FC2ブログ

朝の雪景色

2018-01-27_P1080523.jpg
関連記事

油断大敵 !! 美味しすぎる話を信じるのは○○である (;`ー´)

つらつらとインターネットを眺めていたら、ピロ~ンという効果音ともに見たこともないメッセージが ・・・

2018-01-26_fishiingfirefox.png
「ん ? ラッキービジター ? 何やこれ ? ・・・ ゲッ !! iPhone 7 が当たる !?
画面のどこを見ても、怪しげな雰囲気は全く感じられないのでいそいそと案内につられて進めてみる。

2018-01-26_fishiing1.png
とりあえず"OK"してみると、ブラウザーの使用頻度など、ありがちで当たり障りのない質問が 4種類表示された後こんな画面に変わった。
顔写真付きの喜びの声も多数出ている。そしてたしかに iPhone 7 の写真とともに「期間限定 250円」となっている。「よっしゃ !」と"ここをクリック"ボタンを押してみたら・・・

2018-01-26_fishiing2.png
おぉっ!! iPhone 7。本物や !! しかも"Air Pods"が付いてくる上にケースのカラー選択まで出来るとは・・・
いそいそと住所や電話番号にメルアドも記入し・・・ ← アホ !! ( ≧Д≦)
画面を良く見ると「合計金額100円」となっている ?? はて ? 前の画面では「250円」だったし、最初の案内画面では「当たる」となっていたのが、この画面では100円(注文)で間違いなく買えるという事になる。
若干首をかしげつつ、素晴らしい iPhone 7 の写真に見とれて"今すぐ注文を !"をクリックしたらば・・・

クレジットカードの情報入力画面になった。さしものマヌケもここに来てようやく目が覚めたのだった。( ;´・ω・`)
未知の相手にクレジットカード情報をさらけ出すなんてありえない。すぐさまネット検索すると、詐欺報告が出るわ出るわ (;`ー´)
今のところ出ている情報はクロームブラウザの事例ばかりなのだが、画面や手口の内容はほぼ同じ。
ふだんなら、こんなのに引っかかる事はないのだが、近頃身辺の物事が順調で気がゆるんでいたのが最大の原因。
一応言い訳しておくと、何しろ画面デザインがシンプル & スマートで良く出来ている上、この種の手口でありがちな不自然な日本語表現などもなく、まんまと誘導されてしまったのでした。

浮かれている最大の要因は成績絶好調の"ひふみ投信"。基準価額がつい先日 54,000円を突破したのだ。

2018-01-26_hifumi0126.png
もちろん、こちらは公明正大な正規の投資信託ファンドで信頼度100%。振り返ってみれば、開始してからちょうど 7ヶ月経過で、現在の価値が 126%に増加 している事になり、「浮かれるな」という方がムリなほどの大成功なのだ ! ( ゚∀゚)

ちなみに"フィッシング詐欺"の原語は fishing ではなく phishing とされている。以上。お粗末でした。( ´ー`)
関連記事

BMW 523i で行く「十三峠」

2018-01-21_P1080498.jpg
ある日の昼下がり、とある山の中腹で静かにたたずむ"BMW 523i Luxuty"。

2018-01-21_P1080506.jpg
ここは「十三峠」の展望駐車場。生駒山から大阪平野を展望できるスポットは「信貴生駒スカイライン」が定番なのだが、何しろ馬鹿高い料金(全線往復1,940円!!)のため、利用頻度は数年に一度あるかないかというくらいに敬遠している。
それに引き換え、勝るとも劣らない眺望が期待出来るここは無料なので、かなりの人気がある。日曜日ということもあり、ひっきりなしにクルマがやって来る。人気スポットらしく、トイレまで完備しているのにはちょっと驚いた。(。゚ω゚)
ちょっと心配していた駐車場だが、昼間のためか、平均滞在時間が短いので駐車待ちの順番はすぐに来るのでスムーズに入れた。
もちろん、季節や時間帯によってはこうはいかないだろう。

2018-01-21_P1080500.jpg
このスポットの存在はもちろん知ってはいたが、夜景を撮るほどのモチベーションが湧かない事もあり今回が初訪問。
この季節にしては穏やかな晴天で、洗車後のプチドライブの目的地として思いついた。とはいえ、自宅から無料高速道路のような"フラワーロード"をかっ飛ばして・・・ではなくゆったりと進んでも、15分程度の近場なのだ。( ´ー`)

2018-01-21_P1080499.jpg
完全整備の「信貴生駒スカイライン」との最大の違いは、たどり着くまでの道路状況。"フラワーロード"から分岐してからは一気に道幅が狭くなり、すれ違うのもやっとというような地点が何箇所もあるため快適コースとはいえない。
大阪側からだと更に険しいコースらしい。二輪車や自転車ライダーだと関係ないでしょうが。交通量が少ない分、快適かな ?

2018-01-21_P1080504.jpg
たしかに大阪平野をほぼ一望出来るのだが、やはり昼間ではありがたみがイマイチ。(*´・ω・)
そうそう、いちおうウンチクを書いておこう。「十三峠」というからには、峠が十三箇所ある・・・と思いたいが、そんなにありません。
すぐそばに「十三塚」があるためにこのような名称となっているようだが・・・
「十三塚って、それ何 ?」という向きには"重要有形民俗文化財"であるとだけ答えておく事にする。
例によってエラそうに書いているが、今回調べてみるまでそんな事は知らなかったのでした。詳しくはここで。( ´ー`)

2018-01-21_P1080508.jpg
帰宅するとゴルフの定位置が空いていたので、こっそり入ってみた。いつも坂道駐車ばかりなのでたまには平坦地で・・・
しかし。やっぱり長さ70cmの差は大きくて、ほとんどギリギリのセーフという余裕のなさで居心地も良くない事を再確認と。( ´ー`)
関連記事

ゴルフが軽自動車と事故ったら・・・

2018-01-14_DSC07507.jpg
帰って来たゴルフ。何事もなかったように涼しいカオである。( ´ー`)
昨年末に追突事故を起こし、かすり傷がついたのを修復のため二日間の入院だった。
事故の状況は、直前を走行中の軽自動車が左折時に急減速したためにブレーキが間に合わずの追突。
運転者の「相手がウィンカーを出すのが遅かった」とか「急減速した」とかの言い分もあるが、基本的に追突の責任は100%である。
連絡を受けて駆けつけた時には警察の現場検証も終わりかけていた。相手のクルマを見るとちょっと古い軽自動車で、リアバンパーの中央が凹んでいた程度。幸い両車とも徐行速度だったのでこの程度で済んだようだ。ゴルフの方はといえばフロントバンパーにいくつかかすり傷がついた程度。もちろん双方とも傷害などまったくなしなのだが、軽自動車の方はひと目で分かる程度の凹みで、「やっぱり軽自動車はヤワに出来てるなぁ・・・」と不謹慎な事を思った。謝罪に対し相手の方は穏やかで紳士的な対応をしてくれたのもラッキーだったのだが・・・
軽自動車にとっては"追突"には違いないがゴルフには"ごくごく軽微な接触"に過ぎないのだった。

2018-01-14_DSC07508.jpg
「カーコンビニ倶楽部」に修理を依頼して、シロートの目ではどうみても修復したように見えないのは当たり前とはいえ、さすがプロの技術は素晴らしいなぁと感心。料金は 35,000円で済んだ。当然これは自己負担。

さて、相手方の状況はというと。ソニー損保がすべて対応してくれたのだが、診断結果は何と 全損!! だった。(。゚ω゚)
「何でやねん!?」や。どうみてもバンパー交換で済むはずだし保険不使用さえ検討していたので驚愕である。
しかし、ソニー損保提携の工場での診断結果との事なのでしぶしぶ納得するしかなくなった。
古い軽自動車なので全損保証が○万円にしかならない事が分かり、相手方の希望により修理となった。まぁ、そりゃそうだろう。
ただし、その結果修理見積が 20万円以上となり保険不使用の選択肢はなくなってしまった。( ≧Д≦)
しかもしかも。当然の処置として 3等級ものダウンとなってしまった。13,320円/年の負担増となる。
しかも、期間中の変更につき即支払わねばならなくなった。けっきょく、修理代と合わせて 5万円近い自己負担である。

"高性能の自動ブレーキ"装備車なら未然に防止出来たに違いない。ますます次期愛車の安全装備は必須となった。
※↑"高性能"とわざわざ注釈を書いたのは、現時点で販売されているクルマの大半が同じように"自動ブレーキ"をうたっていても、メーカーや車種によってその性能が千差万別だから。(;`ー´)
関連記事

ブログ内ランキング - 検索クエリ

こんなのに関心があるのは、管理人本人だけなのは承知の上で、ブログの集計結果を続けよう。( ´ー`)
"Google アナリティクス"には"集客サマリー"というメニューで「新規ユーザーの比率」が分かるようになっている。
要するに「一見さんかリピーターか」の区別。これが直近一年間では約55%、直近三ヶ月間では約45%である。※画像は省略
ほとんどがリピーターだろうと漠然と考えていたので意外ではある。
1年前には常時200以上あったアクセス数が、最近は120~160程度になっているので新規ユーザーの訪問率が少なくなっているというのは理屈として合っているのだろう。ブログの趣旨からいうと、今でも出来過ぎとは思ってますが・・・

さて。新しくこのプログを見に来る人たちは、何が目的でどんな機会からなのだろうか ?
その回答が"検索クエリ"。どんなキーワードで「ググって」このブログを訪れたのか、が分かる。

2018-01-08_Serch2017.png
これは、"アナリティクス"ではなく連携ツールの"Search Console"の機能。
これを見て、何だか安心した。何と、ビートルズネタが第二位に入っているではありませんか。(´∀`) ※(other)は除く
マランツやシュアーの記事もかなりの人気。クルマ一辺倒ではなく、AV系がなかなかバランス良く分布しており「やはりクルマのネタしか受けないのかな・・・」という、漠然とした不満(?)が少し緩和された。
ただし、"Search Console"の集計対象期間は90日間以内なので、年間集計までは今のところ出来ないが、最近の傾向がつかめるだけでもありがたい。
また、上図では横幅が広がり過ぎて表示されていないが"平均掲載順位"という項目もあり、これまた非常に興味深い。

2018-01-12_query2017.png
これは最初の図から三日後のもので、いくらか順位が変動しているのはそのため。"スイフト acc"は不動の一位だが三位も同じと見なせるので、ふたつの記事を合わせると断然トップである。一位の"スイフト acc"は掲載順位が 4.1 となっている。このキーワードを Google 検索してみると四番目に表示されるはず。当たり前だが見事に一致した。

2018-01-12_query2017-2.png
趣味や道楽としてのブログでこのようなレポートが何の役に立つのかといえば、もちろん何の役にも立たない。( ´ー`)
"Google"がかなりのコストかけてこのような機能をタダで提供しているのは、当然ビジネス用途のはず。
例えばクライアントに対してクリック数に応じた報酬(広告料)が発生するような契約であれば、いかに重要なデータかは自明。
自分のような単なる一ユーザーは、タダ乗りでたまにこんなチャートを眺めては自己満足に浸るだけで終わりなので関係ないが。

自己満足の分析レポートはまだまだ続く予定。( ´ー`)
関連記事

ブログ内ランキングがついに実現

当ブログは開設当初から"FC2ブログ"を利用している。特に気に入っているわけでもないが。( ´ー`)
何しろ無料で提供されているのだからあまり不満を持たないようにしているとはいえ、決定的な不満というものはあった。
そのためこれまで何度か他のブログに乗り換える事も考えたが、それぞれ一長一短があり、決意するまでには至らなかった。
長年の間に大きな不満点もいくつかは改善されたので、以前ほどストレスはなくなったとはいえ、まだまだある。
中でも今のところ最大の不満点が、
「どの記事が良く読まれているのか ?」がまったく分からない
という事。ブログそのものが自己満足のためとはいえ、不特定多数に公開しているのだから気にするなという方がムリである。
いちおう"拍手"機能があるとはいえ、拍手してくれる絶対数があまりに少なく、まったく参考にはならない。
運営側への要望は多いはずだが何時までたっても機能追加されないので、別の方法を試すべく水面下で準備をしていた。
そして・・・2017年の 1年間の集計結果が判明した。その手段は、おそらく最も利用されている"Google Analytics(アナリティクス)"。
※4位の"not set"は無意味なデータなので無視して下さい。1位がトップページなのは当然でもある。

2018-01-08_PageRank2017.png
生活日記関連の記事に人気があるとは思えないし、大半がクルマ関連だろうと予想はしていたが、予想以上だった。( ゚д゚ )
上位100件までを抽出してみたら、実に クルマ関連が77件 ! あった。大半なんてもんじゃないな・・・( ;´・ω・`)
"ページ訪問回数"での、上位100件での大分類別占有率は、1.クルマ 56.4% 2.トップページ 31.7% 3.オーディオ、音楽 8.9% だったので、やはりクルマが大半というのは合っていた事にはなる。
と、驚いたフリをしているが、水面下の準備をしてからは時々結果をのぞいていたので、今回はあらためて驚いたという事にする。
対象期間を 6ヶ月や 3ヶ月に変化させても、大きくは変わらない事も分かった。その中で自分の予想外だったのが・・・
"スズキスイフト"と"フィットのカーナビ工事"が常に上位にある事。特に"スイフト"なんて試乗したこともないし伝聞だけで書いた、大して内容のない記事なので、むしろこっちの方が驚きかも。一回くらいは試乗すべきかな。"118i"といい勝負だったりして・・・(。゚ω゚)

"アナリティクス"は当初は記事情報として URL しか表示されなかったので使いにくくて仕方なかったのだが、いつの頃からかちゃんとページタイトルも表示出来るようになり、格段に見やすくなった。
とにかくものすごく多機能だし、何のためにあるのか分からないメニューが大半なのだが・・・(;`ー´)。続きは次号にて。
関連記事

| NEXT≫