FC2ブログ

光がやってきた

ようやく、通信環境がADSLから光ファイバーになりました。
引っ越し1週間前になって、移転先に光ファイバーの幹線がない事が分かり、「3ヶ月はかかる」と宣告されて首をなが~くして待っていたのです。
実際には今日で1ヶ月半ですが、NTTから工事に来てくれました。
光がやってきた
写真のような高所作業車が2台と、他にも2台のクルマがやって来て、1時間半ほどで工事が終わりました。
今回申し込んだのは、NTTの「フレッツ光プレミアム」です。通話料の安い"ひかり電話"が利用できるのですが、そのために必要機器が1台増えて3台になります。下の写真左側にある3台の機器がそうで、左奥から"ONU(メディアコンバータ)"、"CTU(ルータ兼用)"、"ひかり電話対応Voipアダプタ"です。
これだけでも配線がごちゃごちゃなのですが、ウチでは更に"ネットワークHDD"、"無線LANアクセスポイント"、"スイッチングハブ"と実に計6台の機器が必要になります。こんなものを室内に置きたくないので、設計プランの段階で小屋裏に集中配置出来るように配線計画を立ててありました。
これは大正解でしたね。エライぞ ← 自分(^_-)
光がやってきた
設定完了後に速度テストをしてみたら、同じ計測方法で30Mbpsと、前の家と同等の成績になり、一安心です。
ちなみに、"フレッツスタートアップツール"では、看板に偽りなしの「93Mbps」という素晴らしい成績です。
これはプロバイダを通さずにダイレクトに通信速度を計測できるツールなんですが、それにしても大差があるもんや・・・
関連記事