FC2ブログ

流しそうめん

新しい福利厚生イベントの第一弾として、流しそうめん会を実施する事になりました。
今年は8月19日に集会所にて子供会祭りが盛大に行われるので、その一環として実施します。
夏の魅力的な風物詩のひとつである流しそうめんですが、難関が水路の確保です。
流しそうめんの水路といえば竹です。しかし、実際に竹を採ってきて半割にして加工をし・・・となると、材料の確保と加工の段取りを考えるだけでもおっくうな作業となってしまうので、現実的な方法を考えねばなりません。
竹に代わる手軽な水路としてすぐに候補に挙がるのが雨樋ですが、衛生面の問題で、そのままでは使い物にはなりません。
そこで、料理用のアルミホイルで水路全体を完全に覆ってしまう事を考えつきました。
これなら衛生面の問題はクリアでき、また、アルミがきらきらして見た目もなかなかキレイです。
※クレラップやサランラップなどのビニル系製品は、雨樋の形状になじませるのがかなり難しいため諦めました。
そうめんが実際にうまく流れるかどうかの確認のため、本番前に自宅でテストしてみました。
流しそうめんのリハーサル流しそうめんのリハーサル 2
2メートルの水路でテストしてみたところ、結果は上々でした。予想していたよりもずっと少量の水で、スムーズに流れてくれます。
テスターのわんばくキッズも大喜びで、テストを終わらせるのに苦労したほどです。(^^;)
イベントとして実施する際の注意点としては、お客を家族単位で入れ替える事と、箸を出した時にアルミが破れないよう、先の丸い箸を選ぶ事かな。本番では2本接続して4メートルの水路にする予定です。
関連記事