FC2ブログ

シュギョーの総括と"クロス"と"ロード"、究極の選択 ( ´・ω・`)

7月1日から一念発起で自転車シュギョーを始めて、ちょうど一ヶ月になる。
自分でもまったくの半信半疑だったのだが、どうも継続出来そうな予感。その理由はまだまだ"伸びしろ"がありそうだから。( ´ー`)
時は連日超高温の異常気象。あえて自転車シュギョーには最悪の時期と分かっていて挑戦したのだったが間違いではなかった。
最大の収穫は、登り坂を目にして「もう見るのも嫌 !!」とか「これだから自転車は辛い !!」などという負の感情が消え去り、ターゲットを変えては「次は攻略してやるぞ !!」というチャレンジ精神さえ生まれるようになり、しかもそれが短期間で実現している事。(^◇^)
出動の度に課題をクリア出来て、更に能力が向上する予感という、それがモチベーション維持の最大の素となっている。
自転車"シュギョ"ーと称していたのは、最大の目的が筋力向上と体重減少であり、それは最初の二週間である程度達成出来た。
ライディングに慣れて来て、いよいよ"シュギョー"ではなく自転車そのものの楽しみに目覚めようとしているわけかな。( ´ー`)

2018-07-25_DSC08280.jpg
ただし、ブログではいかにも毎日シュギョーしているような印象があるかもしれないが、実際には7月27日の出動でちょうど10回目。
最初の5回目くらいは毎回帰宅時にヘロヘロで数時間は再起不能に陥っていたのだが、ここ数回は完全に余裕のよっちゃん。(;`ー´)
そしてついには「明日香村」までは今の愛車でも特に苦労せずに走破出来そうだという手応えを得たのも大きな収穫。

ただし、その余裕が生まれるのと同時期から体重減少効果がなくなってしまったのだった。こっからが勝負やな・・・(*´・ω・)
開始から二週間で3kgの減量で70kgを切る事に成功はしたのだが、その後は一進一退で悪化もしていないがほとんど改善していない。
そして減量効果が薄れるに連れ、別の意味でついには今の愛車の性能に懐疑の目を向けるようになってしまった。

シティサイクルである"METRO"からのステップアップとして今のところは次はクロスバイクと決めている。
しかし、短期間でロードバイクが欲しくなる危険性 について慎重に考慮しなければならない。
何しろ、今の愛車で最低三ヶ月から半年程度はシュギョーを続ける決意だったにもかかわらず、一ヶ月もしない内に限界を感じるようになってしまったという事実は重い。( ´・ω・`)

判断基準のひとつは「ロードレースやロングライド大会に出てみたいか ?」なのだが、今のところはまるで関心がない。
そして、ロードバイクライダーのスタイルも現時点では少しも憧れる気持ちがない。というよりあのような本気モードは敬遠したい。(;`ー´)
するとどの程度の「お気軽ロングライド」を望むかどうかにかかってくる、というわけでちょいと調べてみた。
Googleマップには、ある地点からの同心円を描画する機能がないのだが、ありがたい事にこれを実現するアプリ"Google Maps API で あそ~ぶ"を作ってくれた人がいるので、それを利用してみよう。

180730半径同心円
内側から順に半径10km・15km・20km。※地図をクリックすると元のアプリの操作画面になります。
おおよその目安だが、内側のラインが現時点での"METRO"での行動範囲。この範囲なら40度近い酷暑の中でも十分な余裕を残していたので、感触としては15kmも問題なく最外周の20kmくらいが限界かな。頑張れば最南端となる「明日香村」までも行けそうである。
この場合の往復所要時間は実走行で4時間位。シティサイクルではこの辺りを限界としておこう。これでも十分スゴイと思うが・・・

180730半径同心円40
40km。これは"クロスバイク"ならここまでは行けるだろう、という予想。ただしいずれの場合も"山越え"を除外しての話。( ´ー`)
もちろん、測定半径は直線なので実際の走行距離は増加するが、そこは自転車なので3割増くらいとみておけば良いだろう。
日帰り前提で最大100km強。単なる予想だが・・・それにしても「自転車でここまで行けるのか !?」というほどの素晴らしい行動範囲。

そいでもって・・・ロードバイクならどうかというと。おそらくこの地図の範囲内はラクラク日帰りツーリングの守備範囲なのだろう。
あくまで日帰りが前提としても、何しろ"ロングライドの最低基準"が100kmのようなので・・・

自分は最終的にそこまで望んでいるのか・・・今はぜーんぜんそこまで考えていない。40km圏内でもぜんぜんオッケー。

とにかく、自分のサイクリングの最大の目的はやはり"減量の王道 / 有酸素運動による基礎代謝能力向上"なのでね。( ´ー`)
関連記事

ついにクロスバイク体験 !

2018-07-29_DSC08323.jpg
プジョーの"METRO"。かなり前に日本市場から撤退していたようだが、また復活してる ? のかどうかは知らない。
実に購入後20年近くになる愛車だが、長年所有しているからそう呼んでいるだけで、特にお気に入りだったわけではない。
選択した理由は、店内の展示車で抜群にカッコ良かったから。値段もものすごく高かったが。( ´ー`)

2018-07-29_DSC08317.jpg
自転車に対して特に関心があったわけではなく、ちょっとリッチだった頃なので10万円近くのプライスにもめげずゲットしたのだった。
とはいうものの、今でもカッコ良いとは感じているので選択は間違いではなかった。
しかし、ついに自転車ホビーに目覚めてしまい、前回少し触れたように別れの時が近づいている。(*´・ω・)
スポーツタイプとはいえ、しょせんはシティサイクルとして造られたものであり、今の自分のニーズには決定的に役不足なのだ。

store_img_24_01.jpg
自転車のステップアップには"クロスバイク"と"ロードバイク"という選択肢があるのだが、現在と近い将来の自分は自転車に何を求めているのかという根源的な問いかけを繰りかえし、結論は"クロスバイク"と出た。※"MTB(マウンテンバイク)"は用途が違うのでここではパス
そんなわけで、ここ1週間ほどいろいろと物色しているうちに、何と近場に「ジャイアントストア奈良」がある事を知ってしまった。
しかも、二年前にオープンしたばかりのピカピカのショップ。もうこれは運命というしかないのか・・・

2018-07-29_DSC08315.jpg
だいぶ前に記事ネタにしていた高級洋菓子店の「ゲベック」さんのすぐ近く。今の自転車で自宅から40分くらいかな・・・

2018-07-29_DSC08306.jpg
さすが直営ショップのスタッフの対応はとても良く、アドバイスを受けつつ候補車に試乗させてもらった。
試乗したのは、スポーツバイク入門用の直球ど真ん中の"ESCAPE R3"。とりあえずは「長いものには巻かれろ」と考えての選択。
しょせん自分は現時点で完全な初心者。多少の値引きなどより信頼出来そうなショップというのが何よりの選択理由なのだ。

2018-07-29_DSC08309.jpg
そして、100mと進まないうちに愛車との歴然とした差を体感した。初めての"ビーエム体験"で感じたように何の説明も不要だった。
ネット上でさんざん情報収集はしていたので"驚異的"ではないが、しかし十二分に"感動的な"シティサイクルとの性能差だった。
走行性能は"METRO"よりすべてが数段上。時間をかけてこのショップの近辺をみっちり乗り回してみたが、ここの住宅地周辺の急坂なんてまったく気にならないほどラクチン。乗り心地も別次元。危惧していたとおり、もう"METRO"で走る気が失せてしまった。(*´・ω・)

2018-07-29_DSC08311.jpg
ショップにはまだ2018年モデルが展示されていて、カラーは地味になった2019年モデルより断然魅力的。
中でもこの深みのあるブルーが素晴らしい。買うならこれやな。直営店の強みか、どれを選んでも納期1週間との事。( ゚∀゚)
しかも、お値段ジャスト50,000円(税込み54,000円)。アクセサリーの事を考えてもクルマより圧倒的に安価。予算的にも、もちろんぜんぜんオッケーである。もう他の機種は考えないようにしよう・・・いや、そうはいってもやはり選択肢が多いに越したことはない。
他にも気になるメーカーや機種があるし、焦らないようじっくりと検討しようと改めて心がけるのだった。( ´ー`)
関連記事

ちょっとだけ距離延長で「はじめての楽しいサイクリング」( ´ー`)

山越えであえなく挫折してプラン変更。当面の坂道目標はクリア出来たし、以降は一回の走行距離を延ばしていく事にした。
気候は相変わらずの酷暑が続くが、短期間の体重減少が可能とはいえ単に汗をかけばオーケーというわけでもない。
水分減少だけでは逆に不健康だし、筋力アップと体脂肪減少を目指すには地道なトレーニングしかないのは当たり前だろう。

2018-07-25_サイクルマップ
本日の行程目標は往復30km。帰宅してきっちり測定してみたら少し足りなかったが、何箇所かで寄り道もしてるし一応達成とする。
これまではほとんどが片道10km前後だった。所要時間は実質一時間くらいなので10km/hとなるな。ホントにカメのようなペースだが、慣れない坂道に挑戦したり歩道をたらたらと進んだりという走行条件を考慮すると、まぁこんなもんかな。( ´ー`)
感触としては、整備された平坦な自転車ロードだったら今のマシンでも25km/hくらいは楽勝な気がしている。特に根拠はないが・・・
ところで。今回のルートは瞬発的な脚力をほぼ必要としないので、チェーンホイールの回転数を一定に保つように心がけた。
1分間当たりの回転数を表す自転車用語の "ケイデンス" である。これを60程度となるように走行してみた。1秒間で1回転なので分かりやすい。「サイクルコンピューターもないのに"ケイデンス60の根拠"は何だ !? 」と突っ込まれそうだが、以前スポーツジムに通っていた時にエアロバイクであれこれ遊んでいて、60というのが自分に合ってるなと感じ常用していたので身体で覚えているのだ。
当然、今回のペダリングペースが正確にケイデンス60なのかどうかは分からない。自分で納得しているだけ。( ´ー`)
実際の感触としては、40度近い猛暑の中で2時間ちょっとで目標ルートをこなして自宅付近の坂道にたどり着いた時にも余裕たっぷりであり、更に2時間位は軽く走行出来そうな状態だった。もちろん変速機が完調になった効果もある。前回までは基本的にあえて5-6速しか使わなかったのだが、今回はケイデンス維持のために積極的に変速操作を行ったため余分な体力を消耗せずに済んだわけ。
ロードバイクに数十段もの変速機が必要というのは、単に急勾配を登るためだけではないのだと、今頃理解したのでした。( ´ー`)

2018-07-25_DSC08282.jpg
最近のお気に入りコースである、大和川堤防沿いのコース。途中まではクルマも走行しているがその数はごく少ない。途中からサイクリングロードとなる。しかし、ほとんど整備してないので路面が全然なめらかでないために、快適なわけではない。(*´・ω・)

2018-07-25_DSC08284.jpg
ここからようやく専用のサイクリングロードとなる。地図上では、西名阪自動車道の高架下の地点。
前述のように、路面は良くないがクルマがいないのはやはり安心だし気分が良い。( ´ー`)

2018-07-25_DSC08292.jpg
「奈良県台に浄化センター」周辺の風景。
予定より早く、1時間ちょっとで目的地点にたどり着いたのでもう少し足を延ばしてみよう。

2018-07-25_DSC08294.jpg
と、10分ほど進んだところでこんな標識が埋め込まれていたのにビックリ。(。゚ω゚)
いや、標識そのものではなく 「石舞台古墳まで21km」 の文字にである。
その名称でピンとくる人もいるだろうが、つまりは「明日香村」である。走行環境が良ければあと一時間程度で着く事になる。
自宅からだとしても、約28kmなので今のマシンでも二時間ちょいあれば余裕で走破出来るわけや。
いやぁ~、自転車の行動範囲の広さってスゴイなぁ~とあらためて小さな感動。これまで、明日香村まで自転車でなんて想像も出来なかったからね。クルマでだって、それなりに時間がかかる事もあり気軽に足が向かなかったのだ。

2018-07-25_DSC08295.jpg
今回のルートはほぼ平坦路なので脚力・体力ともに十二分な余力があるのだが、とりあえずは目的達成出来たのでここで折り返す事にした。
いいターゲッが出来たのでお楽しみとしてとっておこう。やはりロングライドは坂道シュギョーより断然楽しいな。
片道30kmなんて、先輩諸氏からすればほんのご近所程度でしょうが、まぁまだ入門から一ヶ月も経ってないし。( ´ー`)

しかし、ついに愛車の能力が物足りなくなって来た・・・
半年間くらいはこれで行こうと決めていたのだが・・・さっさと"クロスバイク"にするか・・・(*´・ω・)
関連記事

サイクリング修行でついに初の挫折 (*´・ω・)

7月1日から突然スタートしたサイクリング修行。
自分でも信じられないような順調なペースでレベルアップしているなと思い上がっていたら・・・

2018-07-22_DSC08272.jpg
いつもとコースを変更して近場の小さな山、というほどのものでもないが一応は「矢田山」というれっきとした山にトライしてみた。
道路の様子が切り替わるこの地点までは意気揚々と登ってきたのだが・・・
しかし、結果はあえなく惨敗。ここから100mと進めない。まったく歯が立たず、早々と断念して引き返した。( ≧Д≦)

2018-07-22_DSC08276.jpg
それでもここまで300mほど登ってみた。ただし、自転車を押してのウォーキングでここまでたどり着いただけ。( ;´・ω・`)
道路に何やら丸い模様が彫られているが、これは地元の悪名高い「暗峠」の激坂でもおなじみの"ノンスリップ傾斜"のサイン。
撮り方がヘタで、大した坂には見えないが、実物は「シティサイクルではゼッタイ無理 !!」と諦めさせるくらいの難所だった。
どうみても林道か農道にしかみえないが、それでもここはやっぱり国道
この道路は「暗峠」から続く国道308号線なのだった。奈良側に下りて一旦は市街地内の平坦路となるが、その先はやっぱりこうなっているのだった。後で調べてみたら、勾配15%で斜度が8.5度という、これまで"急坂"と感じていた坂の二倍近い激坂なのだった。(;`ー´)

2018-07-22_DSC08277.jpg
けっこう順調にシュギョーが進んでいて、自転車をちょっと甘く見かけていたところだったので、ちょうど良かった。要するに、これまで調子良く進歩を実感していたといってもそれはすべて"丘越え"であって、いざ"山越え"となると手も足も出ないという完敗。
そんなわけで、しばらくはムリせずマイペースと行こう。この坂に再挑戦するにはまず、マシンを変えないと無理だし。(;`ー´)
関連記事

モーニングカフェ新店開拓 「GON」( ´ー`)

2018-07-20_DSC08238.jpg
以前から気になっていたカフェを順番に開拓してみるシリーズ。今回は「CAFE WASH GON」さんを初訪問。
自宅から斑鳩町の世界遺産「法隆寺」を通過して、北上したところにある。
・・・なんて書いても地元の人以外に分かるわけないだろうから、興味があればリンクをクリックしてみて下さい。( ´ー`)

2018-07-20_DSC08239.jpg
自転車では約9kmほどの距離で40~50分程度。本業はバイク用品ショップてとこかな。
いわゆる"アットホーム"な雰囲気の店だが、趣味の延長などではなくちゃんとプロ意識をもって運営されているようだ。
道路から外観をみると民家のような雰囲気なのでこれまでスルーしていたのだが、入ってみるとスゴくいいお店でした。( ゚∀゚)

2018-07-20_DSC08241.jpg
気さくで親切そうなマスターのすすめで、「自家製ベーコンのモーニングセット」をオーダーすると、何とピッチャー付きのお冷が出てきた。
これはありがたい。今日は早い時間に出発したとはいえ、連日の猛暑で当たり前のように体感35度くらいの中を休憩なしでたどり着いたので、美味しい水は最高のプレゼントである。

2018-07-20_DSC08243.jpg
少し遅れて出来たての「自家製ベーコンと目玉焼き」セットが運ばれてきて完成。

2018-07-20_DSC08245.jpg
とりあえずは、小ぶりだがステーキのような厚みのあるベーコンをいただいてみたら・・・
う、旨いっ !! たしかに本物のベーコンや !! ( ゚д゚ )
店主が自慢されるだけの事はある。軽くかんでみただけで柔らかくジューシーで肉のうまみが口中に広がる心地良さ。
モーニングセットのベーコンは少しも珍しくないが、これまでは味はともかく冷凍保存の薄切りで干からびたようなのばかりだった。
ここでは毎日燻煙されているそうで、なるほど納得の美味さ。これだけでもこの店に通う価値があるというくらい、ピカイチの出来。

2018-07-20_DSC08250.jpg
しかも、目玉焼きとミニサラダにミニヨーグルトも付いたセットが500円 ! コーヒーも特に旨くはないが特に不満もない品質。
個人経営だから安く提供出来るのか、ランチメニューなどもとてもリーズナブルで美味しそう。
もっと早く来てみれば良かった。常用カフェのリスト入り決定である。次回はオムレツをいただいてみるかな。( ´ー`)

2018-07-20_DSC08247.jpg
店内は余裕のあるレイアウトでゆったりくつろげる。

2018-07-20_DSC08254.jpg
なんだかしょぼそうにみえた道路側の風景も、室内からだとリゾートカフェのような良い雰囲気なのに驚いた。

2018-07-20_DSC08257.jpg
愛犬の名にちなんだという店名の「カフェ・ワッシュ・ゴン」さん。外からみるのと大違い、とっても良いお店でした。( ´ー`)
関連記事

愛車の20年目にして初めてのメンテナンスと大いなる自己満足( ´ー`)

2018-07-18_DSC08209.jpg
本日も快晴だが少しも快適ではなく朝から35度超のキビシイ気候。

2018-07-18_DSC08208.jpg
苦しい環境でこそシュギョーというもの・・・今朝は何となく気が進まなかったが、服装や装備を準備しているうちにヤル気に点火出来た。

2018-07-18_DSC08216.jpg
今回はあえて前回と同コースを採用する事にした。ただし、使用ギヤは5速と6速のみとする。

2018-07-18_DSC08219.jpg
とはいえ、ちょっとルートを外して、以前から気になっていた大和川にかかる小さな橋を渡ってみる。

2018-07-18_DSC08220.jpg
先日のような豪雨だと一発で冠水してしまうような橋だが、標識をみると何と「潜水橋」となっていた。(。゚ω゚)

2018-07-18_DSC08221.jpg
初めて目にした名称だが、もちろん固有名詞ではなくて構造としての形式を表しているのだろう。

2018-07-18_DSC08222.jpg
幅が二メートルあるかないかの橋なのだが、到着した時には何と二トンくらいのダンプトラックが通行していたのには驚いた。

2018-07-18_DSC08225.jpg
脚力の余裕十分のためほぼ休憩せずに済んで、出発から一時間足らずで目的地の「イオンシネマ西大和」に到着。

2018-07-18_DSC08230.jpg
自転車シュギョーが続けられそうな自信がついたので、向かい側にあるショップに変速機のメンテナンスを依頼する事にした。
やはり、ワイヤー調整だけではおそらく直らないとの診断だったので、愛車を預けてイオンシネマに戻り、公開直後の"ジュラシック・ワールド"をゆったりと鑑賞する事にした。映画が終わる頃には仕上がっているだろうという段取りである。
人気作品とはいえ、夏休みに入る前の平日午前中とあって余裕で特等席をゲット出来た。映画の出来は、"△"とだけしておこう。( ´ー`)

2018-07-18_DSC08231.jpg
しかし、預けて三時間近く経って戻ってみたらまだ整備中だった。映画鑑賞と組み合わせておいて良かった。
長引いた原因は、変速機の他に問題があれば調整しておいてとフルメンテを依頼してあったため。

2018-07-18_DSC08232.jpg
もちろん、変速機ユニットの新品交換に加えて腐りかけていた変速用ワイヤーはピカピカの新品になり、前後のブレーキ調整も完了して快適ドライブじゃなかったサイクリング出来るようになった。性能が一ランク上がった感じ。( ´ー`)
変速はもちろんだが、ブレーキが軽い力で適切に効くようになり走行が格段に楽になった。やっぱりメンテは大事と反省。
それにしても、ここまでやってもらってやっぱり 5,400円で済んだのにも驚き。自転車のメンテ費用ってホントに安いのだ。
・・・といっても、シティサイクルだから安いのだともいえる。本格的なロードバイクだとしたら・・・今は考えない事にする。(;`ー´)

2018-07-18_DSC08235.jpg
ここは斑鳩町の「竜田大橋」交差点のすぐそばで、一年ほど前から開業している中華レストランなのだが、不思議な店だと気になっていた。
ただし、"不思議"というのは、悪い意味である。
けっこう立派な店だというのに、本気で商売をやる気があるのかと首を傾げさせるような状況なのだ。
  • 理由その1 - 店名が分からない
  • 理由その2 - メニューがまったく分からない ※外側で表示があるのは3,000円からのコース料理三種類と二種の単品のみ
  • 理由その3 - 同様の理由で、価格が明示されていないため予算レンジがまったく分からない
"日替わりランチ"の幟はあるのだが、やはり価格が書かれていない。( ゚д゚ )
要するに「一見さんお断り」となっているとしか思えないのだが、そこまでの高級店でもなさそうだし・・・
そんなこんなで、何度もクルマで通りかかっても入ってみようという気がまるで起きなかったのである。

2018-07-18_DSC08233.jpg
これは実地調査しかあるまいという事で、意を決して階段を登ってドアを開けると、ようやくランチメニューにお目にかかった。
おや ? そこそこリーズナブルなメニューではないか。しかし、これにしたって木製のドアを開けなければ目にする事が不可能なのだ。
会員制じゃあるまいし、今どき店に入ってみないとメニューの内容や価格がまったく分からないって・・・
よほどの高級店でもない限り、店の玄関先にご奉仕ランチメニューをアピールするのがジョーシキだと思うが、競争の激しい外食業界でこの余裕は何なのだろうと逆に気になってくる。(*´・ω・)
実際、この店の前を良くクルマで通過するが、駐車場が埋まっているのを見た事がないのだ。とブツブツいってても仕方がないので、更にもう一枚の木製ドアをあけてようやく店内に入る事が出来た。※二枚のドアには窓も何もないため中の様子が全く見えない
店内の内装はといえば、チラ見だけだったが豪華な中国料理レストランではまるでなくてファミレスレベルだった・・・(*´・ω・)
そして、スタッフの対応もペケだった。今回は食事ではなくてメニュー表を持ち帰りたいと告げると、何と持ち帰り用のメニューはないと平然という。更に驚いたのが「メニューはホームページに出してますから。」と自家製のしょぼい名刺をくれただけ。「メニューの内容も価格も分からないから。」とのアドバイスにこの"神対応"。いや"塩対応"か。ありえんよな !! ( ゚д゚ )
名刺を渡されてようやく店名も"紫微星(しびせい)"と読むのだと分かった。何や、日本語の読みそのまんまやんけ・・・
というわけで、行ってみたい店リストから完全に外されました。何しろ至近距離に超お気に入り店「オリンピック飯店」があるのだし。

2018-07-18_DSC08237.jpg
さて。シュギョーの度に成果が実感出来るという好循環が続いているのだが、この日も課題の坂道を含め5-6速だけで帰り着く事が出来た。
気温はおそらく軽く37度超え。高断熱高気密自慢の自宅の室内も二階の部屋ではついに35度を記録していた。こっちも新記録である。
こんな過酷な環境だというのに、本日はシャワーの後のバタンキューではなく、ちょっと疲れた程度で余裕十分なのだった。
入門段階での成長度合いが早いのは不思議ではないが、それにしても脚力・体力の向上度合いが「半端ない」って・・・?( ゚д゚ )
関連記事

| NEXT≫