FC2ブログ

上海ツァー その9 / 田子坊

「豫園」では雑踏と喧騒を堪能したので、次は少し静かなスポットをとリクエストしたのが「田子坊(たごぼう)」

DSC03965s_20131130102943732.jpg
しかしそれは大間違いだった。ガイドさんには、いい加減な記憶で「田子坊(たごぼう)」とだけ告げたので"静かなスポット"という意図は伝わらなかったのである。もちろんそれは自分のミス。( ´ー`)
「おそらく上海の住民はあまりここを知らない。観光客専門スポットみたいなもの。」との説明をしてもらいつつ、さすがのガイドさん(駐在歴3年!)もイマイチ不案内だったらしく、地下鉄を出てからガイドブックを参照しつつも、けっこう右往左往して30分くらいは歩いた気がする。
そして、大学に面したとある並木道を進んでいると・・・

DSC03963s_20131130102941a8e.jpg
何の脈絡もなく玄関口に到達。どこにも「田子坊」とは書かれてないが。( ´ー`)

DSC03961s_20131130102940259.jpg
入ってみたら、これでした。狭い路地の両側に雑貨店や飲食店がぎっしり。そして観光客もぎっしり。
豫園以上の喧騒と混雑のるつぼに迷い込んだという感じ。こんなはずじゃなかったのに。(;`ー´)

DSC03957s_201311301029383c8.jpg
とはいえ、せっかく訪れた観光スポットなのでしばらく散策する事にしたが、どこもかしこも雑踏で散策という雰囲気ではなく、朝から歩きっぱなしで疲れもあり、少し外れたカフェで休憩してから退散となった。

DSC03954s_201311301215241ab.jpg
こんな感じのショットバーがたくさんあり、賑わっているが、場所によってはこんなにヒマな店もありました。

DSC03956s_20131130102937d50.jpg
脇道に目をやると、庶民の生活をちょっと垣間見れた。

DSC03966s_201311301030002ec.jpg
「田子坊」を後にして最後のスポットに向かうが、さすがに疲れも出て来て迷う事なくタクシーで移動。
途中、こちらへ来て初めて眼にした"F30"だが、見たことのない"320Li"のバッジが付いてたので一応記念に。
昨日の運転手とは違って、今日はそこそこ紳士的な運転をしてくれたので、安心して移動出来た。

ところで、上海のタクシーは"サンタナ"が実に多い。しかも、驚くべき事に現在も生産されているらしい。
・・・といったって、クルマ通でなければほとんど分からないと思うが、わが国でも30年くらい前にニッサンから発売されていたVW社(!?)の高級セダンである。当時としてはかなりスタイリッシュでカッコいいクルマだったのだが、なぜか極端に不人気だったために数年で消えてしまった悲運のモデルである。
それがこの地では今でも現役バリバリなんて、ちょっとうれしくなってしまった。

DSC03969s_2013113010295456b.jpg
小一時間かかって着いたのが、「ルイ・ヴィトンビル」(゜∀。)

DSC03975s_2013113010295696b.jpg
ガイドさんにそそのかされて、アホなポーズをとってみた。まさに"旅の恥はかき捨て"や。
しかし、ここに載せた瞬間から世界中に発信されて未来永劫消える事がないくらい気づけよな。(;`ー´)

DSC03976s_201311301029570a4.jpg
ガイドさんがなぜここを選んだのか、その経緯は良く覚えていないが"静かで落ち着ける場所"には違いない。
そうそう。偶然とはいえ何と言う巡りあわせか、最近愛妻がこのブランドの財布を欲しがっていたのを思い出して、店内をちょっとのぞいてみたら、イチバン高そうな商品が何とたったの"\9,800"!!
「え??ここ、偽ブランドショップじゃないよね!?」と狂喜して買おうかなと思ったら、ガイドさんに「ここの表示は、"\"マークはついてるけど単位は"元"やで。」と釘を差されて目が覚めた。
つーことは、15万円やんけ!! 本物が"9,800円"なんて、そんなハナシがあるはずはなかった。(;`ー´)

DSC03979s_20131130102959f4d.jpg
内部はこんな感じ。女性が憧れる高級ブランド店がひととおり揃っている。

DSC03980s_201311301035434f3.jpg
地下には食品店街があり、ここで自分へのおみやげとして紹興酒を買ってみた。
中央の陳列棚右下端に置かれてあった品で、お買い上げをした直後なのでスペースが空いているところを記念に。
しかし、これが災難のタネになるとはこの時点では知る由もなかった・・・

DSC03985s.jpg
アホな事を書いていて思い出した。「ルイ・ヴィトンビル」に来た理由は、今夜の食事はガイドさん一押しの高級"日本"料理店に決まっていたので、その近くにあるこの名所をついでに訪れたのだった。
しかし、(記憶では)予約がとれず、熟慮の末にガイドさんの地元に戻る事になった。
関連記事

この記事へのコメント

かとう : 2013/11/30 (土) 19:47:44

毎回面白いっす(^^)

勝手にクイズ「災難のタネ」とは何だ?

1、飲みすぎでひどい目にあった
2、瓶がわれて、トランクの中がワヤになった
3、機内に持ち込もうとして捕まった

うーーん。。。。3番に一票!! (爆)

管理人 : 2013/11/30 (土) 20:51:33

さりげなくトラップを入れたつもりでしたが、早速のレスポンスを
ありがとうございます。
で、微妙に外れてますが「当たらずといえども遠からず」です。( ´ー`)

管理人のみ通知 :