FC2ブログ

愛用プリンタ iP4100の突然死

7年間愛用して来たプリンタ"Canon Pixus iP4100"がついに故障した。

DSC04257.jpg
先日のサイクリングの写真を印刷している途中、二枚目の時から不自然な色合いになってしまい、以降何枚印刷しても症状が改善しなかったのである。

DSC04258_20121005214659.jpg
さっそく印字テストをしてみると、やはり一色(マゼンタ)が全く出力されていない。

DSC04260_20121005214700.jpg
これまでも同様の症状は何度もあり、その都度クリーニングをひととおり実行すれば正常に戻っていたのだが、今回は何度繰り返してもまったく効果がなく、いよいよヘッドの劣化を疑わざるを得なくなった。

DSC04261.jpg
もちろんインクの残量はじゅうぶん。マゼンタも新品に交換したのだが・・・

DSC04263_20121005214700.jpg
プリントヘッドを取り外して、じぃーっと見つめても何も分かるはずもないと思いつつ、じぃーっと見つめてみる。

うん、やはりこれや!!このレンズや!!ヽ(°▽、°)ノ
何となく最近あまり使ってなかった50mm単焦点レンズ"SEL50F18"の描写力にあらためて感心している。
夜の室内、あまり明るくない照明の下で MF & ISO800固定の手持ちで、苦もなくこれやもんなぁ。
NEX-7の能力を活かせるのは、やはりこれと"ゾナー"しかない(持ってないが)のだなという残念な事実を再認識。

しかし。写真の品質が良くないと、ブログにもいまいち力が入らなくなるという、困った習性になってしまったようだ。
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :