FC2ブログ

Windows10 クイック起動

"Windows Xp"で重宝していた"クイック起動(quick launch)"は、"7"で隠されたが、引き続き機能は残されていて"10"でも利用可能。
"クイック起動バー"はタスクバーに常時表示され、ワンクリックでアプリを起動したり任意のフォルダを開いたり出来る。
スタートメニューをたどるより手っ取り早い上、スタートメニューに登録不能なネットワーク上のアプリやフォルダも登録可能なのが便利。

2016-01-27_WInTaskBar2.jpg
作成手順はカンタン。任意の場所に専用フォルダを作成し、アプリやフォルダのショートカットを格納しておく。

2016-01-27_WInTaskBar.jpg
そして、タスクバーの何もない部分にマウスカーソルを置いて、ショートカットメニューから"ツールバー - 新規ツールバー"をクリックし、前項で作成したフォルダを指定すればOK。

2016-01-27_WInTaskBar3-4.jpg
タスクバー下端(※)にフォルダ名だけが見えるようになるので、適当にサイズを調整すれば完了っと。(*´~`*)
なお、"クイック起動バー"はいくつでも登録出来るので必要に応じてグループ別に整理しても良い。
※タスクバーは通常画面下端にあるので、その場合は右端
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :