FC2ブログ

性能測定中

久々に登場の網中さんです。この日(といっても実は1月24日)は測定器を見せに来てくれました。
ブログに書いてから写真を見て調べたところ、"RTR-57C データコレクター"という製品でした。
室温測定器 網中室温測定器 本体
あちこち見学に出向いていた頃、きんてつのエアーウッド仕様のモデルハウスの各部屋や小屋裏に必ず付いていたのが、下の写真の高性能温湿度計で、いかにもプロ用という雰囲気を漂わせており、わたしは見る度にこれが欲しくて仕方なかった(←我ながら変なヤツ(^^;))のです。
入居前から網中さんに頼んでいたんですが、ようやく昨年末に取り付けてもらいました。会社にも在庫が少なくてなかなか手に入らなかったそうです。
室温測定器室温測定器 床下
これが温湿度計本体。数秒間隔で温度・湿度表示に交互に変わります。ぐるぐる巻きになってるコードの先端部分が(たぶん)センサーで、本体の上に角のように飛び出ているのは(たぶん)後述の機能のための送信アンテナです。
ちなみに製品名は"RTR-53 小型防水ワイヤレスデータロガー"。これは温湿度用ですが、この他に電圧やパルスを測定出来るシリーズ製品もあってなかなか面白そう。思ったより値段も高くないので、ボーナス出たら買ってみようかな、と一瞬考えたりもしたくらい・・・
写真左側は室内の壁面上部に取付け、右側は洗面室の床下に置いてあります。この時期の、しかも最も寒い場所であるはずの床下ですが、屋外が 1度C前後の気候にもかかわらず実に12.5度Cを示してます。実際床下に頭を突っ込んでみてもちっとも寒くないし(^-^)。
この計測器のエラいところは、その名の通り"ワイヤレス"で測定器にデータを送信するところです。モニタとなったお宅(ウチ!!)の周辺に停車して測定器の受信操作をするだけで、計測値を記録出来るという優れものです。毎月1回測定に来ているというので、それならその測定器を観てみたいと頼んで冒頭のようになったわけです。
それはそうと、網中さんの、出会い当初からまったく変わらない対応の良さにも感心してます。何しろユーザーにとっては営業マンが会社の代表ですからね。彼のおかげできんてつに対する良好なイメージが保たれているわけやから、給料上げたってや、近鉄さん!!
関連記事