FC2ブログ

お帰りっ !! BMW 525i (2001)E39

昨年、"断腸の思い"で手放したクルマをどうしても再び所有したくなり、半年近くかけて探した挙句 Yahoo! オークションで、そこそこの安値で手に入れた。
6月下旬、クルマを受け取って東京都内から自己陸送で約7時間かかって我が家にやって来たのだが、実に快適な乗り心地で、全然疲れを感じなかったのが忘れられない。しかも、100kmクルーズを心がけて速度を維持したとはいえ、燃費が実に 13km/l という素晴らしい成績。前車の最高記録が 10km/l(それも一度切り)だったので、良い個体に当たったものである。
記憶の良い読者は覚えていると思うが、このクルマを所有するのは二台目である。
年式もグレードもボディ色も内装色も同じ。違いはサンルーフがない事くらい。
この年式なのでもちろん中古車だが、何と走行距離が 24000km!!オークションの個人売買で62万円で手に入れた。ちなみにZ3も同価格で売却出来たので、タダで手に入ったも同然。
ブレーキパッドの交換など、細かな不具合の整備に10万円ほどかかったが、Z3に乗り続けたところでこの程度のメンテ費用はかかるので感覚的には等価交換と同じである。
「ビーエムのクルマを買い換えた」なんていうと、たいそうな感じがするが、中古車同士ならこんなものである。
自分の体験では、ビーエムったって、大事に乗ればそんなにカネはかからないクルマなので、平気で中古車を買えるのである。ある程度年数の経ったクルマであれば新車価格の10分の 1以下でビーエムライフを楽しめるんですよ。
まぁ、車検になると、30万円以上の見積書が平然と出て来るのだが (^。^;
しかし、車検といっても基本は自己責任。重要部品以外の「予防保全」で出される部品交換をどんどん落としていけば、10万円以下で済ませる事が出来るのである。

さて、E39型5シリーズは、新車販売が終了してから既に10年過ぎているのだが、自分は 3シリーズも含めてこの頃のBMWが一番好きだった。この525iも、今でもまったく古さを感じさせないダイナミックかつエレガントなスタイリングが最高。
しかし、新車で販売されていた時期にはこの良さが理解出来ず「無難で地味なカタチ」と、ネガティブなイメージを抱いていたのだから、"好み"というものは実に得体が知れないものである。
さらば 525i

ちょっと話がそれるが、ここ数年来クルマの登録番号を隠すのが流行っているようだ。
登録番号がそのまま表示されると、オーナーの基本的な個人情報を知られてしまうという事態を恐れてのことと推測する。当局に申請することで誰にでもクルマの登録番号から容易に所有者の氏名と住所を知ることが出来るため、安全のために隠しているらしい。
しかし、本ブログの場合は何の修正もない顔写真がいくらでもある、という無政府状態。(^_^;)
「登録番号など個人情報でも何でもない」と、考えているのでいつもはまったく気にしないのだが、今回は隠してみた。先日公開した Z3は既に他社に売却していたため、登録番号はそのままである。
ブログの写真で平気で素顔を晒してはいるが、さすがに個人の実名は出さないようにして来たのだから、クルマの写真にも注意を払った方が良いだろう、となった次第である。

それはさておき、昼間でもはっきりと分かる、通称「イカリング」ライト。元祖である。
さらば 525i

BMWのクルマは、国産車以上に"年式"というものが大きな意味を持つ。約7年間の間に主にエンジンの大幅なグレードアップがあるためである。このE39型5シリーズも、2000年を境にして価値が大きく上下する。もちろん後期の方が価値が高い。イカリングライトもその要素のひとつであるが、そんな些細な事よりも、エンジンの高性能化が最大の進化点。そう、同じモデル寿命の中でエンジンの載せ替えが敢行されるのである。
文字通り心臓部が変わるので、別物のクルマ(もちろん上のランク)に生まれ変わるわけ。

これぞ高級車、のサイドビュー。
さらば 525i

こだわりは他にもある。「黒づくめの内装は即座に却下、ゼッタイにイヤ !!」というもの。黒色の車体も論外。
このクルマは"オリエンタルブルー"の外装色に"グレー"の内装という、最もお気に入りの組み合わせ。
快晴の炎天下で撮影したため、シートなどが相当明るくみえるが、写真のとり方がヘタなため。実物の内装色は暗めのグレーとなる。
さらば 525i

これまでブログではフィットを例外としてクルマの事についてほとんど書かなかったが、理由は書きだすと止まらなくなるから・・・(^。^;
とはいっても別にカーマニアでもエンスーでもないメカに詳しいわけでもない、ふつーレベルのビーエム好きなだけなのだが、けっこう長い付き合いなのでそれなりにネタは豊富にあるものである。
関連記事

この記事へのコメント

くりまんじゅう : 2011/09/04 (日) 09:56:08

ニュー「OLD BMW」ゲット、おめでとうございます。
カッケーですね。^^)v

しかし、そうですか。Z3は出しちゃったんですか?
あるさんにZ3、似合っていたのでそれはある意味、それは残念です。
雄琴温泉で拝見したあの勇姿が最後になっちゃったんですね。

東京から自己陸送で7時間。いやっ、根性あります。
くりまんじゅうも見習わなければいけません。
東京へは新幹線でいったのでしょうか?

今後とも車ネタ、楽しみにしています。

くりまんじゅう : 2011/09/07 (水) 08:41:57

あれ?投稿したコメントが消えてる?

まっ、大した内容じゃないのでいいですけど。(笑)
ニューOLDBMW、ご購入おめでとう!とこれだけ再び書いておきます。^^)v

管理人 : 2011/09/21 (水) 20:39:17

> ニュー「OLD BMW」ゲット、おめでとうございます。
> カッケーですね。^^)v
くりまん師匠、コメントありがとうございます。

> あるさんにZ3、似合っていたのでそれはある意味、それは残念です。
ありがたいお言葉です。また数年したら Z3 に戻ってるかも・・・( ´ー`)

> 東京から自己陸送で7時間。いやっ、根性あります。
> くりまんじゅうも見習わなければいけません。
> 東京へは新幹線でいったのでしょうか?
そ、新幹線ですよ。飛行機は好きではないし、自宅から東京へは所要時間はほとんど変わらないのでね。

若い頃から、クルマを長時間運転していると必ず眠くなるのですが、この OLD BMW にしても NEW BMW にしても、特に高速道路では静かでしかも"すべるようにスムーズで快適な乗り心地"なので、フツーに考えると眠くならないはずはないのですが、なぜか、却ってシャッキリしてしまって。ちょっと不思議な感覚です。
ぼちぼちクルマネタも増えますのでお楽しみに。(^。^)

管理人のみ通知 :