FC2ブログ

BMW 320i(F30) / 燃費レポート

2015-09-27_DSC00598.jpg
昨日の「須磨離宮公園」ドライブは、134kmの行程の90%が空いた高速道路という事もあり、17.0km/Lという好成績でありました。
もちろん車載コンピューターの測定値です。合ってると思うがね。(;`ー´)
関連記事

神戸を撮ってみよう / 須磨離宮公園

DSC00594.jpg
すっかり月一ペース以下になってしまい、「たまには乗ってやらないと・・・」というわけでもないが、"320i"出動。

DSC00551.jpg
今回は中心部から少し足を伸ばして、須磨離宮公園にやって来た。阪神高速道路神戸線の月見山出口からすぐというアクセスの良さで、自宅からはちょうど一時間ほど。「海の見える公園」がウリのひとつだが、本日はイマイチ空気がキレイでなくあまり画にならない。
それにしても、左手の高層マンションが違和感アリアリで雰囲気ぶち壊しである。次回はちゃんと隠さねば。

NEX7_DSC00521.jpg
「須磨離宮公園」はその名称の通り、元々は皇室の別荘として整備された、非常に美しい公園である。

NEX7_DSC00527.jpg
10基並んだ噴水が豪華で荘厳な空気感を醸し出している。

DSC00566_20150927162348505.jpg
かき氷の季節は過ぎたが・・・ちょっと違うか。(;`ー´)

DSC00560.jpg
レストハウス直下の噴水池前では、海の神ポセイドンが睨みをきかせている。

NEX7_DSC00542.jpg
"プリンセス・ドゥ・モナコ"。この季節というのに、まだまだバラ園では各種のバラが咲き乱れている。

NEX7_DSC00538.jpg
「美の饗宴」という事にしておこう。( ´ー`)
当初は単独行の予定だったが、「離宮公園なら付き合っても良いよ。」と随行していただいた。

DSC00552_2015092716234522e.jpg
三脚も持ち歩いていたが、今回はスローシャッターであまり良い画にならなかったのでこんなのばっかし。(*´~`*)

DSC00578.jpg
散策していて植え込みの合間から見かけ、「牛若丸かな ?」などと思って近づいてみたら"ドン・キホーテ"さんでした。(;`ー´)

DSC00571.jpg
残念な事に大噴水は運転停止となっていたが、中心部の造形と配色が何となく気に入った。

DSC00575.jpg
バラには実に勝手気ままなネーミングがされているが、これは"オーバーナイト・センセーション"らしい。何のこっちゃ。( ´ー`)

DSC00588.jpg
ポセイドンに対抗して、トンネル前でエラそうに立ちはだかってみた。

NEX7_DSC00518.jpg
この日はあまり時間の余裕がなかったので、展望台や植物園やフィールドアスレチックなどはパス。
気軽に来れるスポットなので、またの機会に。休憩場所もじゅうぶん整備されているし、次はちゃんとお弁当を持参と・・・( ゚∀゚)
関連記事

神戸を撮ってみよう / 北野異人館街その3

2015-09-22_DSC00474.jpg
2015-09-22_DSC00382.jpg
2015-09-22_DSC00478.jpg
2015-09-22_DSC00484.jpg
2015-09-22_DSC00485.jpg
2015-09-22_DSC00487.jpg
2015-09-22_DSC00488.jpg
2015-09-22_DSC00498.jpg
2015-09-22_DSC00502.jpg
2015-09-22_DSC00504.jpg
2015-09-22_DSC00493.jpg
2015-09-22_DSC00509.jpg
2015-09-22_DSC00512.jpg
2015-09-22_DSC00368.jpg
2015-09-22_DSC00511.jpg
2015-09-22_DSC00513.jpg
関連記事

神戸を撮ってみよう / 北野異人館街その2

「うろこの家」の続き。

NEX7_DSC00408.jpg
下調べしてあったので、分かっちゃいたが、「ここは有料なんですか?」とスタッフに聞いてみたら「入場料無料の異人館はありまぜん!!」とにべもなかった。(。-ω-)

NEX7_DSC00421[1]
「維持管理に必要」と説明されては仕方がない。「撮影自由」を確認してから、しぶしぶ入場料を払う事にした。(*´~`*)
ただし、当然建物内外はきれいに保たれているし、一歩館内に入れば適度に空調が効いていて快適である。今日のような真夏日に近い気候の中では特に価値ありと感じる事が出来る。

NEX7_DSC00424[1]
実に絵になります。この種のインテリアに欠かせないアイテムやな。

NEX7_DSC00423.jpg
照明は案外質素で、豪華なシャンデリアというのは一部屋にしかなかったのが少々意外。

NEX7_DSC00445.jpg
さて、気になる「二つの塔」の内部は・・・

NEX7_DSC00413.jpg
こんな感じ。ここでゆったりと読書出来たらさぞかし気分が良いだろうな。

NEX7_DSC00426.jpg
いや、一時間もしないうちに「すやすや」と・・・かな。(;`ー´)

NEX7_DSC00429.jpg
さすが一番人気らしく、観光客が絶えることがないので内部も撮りにくい。これでもかなり往来が少なくなったタイミングである。

NEX7_DSC00403.jpg
ふと見ると、向かって左手の棟の「うろこ美術館」玄関横にこんなのが。( ゚д゚ )

NEX7_DSC00454.jpg
この日は久々に30度近くの気温となり、三宮からの長い上り坂の最高地にある「うろこの家」にたどり着いた時は、タオルハンカチで汗をふきつつだったので、心地良い空調の効いた館内に入ると、高いと感じていた入場料にも少しは納得と。(*´~`*)

NEX7_DSC00400.jpg
10年後くらいに、また来てもいいかな。( ´ー`)
関連記事

神戸を撮ってみよう / 北野異人館街

ちょっと間が空きすぎてしまったが、「神戸シリーズ」再開や。今回も引き続き三宮エリア。( ´ー`)

NEX7_DSC00388.jpg
汗を拭きつつ長い長い上り坂を登り切ったところにある、この人気スポット。いきなりの行列にめげそうになったが、頑張りました。

NEX7_DSC00452.jpg
たとえ「ミーハー」と嘲笑されようと、"神戸シリーズ"というならここは外せないだろうという事で、のこのこと出かけて来たのである。

NEX7_DSC00437.jpg
皆様ご存知、「うろこの家」。説明不要と思われるので、付け焼き刃のうんちくは一切書きません。(;`ー´)

NEX7_DSC00449.jpg
そぱで見ると"うろこ"はこんな感じ。

NEX7_DSC00448.jpg
よくある建売住宅みたいに、よく見ると"うろこ"は正面だけだった。おそらくコストの問題だろうと思われる。(*´~`*)

NEX7_DSC00465.jpg
それにしても、拝観料1050円にはぶったまげた。
しかも、この「うろこの家」だけは、建物でさえ敷地の外からではほぼ見えないようになっている。ブイブイいいたくもなるぜ。

NEX7_DSC00391.jpg
アプローチの隙間から無理やり撮っても、かろうじてここまで。うまく出来てやがる。これではお手上げです。(;`ー´)

NEX7_DSC00447.jpg
高い塀に囲まれて、じゃなかった。隙間なくびっしり生えた背の高い木々が完全に外部からの視線をガードしているのであった。

長くなるので、以下次号に続く・・・( ´ー`)
関連記事

iPad mini / カバーのリニューアル

2015-09-22_DSC03525.jpg
iPad のカバーは消耗品とはいえ、我慢して使っている間に見るも無残な状態になってしまったのでリニューアルする事にした。

2015-09-22_DSC03526.jpg
「この次にカバーを買う時には必ず・・・」とかねてから決意していた"縦横自在"のカバーである。何しろ 1,922円!!
以前は、"重い・硬い・高い"の三重苦の製品しかなかったので敬遠していたのだが、ようやく期待に沿うのが見つかった。

2015-09-22_DSC03530.jpg
移動中以外は縦置きスタンドとして使いたい場合が少なくないので、とても具合がよろしい。(´∀`*)

2015-09-22_DSC03528.jpg
もちろん横置きも出来るし、カバーを後方にたためば自立しているように見える。

2015-09-22_DSC03532.jpg
前方に出せば、角度もかなり自由に立てかける事が出来る。うん、使い勝手サイコー。

2015-09-22_DSC03531.jpg
気になる総重量は、従来の超軽量格安カバーから約90g増に留まった。
縦横兼用の製品は、カバーだけで 500gを超えるようなのが大半だったのだ・・・(*´・ω・)

2015-09-22_DSC03533.jpg
値段が値段なので、レザーではないし質感はほどほどだが、手触りは悪くない。少なくとも超軽量格安カバーより圧倒的にしっとりと手に馴染んでくれる。不安定な動作で困っていたオートスリープも確実に機能してくれるようになった。
今のところ文句なしの満足度。かなりのお買い得品といえるだろう。( ´ー`)
関連記事

| NEXT≫