FC2ブログ

「一生に一度のチャンスでした。」 だそうだ。ヾ(o´∀`o)

seika さんという方から前記事にコメントが付いていた。気を良くしたのもつかの間、ゴミだった。

このテのスパムがFC2ブログで蔓延しているらしい。


知っておいて損はない情報になると思います。
今までは生きてることが辛いだけの人生でした。
私の生き方は、ある方法で、すべて変わりました。
お金がほしいと伝えたら、すぐに振り込んでくれたんです。
すぐに裕福になれる方法があります。
本当に助かりたい人だけに教えます。
知りたい人はemi_himitu@yahoo.co.jpまでメールください。
すごい秘密を連絡してくれた人だけに教えます。


もちろん、こんな相手にメールする人はいないとは思うが、今回ネタにしただけなので、メールしてどんな目に遭っても、当方は一切責任は持ちません。念のため。(;`ー´)
10日ほど前にも他記事に類似コメントが付いたので、ブラックリスト登録して瞬殺していたのだが、しぶとく食いついてくる。
ランダムに打ちまくってるのだろうが、当ブログではコメント投稿時に画像認証が必要なのである。
これで通常のスパムは排除出来るはずなのだが、ひょっとしていちいち手入力しているのだろうか・・・
関連記事

終着駅となるか / DSC-RX100M3

2年前の登場時からずっと気になっていた、SONYのカメラが"RX100"だった。
写真撮影の楽しさに目覚めてから、SONYのミラーレス一眼である"NEX"シリーズを愛用して来たのだが、一眼レフ機とくらべて圧倒的に小型ではあっても、コンデジからみれば圧倒的にデカイため、気軽に持ち歩く事は出来ない。
自分としてはかなりストレスが溜まっていた。いつでも持ち歩いて、思いついた時にさっと服のポケットやセカンドバッグから取り出して気軽に撮れるカメラであって欲しい。しかし、画質がミラーレス一眼から大きく劣るのでは意味がないというジレンマが解決出来ない限り、"NEX"から離れるわけには行かなかったのである。

DSC07726s.jpg
"RX100M3"は、1万円程度で売られているフツーのコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)とほぼ変わらないサイズと少し重いだけの重量(290g)で、機能的には奥の"NEX-7 + SEL1670Z"とほとんど変わらないという凄いヤツである。
外観は、どうみてもフツーのコンデジ。いつでもどこにでも持ち出せる、そのイージーさが最大の魅力。
そして、少なくとも自分の利用シーンでは、おそらく"NEX-7 + SEL1670Z"と遜色ない高画質のはず。

DSC07730s.jpg
電源オンで延びるズームレンズの胴体だが、これもフツーのコンデジと変わらない。
撮影方法がいい加減なため、となりの"NEX-7"とそれほど変わらないようにも見えるが実際には圧倒的に小さい。

DSC07732s_2014072720423421b.jpg
かなり迷いつつ、"RX100"に手を出さなかった最大の理由が、マクロ撮影に弱い事とファインダーがなかった事。
どちらも"RX100M3"となって解消されたので、買わない理由がなくなってしまった。(;`ー´)

「どうせファインダーがないのなら・・・」と思い、泣く子も黙る高級機種の"RX1"を衝動買いしてしまったのだが、結局使いこなせないまま売却してしまった苦い経験もあるのは以前に書いた通り。

DSC07734s.jpg
とってもいいです、このファインダー。"NEX-7"よりもひとまわり以上小さいが視認性も画質も問題ないし、接眼センサーにより、ファインダーを覗くと本体背面のモニタがオフになる自動切替機能もきちんと完備している。
とにかく"RX100"シリーズは、「この軽くて小さなサイズでミラーレス一眼に迫る高画質」というのが最大のメリットであり、「コンデジにしては高価過ぎる」などという評価はまったく的外れ。
とはいえ、登場時の8万円代後半という実売価格はやはり抵抗があったのも間違いない。(*´~`*)
今ではようやく7万円台で買えるようになったし、購買意欲がかなり高まっていた時に 74,800円 という最安価格を目撃し、即座にオーダーしてしまったのである。まぁ「欲しい時が買い時」なわけで、2~3千円程度の差などどうでも良いのだが、やはり安く買えるに越した事はないので、ラッキーではあった。

"RX100M3"は今の自分にとって理想的なカメラであるが、「これ一台ですべてOK」というほどには写真撮影に関して純粋(単純ともいう)でなくなってしまったのが自分でもある。
例えば、超マクロと超望遠ズームが欲しい時は必ず来るはずだし、銘機"NEX-7"を処分するつもりはさらさらない。
といっても、現時点ではどちらも"Eマウント"にはラインナップされていないのだが・・・
それに、やはり"SEL24F18Z"と"SEL50F18"は絶品であり、勝負レンズなので"NEX"を手放すわけにはいかない。

おそらく"SEL1670Z"と"SEL20F28"は使用機会がなくなるので処分する事になるが、オークション相場では両者で軽く 8万円を超えそうなので、"M3"を買った事の負担感はない。首尾良く売却出来ればね。( ´ー`)
関連記事

天神祭の準備風景

何度か書いているが、天神祭の舞台である大川は職場から徒歩一分という素晴らしい環境にある。

20140725-09s.jpg
新兵器で百花繚乱の花火や船渡御を撮ってやろうかと意気込んでいたのだが。
この日の気候は全国的に異常というしかない、暑さというよりも"熱さ"。天気予報では最高37度と朝から言っていたが、体感温度はそれ以上。正午前くらいから夕刻までずっと体温以上の極悪な気温を感じた。何もせずに立っているだけでも汗が吹き出して来る。何しろ、自転車で風を切って走行しても、ただただ不快な空気の流れを感じるだけ。
ぼんやりしてたら"熱中症"が人事ではなくなるぞ、と危機感を感じるほど。

20140725-10s.jpg
とても夜まで就業後から待機する気にはなれなかった。

20140725-14s.jpg
花火は撮れないし、昼休みの間に汗を拭きつつ、ふらふらと自転車でのお散歩撮りでお茶を濁すことにした。

20140725-16s.jpg
考えてみれば、船渡御の舞台装置を撮った事もなかったし、ちょうど良いか。

20140725-28s.jpg
お気楽スナップをカシャカシャと、深く考えずシャッターを押してみよう。

20140725-32s.jpg
知る人ぞ知る、お気に入りの風景。(*´~`*)

20140725-37s.jpg
熱い中、ホンマにご苦労さまです。

20140725-19s.jpg
美しくもない、というよりも汚い水質の川だが、感じは出てるかな。

20140725-20s.jpg
準備に余念のないバイトくん、お疲れさんです。

20140725-38s.jpg
出番を待つフレッシュジュースの素たち。

20140725-01s.jpg
ニューウエポン"RX-100M3"の記念すべき最初の一枚。これだけ撮れれば何も文句はない。
文字通り、手のひらサイズの高画質。自分はやはり、こんなカメラを待っていたのだとあらためて実感。
さあ、またビシバシたくさん撮るぞ !! (o´∀`o)
関連記事

サッカー小僧だった頃

愛息の元輝(げんき)もそれなりにたくましく育ちました。
すくすく育った結果、あっという間もないままに小学校の六年間を終え、今春に平群(へぐり)中学校に入学。

DSC05355_edited-1s.jpg
小学生の間は"サッカー小僧"だった。
・・・といえば聞こえは良いのだが。

DSC05376_edited-1s.jpg
地元のサッカークラブである"平群FC(へぐりえふしー)"に入部したのが三年生の時。
残念ながらイマイチ才能が足りなかったようで、技術レベルは最初から最後まで準レギュラーだった。
ちなみに"平群FC"の所属人数は16名。小学生の試合は八人制なので、試合での出場機会は半々程度。

そして、六年生になってから、突然監督からキーパー転向を命じられた。

当時は、メンバーの中でも体格が良い方だったからだと思っている。
あのままビッチにいても活躍の機会が少ないし、それくらいなら比較的恵まれた体格を活かしたキーパーの方が適任だろうというのは自然な流れである。何しろ当人が後日そう告白したくらいなので。( ´ー`)

とはいえ、正選手が既にいるのであくまでも控えとしてであった。

今回の写真は、"平群FC"としての最後期の対外試合"生駒小学生サッカー大会"での一コマなのだが、何と正キーパーが直前に体調不良となったため、元輝がフル出場する事になったために撮れたのである。
自分としては、愛息の勇姿を撮れただけで満足である。
試合の結果にはほとんど関心はないが、守護神としてそこそこ活躍してくれたので、ちょっと見直した。(´∀`)

DSC06424s.jpg
そして、何という事であろうか。最後の最後にささやかな夢がかなったのだよ。(´∀`)
小学生時代最後の時に、締めくくりとして、ウチがクラブ活動の総会資料の作成担当になり、チームが試合で勝ち取った多数のトロフィーも我が家で一時預かり保管となった。
トロフィー保管は本来学年長(リーダー)の管轄なのだが、リーダー多忙のため代行保管を依頼されたのである。

そして、元輝が最も欲しがっていた(他のメンバーにも人気があった)、素敵なトロフィを獲得する事が出来たのだ。
それはじゃんけんではなく、サッカークラブらしく"PK戦"で順次希望の賞品を選べるというフェアな方法だった。

そして、なぜかその中で元輝は一世一代の素晴らしいシュートを決めて、めでたく手にする事が出来たというわけ。

案外、運が強いのかも・・・ヾ(o´∀`o)
関連記事

ザ・たこ焼き Ⅲ

前回の記事の記述には重大なミスがあったので、お詫びと訂正をしておく。
・・・ってほどには、たいそうな事でもないのだが。(;`ー´)

20140706-8s.jpg
「別に、"ごっつ旨い"というほどではないではないか」、と断定していたのだが・・・
パッケージ裏面の"調理時間の目安"を無視していた。いや、"無視"はしていない。"軽視"していたのである。

20140706-1s.jpg
ウチの電子レンジでは、500・600・800Wという切り換えモードが出来るようになっていて、当然のように 800Wモードを多用している。それで問題ないというか、それが合理的と考えていた。
冷凍食品の多くは600Wモードが標準のようになっている。おそらく最も普及しているのが600Wの機器なのだろう。

20140706-3s.jpg
600Wの推奨時間を 800Wモードで 20%程度短縮して設定すれば、その分短時間で調理出来るわけ。
実際にそれでずっとやって来た。何も問題はなかった。少なくとも自分では。
何気なく、「前回は外側がフニャフニャだったので何か工夫をしなくっちゃね」とか「しかし、フライパンなんかを使うと結局は"釣鐘型"になってしまう」とか「そうだ、たこ焼き器で熱すれば良いかも。しかし、それではお手軽冷凍たこ焼きではなくなってしまう。」などと独り言をつぶやいていたら、横から天の声がした。
「どうせ 800Wでやったんでしょ ? 説明書通りに600Wで3分30秒で解凍してみたら ?」

20140706-6s.jpg
「で、そのココロは ?」
「加熱時間が長くなるから、外側のフニャフニャも少しは改善されるかも。」
「・・・。」

何となく、科学的な考察の雰囲気がある。そういえばそうかも・・・
元来へそ曲がりな性格なのだが、時折り自分でも感心するほど素直になれる時がある。
この時がまさにそうだった。そして、神様が微笑んでくれたのだ。

待つ事 3分30秒後。電子レンジから紙製の舟を取り出し、うやうやしくソースと花かつおと青のりをふりかけて、楊枝を突き刺してみると・・・

20140706-7s.jpg
これはオドロキ!! 突き刺してもカタチが崩れない。
食してみれば、外皮のフニャフニャ感がほとんどなくなり、ちゃんとした歯ごたえがある。
しかも、前回はあまり存在感がなかった生地の出汁の味付けも、今回はしっかりと感じられる。
これはイイ !! かなりイイ !! ヾ(o´∀`o)ノ

それでも"ごっつ旨い"のキャッチフレーズは、額面通りとまでは思わないが、十分に評価出来る。
そんなわけで、テーブルマークさんの"ごっつ旨い大きなたこ焼き"はお勧めです。(^。^)
関連記事

究極の燃費向上方法

20140704-9s.jpg
今回のお題は「燃費」だが、タイトルを見ただけで何を書こうとしているのかはバレバレとは思う。(;`ー´)
最高の省燃費は"走行しない"事であると云えば、何じゃそれは !? 身も蓋もない、ネタにもならない。
それではクルマを所有する意味がないので、正確には"必要以上に走行しない"である。
自分の知る限りは、クルマ所有者で燃費を気にしない人はいない。
まぁ、あえて云えば自分が一番気にしないヤツだったのは間違いないが、まったく気にしないわけでもない。

20140704-8s.jpg
何しろ、"EcoPro"モードなどという名のヌルい走行モードを多用しているのだし、アクセル開度は最小限で急加速は避け、赤信号に近づいたらアクセルオフ、停車したら直ちにエンジンオフなどなど、それなりに気を使っている。
しかし、それは燃費のためにガマンしているのではなく、ちょっとしたゲーム感覚を楽しんでいるともいえる。
何度も書いているが、自分は燃費最優先のノロノロ運転はゼッタイにしない主義。メリハリのある走行をしつつ、ガソリンの消費が出来るだけ少なくなるような運転を心がけているのである。

20140704-1s.jpg
これまた何度か書いているが、燃費ばかりを気にするならこんなクルマを買った意味がない。山道ドライブなどではスポーツモードで容赦なくアクセルを踏み込み、爽快なレスポンスを堪能している。

20140704-5s.jpg
それでは、"必要以上に走行"していたのかというと、まさにそうである。
とにかく、愛車に乗り込むと特に出かける目的がなくても、条件反射的にエンジンスタートボタンを押していた。
コイツに乗り込むと走り出したくなるんですよ。オーナーなら分かるよね。( ´ー`)
その結果、1年前のドライブレポート群にあるように、最初の 4ヶ月間で 5,000km突破という快挙を成し遂げたほど。

20140704-4s.jpg
しかし、本来走り屋ではないので次第に落ち着いてきて、必要な時だけ計画的に走行するようになって来た。
その結果、昨年 5月末の納車時から 9月末までで 5000km/4ヶ月だったオドメーターが、10月から 6月までの 8ヶ月間で 9,000kmに達したのである。
いや、"ようやく達した"とすべきやな。何しろ、4000km/8ヶ月や。(;`ー´)
長年のマイカー生活で、10000km/年というのはほとんどなかったので、今が自分にとっては正常な状態である。
現時点での燃費計が示す"11.5km/L"はほぼ走行記録簿と合っている。けっこう正確であると感心。いや、コンピュータの方が正確なのだろうが。

平均燃費 11km/L としていちおう計算してみると、最初の 4ヶ月間の月間燃料消費量が 5000÷4÷11≒114L。
直近 8ヶ月間が 4000÷8÷11≒45Lとなる。うん、最近の給油頻度は 1ヶ月に 1回程度なので合っている。
ややこしくなるのでガソリンの単価変動を無視して 170円/Lとして金額をはじくと、19,380円対 7,650円となる。
実に燃費改善率250%である。

緩慢な走行でストレスを溜め込みつつ「燃費が10%向上した」などとやってるのがアホらしくなる。

おっと、あくまでも今回の駄文は"生活必需品ではない道楽グルマ"を対象としたものです。念のため。(;`ー´)

20140704s.jpg
本日の平群町のSSでは、ハイオクの表示価格 178円でした。
関連記事