FC2ブログ

ちょっとだけ距離延長で「はじめての楽しいサイクリング」( ´ー`)

山越えであえなく挫折してプラン変更。当面の坂道目標はクリア出来たし、以降は一回の走行距離を延ばしていく事にした。
気候は相変わらずの酷暑が続くが、短期間の体重減少が可能とはいえ単に汗をかけばオーケーというわけでもない。
水分減少だけでは逆に不健康だし、筋力アップと体脂肪減少を目指すには地道なトレーニングしかないのは当たり前だろう。

2018-07-25_サイクルマップ
本日の行程目標は往復30km。帰宅してきっちり測定してみたら少し足りなかったが、何箇所かで寄り道もしてるし一応達成とする。
これまではほとんどが片道10km前後だった。所要時間は実質一時間くらいなので10km/hとなるな。ホントにカメのようなペースだが、慣れない坂道に挑戦したり歩道をたらたらと進んだりという走行条件を考慮すると、まぁこんなもんかな。( ´ー`)
感触としては、整備された平坦な自転車ロードだったら今のマシンでも25km/hくらいは楽勝な気がしている。特に根拠はないが・・・
ところで。今回のルートは瞬発的な脚力をほぼ必要としないので、チェーンホイールの回転数を一定に保つように心がけた。
1分間当たりの回転数を表す自転車用語の "ケイデンス" である。これを60程度となるように走行してみた。1秒間で1回転なので分かりやすい。「サイクルコンピューターもないのに"ケイデンス60の根拠"は何だ !? 」と突っ込まれそうだが、以前スポーツジムに通っていた時にエアロバイクであれこれ遊んでいて、60というのが自分に合ってるなと感じ常用していたので身体で覚えているのだ。
当然、今回のペダリングペースが正確にケイデンス60なのかどうかは分からない。自分で納得しているだけ。( ´ー`)
実際の感触としては、40度近い猛暑の中で2時間ちょっとで目標ルートをこなして自宅付近の坂道にたどり着いた時にも余裕たっぷりであり、更に2時間位は軽く走行出来そうな状態だった。もちろん変速機が完調になった効果もある。前回までは基本的にあえて5-6速しか使わなかったのだが、今回はケイデンス維持のために積極的に変速操作を行ったため余分な体力を消耗せずに済んだわけ。
ロードバイクに数十段もの変速機が必要というのは、単に急勾配を登るためだけではないのだと、今頃理解したのでした。( ´ー`)

2018-07-25_DSC08282.jpg
最近のお気に入りコースである、大和川堤防沿いのコース。途中まではクルマも走行しているがその数はごく少ない。途中からサイクリングロードとなる。しかし、ほとんど整備してないので路面が全然なめらかでないために、快適なわけではない。(*´・ω・)

2018-07-25_DSC08284.jpg
ここからようやく専用のサイクリングロードとなる。地図上では、西名阪自動車道の高架下の地点。
前述のように、路面は良くないがクルマがいないのはやはり安心だし気分が良い。( ´ー`)

2018-07-25_DSC08292.jpg
「奈良県台に浄化センター」周辺の風景。
予定より早く、1時間ちょっとで目的地点にたどり着いたのでもう少し足を延ばしてみよう。

2018-07-25_DSC08294.jpg
と、10分ほど進んだところでこんな標識が埋め込まれていたのにビックリ。(。゚ω゚)
いや、標識そのものではなく 「石舞台古墳まで21km」 の文字にである。
その名称でピンとくる人もいるだろうが、つまりは「明日香村」である。走行環境が良ければあと一時間程度で着く事になる。
自宅からだとしても、約28kmなので今のマシンでも二時間ちょいあれば余裕で走破出来るわけや。
いやぁ~、自転車の行動範囲の広さってスゴイなぁ~とあらためて小さな感動。これまで、明日香村まで自転車でなんて想像も出来なかったからね。クルマでだって、それなりに時間がかかる事もあり気軽に足が向かなかったのだ。

2018-07-25_DSC08295.jpg
今回のルートはほぼ平坦路なので脚力・体力ともに十二分な余力があるのだが、とりあえずは目的達成出来たのでここで折り返す事にした。
いいターゲッが出来たのでお楽しみとしてとっておこう。やはりロングライドは坂道シュギョーより断然楽しいな。
片道30kmなんて、先輩諸氏からすればほんのご近所程度でしょうが、まぁまだ入門から一ヶ月も経ってないし。( ´ー`)

しかし、ついに愛車の能力が物足りなくなって来た・・・
半年間くらいはこれで行こうと決めていたのだが・・・さっさと"クロスバイク"にするか・・・(*´・ω・)
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :