FC2ブログ

ぼけ促進計画

家族が増えてからは、写真はそれなりに沢山とって来たが、カメラ自体にはさほど関心がなく、デザイン重視でCANONの"IXY DIGTAL900IS"を長年にわたって愛用して来た。IXYは3代目になるが、この900IS歴が最も長い。
※新陳代謝の激しいコンパクトデジカメの世界で、ほぼ丸4年間使い続けて来たわけで、"長年"と云っても良いだろう。
ほとんど失敗のないカメラで、バッテリの持ちも非常に良く、画質にも特に不満はなくまだまだ使い続ける予定であった。
その昔、銀塩カメラ時代に一眼レフカメラを少し使った体験はあるので、格段に高画質である事は分かってはいたが、まともなデジタル一眼レフカメラは軽く10数万円以上という時代が長く続いていたので、関心を持たないようにしていたのである。
IXY900IS
NEX-5Dで撮った"IXY900IS"
が、しかし・・・
昨年後半頃からデジタル一眼レフカメラが非常に安価になってきて、しかも自分のような一般ユーザにもカンタンに扱える機種が沢山発売されている事を知ってからは、物欲がふつふつと沸き上がるのを抑えきれなくなった。
そして、ついに衝動買いしたのが、昨年末に驚異的な値下がりをしたあげくついに、何と5万円でダブルレンズキット付きという投げ売り状態であった"SONY NEX-5D"である。

NEX-5
IXY900ISで撮った"NEX-5D"
"投げ売り"といったって不人気商品などではなく、発売1年近くとなった現在でもデジタル一眼レフ界では売れ筋ランキングで堂々第一位の超人気商品である。何といっても、軽くて小さく、画質も一級品(らしい)。しかも、フルハイビジョンビデオカメラにもなるという、とんでもない付加価値まで付いている。正にSONYの面目躍如というにふさわしい製品である。
こんな値段なので、本格派のマニアから見れば"ミラーレス"でファインダーもない"簡易一眼レフ"という扱いではあるが、上の二枚の写真の通り、こんなちょっとした撮影でも一目で違いが分かる性能差があるのだな、やはり。
さて、IXY900ISでも画質に不満はないといいながら、NEX-5に手を出した最大の理由は「ぼけ」である。
写真の世界では、「ぼけ」る事が出来る・出来ないは決定的な見栄えの差と鳴って現れるのである。

ぼけ写真のサンプル

こんなのがカンタンに撮れてしまうっていうのが、"デジイチ"の魅力ですね。
SONYに思い入れのある世代なので、久々にSONY製品が我が家にやって来たという、別の喜びもあります。
用途によっては必要なので、IXY900ISも、まだまだ現役で使い続けるのでご心配なく。(誰に言ってるのかね?)(^。^;
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :