FC2ブログ

琵琶湖でサイクリング

ようやく秋めいた気候となって来た、とある休日に家族サービスとしてサイクリングを企画した。
たかがサイクリングに"企画"などと大げさに書くのはわけがある。
何しろ地元ではアップダウンが多い上に、まともなサイクリングロードがほとんどないため、環境の整った琵琶湖は大津市まで出かける事にしたのである。湖畔のサイクリング。うん、気分が良さそうではないか。ヽ(°▽、°)

DSC04251.jpg
大津港前の地下駐車場に車を停め、レンタサイクルコーナーで好みの自転車を選べるようになっている。
ここでは、クルマの駐車料金(1000円)を払えば、何台借りてもレンタル料金は無料という太っ腹なサービスである。
もちろん、その分自転車は変速装置も何もないオンボロ車であるが、走れれば良いので問題ない。

DSC04154.jpg
コースは"琵琶湖一周"というほどの気力も体力もないので、今回は石山寺までの往復プラン。
有り余るエネルギーを持て余す愚息は早速コース逸脱の気配・・・( ´ー`)

DSC04159_20120929181958.jpg
ちょうどミシガン号が出港するところでスナップ。

DSC04176.jpg
"海"を眺めながらのんびりと走行する事約一時間で目的地に到着。
観光名所である石山寺は"本尊の如意輪観音菩薩は、安産、厄よけ、縁結び、福徳などに霊験あらたかな仏さまとして信仰を集めています"そうです。( ´ー`)

DSC04171.jpg
売店の裏手に自販機を発見。境内は持ち込み禁止とされているので、ここで水分補給。

DSC04172.jpg
愚息が、変わった釜があるというのでのぞいてみたら・・・

DSC04174.jpg
こんなのがいた。( ´ー`)

DSC04186.jpg
ここも本日からライトアップされるとの事で、境内には灯籠がずらり。

DSC04194.jpg
お寺そのものに特に関心がない事もあり、拝観料500円を惜しんで、入口手前でUターンである。

DSC04197.jpg
成長するにつれて、カメラを向けても仏頂面する事が多いのだが、ようやく笑ってくれた。

DSC04211.jpg
ようやく青空が見え出したところで、一枚。

DSC04214.jpg
帰り道の途中で昼時になり、"COCO'S"に入ってみた。ご存知激安ファミレスである。
いつもはファミレスに入る習慣はないのだが、ま、気まぐれである。サイクリングはそんな気分だったという事。
久々のテーブルフォトは「ビーフハンバーグステーキと旨みたっぷり海の幸のオーブン焼き」\924

DSC04216.jpg
こちらは自分だけが注文した「ハンバーグと牡蠣フライ」ランチ。\819(ライス又はパン、スープバー付き)
さて、通の味を云々するような店ではないことを承知の上であるが、味については全員一致で"ビーフハンバーグステーキ"よりも、この"フツーのハンバーグ"の方が美味しい(比べればずっと"まし")という厳しい評価となった。

DSC04215.jpg
焼き方はかなり赤みが残っていて、写真右手前の"ペレット"と呼ばれる鉄塊でしっかり焼けるようになっている。
お好みしだいでご利用下さいという事らしいが、誰もそのままでは食さず、カットしたものをペレットに押し付けて"焼きしめ"ておりました。この時、じゅうじゅうという肉の焼ける音とほのかな煙に、牛肉の香ばしい匂いも少し立ち上ってきて、演出としては良い出来である。ちなみにペレットは冷めてきたら交換してくれる。
しかし、お味の方はと云えば、子供を含め、"ビーフハンバーグステーキ"を注文した三名全員が後悔していたというのが紛れもない事実。(/ω\)

DSC04223.jpg
くすぐられて耐えつつも険しい表情を保つ、りりしい愛息。という事にしておこうか。

DSC04226_20120929182004.jpg
今回は、地元在住である妻の友人もお誘いしてみた。おかげでスムーズにサイクリングを楽しめました。

DSC04227.jpg
楽しい気分とは裏腹に、相変わらず愛想のない愚息である。

DSC04232.jpg
帰り道では近江大橋を走破。と威張るほどのものではないが。

DSC04243.jpg
いちおう「琵琶湖横断」の証拠写真を。

DSC04250.jpg
大津港に戻ると停泊していた豪華客船。青空の現れないのがうらめしい。
今日は往復二時間以上もオンボロ自転車で走行したわけだが、この程度なら疲れはほとんど感じない。

DSC02299.jpg
しかし、乗り心地の悪さはいかんともしがたく、ゴールした時には尻が痛くて痛くて・・・ヽ(д`ヽ)
帰りの車中で妻子は高級サルーンのシートのありがたみをしみじみと感じておりました、マル。

DSC04153_20120930113108.jpg
関連記事

この記事へのコメント

うら : 2012/10/02 (火) 08:41:29

>くすぐられて耐えつつも険しい表情を保つ、りりしい愛息。という事にしておこうか。

いい写真だし、いいコメント。
あるさん、羨ましい限りです。(^^)
私なんか父親との写真は一枚もありません。
これらの写真、息子さんへの記念としてずっとずっと大切に保管しておいてやってください。
※でもこれだけ息子といっしょに撮りたがる親もそう多くはないと思うけど(^^;)

管理人 : 2012/10/03 (水) 13:47:01

そうです。正真正銘の親ばかになってます。ヽ(´ー`)
たしかに言われてみれば、自分も父親と二人の写真というのは記憶にないですね・・・
ま、二・三年もしたら本当に一緒に写るのを嫌がるようになるのだろうな
という思いもあり、撮れるうちに撮っておく事にすると。

管理人のみ通知 :