FC2ブログ

歴史のお勉強 / イエス

現在中学二年生の愚息は主要五教科の中で社会科が大の苦手だった。<--- 過去形 ( ´ー`)
定期テストや学力テストで、他の教科はそこそこ出来ていても、社会科の不出来のために成績ランクがふるわないのだった。
個人情報保護の観点から、テスト結果の点数をここでは書く事は出来ないが。(;`ー´)
愚息は特に優秀とはいえないが、アタマが良くないとも思わない。低成績の理由はベンキョーしなかっただけの事である。
社会科というのは、センスや才能はほとんど関係がなく、地道な努力の蓄積によって成績ランクも決まるものだと云えるだろう。

2015-06-28_DSC03173.jpg
すなわち、短期集中ではなく毎日の日課として教科書の復習をする習慣さえつけば、自ずと結果は付いてくるはず。
裏を返せば、元々日常の努力(予習復習)をまったくしていなかったために社会科の成績が良くなかったのであるから対策はカンタン。
能力不足ではなくて単純な努力不足というだけ。その努力をやるかやらないか、だけである。
とはいえ、これまでの経緯から、自発的な努力が期待出来ない事ははっきりしているため、保護者兼監督官としては、叱咤激励だけでなく、強制的に早朝特訓(登校前/出勤前)を開始する事にした。
率直にいって、自分には数学や理科の指導は既にムリな領域だが、社会科なら教科書準処とすればまだまだ可能である。
実際、特訓を始めて約2週間が経ち、明らかに成果が上がって来ている。本人も自信がついて来たようで、眼の色が変わってきた。
・・・といっても、それではいよいよ学習意欲が生まれたのだという訳ではなく、次回の期末試験で母親が決めた基準点以上の成績になればご褒美をもらえる約束になっているから。ま、それでもいいけどね。(*´~`*)

さて。子供にとっては、教科書に記述された主要な語句と時期を覚えれば済むのだがオトナはそうはいかない。
これから記事ネタにすべきはその内容。それでは、当ブログ始まって以来の教養シリーズ開始。(;`ー´)

2015-06-28_DSC03175.jpg
これは最近復習させた歴史の教科書の一部。ちなみに愚息は、今ではこのあたりはほぼ完璧に理解(暗記)しているぜ。(´∀`)
まぁ、ユダヤ教とパレスチナから始まる、現代に至るまで連綿と続く根深い宗教問題の根源をさらっと解説してあるのだが、1分足らずで読んでしまえるような文章ですべてが分かるはずがない。いわゆる「ツッコミどころ満載」ってやつや。
とはいえ、ページ数の限られる教科書なのだから省略しまくるのは当然で、その制約の中で見事にまとめているとはいえる。

自分がそれまで予備知識がなかった学生の立場だと仮定して、とりあえず引っかかった疑問点。
1.「紀元前後の頃」って、いつのハナシなのだ ? 「イエスが現れ」たという表現は、イエスは既に成人していた事になる。
2.イエス誕生年が紀元元年ではなかったのか ? だとすると、紀元後なら分かるが"紀元前後"ってのはおかしいぞ !?
3.紀元前を記号で「B.C.」、紀元(後)を「D.C.」と表記するのが常識のようだが、これらは何の略語なのか ?
4.「イエスの弟子たちがローマ帝国に迫害された」となっているが、イエスは迫害されなかったのか ?
5.「4世紀末にローマ帝国によって保護され」となっているが、そんなカンタンに国の方針が180度変わるのか ? その経緯は ?
6.パレスチナを支配していたローマ帝国は自己中なユダヤ教を容認していたとの事だが、その頃のローマ帝国自体の宗教は ?

もちろん答えは教科書にはない。一昔前なら、自分で調べるには参考書籍を買うか、図書館に出かけるしかなかったのだが、今は Google 神に尋ねればある程度までは答えが得られる。もちろん自分的には"ある程度"の理解で十分。
ちなみに、4番目の疑問点には愚息があっさりと答えてくれた。
「イエスは迫害されてない。もう殺されてたから。」う~む。何故即答出来るのかと聞けば授業でそう教わったらしい。
首をかしげる回答だが仕方ない。教師の説明を細部まで正確に記憶しているとは思えんし。( ´ー`)

駅前レストラン変身中

2015-06-25_DSC03050T.jpg
7月のリニューアル開店に向けて増築工事中の「mamma」さん。

2015-06-25_DSC03048.jpg
今回はかなり力の入った仕上げになっている。

2015-06-25_DSC03049.jpg
ライト感覚の以前とは相当異なった、シックなイメージ。カネもかかっているはず。客単価を上げるための勝負に出たってとこかな。

2015-06-25_DSC03047.jpg
増築部分だけが別の店のような違和感があるが、未施工状態の下半分の外壁でバランスをとるのかな ?
以上、無責任な外野見物人のひとりごとでした。( ´ー`)
関連記事

定番のお気に入りカフェ 2 / クラムボン

2015-06-27_DSC03136.jpg
月に一度は通うお気に入り店「クラムボン」。開店当初から試行錯誤と改善の後、オペレーションも安定し、とても優れた店になった。

2015-06-27_DSC03113.jpg
とにかくモーニングセットが素晴らしい。もちろん大人気である。バターの提供がなくなったのが唯一の不満。

2015-06-27_DSC03114.jpg
何しろ、このセットでドリンク付き500円。しかもパンもサラダもお代わりOK、追加ドリンクもたったの120円なのですよ。(・∀・ )

2015-06-27_DSC03122.jpg
一応、お代わりは一度のみとなっているがスタッフは誰もチェックしてないし、元々ボリュームたっぷりだから、二度目は必要ない。

2015-06-27_DSC03126.jpg
ドレッシングは二種類用意されていて、我が家は人参ドレッシングが大のお気に入り。( ´ー`)

2015-06-27_DSC03133e.jpg
たっぷり90分程度は滞在するので、退席時には周囲のお客は皆入れ替わっている。(;`ー´)

2015-06-27_DSC03132.jpg
8時開店で、大体30分後くらいから行列が始まり、9時過ぎ頃にはかなりの混雑となる。
ランチも大人気らしいが取材は出来ない。我が家は、休日にはまず外食ランチをしないから。(*´~`*)
関連記事

オレンジがとれたっ !!

RX-100M3のプレミアムオートで撮ってみたが、事態はほとんど改善しなかった。撮影環境の違いによるものなのかもしれない。
これはもう、マニュアルモードしかないと決意し、トライしてみたら以外やあっさりと解決した。
シーンセレクションのスポーツモードで、ほぼ見たままのオレンジ色になる事が分かったのである。それ以外は全滅。
キーワードは「光」か。今から思い返してみると、オレンジ色は赤色と黄色で成り立っている。光が多過ぎれば黄色っぽくなり、しまいにはホワイトになってしまうよな。黄色っぽくなってしまったのはレンズに光を取り込み過ぎだったのが原因。
つまりはシャッタースピードまたは絞り値を調整すれば良いのだ。
とにかくマニュアルモードにして何度かトライするうちに原因が分かったのでした。

2015-06-26_DSC03078.jpg
これは、シャッタースピード 1/25秒で、絞り値が F11。今夜のサンプルの中で最も見た目に近い。

2015-06-26_DSC03091.jpg
これは、シャッタースピード 1/200秒で、絞り値が F3.5。当然ながら少し明るくなるが、前の設定よりもシャッタースピードが早いぶん、引き締まっている。ゴリラポッドなどでカメラを完全に固定すればシャキッとした画になるのは分かっているが、今回は撮影条件の比較が目的なので出来の悪いのをそのまま載せる事にする。(;`ー´)

2015-06-26_DSC03095.jpg
シャッタースピード 1/100秒で、絞り値が F4。
ところで、これまでの ISO値はすべて自動設定の上限値である6400。そうや、これを忘れていた。(;`ー´)

2015-06-26_DSC03100.jpg
しかし、やはりもっとシャキッとしたのを出さないとカメラ小僧を名乗る資格はない、ともう少し頑張ってみた。
シャッタースピード 1/20秒で、絞り値が F4。ただし、IOS値は400や。今夜はこれがイチバン !!
けっきょく、それほどシャキッとしたのは撮れなかった。ピンぼけではなくすべて手ブレが原因だが今夜はここまで。

いずれも手持ちなので若干ゆるい画になってしまったが、写真の難しさが少し理解出来たような気がしたのが収穫。( ´ー`)
関連記事

オレンジがとれない・・・( ´Д`)

ブログファンの方から、「今のBMWのメーターライトは黄色になってるんですね。」とコメントをいただいた。
「ん ? 何の事やろ? 黄色ってどうゆう事 ?」とブログ写真を観直してみて、驚愕した。
「ホンマや、黄色になってる !!」 実物はどうみても完全なオレンジ色なのに。(´゚д゚`)

2015-06-25_DSC03054.jpg
「いやいや、そんなのホワイトバランスを調整すれば簡単に・・・」と今夜撮り直しに挑戦したがまったくダメだった。
考えられる余計なお世話機能などをすべてオフにしてみたりしたが、ほとんど結果は変わらず。(´・ω・`)
「なぜ、見たままのオレンジ照明が撮れないのか !?」
何てこった、とんでもない落とし穴にはまってしまった。
関連記事

ゴルフ6トレンドライン vs BMW320i Luxury

2015-06-24_DSC03044.jpg
現行型のBMW車のシフトレバーはこんなカタチ。引いたり押したりという動作は従来とほとんど変わらないが、その機能は機械的なレバーとしての動作ではなく、支点が固定されたスイッチなのだ。これは通常走行時の[D]レンジ相当のポジション。

2015-06-24_DSC03043.jpg
内部構造は電子スイッチであるレバーなのだが、しかし左側に倒すと機械的に"SD/スポーツドライブモード"となる。"ドライブモード"よりもエンジンの高回転域を多用する事により、パワフルな運転感覚に激変するが、もちろん8速を駆使した自動変速である。
そして、この状態でシフトレバーを手前に引くとシフトアップ、奥側に押せばシフトダウン動作になる。つまり"マニュアルモード"。ゴルフとは動作が逆になるが、統一された規制がない以上、どちらの方式が優れているかという考えはムダである。慣れるだけ。

"マニュアルモード"にするとトランスミッションは直結状態となり、AT車のハンディはほぼなくなり痛快なドライブが楽しめる。
ビーエムでは、この機能を"ステップトロニック"と称していて、たしか"E46/E39"の頃から始まって以来ずっと続いている。
そんなわけで、長年のビーエムかぶれとしては、「身体にしみこんでいる。」とほざくようになったわけである。(*´~`*)

しかし、現行型のBMW車には更にややこしい機能が存在する。"ドライビング・パフォーマンスコントロール"と呼ばれるもので、シフトレバー右側に設置されたスイッチによってモードが切り替わるのだが、ここにも"スポーツモード"と"スポーツモード・プラス"があるのだ。ギヤシフト以外にも制御範囲を拡大した更にアグレッシブな機能であるが、実際には真逆の"エコプロモード"が自分の主流。(;`ー´)
試した事はないが、それではこれを"スポーツモード"にして、更にシフトレバーを左側に倒した"SD"モードにするとどうなるのか興味津々である。・・・って、マイカーなのだからすぐに試せるではないか、なのだが、何しろ記事を書いてて思いついた事なので。
その体験はまた今度や。( ´ー`)

2015-06-24_DSC03046.jpg
それにしても、"320i"のオドメーターは、新参者のゴルフにあっという間に抜かれてしまった。
今は差が開く一方で、これはこれで小さな悩みなのですよ。(*´~`*)
関連記事

| NEXT≫