FC2ブログ

「広島のお好み焼き」初体験

2016-08-17_P1040349.jpg
死ぬまでに一度は食べてみたかった、本場の「広島焼き」。(^◇^)

2016-08-17_P1040253.jpg
「広島といえば・・・」で連想するもののひとつが"路面電車"。

2016-08-17_P1040254.jpg
新旧入り乱れて運行しているが、運良く最新型機に乗ることが出来た。車内の雰囲気は上海で経験した地下鉄にそっくり。( ´ー`)

2016-08-17_P1040262.jpg
"新旧入り乱れて"ってのはこんな感じ。

2016-08-17_P1040267.jpg
やって来たのはここ。「広島随一の観光名所」と表現するのは不謹慎かもしれないが、とにかく外国人観光客が沢山来ていた。

2016-08-17_P1040280.jpg
汗を拭きつつ、眺めているだけで心が引き締まります。厳粛な精神になった後は最後のスポットへ・・・

2016-08-17_P1040335.jpg
広島に来たからには、日頃から"粉モン好き"を自負している身として、これも外せない。こちらの本場ものは初体験なのである。
しかし、先入観とは異なり 「広島焼き」の文字はどこにもない。 (;`ー´)

2016-08-17_P1040339.jpg
昼時とあって、ほとんどの店が満席状態かといえば、そうでもなかった。ここはエレベーター付近の店だが、少し離れた店には閑古鳥の鳴いているところが目立った。やはり商売はキビシイのだ。( ´ー`)

2016-08-17_P1040337.jpg
知らない土地でガラガラの店に入る気はしない。我々が選んだのはもちろん"ほぼ満席"だったこの店。

2016-08-17_P1040342.jpg
家族が注文ししたのは"肉玉焼き。"薄~い生地の上にキャベツともやしが山盛りや。
そして、自分が注文した"そば入り"では更にその上に細身のそばが"ドンっ!!"て感じで乗る。

2016-08-17_P1040347.jpg
大阪のお好み焼きと違って、とにかく何度も良く抑え込んでいるのが印象に残った。これ、大阪では厳禁なのだ。( ´ー`)
ほとんど同じ材料を使っているが、調理方法としては焼く前に生地と具を混ぜないというのが最大の違い。

2016-08-17_P1040351.jpg
そば入りお好み焼きは、"モダン焼き"のようなボリュームはないので昼食には適していると思ったが、やはり完食はとてもムリで、家族で分け合うことになった。 それはともかく、そばなしの方はイマイチだったが、この"肉玉そば"かなり美味かったデス。
ちなみに、この「お好み村」では地元のブランド品である"オタフクソース"はいっさい使われていないようで、出入り口のそばにわざわざその事を書いた"ミツワソース"の看板が目に付いた。
お好み焼きのイノチともいうべきソースが異なるというのは少し不安があったが、これはこれで美味いのは変わりなかった。
しかし、どんな事情があるのかは知った事ではないし、何しろ食べてる時はそんな事をまったく忘れていた・・・(;`ー´)
"ミツワソース"も悪くはなかったが、自分としては甘ったる~い独特の風味が魅力の"オタフクソース"が断然好みと再認識した。

2016-08-17_P1040360.jpg
ちょっと気になって後日調べてみたら、広島の人達は"広島焼き"という呼称を使わないようだ。良く良く思い出してみれば、たしかにこの「お好み村」の各店舗でも"広島焼き"という文字は見かけなかった。
"広島焼き"には別の意味があるようだ。またひとつベンキョーになりました。( ´ー`)

2016-08-17_P1040365.jpg
帰り道の新大阪駅で新世界の串かつ名店「だるま」が出店しているのを発見。これまた初体験。どれくらい旨いのか・・・

2016-08-17_P1040367.jpg
しかし、注目のお味は"フツー"だった。いや、特に感銘を受けなかったので仕方ない。ソースの甘みがもう少し欲しかった・・・
「お前の味覚はかなりオカシイぞ !!」と嗤われても甘んじてお受け致します。( ´・ω・`)
関連記事

宮島

2016-08-16_P1040099.jpg
たぶん知らない人はいない、宮島は"厳島神社"の大鳥居。

2016-08-16_P1040115.jpg
観光写真に良く出てくる、"あの風景"が目的だったのだが、満潮の時期と合わず撮れなかった。(*´~`*)

2016-08-16_P1040110.jpg
満潮時に水中に浮かぶ鳥居は 2mくらいの水位との事。それにしても、この巨大な鳥居が単に 置いてるだけ で数百年間も微動だにせずというのはやはり驚愕、先人の知恵に脱帽である。(;゚Д゚)

2016-08-16_P1040164.jpg
さて。今回のハイライトは、ナイトクルージング。(^◇^)

2016-08-16_P1040178.jpg
小型船での船上撮影だったので、振動が激しくほとんどまともな写真が撮れなかった。

2016-08-16_P1040179.jpg
200枚くらい撮った中で、三脚まで据えて何とか使える品質だった数枚の中のひとつ。手持ちのは全滅だった・・・(;`ー´)

2016-08-16_P1040237.jpg
とはいえ、あまり見かけない「夜の大鳥居」が撮れたので良しとしようか。
といいつつも、やはり昼間の青空の下で撮りたかったが、そんなのはどこにでもあるのだしと強引に納得。(*´~`*)

2016-08-16_P1040249.jpg
"MOURIMARU"さん、お世話になりました。( ´ー`)
関連記事

ぶらりお散歩ダイエット作戦で隠れスポット発見「信貴山奥の院」

2016-08-24_P1040431.jpg
信貴山の麓を特にあてもなくハイキングしていて見つけたのが「信貴山奥の院」。

2016-08-24_P1040434.jpg
まったく目立たない場所の民家の奥にひっそりと、という感じでこのスポットはあった。

2016-08-24_P1040436.jpg
本ブログでも何度も取り上げている真言宗「信貴山朝護孫子寺」の分室みたいなものかな。しかし、坂道がずっと続く上にかなり離れた位置にあるので、お寺めぐりをする人達もなかなかここまでは足を延ばすことはないのかもしれない。

2016-08-24_P1040440.jpg
"分室"とはいえ、小さくともちゃんとしたお寺で、高い木々に囲まれていて強烈な日差しを和らげてくれる。

2016-08-24_P1040443.jpg
こういう場所も"パワースポット"と呼んで良いのかどうか知らないが、シーンと静まり返った厳粛な雰囲気はなかなかのものである。

2016-08-24_P1040445.jpg
何しろ、あたりにはまったく誰もいないのである。おっと、ぼんやりしてると見逃すところだった。
境内の更に奥の方に"奥の院"はあったのだった。あれれ、右肩下がりの悪いクセがまた出てしまっている・・・(*´~`*)

2016-08-24_P1040447.jpg
小ぶりだが造りは立派な「寺子屋」。

2016-08-24_P1040448.jpg
その直ぐそばに何だか珍しい形の屋根が見える。

2016-08-24_P1040449.jpg
何かと思ったらこの方々のためのものだった。( ´ー`)

2016-08-24_P1040451.jpg
イイ面構えですな。

2016-08-24_P1040454.jpg
この像は何と「日本最初毘沙門天」さまと謳われている。下から見上げるといかにも"カツ!"をいただけそうな気がする。(;`ー´)
通称「汗かき毘沙門天」と呼ばれているらしい。その理由は・・・たまにはウンチクのコピペ(平群町観光HPより)
聖徳太子が排仏派の、物部守屋征伐に出陣した際、毘沙門天が太子軍の先頭に立って汗まみれになりつつ戦い、その活躍により勝利することができたといわれる。

2016-08-24_P1040457.jpg
しかし、「毘沙門天」のはずだが、足元の名札はこうなっていた。意味は同じで別名らしい。ベンキョーになります。( ´ー`)

2016-08-24_P1040458.jpg
出発から 2時間ちょっと経過していて疲れも出て来ていたところでちょうど良い休憩になった。
お寺で一息ついて癒やされたので、"汗かきハイキング"を続行。この頃から雲がかなり出て来て、汗ダラダラとはならなくなった。
これはマズイ。Tシャツがぐっしょりと濡れるくらいにならないとダイエット効果が期待出来なくなるではないか。
・・・と前向きなことをいいつつも、無意識に日陰を選んで歩いているのだった。(;`ー´)

2016-08-24_P1040464.jpg
などとつぶやきつつ、それなりにエネルギー消費をしたし、ぼちぼち帰り道につく事にした。同じ道を戻るのは面白くないので、いつも愛車で激走する"フラワーロード"をてくてく歩いてみた。

2016-08-24_P1040468.jpg
クルマだけではなく、この道ではこんな健脚な人達も良くみかけます。それにしても、クルマで 1分位の距離をてくてく歩きでは気が遠くなるような距離に感じる。脂肪燃焼が主目的なのでそれで良いのだが。(;`ー´)

2016-08-24_P1040465.jpg
さて。3時間足らずほどの汗かきハイキングの効果は絶大だった。帰り着いてシャワーの後でおそるおそる体重測定したみた結果は、
71.5kg → 69.9kg。一気に 1.5kgの減量成功 となったのだ。ヤッター !!( ゚∀゚)
つらつら考えるに、体重が高値キープとなった 5月頃からというのは"ワンダーコアスマート"でせっせとトレーニングを始めてから 1ヶ月くらい経過した時期と一致している。すると、やはり"ワンダーコアスマート"の運動は効果があり、筋肉が付きだしたために体重も増えたのだという理屈も成り立つ。お腹周りが引き締まるには更に半年なり 1年くらい頑張れば効果が現れるのかも。
・・・と、かなりこじつけ気味に勝手な憶測をしてひとり納得するのだった。(*´~`*)

2016-08-24_P1040470.jpg
菊美台住宅地を一望出来る数少ないスポット。クルマでは一瞬の事なのでじっくりこの景色を眺めるのは初めて。この辺りは駐車スペースがないため、じっくりと撮れるのは徒歩ならではである。※ぼんやり霞んでいる部分はフェンス

そんなわけで、「ぶらりお散歩ダイエット作戦」は大成功なのでした。さぁ、今夜はビールで乾杯や !! (^◇^)
関連記事

ぶらりお散歩ダイエット作戦で隠れスポット発見

2016-08-24_P1040400.jpg
久しぶりのおひとりさまハイキング。本日は地元平群町内の探検に出かけた。とはいってもただの暇つぶしではない。
わざわざ、真夏日のまっただ中を汗水たらしてのハイキングなどとしゃれこんでみた最大の目的は"ダイエット"。
ここ数ヶ月間、どんなに努力しても体重が70kgを切れなくなって悩み続けていた。(*´~`*)

2016-08-24_P1040404.jpg
自分の理想体重は67~68kgと規定している。ここ10年間はこの範囲を目標に諸々の努力を重ねて来て、理想体重範囲から70kg手前くらいまでを行ったり来たりしていたのだが、5月ころから常時70kg超が当たり前状態となり、ついには72kg直前まで上昇してしまい、歯止めが効かなくなってしまっていたのだ。これまでの経験則が役に立たなくなったという危機的状況。(´д`)

2016-08-24_P1040408.jpg
今日は比較的気温が低い、とはいっても30度超なのだが、40度近い極悪猛暑日が続いた後では過ごしやすく感じるから不思議。
今日は町内平野部の町立図書館から坂道を登って信貴山のふもとを一回りするコース。

2016-08-24_P1040409.jpg
比較的過ごしやすいとはいえ、炎天下に変わりはない。5分としないうちに額から汗が噴き出してイイ感じになって来た。

2016-08-24_P1040411.jpg
とにかく生半可なトレーニングや食事療法ではダイエット効果がない状況なので、今回は最後の手段として"汗まみれのハイキング"を敢行したのだ。汗をかきつつ、ある程度長時間身体に負荷をかけ続ければかなりのダイエット効果がある事が経験則で分かっている。
この方法は実に100%効果があるのだ。これで効果がなければ本当にお手上げとなってしまう背水の陣・・・(*´~`*)

2016-08-24_P1040419.jpg
写真の師匠を偲んで、棚田を撮ってみるというのも目的のひとつだったが、残念ながら時期が悪いよな・・・(*´~`*)

2016-08-24_P1040421.jpg
・・・おっと。「偲ぶ」といったって、別に亡くなったわけではない。活動休止状態なだけです。(;`ー´)

2016-08-24_P1040426.jpg
たまには、セルフスナップと。

2016-08-24_P1040428.jpg
そして、思いがけない隠れスポットにたどりついたのだった・・・
関連記事

横浜ツァー番外編 / スーパーホテル体験

だらだらと 2周間も続けてしまった横浜ツァーシリーズもついに最終回を迎える事になった。今度こそ最後です。( ´ー`)
というわけで、二泊目は新横浜の"スーパーホテル"。あえてここに泊まってみたかったのだ。
「カンブリア宮殿」で何度か目にして関心のあった、徹底的に無駄を省いた超節約主義ホテル。
もちろん、"節約"ったって、「安かろう悪かろう」ではない。今時「安いだけ」で通用するようなのどかな時代ではない。
キーワードの一つが"人件費の節約"であるが、それをそのまま客に感じさせるようでは二流どまり。
コストの徹底削減を宿泊客に納得させるためにも、"付加価値"が重要なのだ。

2016-07-25_DSC05312.jpg
フロントには二名の美人スタッフがスチュワーデスのような制服姿で手際よく応対してくれるが、常時いるわけではない。
必要に応じてフロントに出てくるようだ。もちろん、宿泊客の目に見えないところで様々な業務をこなしているのだろう。
片時もスマイルを忘れず、手際よくチェックインの手続きをしてくれる。
そして、チェックインはカンタンな予約確認と本人確認に続いてタブレットによる署名をするだけ。この間 5分程度しかかかっていない。

2016-07-24_P1030860.jpg
次に面食らったのが、最近のビジネスホテルの常識となっている"カードキー"がない事。
まぁ、このレシートがそのままカードキーの代わりになるという超合理的発想なのだ。実際、これで何の不自由もなかったし。( ´ー`)

2016-07-24_P1030859.jpg
部屋は狭いが、どうにか納得出来るレベル。備品にも不足はない。ちなみに、新横浜駅から徒歩 3分以内の距離で 5,400円。

2016-07-24_P1030865.jpg
"スーパーホテル"のウリの一つが、フロア毎に用意されているこの安眠枕たち。24時間自由に利用出来るようになっている。
自分の場合は、ここから持ち出さなくとも標準で用意されている枕で十分快適に睡眠出来た。
"快適な睡眠"もスーパーホテルのウリの一つであり、枕は十分に合格点だが、ベッドはまぁ"並"かな。(*´~`*)

2016-07-25_DSC05306.jpg
宿泊料金には朝食メニューも込みである。今時のビジネスホテルとして、このスタイルは珍しくはないが、簡素化されたバイキング形式とはいえその品質に不足は感じなかった。ちなみに、朝食の世話は案の定美人スチュワーデスが兼任していた。※"CA"なんて呼びたくないのだ
お味は、とびきり美味いとはいわないが、この後カレーライスを追加で食したくらいである。ふぅ、思い出してもゲップが・・・(;`ー´)

2016-07-25_DSC05313.jpg
ようやく帰途につくことになり、家族のために新横浜駅構内の"崎陽軒"でしゅうまいを買い"ぷらっとこだま"でのんびりと。
"ぷらっとこだま"は、往復で約 8,000円もの節約になるのだが、最大の難点が 列車の変更が一切出来ない という事。
もちろんそれくらいのデメリットは我慢すべきなのだが、仮に予約時に14時0分発としていて、この日の朝のように「やっばり早く帰ろうっと!!」と 9時過ぎに駅に着いたとしてもあくまでこのチケットが有効なのは14時0分でしかない。9時30分の列車には乗れないのだ。
通常の特急指定券なら回数制限はあるが予定に合わせて任意に列車を変更出来るのだが圧倒的な安さを思うと仕方ないのだな。

それはさておき。大した内容でもないのにわずか二泊三日のツァーを半月もネタにするとは「ちょっとやり過ぎた」と感じている。
別に反省はしてないけどね。それではオシマイ !!(*´~`*)
関連記事

横浜ツァー番外編 / ラーメン博物館

2016-07-24_P1030867.jpg
まだ終らない"横浜ツァーレポート"。単独ツアーの続きはB級グルメの有名店が集結する"ラーメン博物館"。

2016-07-24_P1030869.jpg
サーキット場巡りのため、一泊目の関内のホテルから移動して新横浜駅付近の"スーパーホテル"に宿泊予約していた。そこから徒歩 3分程度の至近距離なので、素泊りという事もあり、港北から帰り着いた後は夕食に出かけないわけにはいかないのだった。
ラーメンは人並みに好物ではあるが、体重管理生活の天敵のひとつであり、実際には滅多に食する機会がない事もあり今回は意を決した。
まさか入場料を徴収されるとは思っていなかったので入り口で引き返しかけたが、100円なのでガマンして支払った。(*´~`*)

2016-07-24_P1030878.jpg
入場料を払って地下の名店街に降りてみたらこんな感じ。

2016-07-24_P1030879.jpg
たしか、大阪のラーメン店街もこんな造りだったような記憶があるが、自分としては"ラーメン=昭和"という図式は好きではない。

2016-07-24_P1030884.jpg
いわゆる"昭和レトロ"の雰囲気は良く出来ている。もちろんこの空はダミーなのだ。( ´ー`)

2016-07-24_P1030887.jpg
こんな場所で生まれ育ったのは確かなのだが、それを再現されたところで嬉しくも何ともないのは生来のひねくれ者だからか。(;`ー´)

2016-07-24_P1030905.jpg
どの店が本当に美味いのかという知識はまったくないので、そこそこ混んでいても席にゆとりがありそうな店に入ってみた。
同じような店ばかりだし判断基準は客の入りしかない。時は休日の18時。満席かそれに近い店と、不人気の店ははっきり分かれている。

2016-07-24_P1030882.jpg
ありがちな食券販売機で前払い。メニューの価格は人気店であろうが不人気店であろうが見事なまでに統一されている。

2016-07-24_P1030899.jpg
どれもこれも、たかがラーメンなのに最低価格でも 900円や。
自分基準では、ハッキリいって高すぎる。「美味くなかったらカネ返せ」や。(。-ω-)
で、注文したのは、比較的割安な"ミニ味噌ラーメン"で 570円也とたしか 300円の餃子。

2016-07-24_P1030901.jpg
餃子は良い具合にパリッと焼けてるしフツーに美味かったですよ、フツーに。( ´ー`)
店内には当然のごとく「いかに当店の味へのこだわりがスゴいか。」とのウンチクがあちこちに貼られているが、それらを鵜呑みにするほど純情ではない。先入観を排していただいてみた感想は「フツー」以外の何ものでもなかった。"とんこつ味噌ラーメン"なんて、よほどひどい調理方法でなければ不味くなんてなりようがないし、美味くて当たり前。その意味でのフツー。"極上"なんてまるで感じなかった。
ミニラーメンと餃子のセットで 870円は高過ぎるとは言わないが、仮に近所だとしても足しげく通いたいとはまったく思わなかった。
以前にどこかの"B級グルメチャンピオン"と称する焼きそばを食べてみた時もそうだったが、世間の味覚とはズレているのかもしれない。

2016-07-24_P1030909.jpg
さて。ホントは"大戸屋"に行きたかったのだが、この"ラーメン博物館"に決めて出かけた理由はやはりこれだったりする。( ´ー`)
しかし、予想したこととはいえ完全に開店休業状態。ここまで人気がないと、いっちょ走ってみるかという気も起きない。
けっきょく昨夜から三軒目なのだが、走行したのは"バンプロジェクト"の小コースのみ。なぜか横浜には他にもスロットカーサーキット場がたくさんあるのが不思議。東京にも点在してはいるが、やはり地価(賃料)の違いによるものなのだろうな。
ちなみに自分の知る限り大阪市内には 1軒もありません。もちろん奈良にも 1軒もない。泉佐野市と摂津市に 1軒ずつある程度。
だからといってそれらの数少ない店に通ってみようというほどの熱意もなく、自宅で遊ぶにしても愚息も以前ほど喜ばなくなったし、そろそろスロットカー趣味も終焉に近づいているようだという事を今回のツァーでしみじみと感じた。
ちまちまと集めたコレクション、どうすっかな・・・(。-ω-)
関連記事

| NEXT≫