FC2ブログ

BMW 523i (F10) アクセサリー電源工事に挑む - 完結編

2018-05-25_DSC04499.jpg
今回の電源工事に使った資材と工具たち。真ん中にある赤い小さな部品が電源線分岐パーツ。

2018-05-25_DSC04505.jpg
作業にかかる前に、先人のアドバイスに従ってトランクルームにあるバッテリーのマイナスプラグを外しておく。

2018-05-25_DSC04484.jpg
これがターゲットである41ピンコネクタ。後からこの写真をみればピンと来たのだが、作業中は外すのに四苦八苦だった。
何しろ極めて触れにくいヘンな位置にあるため、仰向けに寝転んでダッシュボード一番奥の方までアタマを突っ込まないと作業が出来ない。
さらに、上半身をよじって腕を深く曲げてようやく手に出来るという厳しい体勢にならざるを得ない。
そして、ベルトのような部分を押しても弾いてもまったく外れてくれる気配がなく、ここでめげそうになったほど・・・(´д`)

2018-05-25_DSC04486.jpg
そして、一息入れて戻ってきたらピンと来たのだった。ベルト部分を手前にずらしてやればあっけなく外れてくれたのだった。
自慢じゃないが、毎朝ヨガ体操のプチトレーニングを続けている効果か作業後に身体があちこち痛くなるという後遺症はなかった。(;`ー´)

2018-05-25_DSC04488.jpg
ところが、またまた最後に難関が !! 配線が分からない !! ( ≧Д≦)
事前調査で14番ピンへの配線から取れば良いとなっていたのだが、コネクタ本体がカバーと一体化しているようで、どうしてもカバーとコネクタ本体の分離が出来なかった。そのため、どの線が何番に接続されているのかまったく判別出来ないのだ。
この時点で既に作業開始から2時間半近くが経過していて、もうこれ以上チャレンジするエネルギーが残っていなかったのだった。

2018-05-25_DSC04496.jpg
唯一のよりどころが、「緑色に白色の線」という事だけは分かっていたのだが、これがまた細い線の色分けが判別しにくく、白色なんてはっきりと見分けられる線がわずか一本しかなく、しかしそれは「青色に白色」なのだった・・・
結局最終的に選んだ緑色ベースの候補が三本もあり、とりあえず何となく白色にみえている線に見込みを付けた。
どうみても白色ではなく、不鮮明な薄い灰色にしか見えないのでとても自信が持てなかったのだが、他の線は、目がしょぼつきかけていた事もあり、緑色との組み合わせが黄色か橙色にしか見えなかったのだ。(´д`)

2018-05-25_DSC04503.jpg
先にアースを確保してと。アンダーカバー内を選択したのは、アースが容易に取れそうだというのが理由でもあった。

2018-05-25_DSC04504.jpg
そして、選択した配線に分岐コネクタを取り付けてバッテリーのアース端子を接続し、息を呑んでエンジンスターターボタンを押してみたら・・・まったく反応がない。エンジンスタートしても反応なし。失敗か !? ( ≧Д≦)

2018-05-25_DSC04508.jpg
モチベーションの限界に近づいていたので原因を追求する意欲などまったくなく、またまたバッテリーのマイナスを外し、予備のコネクタで再度試してみる事にした。今度は「緑に黄色」にみえていた配線にトライ。
これでダメだったら・・・何しろ開始後すでに3時間オーバー・・・もうあきらめるか・・・(;´Д`)

2018-05-25_DSC04506.jpg
バッテリーを元に戻し、おそるおそるエンジンスターターボタンを押して見ると・・・シガープラグのLEDが点灯 !
今度はビンゴだった !!
感動の一瞬だった。もう結果オーライ。本当に正しい配線になったという保証はないが、微弱電流しか必要ないHUD用なのだし。

2018-05-25_DSC04509.jpg
ようやく工事終了手順。HUDに飽きた時に外しやすいようシガーソケットはドライバーズポケットからアクセス可能な位置に固定した。
ドライバーズポケットの内部に配線を引き込んで収納したかったが、もうそのエネルギーは残っていなかったのだ。(´д`)

2018-05-25_DSC04521.jpg
今回の工事で活躍したすべての工具たち。※今回は使わなかったが基本的に電装品の加工では検電器やテスターが必須
最終的に、作業時間1時間程度の見積が苦労の連続で実に4時間近く費やしてしまった。
次に同じ作業をやれば1時間以内でこなす自信は出来たが、やはり二度とやりたくないというのが今の感想。(*´・ω・)

2018-05-25_DSC04529.jpg
めでたくエンジンスターターボタン連動となったヘッドアップディスプレイ。

2018-05-25_DSC04530.jpg
工事成功で気を取り直し、完成記念に反射防止シートを貼ってみた。
シートの効果は予想以上にクッキリハッキリで視認性もほぼパーフェクト。苦難にめげず頑張ったかいがあったかな。
今回の工事も、最後は「自分をほめてあげたい」の心境でした。おしまい。( ´ー`)
関連記事

BMW 523i (F10) アクセサリー電源工事に挑む

少し前にヘッドアップディスプレイ(HUD)を取り付けて悦に入っていたのだが、宿題が残っていた。
「挑む」などと大げさな標題にしたのは、そううそぶきたくなるほど苦労させられたから。とにかくシロートなもので。( ´ー`)

2018-04-29_DSC04041.jpg
シガーソケットにプラグを差し込むだけというのはお手軽で良いのだが、常時オンのため乗り降りの度に抜き差ししなければならない。
これはやっぱり不便。一ヶ月近く経って、HUDに問題はなさそうだと判断し、電源工事をちゃんと済ませようと決意した。
しかし、以前の愛車"BMW 525i(E39)"などではグローブボックスからカンタンに取れたのだが"F10"では同じ手が使えない事が分かっていたので「あんまりやりたくないなぁ・・・(´д`)」と、出来るだけ先送りにしていたのだった。

2017-11-22_DSC02985.jpg
検索してみると、グローブボックス奥やオーバーヘッドコンソールから取り出す方法が多く見つかったが、どちらも気が進まないので、第三の方法としてステアリングシャフトの近くから取る方法を採用した。その理由はカンタンに出来そうだと感じたのだったが・・・

2018-05-25_DSC04516.jpg
まず、センターコンソール前端の先に伸びるカーペット固定ネジを取り外す。
その理由は、アンダーカバーの下部がこのカーペットに固くカバーされていて、そのままでは取り外しが困難なため。

2018-05-25_DSC04515.jpg
しかし、ネジを外しても中々めくれてくれない・・・

2018-05-25_DSC04514.jpg
他に固定しているようなネジが見当たらないので、思い切って「エイヤッ」と剥がすようにすると外れてくれた。

2018-05-25_DSC04512.jpg
アンダーカバーは同じくトルクスネジ二本で固定されている。
前述のカーペット部分がまだめくれていない状態だが、これは工事が終了してからの内装復旧時の撮影のため。
工事の着手当初はカーペットめくりの必要性に気づかず、かなり手こずったのだった。(´д`)

2018-05-25_DSC04511.jpg
ネジを外してからぐいっと引っ張り出せば、内側のフックが外れてくれるので、そのまま引き出せばOK。

2018-05-25_DSC04475.jpg
アンダーカバーの最奥部にも軽く噛み合わせ部分があるのだが、少し力を入れて引っ張れば外れてくれる。ダラーンとした黒いコードは、アンダーカバー内に押し込んであった HUDの仮設配線が顔を出してしまっただけ。

2018-05-25_DSC04483.jpg
今のクルマは、ほとんどの内装部品に電源や制御信号用のコネクタがくっついているが、このカバーにも重要パーツである OBDコネクタがしっかりと付いていた。こいつがどんなにやっても外れなかったのだが、一息入れて観察するとブルーの部品をスライドさせるのだなと気づいた後はカンタンに外れてくれた。と、書いてみたらそれだけの事なのだが、方法が分かるまでは外すのに四苦八苦して実に10~20分くらい作業が停滞してしまったのだった。とにかく、クルマの内装いじりはこれが大きなハードルのひとつになるので気が進まない。
各種のコネクタが多種多様の方法でガッチリ固定されていて、力任せにして良い事はほぼないので、身につけたノウハウ数の多少によって作業時間が大幅に変わってくる。このコネクタなど、構造が分かってれは数秒で外せるのだった。(;`ー´)

2018-05-25_DSC04509.jpg
ステアリングシャフト右側にあるドライバーズポケット。二本のネジを外して、力を入れて引き出せば内側のフックが外れてくれる。
この付近から電源を取れればラクなのだが、そう甘くはないのだ。

2018-05-25_DSC04478.jpg
ターゲットとなるコネクタはステアリングシャフト最奥部の、しかも左側の更に上方にあるので、ここからはアクロバティックな体勢を余儀なくされる事になるのである。以下、次号に続く。(*´・ω・)
関連記事

かなり稚拙な詐欺広告

まったりとネット閲覧中に突然中断されて、危なそうなページに切り替わった。もちろん""危ない"の意味は違うが。( ´ー`)

2018-05-24_WIn10警告詐欺
毎度おなじみの詐欺広告である。
デザイン自体は良く出来ていて、右上にはご丁寧にも"McAfee"のロゴまで再現されているが、最近の詐欺広告では標準的レベル。
残念なのは(?)、まともな日本語がほとんどない事。今どきこんな分かりやすい詐欺広告がまだあるなんて・・・ってとこ。( ´ー`)
特にタイトルなんて、せめて"修理"ではなくて"メンテンス"くらいにはしとけよとアドバイスしたくなる。(;`ー´)
ここまでひどいと、この開発には日本人は関わってないのだろうなというヘンな感心の仕方にもなってくる。
関連記事

高級カフェ体験 ! 知る人ぞ知る「ル・レーブ」

最大のお気に入り店であった「四季珈琲」なき後、あらためて近場のカフェを探索していて、最も心を惹かれたのがこの「ル・レーブル」。
ここはどうみても立派な高級レストランで、ちょっと気軽に利用という雰囲気ではないのだが・・・(;`ー´)
店の方では"カジュアル・フレンチレストラン"と銘打っているので遠慮など不要なのである。

2018-05-19_DSC07901.jpg
以前訪れた、天理大学前のイチョウ並木通りを抜けた「石上神宮」の少し手前にある、この富豪のお屋敷風建物である。

2018-05-19_DSC07905.jpg
自宅からクルマで約40分くらいの距離なので、"近場"と呼ぶにはムリがあるが硬いことなしで良いだろう。(;`ー´)
40分かかるのは一般道だからであり、西名阪自動車道を利用すれば30分程度に短縮出来るがドライブ自体も楽しみなので問題なし。
前面道路には目立つような看板も出ていないので、ぼんやりと通り過ぎられる事も多いだろう。

2018-05-19_DSC07907.jpg
緑あふれる環境の好立地で広大な敷地に余裕のある駐車場もあり、「いかにも高そう・・・」なのだが、事前調査で外観からは想像出来ないほどのリーズナブル料金である事は分かっているし臆することなく突入。

2018-05-19_DSC07909.jpg
この種の店では大変珍しい事に AM8時からの開店なのである。
しかし、8時半というのに玄関の扉はきっちり閉まっている・・・どないしょ・・・

2018-05-19_DSC07930.jpg
おずおずと扉を開けてみると、モーニングメニューの看板があり一安心。( ´ー`)

2018-05-19_DSC07929.jpg
シーンとした室内にはかすかにソロピアノのBGMがさり気なく流れている。入店するとすぐに品の良いホール係が出迎えて案内してくれた。
事前に喫煙習慣を聞かれなかったので、全面禁煙なのだろう。ますます高得点。( ´ー`)

2018-05-19_DSC07918.jpg
ホールに足を踏み入れると「おおぉ~」という感じ。この広々スペースでほぼ貸し切り状態なのだから贅沢気分満点である。( ´ー`)

2018-05-19_DSC07912.jpg
吹き抜けの天井にはいくつものシャンデリア。高級ホテルのラウンジそのまんまです。

2018-05-19_DSC07913.jpg
しかも、先客はわずか一組の二名だけで、おひとりさまでも遠慮なく窓側の一等地を確保出来た。( ´ー`)
本業がレストランとあって、大きめのテーブルに余裕のあるイスの配置でゆったり過ごせそう。

2018-05-19_DSC07920.jpg
オーダー後、最初にコーンポタージュスープとサラダが出された。

2018-05-19_DSC07922.jpg
ふだんはカップスープはそのままぐい飲みするのだが、ここでは大人しくちゃんとスプーンでいただく事にした。
久しぶりに店でいただくコクのあるコーンスープはウマウマでした。( ´ー`)

2018-05-19_DSC07923.jpg
四種あるモーニングセットの中の"Cセット"。
そうそう、この店ではオーダー後にトーストにバターを塗っておいて良いかと聞いてくれたし、何と卵料理も「オムレツ風・スクランブル・目玉焼き」から自由に選ばせてくれたのだった。ホントに高級ホテルなみのおもてなしである。( ´ー`)
唯一残念な点が、コーヒーがファミレスレベルよりは少しましかな、というくらいのお味だが、その他がすべてパーフェクトなので、文句をいえた筋合いではない。何しろ、この高級店でこのモーニングセットが実にたったの 650円 なのだ。ホンマか !? ( ゚д゚ )

2018-05-19_DSC07926.jpg
静かな店内には、これまたごく静かな音量でクラシックピアノ曲が流れていて最高にゆったり出来る雰囲気。( ´ー`)

2018-05-19_DSC07932.jpg
ゆったりのんびりと90分ほど過ごしてから、ぼちぼちと退店する事にしたが、この時点でもお客はやはり四組くらいだった。

2018-05-19_DSC07938.jpg
ここは、自分が求めるモーニングカフェに対する数々の条件をクリアどころかはるかにしのぐ水準の超優良店である。
コーヒーの品質なんて小さな事はどうでも良いではないかとあっさり納得してしまうくらいに。(;`ー´)
めでたく定番お気に入り店のトップに躍り出た「ル・レーブル」さん。口コミによるとランチメニューも素晴らしくリーズナブルらしい。
ランチ習慣のないファミリーなのだが、この店ならちょくちょく来ても良いかなと思わせてくれるほどである。( ´ー`)
ここの経営はどうなってるんだろうと心配になるほどだが、そのヒミツは昨今のトレンドの"古民家のリノベーション"のようだ。

2018-05-19_DSC07939.jpg
途中のルートも良く整備された気持ち良い道路で、気分良く通う事が出来る。
今回の記事はフェイスマークだらけになったが、それが満足度を表しているわけです。おしまい。( ´ー`)
関連記事

5月のバラ Ⅱ 中之島公園 / 拡大写真追加

すべての写真に拡大版を追加しました。

やはり大きい方が見応えがあるので。見たい写真をクリックしてみて下さい。( ´ー`)

2018-05-16_DSC07822.jpg
5月16日。大阪市中心部に位置する中之島公園のバラ園は真っ盛りの見頃です。( ´ー`)
例年ならこれからが見頃になっていくはずが、温暖気候の影響か12日頃から既にピークに達していたようです。

2018-05-16_DSC07829.jpg
2018-05-16_DSC07838.jpg
2018-05-16_DSC07841.jpg
2018-05-16_DSC07842.jpg
2018-05-16_DSC07849.jpg
2018-05-16_DSC07850.jpg
2018-05-16_DSC07865.jpg
2018-05-16_DSC07867.jpg
2018-05-16_DSC07870.jpg
2018-05-16_DSC07871.jpg
2018-05-16_DSC07888.jpg
2018-05-16_DSC07887.jpg
2018-05-16_DSC07895.jpg
以上。旬のリポートでした。( ´ー`)
関連記事

5月のバラ ( ´ー`)

ご近所でキレイに咲き誇るバラたちを撮ってみた。

2018-05-05_DSC04250.jpg
2018-05-05_DSC04253.jpg
ここまでは、これまで通り手間をかけてぴったりサイズの写真にしているので画質良好なのだが・・・

2018-05-09_DSC04254_L_201805091347469e0.jpg
このままではイマイチですがクリックして拡大すると見違えるように良くなります。以下同様。( ´ー`)

2018-05-09_DSC04256_L.jpg
2018-05-09_DSC04257_L.jpg
2018-05-09_DSC04258_L.jpg
2018-05-09_DSC04260_L.jpg
そうそう、ウチにもありました。( ´ー`)
久々に FC2 のサムネイルイメージを利用してみたが、やっぱり画質低下問題は放置されたままだった。
その上、サムネイルサイズを"水平900"pxにしても勝手に"742"に落とされてしまうし、やはり使えんな・・・(´д`)
関連記事

| NEXT≫