FC2ブログ

祭りとカネ

あれだけ盛大なイベントに、末端とはいえスタッフとして参加出来たのは本当に良い体験だった。
どっちかというと、久々の長距離ドライブが主目的で、お祭り自体にそれほど関心があったわけではなかった。
しかし、いざ実際に中に入ってみると、大勢の人たちの"パッション"を目の当たりにして俄然やる気(撮影の事)が湧いて来たのだな。
何しろ一日半で軽く1,000枚を超えるシャッター数(しかも連写なし)だったなんて、自分としては未知の領域。

それはさておき、あのようなイベントを振り返ってみて「収支はどっなってるのかな ?」と気になって仕方がない。
フツーの人はそんな事は考えないだろうが、自分はそれがとっても気になる性分である。(;`ー´)

「連合委員長さんが私財を投じて」という風にはとても見えないし。もちろん営利目的ではないとはいえ、赤字だったらどうなるんだろうとちょっと心配したりして・・・

20141012-077s.jpg

それでは勝手に試算。
何にカネがかかっているのかを先に考えてみる。それには関係者数の把握が欠かせないが、分からないので勝手に推測するしかないな。子供も入れて仮に 500人としておこう。
※その数に根拠はない、そんなもんだろうといういい加減なイメージ。違ってたって実害もないし。( ´ー`)
最もコストがかかってそうで目立つ山車については、完全ボランティアとみなして計算外とする。

費目摘要金額
昼食代と飲み物おにぎりパックとお茶(400円)200,000
夕食代と飲み物仕出し弁当にお茶、汁物、ビール(800円)400,000
ポスター1,000枚くらいかな100,000
フィナーレの会場貸し切りたぶん市協賛という事で無償0
看板、のぼり、テント等伝統行事につき毎回の出費はないだろう0
仮設照明出会いスポット、フィナーレ会場200,000
臨時駐車場地元地主の好意で0
仮設トイレ設置と撤去1棟20,000円で二日間で20棟とする800,000
ステージ・音響設備設営と撤去100,000
交通整理と警備地元警察署の協力により0
神社への謝礼、玉串料50,000
案内状とお礼状1通100円で試算100,000
外注演者の謝礼纏の舞50,000
送迎バス、タクシーなど来賓等の送迎100,000
コンパニオン三名分と諸経費200,000
衣装、クリーニング代ボランティアなのでなし0
打ち合わせ、会議費たぶん持ち寄りなのでなし0
お神酒類同上0
その他雑費200,000
合計2,500,000

しめて 250万円、まぁこんなとこかなぁ。

20141012-537s.jpg
これらに対して収入はというと、個人や企業の寄付金・協賛金。ちょっと見当がつかない。
下は500円くらいから、上は数十万円ってとこかな。100万円寄付してくれる企業や地元名士などが数組あれば、かなりの黒字という計算になるが、そうはいかないだろう。いや、ひょっとして・・・
もしも、かなりの黒字だったら、どうする ? 幹部スタッフで山分け ?
別に良いではないか、費やした時間と労力を勘案すれば一人10万円ずつもらったってバチは当たらんやろし。
でも、おそらくそれはないだろうから、次回への準備資金とでも埋蔵する事になるやろな。

20141012-532s.jpg

ここにあげた数字には何の根拠もありません。あくまでも個人の妄想に過ぎませんが、万が一これを目にしたスタッフの方が激怒される事もあるかもしれないので先に「ごめんなさい」と書いときます。(;`ー´)
関連記事

祭りだワッショイ その8 / エピローグ

終わらせたはずなのに、またも登場。たぶん今度こそ最後。(;`ー´)

20141012-117.jpg
オフィシャルカメラマンとしての記念スナップ。いや、ホントこれはどうでも良いんですが・・・
この派手なベストのおかげで、何の気兼ねもなく自由に撮影出来たのも間違いない。

この後は、ブログ用としてボツにしかけたが、やはり残しておきたいなと思い直したのを数枚。

きっかけは、同じテーマで同時進行の競作となった本家と見比べた、当ブログファンの一番手である愛妻の一言。
「あちらはクローズアップ写真がほとんどだけど、あなたのは全体像が多いね。」

うん、その通り。大写しがほとんどないので、臨場感という意味では、圧倒的に負けているな。
それはそうなのだが、こっちは"クローズアップ"を撮りたくても撮れない事情があったのだ。
"RX-100M3"を愛機にしてから、"SEL1670Z"をオークション処分してしまったので望遠力が決定的に不足。
何しろあっちは最大300mm、こっちは今や最大 75mmやから勝負にならんよ。
・・・と頭から思い込んでいたが、向こうのデータを良く見ると何とぜ~んぶ 28-75mmになってる。(´゚д゚`)
そういえば、師匠はかなり被写体の近くまで寄って撮っている事が多かったな・・・
すると、"NEX-7"で 50mmレンズを装着していれば同条件だった事になる。う~~~む。全然気付かなかった。
"RX-100M3"だって、24-70mm相当やから、条件はほとんど変わらんかったわけや。(。-ω-)
ま、いいや。とりあえず朝ごはんの"クローズアップ"から。

20141012-007.jpg
お祭り当日にいただいた素晴らしい朝食。実際にはこの後で美味しい魚料理も出て来ました。
さっそくパクついたのでその写真はなし。
並みの旅館など足元にも及ばない充実のメニューでした。特に温泉卵が素晴らしく旨かったです。
心のこもったお料理でエネルギーチャージ満タン。ごちそうさまでした。ヽ(゚∀゚)

20141012-460.jpg
"鏡獅子"に高評価をいただいたので、調子に乗ってもう一枚。

20141012-509.jpg
子どもたちの真剣な表情も良いけど、合間に見せるリラックスした様子もいいもんです。

20141012-089.jpg
精一杯頑張ったのはもちろん子供だけではない。
メインイベントを終えての、あちこちで記念スナップの撮り合いが微笑ましい。

20141012-116_edited-1.jpg
で。すべての予定を終えて宿舎でのくつろぎのひととき。
"wii U フィットメーター"に電光石火の早業で食いついたものの、叱られてしぶしぶ返した後お説教を受けてます。
いや、ちょっと違ったかな、まぁいいか。
ようやくチャップをまともに撮れて一安心。この子をちゃんと撮るのは案外難しいのですよ。(;`ー´)
関連記事

嵐の中のドライブ

お祭りネタで書き忘れた事。
実行委員長さん等のあいさつの後、電報が一通だけ紹介された。政治家からのもので、ありきたりな良くある内容だったが、まさに旬のお名前、差出人"経済産業大臣おぶちゆうこ様"が読み上げられて大きな歓声が上がった。
地元名士である差出人の威光のためなのか、その直後に電報がたった一通しか届いていなかったと説明されたからなのか、理由は良く分からない。後者の方だったような記憶があるが、ま、そんな事はどっちでもよろしい。
後で知ったのだが、地元出身だったのですな。あ、この時はまだバリバリの現役大臣でしたからね・・・(;`ー´)
ご当人も嵐に突然見舞われ、あっという間に"元"になるとは。世の中の変化の早い事にオドロキを禁じ得ない。
ただし、当ブログでは政治や社会問題には触れない方針につき、このネタはここまで。
さて・・・

20141013-6.jpg
帰り道の岐阜付近のSAで少し休憩中。結果的に嵐は大した事なくて拍子抜け。安中市からここまで大人しくクルーズして、燃費計は 17.6km/Lの表示。自分の運転ではどうもこの辺りが限界のようである。

実は、今回のドライブツアーにはちょっとした決意を必要としていた。
出発前から「かなり大型で強い台風19号」が日本列島に接近中だったのである。19号は列島縦断の可能性が極めて高いとの予想だったため、この時点で関東方面に向かい、二日後に帰還するというのは最悪の行程だったのである。
さいわいお祭り中は好天に恵まれたが、帰り道の後半で台風まっただ中に遭遇する危険性が高かった。

20141013-5.jpg
"オランジーナ"は、こんなカタチなのでドライブ中にもホールドしやすく、お気に入りである。
しかし、フォーカスはその奥の"うまい棒"に。もちろんこんなものを買うわけはなく、給油時のサービス品。(;`ー´)

さて。当初の予定では、帰りはゆったりと"志賀草津道路"をクルーズして、ほぼ一日かけて余裕で帰還する事になっていたのだが、19号のヤツが気象庁の予想通りのコースで近畿地方直撃のコースになって来ていた。
しばし熟考の末、敢然とまっすぐ帰還ドライブを敢行する事にした。

20141013-7.jpg
「ほんまに台風が目の前に来てるんか !?」というくらい、道中ずっとただの曇り空のようだったが、名古屋付近までたどりついてから、それなりの強風と強雨に見舞われてうっかりナビのルート案内を見過ごしてしまった。
関東地方からの帰路は名阪国道経由が距離も料金も断然有利なのだが、名神高速道路を走行し続けて帰宅したらこんな結果が待ち受けていた。安中市内から 547km。本来なら 500km未満なのだが、最後に大失敗や。(´д`)
ACC任せで大人しくクルージングした結果は17.1km/L。

20141013-8.jpg
そして、めでたく累積走行距離が 10,000km突破となりました。( ´ー`)
関連記事

祭りだワッショイ その7 / フィナーレ


カメラ小僧たるもの、単なるスナップの記録写真ではなく、写真で何を伝えたいのか、それが最も重要だ。
今回のそれは・・・"パッション"

20141012-433.jpg
久々に見た熱い男。この盛大なイベントの実行委員長(発起人)である。
この方の、ほとばしるような情熱と行動力なくしては大イベントは実現しなかったはず。

20141012-436.jpg
もちろんひとりでは出来ない、出来るはずがない。多くの賛同者の協力なくして。
祭りにかけた大勢の人たちの情熱の結集。フィナーレは、市役所駐車場に集結した6台の山車による競演。

20141012-448.jpg
最後の最後まで手を抜かない、鬼気迫る執念ともいうべき"隠し機能"。

20141012-461.jpg
以下、各地区のシンボルを。

20141012-465.jpg
20141012-466.jpg
20141012-467.jpg
20141012-474.jpg
20141012-475.jpg
20141012-469.jpg
いちおう補足しておくと、"谷津"は"やつ"と読む。会場に入って来た"谷津"の山車を見て、まわりのオバサンたちが「ヤツが来た」「やつが来た」と騒いでいたので「何てガラの悪いオバサンたちや」と驚いたものでした。(;`ー´)
"旧邸"は、安中一の著名人である"新島襄"氏の生家があるという事で安直に名付けられた地名のようです。
すみません、"Wiki"を斜め読みして分かった気になってテキトーに書いてしまいました。
正しい地名の由来についてはコメント欄をご参照下さい。(`・ω・´)

20141012-541.jpg
会場として提供された市役所駐車場の広大な敷地を、一番最後に巡回してゴミ拾いをされていました。
祭りのために多数設置された仮設トイレの掃除人をされていた方もおられました。
「縁の下の力持ち」。人のやりたがらない事を黙々とこなす、こうゆう人に弱いです。本当に頭が下がります。

20141012-542.jpg
そして、フィナーレの後も仕出し弁当による軽い夕食の後、各地区にゆっくりともどっていく山車に付き添い、本当にお役目終了したのは21時過ぎだったかな・・・さすがに疲れたぞ。(*´~`*)。

20141012-115s.jpg
10時過ぎから約11時間。2万歩はいったかなと思っていたが、13642歩だった。( ´ー`)
というわけで、お祭りシリーズは、これにて一件落着。

>>続きを読む

関連記事

祭りだワッショイ その6

一週間も続いている中で、「いいかげん、同じようなのばっかりで飽きて来たぞ !!」というのは、自分自身で一番感じている事なので、ちょっとだけ趣向を変えて。三地区の山車の"出会いの儀"です。

20141012-061.jpg
20141012-062.jpg
20141012-063.jpg
20141012-064.jpg
20141012-065.jpg
関連記事

祭りだワッショイ その5

20141012-261.jpg
20141012-267.jpg
20141012-269.jpg
20141012-284.jpg
20141012-290.jpg
20141012-291.jpg
20141012-293.jpg
20141012-294.jpg
20141012-295.jpg
20141012-296.jpg
20141012-303.jpg
20141012-326.jpg
20141012-330.jpg
20141012-341.jpg
20141012-343.jpg
20141012-349.jpg
20141012-353.jpg
20141012-356.jpg
関連記事

| NEXT≫