FC2ブログ

ザ・スシ

テーブルフォトのリベンジ。
みじめな失敗に終わった前回のごちそうフォトを大いに反省し、恥じている。
そして、「思わず生唾が出るようなのを撮ってやるぞ !! 」と決意。

20140817-2s.jpg
今回は自宅ダイニングのLEDライト下なので照明はバッチリ。

20140817-3s.jpg
"ごちそう"などと気取っても、ありきたりな、にぎり寿司と鉄火巻き。特にグルメではないのでこれで満足さ。( ´ー`)

20140817-4s.jpg
とはいえ、巻物はトロ鉄火なのだ。かなり旨いぞ。('∀`)

20140817-5s.jpg
「思わずよだれが出た」かな・・・ ?

20140817-1s.jpg
このあたりは、ちょい露出アンダーにすべきだったかな、とちょっと反省。(;`ー´)

それはさておき、この素晴らしいトロ鉄火やにぎり寿司は、実はスーパー寿司なのだ。
この春にオープンした、近鉄生駒駅前の「近商」生駒店に入っている「さかなやさんのお寿司」。
「近商」というのは、近鉄が運営する食品スーパーなのだが、リニューアルされた生駒店は、それまでのローカルストアのイメージを完全に払拭した、最新の食品スーパーになっていて、お気に入り店の仲間入りとなった。
関連記事

RX100M3 / キライなところ その1

"RX100M3"に大満足の日々なのだが、気に入らない点はもちろんある。

20140819-5s.jpg
コストダウンのためだろうが、"RX100M3"のバッテリー充電方法は、本体とのUSB出力とのケーブル接続。
実際問題として、充電中にカメラが使えないのが重大な問題点。
今のところ、バッテリの容量に不満はない。動画を撮る事がほとんどないので。とはいえ、予備バッテリーがあるに越したことはないので"RX100M3"の最初の追加購入オプション品が予備バッテリー。

ケーブル方式では、本体使用中には予備バッテリーへの充電自体が出来ない事になる。
予備バッテリーを持つなら、専用充電器は必須だがSONY純正品は非常に高価。

20140819-4s.jpg
そこで、検索してみたらやはりあった。格安の互換製品。実に 802円(税込・送料込) である。

20140819-3s.jpg
バッテリーが裏向けになるのがイマイチだが、今のところ機能的には問題なし。( ´ー`)
関連記事

ガソリン価格レポート 158円

平群町SSのレギュラーガソリン価格は、今月に入ってから160円で安定している。

DSC00317s.jpg
会費無料の会員登録をすれば、さらに2円引きの158円になる。
以上、お知らせでした。(;`ー´)
関連記事

ざ・ごちそう

今年の夏は散財を控えておとなしく過ごす予定だったのだが・・・
子供の夏休みに入ってから、やはり「どっか行きたいなぁ」とのつぶやき攻撃が始まり、泥縄レジャー計画となった。
目的としては順当に海水浴なのだが、我が家の場合はもちろんそれだけではない。「おいしいごちそうと温泉」がセットというのが前提条件。
しかし、8月に入ってからそんな事言い出しても、まともな旅館やホテルはとれんやろと思いつつ探してみたら案の定めぼしい施設は全滅。でもなかった、12日宿泊にしてみたらいくつか残っていたのである。

今回の写真はすべてホワイトバランスが狂ってるのだが、自分が"RX100"の操作にまだ慣れていないためである。
「失敗作なら出すなよ」と指摘されればその通りですが、ヘボ写真でも自らの戒めのために平然と載せる場合があるのが方針につきご了承願います。
「でも、ホワイトバランス以外は特に悪くないでしょ ?」と開き直ったりもしてみる。( ´ー`)

DSC00203_edited-1-1s.jpg
お宿は「淡路インターナショナルホテル ザ・サンプラザ」。
"【なんと、贅沢!】《1人ひとりに新鮮活鯛姿造り》鯛・鮑・特選淡路牛会席『夕食お部屋食』"コースや。(;`ー´)

DSC00205_edited-1s.jpg
マヌケな事に撮りそこねたのだが、何だか著名人や芸能タレント等のサイン入り色紙が廊下にズラッと飾られているので高級ホテルなのだろう。

DSC00209_edited-1s.jpg
「エイリアンかっ!?」て感じのグロテスクな高級食材まで含んだ盛りだくさんの夕食メニューだが、これで2万円/人。
5月の「旅館いび」ほどではないが、このシーズンでそこそこのホテルで部屋食なのだからコスパ最高でした。( ^_^)/□☆□\(^-^ )
関連記事

GODZILLA

8月3日。
本国公開日から実に二ヶ月以上も経ち、世界で最も公開の遅い「GODZILLA(ガッズィラ)」をようやく観て来ました。
いや、"体験した"という方が正しいかな。久々の「しびれるような体験」・・・。これは傑作である。

20140809(1)s.jpg
それは、"IMAX"によるものであった要素も少なくない。
フツーの映画館ではなく、どうしても"IMAX"シアターで観たかったので、箕面市の"109シネマズ箕面"に出かけた。
"IMAX"は、知ってる人は知ってる超高画質超巨大スクリーンに超高音質のサラウンドサウンドがウリのシステム。
当然のように3Dなのだが、自分としてはそれにはあまり魅力を感じていない。3D鑑賞というのは開始当初の10分間くらいは「おぉっ」と息を呑むような迫力を感じるのは確かなのだが、その後は目が慣れてしまってメガネがうっとおしいだけという状態になってしまうから。
それよりも、耳をつんざくほどの大音響なのに全然うるさく感じない、本物の高音質システムが生み出す怪獣の足音や咆哮や都市破壊音などが掛け値なし素晴らしい。
これを体験したら他のフツーの映画館で映画を観る気がしなくなるほど。ま、実際には行くけどね。( ´ー`)

20140809(2)s.jpg
字幕版なので「ゴジラ」と発音しているのは芹沢博士の渡辺謙だけで、米国人はみんな「GODZILLA(ガッズィラ)」と呼んでいるのが良く分かった。いや、たしかにこのカオを見てると、そう呼びたくなるよな。(;`ー´)

今回の米国版「GODZILLA」は、映画として非常に良く出来ていてパーフェクトに近い素晴らしい出来と思う。
"近い"というのは、やはり「何やそれ!?」という部分がいくつかあるためだが、欠点というほどではない。
子供も出て来るが、決して「ゴジラ頑張れ!!」と叫ぶなどというアホらしい場面はない。大人のための映画である。
ゴジラ映画は実に20数本も作られているらしいが、今回のは最高かつ唯一の名作とされている第1作の続編の位置づけである。しかし、ストーリーが繋がっているわけではないので"続編的"というべきか。

ゴジラを映画館で観たのは、「三大怪獣地球最大の決戦」が最後である。
この作品で東宝はキングギドラという素晴らしい怪獣を生み出したのだが、おそらく予算の大部分をこれに費やさざるを得ず、怪獣による大都市破壊や軍隊(自衛隊)との攻防が描かれなくなった。子供心にも今後もそうなるのだろうと感じ、実際そうなってしまった。そして最大の問題点がゴジラへの恐怖感がゼロになってしまった事。
「"子供のアイドル、ゴジラ"か、終わったな」ってヤツやなと・・・。

20140809(3)s.jpg
ネタバレをさらす趣味はないので詳細は書かないが、今回の「GODZILLA」は、地震や台風などの天変地異の象徴として描かれている。だから、形態は生物だが"世界最強の軍隊(とされている)"である米軍もまったく歯がたたない。
けっきょく人類側の切り札は、いつものお決まりワンパターンの"核攻撃"しかない、となるのである。

色々あって「GODZILLA」は、結果的に人類を救うのだが、それは人類の味方だからではない。ただただ自分の本能のままに行動して、最後に海に帰って行くだけである。その過程で街が破壊されようが人が死のうが知ったこっちゃないのである。芹沢博士による「自然界のバランスを保つために存在する」という強引な解釈もあった。
それってけっきょくは"神"(God)では? だから「God Zilla」ってか・・・。
「生物ではないと言いながら"本能"とは何や!?」などというツッコミも当然あるだろうが、それらの不条理さこそが「ゴジラ」や数少ないまともな怪獣映画の魅力としておこうか。
いやぁそれにしても面白かったです。ヾ(o´∀`o)
関連記事

ズームの演習などしてみた

DSC00114s.jpg
"RX-100M3"の光学ズームは2.9倍。記録サイズ10Mであれば、これに超解像ズームをかける事で5.8倍相当となり、そこそこ使える事が分かった。元々、"NEX-7"でも12Mサイズ一辺倒で24Mなんてほとんど撮ってなかったし。

DSC00117s_20140806202613e48.jpg
上の写真と同じ地点で足元の鳩さんを撮ってみた。なかなかイケルではないか。(´∀`)

DSC00125s_20140806202615f12.jpg
それでは、と。OAP内帝国ホテル手前の源八橋上からOBP(大阪ビジネスパーク)方面を撮る。

DSC00126s.jpg
かすかに見えていた大阪城が見事アップで捉えられた。が、残念ながらシャキッとは行きません。(*´~`*)
ちょっとピン甘だったのかな・・・。いや、やはり無理矢理の超解像ズームのせいなのだろう。

DSC00131s.jpg
この日も抜けるような青空なのだが、高温多湿気候につき、写真のイメージと違いまったく爽やかではない。

DSC00136s.jpg
とにかく暑いのでOAPプラザの屋内をうろつきつつ、テキトーに撮ってみた。

DSC00140s.jpg
DSC00143s.jpg
DSC00149s.jpg
DSC00152s.jpg
DSC00159s.jpg
DSC00160s.jpg
DSC00161s.jpg
ドォンとそびえ立つ39階建ての"OAPタワー"。

DSC00165s.jpg
ついでに"テーコク"も。雲とのコントラストが良さ気だったので。ま、フツーやな。( ´ー`)

DSC00163s_2014080620265083c.jpg
事ある度に登場する、高層マンションの"ウォータータワープラザ"。
関連記事

| NEXT≫