランクスペースです。

20131222-191s.jpg
勝手に説明不要とさせていただく、プジョー"RCZ"。すごく美しいボディカラーでした。

20131222-219s.jpg
泣く子も黙る"ポルシェ911ターボ"。たまりませんね~。

20131222-192s.jpg
1台位は身近なクルマを撮っておこうかなと思ってたら、ちょうど出くわしたカスタムカーゾーン。
まったく自分の好みとは相容れないが、似たような写真が続いたのでちょっと気分転換に。

20131222-194s.jpg
盛り返して来たとはいえ、クルマだけでインテックス大阪の会場をすべて埋めるのはムリだったのかどうか知らないが、ありがちな「B級グルメ市」が 1棟まるごと占めていた。

20131222-200s.jpg
何年先か分からんが、次期愛車候補筆頭の、"ゴルフⅦ"。ブログ初登場です。

20131222-213s.jpg
ジャガーのクーペ。"曲線美"という言葉を思い出した。何というセクシーさでしょうか・・・

20131222-232s.jpg
生まれ変わって大富豪になったらぜひ所有したい中の 1台。アストンマーチン"DBS COUPE"。

20131222-247s.jpg
さて、クルマにも飽きてきたので、この辺で打ち止めとしよう。そこで目指すはダイハツのブース。

20131222-221es.jpg
お嫁さんにするならこのタイプ。

20131222-226s.jpg
妹ならこのタイプ。

20131222-248s.jpg
マツダのブースがいちばんモーターショーらしいMCパフォーマンスでした。

20131222-260s.jpg
お姉さんにするならこのタイプかな。

20131222-262s.jpg
恋人ならこのタイプ。いや、自分には合いそうにないので遠慮しておこうか・・・(^-ω-^)

そんなわけで、最後はお決まりのパターンとなり、自分も立派な俗物である事を再確認した。



しかし。

このように「自分も俗物である」と自称するヤツに限って、自分の事を俗物とは思っていないのである。
「わたしは馬鹿です」と率直に言える人物が馬鹿ではないのと同じ理屈やな。
ではなぜ、そのような無意味な事をわざわざ書くのかといえば、それが「パラドックスな日々」です。

お後がよろしいようで・・・(。-ω-)
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :