FC2ブログ

高速バスは楽し ! 今度は「やまと号」だ !! (´∀`)

2017-11-09_DSC06959.jpg
前回の体験で味をしめて、と書きたいところだが自分としては致命的な失敗をしたので、今回は"トイレ付き"を必須条件としたのと、奈良から横浜までの直通バスを検討したら"これしかない"となった「やまと号」。評判も良さそうだしこれに決定。

2017-11-09_DSC06960.jpg
"WILLER"社にも引けを取らない、というよりこっちの方が快適そうにみえたが、実際そうだった。( ゚∀゚)

2017-11-09_DSC06961.jpg
近鉄生駒線「王寺駅」前の停留所を 21時22分の定刻きっちりに発車したが、乗車率はこんな風だった。( ´ー`)
ただしこの夜は木曜日。金曜日以降は満席で予約がとれない盛況だった。最終目的地が「TDR」行きなので当然か。

2017-11-09_DSC06963.jpg
「やまと号」の素晴らしい装備がこのリーディングライト。これはありがたい。
実際に読書する事はほぼないが、消灯時刻が来るとバス内はほとんど暗闇状態となるので手元を照らすのに役に立つ。

2017-11-09_DSC06970.jpg
そして、もう一つ。スリッパのサービスもある。乗車中は靴を脱いでいるのだからあって当たり前とはいえるが、"WILLER"にはこのサービスがなかったのだ。

2017-11-09_DSC06971.jpg
それにフットレスト。脱いだクツもちゃんと収納出来るように考えられている。

2017-11-09_DSC06977.jpg
そうとボタンの配置も合理的にされているし、備え付けのブランケットも明らかに高級品。

2017-11-09_DSC06973.jpg
前方視界が保たれているのも好印象。
そして、何よりも肝心な乗り心地・静粛性が格段に優れていたのでまったくの疲れ知らずで過ごせたのだった。
何だ、結局「やまと号」の方が圧倒的に高得点ではないか。これだから実体験が重要なのだな。(´∀`)

2017-11-09_DSC06976.jpg
ちょっと見えにくいが、トイレの他にドリンクサービスもある。
この日の料金は7,500円と、激安ではないが新幹線や飛行機よりも圧倒的に安いし何しろほとんど直通なのだ。
東京方面への交通手段として病みつきになりそうな予感。めったに機会はないのだがね。

ちなみに、週末や祝日前だと10,000円にアップするのだが、それでも常に満席のようだ。
「TDR」目的なら金額的なメリットは減少しても、早朝に到着出来るというのが最大のメリットになるのは良く分かる。
そんなわけで、奈良から東京方面(その逆も)なら「やまと号」以外の選択肢はなしなのだ。( ´ー`)
関連記事

この記事へのコメント

管理人 : 2017/11/20 (月) 12:59:54

拍手コメントで指摘がありましたので訂正しました。
記事の最後から 3行目。
>10,000万円にアップ → 10,000円にアップ
ご指摘ありがとうございました。( ´ー`)

管理人のみ通知 :