FC2ブログ

フォルクスワーゲン / ゴルフ・トレンドライン・マイスターエディション その2

フォルクスワーゲン・ゴルフの魅力は多々あれど、自分にとって最大のものは「ノミの心臓」である。( ´ー`)
自動車に対する古い価値観「車体がデカくて大きなエンジンを積んだ高価なクルマほどエライ」という風潮を完全に過去のものにしてしまった。何しろ、トレンドラインのエンジンと来たらたったの 1197cc、しかもただのSOHC !!
これで 1270kgもの重量の車体を動かそうというのだから正気の沙汰ではない事になる。( ;´Д`)
もちろん、そのまんまでは軽自動車にも劣る性能となってしまうところであるが、ターボチャージャーと7速DSGトランスミッションがそれを補って余りある機能を果たしているはずなのであった。

さて。自分で運転してみなければと、以前ポロを愛用していた頃にお世話になっていたディーラーで試乗してみた。
ただ、同店に"トレンドライン"の試乗車がなく、仕様は"コンフォートライン"であった。"トレンドライン"とは肝心のエンジンが異なる(1389ccでDOHC!)のだがとりあえず仕方ない。

あいにくの風雨の中、真っ黒なゴルフに乗り込んでドアを閉める。エンジンを始動すべく、おもむろにプッシュボタンを押そうとするが、見当たらないのでステアリングポストを見てみると、キーシリンダーを発見。
何と、最新型というのに"スマートキー"システムではないのである。それは知らなかったのでちょっと萎えた。
気を取り直し、シートとドアミラーの調整。そのドアミラーの調整方法が独特でちょっと笑ってしまった。
駐車場から慎重に外に進み、さっそく走り出すと、すぐに高速道路並に整備された阪奈道路である。
この間30秒ほど。たったこの間にも、静粛性・乗り心地・剛性感が実感出来る。
とはいえ、感動するほどではない。何しろ比較対象が、年式が旧いとはいえ BMW525i なので。( ´ー`)

阪奈道路に出ると、そこは実質的な高速道路。助手席の無愛想な営業マンを無視して、勝手にペースを上げる。下げる。また上げる。また下げる。また上げる。う~ん、まったく不足がない、というより余裕さえ感じる。
パワー感・レスポンスも十分。しかも静かで乗り心地が良い。実際にとても速い。直進性に不安があるはずもなく、安定したハンドリングも素晴らしい。
巷の評価は本当だった。ただ、"味"が感じられないのが少し残念。

"味"って何なのだと自問自答しても明確な答えは得られないが、ひとくちにいって"気持ち良さ"である。
これほど素晴らしい性能のゴルフを運転していて気持良くないはずがないのだが、何かちょっと物足りない。

しかしてその答えはすぐに出た。次に試乗したポロによって。
ポロもグレードは"コンフォートライン"ではあったが、エンジンは"ゴルフ・トレンドライン"と同じものである。

POLO.jpg

ポロはゴルフよりも下位にあたる車種であるが、直後に乗り比べても、ランクが落ちたというイメージはほとんどない。単にサイズがコンパクトになっただけである。乗り心地や静粛性がゴルフとまったく変わらないとまではいえないが、その差は大きくはない。こうゆう点はメーカーの良心として本当に評価に値するとつくづく思う。

さてさて。そのポロを運転してみて即座に感じたのは「ワオ!!」であった。ヽ(゚∀゚)
ゴルフ・コンフォートラインで感じた良さはほぼそのままで、より活発に走れるのである。パワー感にまったく不足はなく、更にレスポンスの良さが加わった感じで、運転していて実に楽しい。
ポロは国産車の 5ナンバーサイズであり、フィットとほぼ同じであるが、自動車としての能力は雲泥の差。
とにかく、サイズがコンパクトな分、運転していてクルマとの一体感が倍増し、「もうゴルフよりこっちの方がイイ!!」と思えるほど快感であった。

さて。興奮冷めやらぬ心を抑えつつ、いったんフォルクスワーゲンディーラーを後にし、次に向かったのは"BMW OSAKA東大阪店"。お目当ては大本命の NEW3シリーズである。
そこで真っ黒な 320i を借りて、ひとりで再び阪奈道路へ。ブログではよく見かけるのだが、自分としては新車の単独試乗は初の体験。長年の付き合いのある店長の計らいで、一人試乗を許されたのである。

BMW-3-Series-328i-Sedan-Luxury-Line-F30-2012-Photo-11-800x600.jpg
阪奈道路の山道等を小一時間たっぷりと駆け抜けた感想は、「ワオワオワオ!!」であった。ヽ(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)
と気を持たせつつ、320i の試乗レポートは次に譲るとして、本記事のタイトルはあくまで"トレンドライン"。

本日四台目の試乗車は、ようやく"ゴルフ・トレンドライン・マイスターエディション"。
あえて同日中に敢行した。午前中とは別のフォルクスワーゲンディーラーで試乗させてもらった。

さてさて。いくらゴルフが優秀だといっても、320i に乗った直後ではさすがに分が悪いのではと予想したが・・・

ちっこいポロに載っていたちっこいエンジンを積んだゴルフの走りは、感動モノであった。コンフォートラインで感じた良さはそのままに、ポロで感嘆した気持ちの良さも併せ持った完璧なクルマであった。
泣く子も黙る天下の最新型 BMW320i と自動車としての基本的性能はほぼ互角。しかもそのお値段と来たら"ガイシャ"としては、諸費用含めた乗り出し価格が破格の200万円台前半。( ゚д゚)
クルマの値引きにはデリケートな要素があるので具体的な価格は書かないが、320i の正に半値。
320i の予算でゴルフが二台買えてしまうのである。いくらモデル末期とはいえ、こんな凄い完成度のクルマとしては、バーゲンプライス以外の何物でもない。危うし320iである。いや、こんな比較は誰もしないかもしれないが。
以下次号に続く。
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :