FC2ブログ

{あのころ、電話線の向こうには“未来”があった}

最近はひまな時にパソコンでは「Yahoo!ニュース」をつらつらと眺めている事が多い。
今日も何となく眺めていたら標題のような面白い記事が目に入った。

pasokontuusin.jpg

もちろん、知らない人からすると実感なんて出来ないだろうし面白くもなんともないはずだが。( ´ー`)
「今では“ネット”といえば、ほとんどの人がインターネットを思い浮かべるでし。しかし、まだインターネットが一般的でなかったころ、“ネット”といえば「パソコン通信」が主流でした。」で始まる記事は、何で今頃こんなのが唐突に出てきたのか不明だが、とても懐かしいし、当寺を思い出して嬉しくもあった。
記事中では単に"インターネット"となっているが正確にはフェイスブックのような"SNS"だろう。
当ブログでもだいぶ前にシリーズネタにしたのだが、とても楽しみながら記事を書いた記憶が鮮明にある。コメントもたくさんもらった。
狭い世界のハナシだが、懐古趣味もいいもんですわ。年をとったって事やな。それもまぁ悪くない。( ´ー`)
関連記事

すごい300円スピーカー

すっかり月イチ更新になりさがってしまったな。それはさておき・・・( ´ー`)

2019-08-06_DSC05559.jpg
最近、ちと必要があり小さくて安めのスピーカーを探していたら、ネットでやたらと高評価なスピーカーが目についた。
冗談のような超低価格なのだし、ダメ元で買ってみて音出ししたらぶったまげた !! ウワサは本当だったのだ。( ; ゜Д゜)

2019-08-07_DSC05565.jpg
オーディオの記事で良く見かける「ヌケの良い音」。つまり全体にこもっていたりネボけた音ではなく輪郭がボヤけていない「爽やかなサウンド」なのである。低コスト一辺倒の安物スピーカーでこれを実現している製品は多くはないだろう。

2019-08-06_DSC05561.jpg
メーカーも品番もない、"ダイソーで売ってる300円"の製品。
「ダイソーなのに300円!?」と今更驚く事もないだろう。"高級路線"のラインナップはかなり以前から存在しているし。
店舗で実際に手にとって更にオドロキだったのがこのサイズ。2個入りのパッケージでこれなのだ。重量だって300gもないかも。
一昔前だったら、というより現代でもこんなものを"オーディオ製品"と称する事など考えられないだろう。

2019-08-06_DSC05562.jpg
極小サイズといっても良いくらい小さい。
デザインがどうこういう製品ではないが悪くもない。とにかく水準以上のサウンドにしてこの超低価格は驚異である。

2019-08-07_DSC05567.jpg
既存のデスクトップスピーカーは昔ながらのオーディオ用製品。これだって破格の安さだったのだが。(;`ー´)
まぁ、ちょっと真剣に聴いてみると300円スピーカーとは次元の違う本格的なサウンドである事は間違いない。
300円の方は高域も低域もまるでまともに出ていないし音の緻密さも感じられないのだが、気楽に聞き流すBGMとしての用途では文句なしの気持ちの良いサウンドでこちらを常用したくなるほど。
要は、スカスカの音であっても"音造り"がキチンと出来ているので、一聴した場合はこっちの方が音が良いと感じてしまうのだ。

2019-08-06_DSC05560.jpg
低価格で軽薄短小ではまともな音のスピーカーにならないというムカシの常識は完全に消え去った。( ´ー`)
関連記事