FC2ブログ

PCリモート接続で「テレワーク」

半月ほど前から、かなりローカルである自宅周辺のスーパーなどでもマスクやアルコール消毒製品が店の棚から消えたままである。
社会情勢が不穏な今日このごろ、今さら「テレワーク」などという単語が当たり前のようにマスメディアで連呼されている。
バカのひとつ覚えみたいに自宅リビングで家族と過ごしつつノートパソコンで何やら仕事めいた事をしているイメージ動画とともに。
前向きに検討して努力したとして、それが実現可能な企業の職種や職責に該当するのは、おそらくは10%にも満たないごく限られた層である事を報道側も分かってるはずなのに、まったくアホらしくてみていられない。(´д`)
とはいえ、通勤時間帯の立っているのがやっという満員電車の状態が若干改善している事も実感している。

ちょっと毒づきつつ、そんなわけで職場と自宅のパソコンを繋ぐテレワークに必須のツールである"リモート接続機能"。
簡単な設定のみで自宅と職場(とは限らないが)のパソコンを接続し、あたかも手元で操作しているように操作出来るのである。
この機能自体は毎度おなじみ Windows にも標準機能して備わってはいるが、今となってはいかんせん使い勝手が悪過ぎるのが難点。

そこで愛用しているのがフリーの専用アプリ。今は"AnyDesk"を愛用している。少し前までは"TeamViewer"という素晴らしいアプリを利用していた。当然ではあるが、フリーであるためには、いずれも「私的利用に限る」とされている。
そして、"TeamViewer"はこの制約が少し強くて継続利用を断念せざるを得なかった。
性能はパーフェクトだし操作性も満足出来る製品ですごく気に入って重宝していたので使用料を支払う事に抵抗はないのだが、最安プランでも 2,067円/月という料金設定におじけづいてしまい同種の"AnyDesk"に切り替えたのだった。

2020-03-28_AnyDesk.png
まぁ、知ってる人は知っている、パソコン画面の中にまったく別のパソコンを出現させて自由に操作出来るというすごい仕組み。
これの何がすごいって、通信回線を介している事を忘れさせるくらいに使い勝手が良い事。
本当に、手元にあるパソコンと同等のレスポンスとほぼ制約のない操作性を味わえる。といってもこの機能自体はかなり前からあったわけで、Windows純正の"リモートデスクトップ"機能も既に実現してはいた。タブレット機器でWindowsアプリを動作させるのもカンタンだった。ただし、LAN内という条件があった。※実際にはそうではないのかもしれないが・・・(;`ー´)

それでは、"TeamViewer"や"AnyDesk"は何が違うのかというと「接続条件の柔軟性」である。"リモートデスクトップ"が同一ネットワーク内でしか機能しないのに比べ、何の制約もないといえるほどに応用範囲が広い。
インストールも基本設定もウソみたいにカンタンなので本当に誰にでも勧められる。
具体的な利用シーンのサンブルは次号にて。( ´ー`)
関連記事

桜の開花はまだまだ・・・

死語かもしれない「バカ陽気」の昨日。シーズンオフが空けようとしていたこの日は最高気温20度の予想。
ムズムズして来ていたポタリングを敢行する事にした。

2020-03-21_DSC00465.jpg
以前と違うのは、ヘルメットの他にフロントバッグ。ここにカメラやゴリラポッド、予備バッテリーなどを収納する事が出来る。

2020-03-21_DSC00469.jpg
定番サイクリングロードのスタート地点。ここまで約30分。

2020-03-21_DSC00470.jpg
更に15分ほどでお気に入りの「秋篠川サイクリングロード」に。

2020-03-21_DSC00471.jpg
異常な温暖気候が続いたとはいえ、やはりまだ早すぎたか・・・

2020-03-21_DSC00478.jpg
のんびり走行していると、とある民家の敷地内にそれっぽい花を発見し撮影していたら家の人が出て来て「写真を撮ってもらうのはうれしいんだけど、これはあんずの花なんですよ。」と笑いながら教えてくれた。( ´ー`)

2020-03-21_DSC00481.jpg
さてと。今日の目的地は奈良公園ではなく、ネットカフェの「快活クラブ24号奈良」店。

2020-03-21_DSC00485.jpg
目的はもちろんこれです。ヾ(o´∀`o)ノ
お気に入りだった連載ものが次々に終了または転籍してしまい、今はお目当てがこの「」キングダム」だけになってしまった。
別に毎週買っても良いのだが、一本の連載ものだけのために買うのもバカらしい。
それに毎週買うとすぐに何冊も貯まってしまうため、読み捨てるのに都合の良いこのような店に通っているのである。

2020-03-21_DSC00486.jpg
この「快活クラブ」では、コーヒーやコーンスープといったフリードリンクの他に"モーニングサービス"としてトーストとフライドポテトが無料サービスとなっているのも大きな魅力。このフライドポテトが常にホカホカの状態に保たれていてマックのそれと遜色ないレベルなのでついつい食べ過ぎてしまうのが困る。(;`ー´)
しかも、だらだら過ごさず一時間以内で退店するので料金はいつも350円程度。「ヤンジャン」を買ってカフェに行く半分以下のコストで済んでしまうし、何回かに一回は勝手に貯まるクーポンを利用すれば120円くらいで済んでしまったりする。
会計時にはさすがに気が引けるのだが、店のルール通りなのだし気にしない気にしない・・・( ´ー`)
ちなみに、世間の情勢とは無関係のようで80席ほどある席がほぼ満席状態だった。

2020-03-21_DSC00487.jpg
龍田川公園も開花はこれからまだ先というところ。

2020-03-21_DSC00490.jpg
さて・・・今回の行程は36kmそこそこだったというのに、自宅近くまで帰り着いたところで何と足に来てしまい、地獄坂(裏ルート)が始まったばかりのこの地点で停止を余儀なくされた。( ≧Д≦)

2020-03-21_DSC00491.jpg
何年ぶりかの途中下車となった。5分ほどの休憩の後は何とか自宅にたどり着いたのだが。
この程度の距離で音を上げるなど言語道断といいたいところだが、「そんな事もあるよね。」でありました。( ´ー`)

むりしなくてえらい
※「コウペンちゃん」です。るるてあさんのTwitterよりお借りしてます


関連記事

ネット障害の無限ループ地獄から脱出した体験記 その3

さて、"その2"で列挙したような対策をこころみたが、連載冒頭に書いたようにまったく効果がなかった・・・

ETG-ESH05K2.jpg
そして、窮地を救ってくれたのがIOデータ機器の"ETG-ESH05KC2"という格安スイッチ。予備に一台くらい持っておこうという動機だったため、プラ筐体だろうが5ポートだろうが、とにかく安ければ良かったのだ。

ETG-ESH05K2-2.jpg
実に2,000円台という激安製品なのに、おまけとして"ループ検知機能"を持ったすごいヤツである。
とはいっても、これまで一度もループ障害というものを体験していなかったため、この機能には特に関心はなかったのだが、「一番安いのを買ったらループ検知機能が勝手に付いていた」というラッキーな買い物だった。

実は、一ヶ月ほど前に購入してからパソコンの配置替えなどで何度か一時的に仮設置していた時にこの"ループ検知LED"が点滅していたのが少し気にはなっていたのだが、その時期にはネット障害が顕在化していなかったため「うっとおしいヤツやなぁ。やっぱり安物のおまけ機能なんて使いものにならん。」とバカにしていたのだった。ホントにごめんなさいである。(;`ー´)

深刻なネット障害の原因究明が出来ず万策尽きて専門業者を呼ぶ前に、一応念のためにとこの製品の存在を思い出して既存のハブと交換してみたら、やはり赤色LEDが常時点滅状態。念のためにメインルーターに直接接続してもやはりLED点滅状態は変わらない。
さすがにこれはおかしい。ルーター本体に異常がない事は確認済みである。どうせ全滅状態だからと、8ポートあるメインルーターのその他のケーブルをすべて取り外してみたら、何とLEDが消えたではないか !!
するとひょっとして・・・本当にループ障害が起きているのかも。( ≧Д≦)
そういえば、「やる事は全部やったのに。」とうそぶきつつまだやってない事があったのを思い出した。

RTX-1210-2.jpg
というわけで、外してあった残りの 7本の感染じゃなかった幹線ケーブルを一本ずつ戻してみると、5番ポートに接続していたケーブルを差し込み直した時"ループ検知LED"が点滅を始めたのだった。ポートの故障なんてまず考えられないため他のポートに接続してみるとやはり同じ症状。「これかぁ !! 今度こそビンゴやんけ !!」
と一瞬小躍りしたのだが、この配線の先にあるのは、何と二段目のスイッチを介して自分が常用している管理用パソコンが接続されているブロックだったのだ。当然、このハブを疑い、速攻で交換してみたが症状は変わらず。すると・・・
自分のパソコンを接続した場合のみ、ループ検知になる事が判明した。「そんなアホな !!」と嘆いても仕方ない。
それではと他のパソコンと入替えてみたらやはりループは発生しない・・・うぅむ。LAN機能のハード的障害なのか・・・
と思って再び元に戻してみるとデバイスマネージャでチェックしてみても正常動作となっている。
やっぱりもう訳が分からん !!

パニクりつつ、他のパソコンとの大きな違いを再確認したみたら"MySQLサーバー"が動作しているという事実。
いや、しかしこれでループ発生なんてそれこそあり得ないやろとぼやきつつ、サービスを停止しても変わらず。
シャットダウンして再起動しても症状変わらずで一安心。(;`ー´)

そして、良ぉ~く考えてみるともう一個あった。
職場と自宅をリモート接続したくて半月ほど前にインストールした"Soft Eather VPNサーバー"も動作しているのだ。
もう一度「まさかなぁ・・・」とつぶやきつつサービスを停止してみたら、見事にループLEDが消灯した !!
ついに原因究明成功 !! それから2時間ほどネットワーク全体が正常動作するのを確認してから、"Soft Eather VPN"をアンインストールして再起動し、更に一時間ほど様子をみて問題ない事を確認してついに今度こそ一件落着となった。
これ以降、ネットワーク障害は発生していないのでこれが原因と断定。ようやく安心して眠れるようになった。
何しろ営業中にこんな作業は出来ないため休日の早朝から孤軍奮闘していたので疲れ切っていて、ちょうど昼前だったのでふだんは食べる習慣がない人並みのランチ欲求が高まり危機脱出祝に"カツ丼定食"をガッツリいただいて現場を後にしたのだった。

2020-03-16_カツ丼定食
しかし、今度はがっつりランチのために劇的な体重増加に悩まされる事になったのだった・・・( ≧Д≦)

※たまたま今回の自分のケースではこうだったというだけの出来事であり、この記事は"Soft Eather VPN"という有用なソフトウェアを貶めるために書いているのではないので悪しからず
関連記事

ネット障害の無限地獄から脱出した体験記 その2

現代ではパソコンが外の世界と繋がっていて当たり前である事は、さすがに幼児は別かもだが子供にだって分かってるはず。
さてさて。複数台数のパソコンが設置されている環境であればプリンタも共有されている場合が多いだろう。
Offiice ソフト等で単独の作業が出来はしても繋がらなくては印刷さえも出来ない事になる。

突然すべてが繋がらくなったのではなく、徐々に症状が悪化していく場合には何を調べれば良いのだろうか。
一般ユーザー兼任で、シロートにちょっとだけ毛の生えたシステム管理者ならこんなとこでしょうか。

  1. ウィルスに取り憑かれてないか、大量のスパムを受けてないか
  2. パソコン再起動
  3. 他のパソコンが正常動作しているか
  4. 自分のIPアドレスが正常であるか、また他との重複がないかチェック
  5. コマンドプロンプトから内部ルーターやサーバーに PING コマンドでレスポンスの劣化をチェック
  6. パソコン本体の裏側をみて、LANケーブルの抜き差しをしてみる ※もちろんHUB側も
  7. 古すぎないかとか変にねじれていないかなどLANケーブルの状態を確認
  8. 念のため新品のLANケーブルを交換
  9. 他のパソコンが問題なければパソコンを置き換えてみる
  10. HUBの電源確認と再起動(怪しければ正常品と交換)
  11. ハードの性能(CPU・メモリ・HDD等)が時代遅れのオンボロになっていないか確認
  12. 通信が混雑する時間帯ではないか
  13. 半日くらい放置して自然治癒の期待
  14. 他のパソコン等でも似たような症状が起きている
  15. 複数のDHCPサーバーの存在チェック
  16. 他のパソコンが正常動作しているか確認
  17. プロバイダーに障害の有無を問い合わせ
  18. 最上流にあるルーターやメディアコンバータ等の配線確認と再起動
  19. ルーター交換

えっと・・・他にもいくつかあったはずだが、今は思い出せない。
とにかく、ここまでやって改善しなければ万事休すであり、専門業者にヘルプ !! しかないか ・・・・ (´д`)

2020-03-17_RTX-1210.jpg
ちなみに、メインルーターは小規模事業所としては立派な"YAMAHA RTX-1210"である。30台や40台程度のネットワークなら経験的にこれで十二分な性能のはずだから、ハード的故障でなければこれを疑う必要はなし。
さて、どうしようかなのだ。さらに次号に続く。( ´ー`)
関連記事

ネット障害の無限地獄から脱出した体験記 その1

未体験の深刻な通信トラブルに遭い、悪戦苦闘して数日がかりで何とかねじ伏せたというお話。
万策尽きてもう専門業者に依頼するしかないか・・・と諦めかけていたが最後の努力で自力解決に至ったのだった。

しばらく前から職場のパソコンネットワークで未体験の障害が発生して悪化の一途をたどり、ほぼお手上げ状態となった。
一台のルーターから分岐接続されているパソコンは約40台あり、無線アクセスポイントも数台。そしてその症状は・・・

2020-03-17_ネット障害

  1. 特定のパソコンでインターネットプラウザやメールの動作が時々不安定になる
  2. 無線アクセスポイントも時々不安定
  3. 時折症状がひどくなり、ついには接続不能 !! 再起動しても改善せず
  4. しかし、しばらくすると何事もなかったように正常動作に戻る
  5. 日によっては問題なく動作する事も多いしLAN内ではそれほど症状がひどくはない
  6. これらの症状が特定のパソコンで発生していたのが、段々と他のパソコンにも拡散していく
  7. 徐々に症状が悪化していき、数週間後には全パソコンでネットワーク障害発生し 全滅状態に !!
  8. いくら対策をしても改善せず、最終手段としてネット回線直結のルーターを再起動
  9. ようやく全数が正常動作になるが、数時間するとやはり同じ障害が発生して 1. から繰り返し・・・
  10. ここでお手上げ (´д`)

ちゃんとした測定器こそないものの、長年の経験則から考えつく限りの対策をしてみたのだがまったく歯が立たなかった。
今思えば、ある程度ネットワーク知識のある管理者ならすぐにピンと来るような症状なのだろうが、自分にとっては未曾有の危機。
長い潜伏期間を経てごく軽い症状から徐々に悪化し、手の施しようがなくついには死に至るという、人類にとっても未曾有の危機と同時進行という、シャレにもなんにもならない事態だったのである。

2020-03-17_DSC05686.jpg
窮地を救ってくれたのが、何と実売価格3,000円弱のこの製品。

2020-03-17_DSC05689.jpg
設備の整備で予備に買ってあったのだが、勝手に付いて来ていたこの装備が救いの神になってくれたのだった。

2020-03-17_DSC05691.jpg
赤色LEDがゆっくり点滅しているのだが、実はその後ろはこうなっている。
もちろんこんな馬鹿な配線はシロートでもやらないはずだが、多くのパソコンがある場所でテキトーに配置替えや増設を繰り返していると、多数設置したハブの配線も次第に訳が分からなくなって来るものである。場合によっては配線が備品の影に隠れてしまったりカーペットの下をくぐっていて、どこからどこに延びているのか誰にも分からないなんて事は日常茶飯事。(;`ー´)
もちろんシステム管理者たるものがそんな杜撰な状態に甘んじているわけではないが、小規模事業所ではしょせん兼任の片手間仕事であり、ユーザーが勝手に作業するのを見て見ぬふりをする事だってある。
とまぁ、そんなこんなであってもこれまでは深刻な障害が発生する事はなかったのだが・・・

以下、次号に続く。
関連記事

アクセスカウント 50万 !!

久しぶりに何となくブログを見てみたらアクセスカウンターが・・・

2020-03-16_アクセスカウンター50万

こんな事になっておりました。虫の知らせからか、偶然。
今頃気づいたが、今月もずっとさぼってたのが良く分かる。(;`ー´)
画像の回り込み処理もすっかり忘れてしまったが、ま、いいか・・・

カウント 日付
----------------------
10,000 2010.02.01
15,000 2010.08.19
30,000 2011.12.13
40,000 2012.06.06
50,000 2012.10.26
60,000 2013.01.20
70,000 2013.03.25
80,000 2013.05.22
90,000 2013.07.06
100,000 2013.08.19
110,000 2013.10.05
120,000 2013.11.21
130,000 2014.01.11
140,000 2014.02.24
150,000 2014.04.08
200,000 2014.11.30
250,000 2015.08.08
300,000 2016.04.16
350,000 2016.12.24
430,000 2018.04.08
500,000 2020.03.16
-----------------------
見事予想通り前回からちょうど二年がかりとなり、10年間もかかってめでたく50万超え達成なのでした。( ´ー`)
関連記事