FC2ブログ

遥かなる「でんでんタウン」の想い出 Ⅱ/河口無線

由緒正しき高級オーディオショップの「河口無線」は奇跡的に残っていた。
ちなみに今回の「でんでんタウン」散策で店内に入ったのは、ここと「テクノランド」だけ。といっても、後者の方は単に家族との待ち合わせ時間の待機で、暑さしのぎに利用させてもらっただけなので、ショップとして純粋に関心を持てる場所はここだけであった。

061.jpg
近隣の店舗と一線を画す上品な佇まいが、かつての栄華を思い起こさせる。

063.jpg
分厚いガラス扉を開けて店内に入ると、外の喧騒がウソのように静寂な空間となる。
壁一面にアンプやプレイヤーが並べられた、昔ながらのオーディオショップ。かつては店内に入る度にわくわくしたものだが、オーディオ趣味を卒業した今となっては、心ときめく要素は何もない。単にノスタルジックのみ。

064.jpg
ヘッドホン売り場の奥は専用駐車場になっていて5台程度のスペースがある。さすがに高級店。通りに面したショップとしては異例に贅沢な造りなのである。停まってるクルマも「さすが」です。

065.jpg
しんとした店内のど真ん中に造られた、しゃれた階段で二階に上がれるようになっている。ちなみに、この日の来店客は、パーツを買いに来ていたこの方のみ。( ´ー`)

066.jpg
二階に上がってみると、案の定人っ子ひとりいない静寂の空間・・・
ここはスピーカが沢山設置してあって、比較試聴が出来るようになっている。階段のすぐ右手には、たぶんこの店でしかお目にかかれない"SACD(Super Audio CD)"が陳列されている。"DVD-Audio"もあったような気もするが、いずれもまったく関心がないので、記憶が定かではない。

067.jpg
奥の方にひっそりと展示されていた"新製品"アナログレコードプレイヤー。"糸ドライブ"ですな。このお店としては中級品といえる、約40万円という価格。う~ん、まったく食指が動かない。( ´ー`)
この他、3Fと4Fも主としてホームシアター関連の視聴室兼売り場になっているが、狭い階段を上らねばならないため足が向かなかった。ムカシは積極的に上がって行ってたたのだが、おそらくそこも他にお客はいそうにないし、購買意欲ゼロの身で店員と顔を合わせるのは気が引けるしでね。( ´ー`)

068.jpg
一階に戻って店を出ようとしたら、出入口脇に懐かしい顔を発見。いわゆる"往年の名機"の復刻版、LUXMANの"L-305"が展示されていた。このパネルフェイスを見ると、なんだかホッとするのだが、購入する事はあり得ないので、一瞥しただけでそそくさと店を後にした。結局この日みかけたお客は1名のみ。盆休みの最中とはいえ、オーディオ趣味の衰退を肌で感じるが、「老舗の意地として今後も頑張ってもらいたいものである」などと、ありきたりで無責任な事を書くつもりはない。(もう書いてるが)
ずっと以前からこんな状態なので、当然ながら経営危機が何度もあったようだ。単独で生き残れるはずもないのだが、そこは名門ショップ。見捨てられはしない。上新電機に吸収された後は、個人オーナー(※)になっているらしい。
※とは言っても、道楽ではなく、ちょっと変わったオーディオ機器メーカーの社長らしい

かつてのメッカであった日本橋のオーディオショップは"ほぼ"壊滅状態にあるのだが、大通りを一歩入ると、"アサヒステレオセンター"や"逸品館"は健在らしく、すなわち一定のニーズはあるというわけで、"絶滅"というほどではないようである。
さらに、"ヨドバシ梅田"にはかなりの面積を割いてオーディオ機器売り場が常に存在していて、そこそこ来店客もあるという事実もいちおう書いておこう。というわけで、さようなら、河口無線さん。( ´ー`)
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :