FC2ブログ

H&M のリサイクル体験

2016-04-20_DSC04918.jpg
「H&M に二人で古着を持ち込めば 4,000円の買い物チケットがもらえる !!」と喜び勇むワイフのお供でやって来た。
手持ちのサイズ不問の紙袋に入れれば、一人二個までだがどんな古着でもOKとの事である。そんなうまい話があるのか ??
(たぶん)奈良県内唯一の直営ショップが入っている、大規模ショッピングモールの「イオンモール橿原」。自宅からは小一時間程度の距離で、プチドライブがてらも良しと、計 4個の紙袋をぶら下げてのこのこと出かけたのである。

2016-04-20_DSC04922.jpg
はい、ちゃんともらえました。一枚500円の買い物チケット。やった !! (^◇^)
通常は一人1,000円分までのところを、キャンペーンという事で 2,000円となっていたのだ。「すげぇ、何て太っ腹なのだ、H&M !!」と感心したのだが、良く説明を聞いてみると・・・
3,000円以上の商品について 1枚だけ利用出来る
という仕組みなのだった。すなわち 4,000円のチケットをフル活用するには最低でも 8点で 24,000円の商品を購入しなければならないのだった。まぁ、そりゃそうでしょ。そんなカンタンに金券をばらまけるわけないよな。(;`ー´)
で、お買い物はしなかった。説明不要だろうが、"H&M"は日本の"ユニクロ"のようなファストファッション商品専門店。自分たちのように十二分なオトナとなった人種が欲しい商品などほとんどないのだ。もちろん、買っても良い商品もない事はないが、500円安くなるからいって、わざわざ 3,000円以上の不急不要の出費をするなど本末転倒、あまりに馬鹿げている。

2016-04-20_DSC04906.jpg
いや、こう書いたからといって"H&M"の商法を批判しているのではない。たしかに衣料品はその大部分が再利用出来るのだから、非常に良い制度だと評価できるし、同店をひいきにしている人たちにとっては掛け値なしに有効な利用方法である事は間違いない。
要は、単に自分たちにとってミスマッチだったというだけの事である。( ´ー`)

2016-04-20_DSC04912.jpg
いやぁ、それにしても、とてつもなく広いぞ、この"イオンモール橿原"。これまで体験した中では最大ではないか。

2016-04-20_DSC04917.jpg
とにかく、どこまで歩いても反対側にたどり着く気配さえない・・・(*´~`*)

Ionkashihara.jpg
退店時にようやく分かったのだが、施設全体はこんな形状になっていたのだった。う~ん、うまく出来ている。
これなら、巨大な立体駐車場からどのブロックにも容易にアクセス出来るではないか、かなり感心した。
超大規模施設では珍しくないのかもしれないが。今回の最大の収穫はこれでした。( ´ー`)
関連記事

iPod 復活 (^◇^)

2016-04-20_DSC04903.jpg
"iPad"を常用するようになるまでは寵愛を受けていた"iPod Touch"。ふと振り返ってみると、「第4世代」と称される5年前の製品である。
長らく車載音楽プレーヤーとして延命はしていたが、最近になって部屋に持ち帰って来た。"AVリモコン"として再活用するためである。
ネットレシーバーアンプの"M-CR611"の操作がアプリで快適に行えるはずなのだった。
しかし、そのためにはバッテリー交換が必須。購入後4年が経過して、今では満充電でも 1時間も持たない状態。
これではとてもリモコンになど使えない。(;`ー´)
アップルでは、すでにポート対象外になっているし、そもそも料金が非常に高価。
そこで、探してみるとサービスショップがいくらでもあるわあるわ。中でも信用出来そうなイメージのショップに決定。

applerepair.jpg

「Applerepair」。どうみても、アップルのサポート部門にしかみえないが、何の関係もない、おそらくは中華系独立ショップである。
送料はすべて無料だし、ダメ元で送ってみたら、たどたどしい日本語で「交換費用は 7,000円。ただし、充電機能の劣化もあるので新品時の品質までは保証出来ない。」との割りと丁寧な説明を受けて作業を依頼した。
うたい文句どおり仕事が早い。その翌々日にはもう返送されて来た。ショップに発送してからわずか 4日目である。( ゚Д゚)

2016-04-20_DSC04901.jpg
さて、早速フル充電してみたらば。問題なく初期の性能になっていた。
一抹の不安はあったが見事復活である。思い切って依頼してみて良かった良かった。
「Applerepair」さん、ノープロブレムの良い会社でした。少なくとも今回は。(^◇^)
関連記事

BMW 320i Luxury / 車検

ゴルフに続いて、"320i"も最初の車検を終えた。
先日の"アクティブツァラー"は、この時の代車なのでした。いやしかし、正確には"代車"ではなくて"試乗車"。
オーナーの特権で、ディーラー保有の試乗車を代車として任意に選択出来るのだ。"7"でも"5"でも"6"でも、もっと言えば"i8"だって自由に選べる中であえて"218d"とした。
実際には、プラグインハイブリッドの最新型"225xe"を希望したのだが、予約殺到のため 3日間の貸し出しは不可能との事で、"218d"でお茶を濁す事となったのだった。いや、それにしても結果はとても良かったのは既報の通り。( ´ー`)

2015-04-25_P1010781.jpg
ゴルフを寵愛するあまり普段はほとんどほこりをかぶった状態の"320i"。車検整備の後はピッカピカになって帰って来た。
さて、気になる整備代金だが、何と自賠責保険料等の諸費用込みで 108,016円で済んでしまった。(^◇^)
内訳は、税金保険で 38,940円、整備費用が法定点検や検査費用を含み計 69,076円。
走行距離が少ないから、ゴルフよりもずっと安く済んだんだって !? もちろんそんなわけない。当初の見積額は 257,948円だった。
安く済んだ理由のひとつは、いわゆるメンテナンスパック。新車購入時に 64,000円支払っている。これまでの法定点検時にエンジンオイル交換やワイパー交換等は無償で済んでいたので車検時には計上されなかった。それにしても、結果的には完全にムダな契約だった。
そして、見積に入っていた バッテリー交換代金 67,932円と延長保証の 82,000円をカットした結果が激安を実現したのである。
バッテリーは通説では3年がめどとなっているようだが、自己責任で今回保留とした。何しろ日常の使用状況で劣化がまったく感じられないためである。車検整備時の性能測定値も問題なく、充電のみ(無償)で当面は大丈夫だろうという判断による。

「安けりゃいいのか !?」って、当たり前である。バッテリーの劣化が顕著になってから交換すれば良いのだ。走行中に立ち往生なんで事態は限りなくゼロに近いのだし、手厚いロードサービスにも加入しているので心配無用である。
カーメンテ好きな人種にとっては言語道断な考え方だろうとは思うが、これが自分の主義なので他人の意見はスルーと。( ´ー`)

けっきょく"BSI"と呼ばれるメンテナンスパックは加入損だったのだが、最後に大サービスがあった。

320iBSI.jpg
この程度の整備項目合計で約25万円となるのも感心するばかりだが、今回これを無償でやってくれたのだ。
実際には何の不具合もないので、完全なサービス提供となっていた。
これらの部分に劣化があったわけではないので、別にありがたくもないがね。( ´ー`)
関連記事

BMW 218d アクティブツァラー / まるで"i3"!?

2016-04-17_DSC04829.jpg
脈絡なく、新車試乗レポート。( ´ー`)
今回の主役は"アクティブツァラー"の二回目である。前回は「何の感銘もなし」と散々こき下ろした事もあり、少々気にしていた。
走りに関する不満の最大の原因はやはりエンジンにあったと認識している。そこで、今回は最新型クリーンディーゼル搭載の"218d"。
結果は大満足。体感的には倍以上のパワフルさを感じたし、非常に静かでスムーズな加速ぶりは"i3"を彷彿とさせるほど。
"320d"のような豪快でダイナミックな加速感という印象ではなく、マツダ車で感じたようなマイルドな上質さである。
特筆大書すべきは、"320d"で問題にしていた、アイドリングストップからの再始動時のセルモーター音と振動が殆どなく、まったく自然な挙動で、気を付けていないと分からないほど。ファミリー用途なのだからこのようなチューニングは当然とはいえ、文句なしに素晴らしい。

※引き合いに出した"320d"だが、2年前の体験である。最新型との比較ではないので悪しからず

2016-04-17_DSC04876.jpg
定番のテストコースである「フラワーロード」。中速コーナーと長い直線を兼ね備えたアップダウンの連続するコース。試乗にはうってつけである。前回の"218i"でここに来る気はしなかったが、今回は存分に気持ち良い走りを楽しめた。"FF"がどうとかは関係なし!!(^◇^)
これほどエンジン性能が向上すると、コーナーリング性能までが同様に良くなった気がするのが不思議。実際、ちょっと活発に山道を駆け回ったくらいではタイヤが鳴くような気配が感じられなかった。"Fun to Drive"といえる、余裕で合格である。

唯一の課題は、停車中のアイドリング状態で相変わらずコロコロ音と微振動が解消されていない点。これも"320d"よりは更に改善されている事も間違いないが、気にならないというレベルまでは達していない。とはいえ、アイドリングストップが作動すれば完全に無音になるし、再始動が極めて自然に動作するので決定的な弱点とも言えなくなった。

2016-04-17_DSC04844.jpg
前回とちょっと異なる部分は、このポケット。コンデジやスマホ程度なら楽に収納できる。以前のモデルではここがなぜかカバーされていて何も入れられなかった。日本からのクレームが多かったのだろうな・・・

2016-04-17_DSC04845.jpg
そして、BMW車で最も不満だった点のひとつがついに改善された。エアコンのオンオフが専用のスイッチによって、ワンタッチで行える。それはフツーのクルマでは当たり前なのだが、BMW車では長らくこの当たり前の事が出来なかったのだ。
エアコンをオフにするには、風量調節ボタンを押し続けるという面倒な操作を強いられていた。BMWユーザーはエアコンオンで走行するのが当然という思想だったのか知らないが、ようやくこの当たり前の機能が手に入るのだ。
ただしそれは次の新車からとなるので、自分がその恩恵を得られるかどうか定かではない。(*´~`*)

2016-04-17_DSC04846.jpg
パーキングブレーキは電気式。おぼろげな記憶では、解除するためにはいちいちスイッチを押してやらねばならなかった。
今回のモデルは、ロック状態からアクセルを踏みだすだけで自動解除するようになっていた。これも出来て当たり前ではあるのだが。

2016-04-17_DSC04880.jpg
一応採点してみると、総合評価は"ゴルフ6"を100として、"218i"が85点。この"218d"は110点くらいとなる。つまり、めでたく次の愛車候補リストに入ったのである。おっと、忘れないうちに「平板なシートは減点対象」とメモしておこう。(;`ー´)

しかし、後席に陣取った妻子からは走行中に「乗り心地が悪い !! 何だかバタバタしてる !!」とクレームの嵐だった。前席は問題なく快適だったので、想定外のクレーム。自分で体験出来なかったので何とも言えないが、「これが次の愛車なんてペケ !!」とまでこき下ろされてしまったのでした・・・(*´~`*)
関連記事

祝 300,000カウント

カウント 日付
----------------------
10,000 2010.02.01
15,000 2010.08.19
30,000 2011.12.13
40,000 2012.06.06
50,000 2012.10.26
60,000 2013.01.20
70,000 2013.03.25
80,000 2013.05.22
90,000 2013.07.06
100,000 2013.08.19
110,000 2013.10.05
120,000 2013.11.21
130,000 2014.01.11
140,000 2014.02.24
150,000 2014.04.08
200,000 2014.11.30
250,000 2015.08.08
300,000 2016.04.16
----------------------
2016-04-17_DSC04827.jpg
月に一度は通う「HIRO珈琲箕面小野原店」にて。

それにしても良くここまで来れたもんや。ブログを始めた時は10万カウントすら達成出来るとは夢にも思ってなかったのだ。
振り返ってみればこれまでの記事数が実に1040!! 飽きっぽい性格としては大変な快挙です。( ´ー`)
関連記事

ゴルフ記念日

2016-04-17_DSC04881.jpg
ゴルフが我が家の一員となって、ちょうど丸一年が過ぎた。総合評価は期待通り。弱点なしの、掛け値なしに優れた実用車である。
既に型落ちとなって3年が経過しているが、新型が羨ましいなどとは、ほぼ感じない。強いて言えば"ACC"くらいかな。( ´ー`)

2016-04-17_DSC04882.jpg
前任車の"フィット"と同様、買い物のお供などを毎日何の不具合もなくこなしてくれている。
"フィット"と決定的に異なるのは、たとえ普段使いであっても「上質な走りと運転する楽しさ」をきちんと味わわせてくれる事。

2016-04-17_DSC04896.jpg
1年間の走行距離は約8,000km。ロングドライブがほとんどない日常使いとしてはこんなものだろう。おおよその燃費は10-11km/L。高速道路主体のドライブでは軽く15km/Lを超える事も体験済み。こんな状況なので、給油ペースは45L/月程度。
一度だけエコドライブ優先で18.8km/Lを計測した事があったが、これほどの好成績は後にも先にも一度きりである。エアコンを切れば20km/L超えとなったかもしれないが、あくまでフツーに運転する主義につき、ガマンを強いられての燃費記録に関心はないので試していない。

2016-04-17_DSC04890.jpg
正式名称は"ゴルフ6トレンドライン TSI マイスターエディション・ブルーモーションテクノロジー"、だったっけ・・・(;`ー´)
とにかく、ベーシックグレードであるにもかかわらず、大変なお値打ち品。最終ラインの恩恵によりアルミホイールを初めとしてハンドルもシフトノブもちゃんとした本革巻き仕様が標準装備。特に、常時手が触れる部分が本革というのは心地良さに大きく寄与している。
夜間に解錠すると、ドアミラー下部のランプが足元を照らし、ドアを開けて乗り込めばフットランプまで点灯して出迎えてくれる。
シフトレバーをリバースに入れれば、助手席側のドアミラーが自動的に下向きになるなど、親切装備も手抜かりなし。
オートライトやレインセンサーも含め、これらが装備されない初期型を買った人が気の毒なほど。(*´~`*)

2016-04-17_DSC04897.jpg
数少ない不満点のひとつが、このエアコン調節ダイヤル。マニュアルタイプなので操作頻度が高いのだが、マーカーが小さすぎてダイヤルの位置が実に分かりにくい。夜間だとまず目視出来ないので危険でさえある。(´д`)
しかし、気に入らないのはこれくらい。他にもあったはずだが、すぐには思い出せない。それくらい不満がない。
車検を済ませたばかりでもあるし、今のところは他のクルマに乗り換える予定はまったくない。
それどころか「ゴルフを体験したらオシマイ」と恐れていたように"終着駅"となる可能性さえあるかも・・・(*´~`*)

ゴルフ6の中古車を検討されている方は、"ブルーモーションの付いたトレンドライン"がイチオシですぞ。
※"GTI"しか関心がない人は話が別です
関連記事

| NEXT≫