FC2ブログ

別れはいつだって辛いものとはいえ・・・

自分の家族が出来てから、現在に至るまで一度もペットと暮らした事がない。
今思えば、これは驚くべき事なのである。奈良県民となってはや15年ほどになるが、それまでずっと「大阪生まれの大阪育ち」であり、そして物心ついた頃からずっと実家にはネコがいたのだ。完全に生活の一部であり、それが当たり前の暮らしだった。
人よりもずっと寿命が短いため、何度も代がわりしながら次から次へと途切れる事なく様々な種類のネコがいつも家にいた。
"トラ猫"が一番多かったな。とにかく、ネコのいる生活が当たり前だった。もちろん自分もネコが大好きだった。
ただ、ある事がきっかけでネコと別れねばならなくなってしまった。
この時は本当に辛かった。何しろ自分の手によって愛猫を手放さざるを得なかったのだ。
あの日の数時間は今も忘れられない。唯一の救いだったのが、捨てたのではなく、一緒に暮らした最後のネコを愛猫家の方に無期限で預かってもらう事になり、大阪から京都までクルマで運ぶ間もおとなしくしていくれた。
子猫のときから粗相一つせず、それまでで最も賢いネコだったのだ。里親になってくれた方にお礼を言って去ろうとすると、奥の方にいたはずなのにトコトコっと玄関に現れて「ミャア」とひと声だけ鳴かれた。
「やっぱり連れて帰ろう」という衝動を抑え、一瞬だけ目を合わせた後は振り返らずその家を出た。もちろん「いつでも会いに来てあげて下さい」との言葉はもらったが、そこには二度と行かなかった。いや行けなかったのだ。
一年ほど経って連絡があり、最後を看取って下さったとの事。「本当に賢い子でしたよ」と褒められた。安らかな旅立ちだったらしい。
そうして"ネコのいる生活"が終わったのは今から数十年前の出来事。だからといって「もう二度とネコは飼わない」と決意したわけでもなく、今は戸建ての家なのでいつでも飼う事が出来るのだが、何となくこれまではあまり気乗りがしなかっただけ。

2019-01-30_cat.jpg
当時こんなのを撮る事はもちろん不可能。愛猫のうり二つの写真をフリー素材集から借用した。
最後のネコ「ちーこ」は品の良いシャム猫だった。ものすごく賢いネコだった。辛い時に寄り添ってくれて何度も癒やされた。
ところで、記憶にあるだけでも10種類以上のネコと暮らしていたのだが、ネコを看取った事は一度もない。
「ネコは飼い主に死に様をみせないのだ」と大人から教わっていたのだがその通りだった。

そして。一度だけ実家にネコとイヌがいた時期が数年間あった。
「コロ」と名付けられたそのイヌは父親が知り合いからもらって来た小型の雑種犬だったが、愛嬌があり良く散歩に連れ歩いた記憶がある。
このイヌは病弱でたしか三年くらいしかいなかった。最後はひどい皮膚病を患いとても自宅で面倒を見切れなくなり、保健所に委ねられたのだ。
その日学校から帰るとすでに「コロ」はいなかった。犬小屋もキレイに清掃されていた。不思議とあまり悲しみはなかった。
保健所に連れ去られた後の運命を想像する事も出来なかったし、相変わらずウチにはネコがいたのだった。
そんなわけで、幸か不幸かペットが旅立つ時に居合わせた経験がないのだった。

しかし愛犬家の方々はそうはいかず、何度も悲しい別れを経ては立ち直り新たな家族を迎える事の繰り返しなのだろうか。
パソコンやソフトウエアに関して人並み以上には関わるようになって"ドッグイヤー"という言葉を良く目にした。
日進月歩ではなく"分進秒歩"と表現されるほどに技術革新の速度が速かった30年近く前のハナシ。
ずいぶん乱暴な例えだが、"イヌの 1年は人の 7年に相当"だとしてこのような比喩表現が使われたようだ。
当然個体差はあるはずで、特に大型犬ほど寿命を迎えるのが速いそうで、つまり 7~10年ほどで旅立つ事になるらしい。
つまり、愛犬家は必然的に何度も辛い別れを乗り越えねばならない宿命のようだ。
イヌはネコ以上に人に寄り添ってくれる存在。可愛いペットから友だちになり、やがてかけがえのない家族となるだろう。
最期は当然基本的に自宅で看取る事になる。重い病気などで病院に預けたとしてもやはり見送る事になるのは同じ。
例えば親しい友人がその境遇になったような場合・・・
飼い主にとっては家族と同じなのだから、察してあまりあるとはいえ、ありきたりな気休めの言葉などかけようもない。

2019-01-30_71eb2df4.jpgt="405" />
写真はここから借りてます。
自分にはとても名文は書けないが、代弁してくれるようなページを見つけました。
暴れん坊で臆病者で甘えん坊のチャップと心優しい保護者へ。
関連記事

ガソリン価格レポート

愛車"ゴルフ6トレンドライン"の帰還を記念して久々にガソリン価格定点レポート。( ´ー`)

2019-01-20_01 (1)
近所にある行きつけの「セルフステーション平群SS」のガソリン価格は常々素晴らしく安いと感心していたのだが・・・
二年前の開店時に"エッソ"だったのがブランド統一で最近になって"エネオス"に変わったのだが、サービス内容に変わりはない。

2019-01-23_2019-01-20_01 (6)
何気なく調べてみたら、奈良県内でランキング一位なのだった。とはいえ、上には上(下には下か)があり、このサイトでもっと調べてみたら、和歌山県には119円となっている店も二店あった。

2019-01-20_01 (5)
ただし、"スピードパスにナナコチャージ"してから給油すると4円引きの121円となり、しかも。

2019-01-20_01 (2)
隣接の"セブンイレブン"のレジでもらえる割引券を利用すると・・・

2019-01-20_01 (3)
しめて 6円引きの 119円/Lや !! (´∀`)
ゴルフはハイオクなので 129円となるが、近場の奈良市や生駒市などではハイオク 150円前後の価格を付けてる店も少なくない。
20円/Lも違えば50L給油で1000円の差。わざわざ平群町まで足を延ばす価値もある、かもしれない。( ´ー`)

2019-01-20_01 (4)
もひとつおまけのサービスとして、ここのセブンイレブンで指定の日に5000円チャージすれば何とボックスティッシュを 6個もらえるという大盤振る舞いをずっとやっているので、これも加味すれば近畿地方ナンバーワン店となる、かもしれない。
羽振りの良かった頃にはガソリン価格なんてほとんど無頓着だったが、昨今はガソリンに限らずいろいろな商品の価格に敏感になって来て、とても良い傾向だなと自画自賛の日々ではあります。( ´ー`)
関連記事

冬のポタリングに挑戦 !

ロードバイカーには軟弱者と嘲笑されるかもしれないが、12月から3月まではシーズンオフと決めている。
初期目標であった体重大幅減を達成しほぼ維持出来ている事もあるが、オフの最大の理由はもちろん「寒いから」(;`ー´)

しかし。このところ天候が安定していて、更にここ数日間は日中最高気温が10度を超える日が続き、久々にヤル気が湧いて来た。
そして、絶好の好天が期待出来そうなある日ついに掟を破って出かける事にしたのだった。
今回の写真は出発前ではなく、意気揚々と帰還して来た様子。実に余裕たっぷりである。( ゚∀゚)

2019-01-19_DSC09483.jpg
ただし好天とは言ってもそこはやはり冬。朝方の出発時は3~5度という気温なので防寒対策は欠かせない。という事で・・・
まだ一生懸命修行中だった夏の間に買っていた、防寒ウェアを引張り出して着込んでみるとみるみるヤル気がみなぎってくる。( ´ー`)
実は、このスーツが初の自転車専用ファッションなのだ。さすがに手持ちのスポーツウェアでは役不足なのでアマゾンで調達していた。
全身黒ずくめなど趣味ではないのだが、安価で評価の高いものを選択するとカラーの選択肢が他に見つからなかったのだ。それはともかくとして、さすがはサイクリング専用品。シェイプアップした身体にジャストフィットで気分もシャキッとする。
防寒性能はもちろんだが、冷気を入れないし、多少入っても風でバタつかないという点で身体にフィットするというのは重要である。
そして何といってもサイクリング用品の証である、サドル部クッションの快適性と背中のポケットの便利さを実感した。サイクルライダーなら所有していて当たり前の装備だが想像以上に快適だと今更ながら再認識した。特に背中、というより背後の腰部分のポケットがサイコー。
ロードバイクよりはマイルドとはいえ常に前傾姿勢なのだから、腹部に何もない状態は理想的。
スーツの他は、手持ちのスキー用グローブやネックウォーマー等で完全武装。中でもスキーグローブは手の保温には最強である事も実感した。ブレーキや変速レバーの操作にもまったく支障は感じない。ロングツーリングではどうなるか分からんが。( ´ー`)

そして、何よりも驚いたのが、3ヶ月ぶりというのに走り出してみるとやたらとペダルが軽く感じる事。なまっているどころか、脚力が進化したようにさえ感じるほど。その状態は最後まで変わらず、"地獄の上り坂"と呼んでいた自宅付近の坂道もほとんど苦にならなかった。
軽く2時間ほど流しただけだが、とても気分の良い朝になりました。これからもガンガン行くぞ ! とまでは言えないが。(´∀`)
関連記事

お好み焼きランキング

大阪で生まれ育った身としては、"大阪"でイメージする食べ物は粉もんの王者である「お好み焼き」。もちろん大好物です。

2019-01-19_okonomi.jpg
画像はここから借りました。
とにかく、市内どこに行っても店があるので、いったい何店舗くらいあるのだろうかとの疑問がたまに浮かぶがすぐに忘れてしまう。( ´ー`)
奈良県民となってからもお気に入り店に良く通っていたのだが、その店が閉店してからはほとんど出かけなくなってしまった。
大きな理由は、自家製でそこそこの味のお好み焼きが作れるようになったからである。いや、自分では作ってないが・・・(;`ー´)

そして、ふと思い出して「大阪の店舗数はどのくらいあるのか・・・」とちょいと調べてみたらすぐに見つかった。
参照したのは"都道府県別何でもランキング"サイト。引用自由となっているので早速使わせてもらった。
やはり、店舗数は大阪府が堂々の第一位だった。約5年前の調査結果となっているが、今でもそんなに変わらないだろう。
第二位は意外な事に広島県ではなく兵庫県となっている。分からんもんやなぁ・・・( ゚д゚ )
このランキング表では"偏差値(人口10万人当たりの店舗数)"順に並んでいるので広島県がぶっちぎりのトップなのだが、総数ではダブルスコアに近い大差となっている。人口で3倍以上もの差があるので当然といえば当然の結果だろう。

お好み焼・焼きそば・たこ焼店店舗数 [ 2014年第一位 広島県 ]https://todo-ran.com/t/kiji/13448
お好み焼・焼きそば・たこ焼店店舗数 [ 2014年第一位 広島県 ]

この種の雑学データというのは、時たま気になりだすとあれこれといくらでも知りたくなるもの。
この「都道府県別統計とランキングで見る県民性」にはかなり変態的なランキングもたくさん収録されているので暇つぶしには最適。
"林先生"はどのくらい答えられるのだろうか・・・( ´ー`)
関連記事

Windows で絵文字遊びが出来る ??

Windows の数多い標準フォントの中で、謎のフォントがいくつかある。
一見して意味がわからないので、まったく無視しているユーザーがほとんどだろうが、用途によっては面白い効果が得られる。

2019-01-11_Wingding1.jpg
これはExcel の例で、まったく同じセルの入力値をフォントを変えて表示している。
2行目は"Webdings"、3行目は"Wingdings"、4行目は"Wingdings 2"、5行目は"Wingdings 3"である。
もちろん、それなりに用途を想定して用意されているのだろうが、一般的な用途でも実用になりそうなのがいくつか存在する。

2019-01-11_Wingding3.jpg
利用価値がありそうなのは、"Webdings"での"a"。ひと目で分かる、チェックマークである。Excel やAccess のフォーム上で配置出来るチェックボックスは非常に使い途が多いのだが、サイズ固定なのが最大の難点。
"Webdings"で"a"に対応して表示されるチェックマークは単なるフォントなので、サイズ変更が(段階的にだが)自在に変更出来る。
ついでに"<"も使えそうかな。

2019-01-11_Wingding2.jpg
サンプルでこんなのを作ってみました。A列のセル内に四角形の図形を配置し、背景色を透明にしてサイズ調整。
フォントを"Webdings"に設定して、ユーザー定義の書式設定で "a";< とすると・・・( ´ー`)
関連記事

Excel に致命的不具合発生

新年早々、Excel でとんでもない不具合が突然発生した。

2019-01-07_ExcelDown.png
単独で起動すると問題ないが、保存された文書(Book)を読み込もうとすると延々と中断したあげくに Excel そのものが勝手に終了してしまう。
つまり、既存の文書を開く事が出来ないというとてつもない不具合である。何やそれ !?( ≧Д≦)
年が明けて突然このような事態となり、あれこれと思いつく限りの対策をしてみたがまったく原因がつかめずギブアップ状態となった。
パソコン関係の不具合について、いつもは攻撃的な家庭内ユーザーが珍しく落ち着いた対応をしてくれたので少しは救われたのだが・・・
とはいうものの何をどう試しても治らない。しかし、自分の愛機(Windows10)では問題なく同じ文書を開く事が出来る。
酔いの回ったアタマでは更に対策が浮かばないし、もちろん時間の浪費の前に困った時のネット検索をしてみると、ありました。

2019-01-06_KB4461627.png
OS設定にもよるが、ユーザーの知らない間に勝手にインストールしてくれる Windows 更新プログラムが原因と分かった。
ちなみに、これは"新元号対応のための Windows7+Office2010"でのみ起きる不具合らしい。
"KB・・・"で始まる一連のインストールプログラムから"KB4461627"を削除してしまうと正常動作するようになった。

実は、これに類いする問題が11月にも起こっていた。それは、"Access2010"でのみ発生するのだが、元号や日本語表記の曜日を表示するテキストボックスにフォーカスが来る(マウスカーソルが当たる)と Access本体もろとも異常終了してしまうという、とんでもない不具合だった。
この時も原因不明で長時間無駄に究明努力をさせられる事なってしまっていた。その結果判明したのは別の"KB4461522"であり、こいつを速攻削除する事でようやく解決したのだが、一般ユーザーはほとんど使わないはずだし今となってはかなりマイナーな"Access2010"ではなく、おそらくまだまだ多くのユーザーが存在しているだろう"Windows7+Exceol 2010"での致命的欠陥の発生となると影響は甚大なはず。
今回も理由は同じで「新元号対応」のための更新プログラムでの発生との事であり、マイクロソフトのサイトからはこっそりと削除されているようだが、もちろんユーザーには何の通知も謝罪もないため、「Excel 使用不能」の原因を調べられなかった人たちは途方に暮れているかもしれない。
ちなみに、今回も"Access2010"で異常終了する不具合("10"でも)を発生させてくれていた"KB4461616"も同じくこっそりと削除対象。
"Office2010"なんてもう使い続けるのをやめろという、嫌がらせ警告なのかもしれないと勘ぐりたくなる事態。( ;´・ω・`)

それにしても、マイクロソフトの技術者たちは一体何をやってるのだ。新元号が決まってもいない段階で早々と準備をするのは勝手とはいえ、短期間に同じ失敗をするなんてありえんやろ !! (*`Д´*)
今は「こっそりと削除されている」ため、後日また勝手にインストールされる事はなさそうだが・・・
関連記事

| NEXT≫