FC2ブログ

環境デー合同清掃 2007年秋

9月16日に、恒例の平群町主催「環境愛護デー」にあわせて、住民による合同清掃を行いました。今回の参加者数は約330名でした。
周辺道路の雑草刈りや溝掃除、それに住宅地内の公園の雑草刈りが目的です。
9時から10時30分までの予定でした。写真では、さわやかな青空の下で気持ちよく作業しているように見えるのですが ・・・
菊美台 環境デー2007

当日朝の集合時は曇り空で、作業しやすいかなと期待していたのですが、9時の作業開始から、みるみるうちに真夏のような晴天になり、気温が30度をはるかに超え、湿度も高いという厳しい環境となりました。そのため参加者のほとんど全員が汗でびしょぬれ状態となってしまいました。
刈り取った草類を詰めた袋もかつてない量となりました。皆さん、本当にお疲れ様でした。


下は、野鳥公園での作業終了近くの風景

菊美台 環境デー2007
中央公園は特に雑草が伸び放題となっていたので、100名近くの人員を配置したのですが、人手で行うには絶対的な面積が広大で、かなりの刈り残しとなりました。
菊美台 環境デー2007 中央公園
ほとんどの参加者がへとへとになって、予定時刻よりかなり早く切り上げて引き揚げてしまった人たちもかなりいたそうです。
菊美台 環境デー2007 中央公園
当日の夜、中央公園の作業に参加された方から、「住民参加の清掃は軽作業であるべきはずなのに、なぜこんなに重労働をさせられなければならないのか ? これは本当に住民の義務なのか ?」 との疑問の声がありました。
たしかにその通りです。定期行事という事で、これまで疑うこともなく実施していたのですが、真剣に再検討の必要があると思いました。
関連記事