FC2ブログ

ザ・たこ焼き Ⅱ

前回の「ごっつ旨い大きなたこ焼き」について、肝心な事を書いていなかった。
本当にごっつ旨いのか ? という、当然の疑問である。(;`ー´)

どこの店にでも置かれている商品であるならそんな補足説明は必要ないわけだが、生産数が少ないためかどうか知らないが、近隣のスーパー等で扱っているのは、ただ一店「A・コープハートフルへぐり」だけなのである。
まぁ、それにしてもこの店と来たら、検索しても見事になぁんにも出てこないのだな。
特にさびれているわけでもなく、ちゃんと営業されているのだが・・・( ´ー`)

おっと、前置きが長すぎた。
扱い店が限られているといっても、釣鐘型でないからといって別に値段が高いわけではない。
前回取り上げた商品は、1パック6個入りで160円。十分にリーズナブルである。

で、結局お味の方は。ま、フツーでした。タコのサイズもほどほどやし。( ´ー`)
何がフツーかというと、どこのスーパーでも売られている他社製品と特に品質の差は感じなかったという事。
冷凍たこ焼きといえど、現代の製造技術をもってすればどれも一定レベルの品質は確保されているのだ。

「ごっつ旨い」という、お好み焼きシリーズでも使われているネーミングは秀逸だが、カタチが劇的に進化したほどには味が追いついているわけではなかった。もちろん悪いとはいっていない。そこそこ旨いですよ。( ´ー`)

ただ、今回はパックから取り出して電子レンジで解凍しただけ。そのお手軽さが最大の魅力なのだが、そのような安直な方法で出来たたこ焼きが、専門店のような「外はカリカリ、中身はトロリ」となるわけがない。
ただ解凍しただけの状態では、電子レンジの宿命で全体にふにゃふにゃの食感になってしまうのだが、だからこそ工夫次第でいくらでも向上の余地がある事も容易に考えられる。

そんなわけで、次回は多少の調理の工夫をしてからレポートしようかな、と思う。ヾ(o´∀`o)

関連記事

ザ・たこ焼き

20140607-01s.jpg
本日のお題は"テーブルマーク"製の「ごっつ旨い大きなたこ焼き」。 ※おっと、元"加ト吉"の会社ですよ。
これ、冷凍たこ焼きとしては画期的な製品である。

20140607-04s.jpg
画期的という理由は、舟に入っているのと特製ソースが付いてくる事。

20140607-05s.jpg
・・・ではない。このカタチや!! ちゃんとした丸いたこ焼きのカタチ、これが実に素晴らしい。
冷凍たこ焼き製品は数多く出回っているが、自分の知る限りは例外なく底が平らな「釣鐘型」である。
その形だけで幻滅。工場で大量生産する限り、丸いたこ焼きは造れないのだろうと思っていたが、ついに現れたのだ。
1個ずつ手作業で出来ているのかもしれんが、そんな事は消費者にはどうでもよろし。

20140607-06s.jpg
専用ソースが付いてくるのもポイントが高い。スーパー等で売られているたこ焼き専用ソースは旨くないのである。

20140607-09s.jpg
よし、最近のお気に入り"麦とホップ"で乾杯といこう。
何!? ピントが甘い!? 知るかそんなもん!! (;`ー´)
関連記事

お気に入りランチ No.1

久々に登場のランチシリーズ。お気入り店 No.1 はここだ !!

20140616-01s.jpg
大阪市営地下鉄谷町線都島駅の出口から徒歩 1分の好立地にある"うおてる"さん。

20140616-03s.jpg
経営母体が魚輝水産という魚屋さんという事で、"うおてる"らしいのだが、ランチメニューは揚げ物主体。

20140616-04s.jpg
とにかく安くて旨い鉄板メニューが"串かつ定食"。日替わり 6本の串かつで460円 !! ※この日は8本!!
しかし、それは税抜き価格。支払い時には税込 497円となる。ちなみに、増税前は税込480円だったので、その時の税抜き価格は457円。これに 8%プラスすると 494円となるのでちょびっとだけ便乗値上げとなるかな。( ´ー`)
ちなみに、近隣の飲食店ではずっと露骨な便乗値上げをしている店が少なくないので良心的ともいえる。
今でも十二分に安いのだし、お気に入り店なのでヨイショしておかなくっちゃ。

20140616-06s.jpg
細長い店内は、昼時になると常に満員だが、ピークを過ぎると一気に落ち着くのはいずこも同じ。

20140616-07s.jpg
大阪人にはおなじみの注意書き。

20140616-08s.jpg
退社後に飲み歩く習慣がないためあまり利用していないが、この店は生ビールでも出血サービスしている。
安くても、最初の一杯だけというセコイ店もあるが、ここでは何杯でもOKなので安心。
ランチの定食では、ごはん大盛りや味噌汁お代わりも無料というサービス徹底ぶり。

20140616-10s.jpg
本日のオーダーは、この店で自分としてはイチオシの"造り定食"。
しかし、ふだんはもっぱら"串かつ定食"ばかりで、"造り定食"を注文する事はない。

20140616-14s.jpg
その理由は、このボリューム(;`ー´)。ネタも新鮮で美味。これで 805円(税込)、コスパ抜群です。
フツーの大人なら大した事ない量と思うが、年間通じて食事量総量規制中の身としてはとても食べきれない。
本日はわけあって愛妻とのランチデイトなので、ちゅうちょなく注文したわけ。

20140616-17s.jpg
写真ではいまいち伝えきれないが、ビッグで分厚いトロサーモン。めちゃ旨です。(人´∀`)

20140616-16s.jpg
お連れ様は"串かつ定食"。通常時は 6本でちょうど良いのだが、時々2本増量サービスがあり、本日も適用された。
この値段なので高価な具が使われる事はないが、揚げたてでまとめてすぐ出てくるので味は悪かろうはずがない。
そんなわけで、二人前合計 1,302円の豪華大満足ランチレポートとなりました。ヾ(o´∀`o)

【蛇足】
この店の大弱点はカウンター内の職人。愛想が良くないというより、はっきりと"悪い"。これだけが残念な点。
関連記事

川床を求めて・・・

とある休日。ふと「真夏になる前に、川床でお弁当としゃれこんでみよう」と思い立つ。
しかし、行き先は京都ではなく箕面なのであった。( ´ー`)

20140615-02ss.jpg
もちろん、箕面に行くならお気に入りカフェの"ヒロ珈琲箕面小野原店"は外せない。
今朝はさいわい行列がほとんどなく、しかも運良く特等席に案内され、ゆったりと珈琲モーニングタイムを過ごす。
と言いたいところだが、パートナーはケータイTVで"サッカーW杯"中継に一喜一憂であまり落ち着けず。(;`ー´)

20140615-06.jpg
それでもゆったり過ごした後は、阪急電車箕面駅前駐車場にクルマを入れて、プチハイキングに出発。

20140615-85.jpg
商店街のあちこちで名物"もみじのてんぷら"を実演しているが、あまり好みではなく、売上に貢献は出来ない。

20140615-83.jpg
歩き始めて10分弱で、由緒ある"音羽山荘"に到着。とはいってもそのまま通過するだけだが。

20140615-20.jpg
さらに数分歩いた距離にあるのが、その音羽山荘が運営する"川床音羽山荘"なのだ。しかし・・・

20140615-21.jpg
人に気配がまったくない。何と、日曜日というのに休業や !! ヽ(゚Д゚ )
「オーマイガッ !!」というわけで、この風景は、川床の設置された"梅屋敷"で思わず見上げた屋根裏なのである。

20140615-78.jpg
さらに徒歩10分程度の場所にある、もうひとつの"磯よし"もやはり休業で愕然。一体どうなっとるのか・・・
後で箕面市のHP情報を良く見てみると「4月26日から6月8日まで」となっていた。
何の事はない、相変わらずのお間抜けなのだった。(;`ー´)

20140615-34.jpg
さて。気を取り直して更に奥へと進む事にする。こぎれいなカフェを横目に、"箕面の滝"を目指すのだ。

20140615-71.jpg
駅前から滝スポットまでは起伏が少なく、歩道やトイレも十二分に整備されているのでお気軽ハイキングに最適である。

20140615-73.jpg
正午前後でも人出は多くなく、ゆったりのんびりとウォーキングを楽しむ事が出来る。

20140615-37.jpg
出発から小一時間で、突然こどもの歓声が聞こえてきた。ようやく到着である。

20140615-39.jpg
落差33mの箕面の滝。考えてみれば小学生の頃に遠足で来て以来、人生二度目の訪問である。しばし感無量。
・・・という事もない。
そもそも、この近辺には少なくない回数来ているのだが、それはすべて"箕面ドライブウェイ"を駆け抜けていただけ。

20140615-62.jpg
滝の流れ落ちる音というのは、あれほど大きな音なのにうるさくは感じない。不思議な癒やし効果があるものだ。

20140615-49.jpg
さて、"無感動な再会"も済んだし、引き上げるとしよう。

20140615-66.jpg
箕面川渓谷沿いのハイキングコースには茶店が点在し、いい雰囲気を醸し出している。

20140615-27.jpg
川床の"磯よし"は休業中。いや、もういいって。(;`ー´)

20140615-75.jpg
最後は、自分のための記念写真。特に理由は語らず。( ´ー`)
関連記事

SHURE SE215 のケーブル交換

"SE215"のケーブルを交換する事にした。
オーディオの世界では、イヤホンのケーブル交換を"リケーブル"と呼ぶらしい。
音質向上目的だそうだが、自分がオーディオマニアのような鋭敏な聴覚を持たない事は何度も書いている通り。
「ケーブル交換で音質が劇的に向上」などという事を信じないわけではないが、そんなわけで元々関心がない。

DSC07744.jpg
今回交換する目的は「長さ調整」である。"SE215"のケーブル長は実に 162cmもあるのだ。
装着するとプラグが床に届いてしまうほどのメチャクチャな長さ。ヽ(゚Д゚ )
ちなみに、以前の愛機であった"SE420"はわずか40cmという、これまた延長ケーブルなしでは使い物にならないとんでもない短さ。
さらにちなみに"SE215 Special Edition"というバリエーションモデルもあり、こちらは 116cmという適切な長さ。
まったく、このメーカーの考えている事は良く分からない。※写真右側が"SE420"
とにかく"215"のケーブルは何でこんなに長いのか。もちろん分かってはいたが、実際に使いづらい事この上ない。
少なくとも、自分では手提げバッグの中のプレーヤーに接続するというような使い方はまったくしないのである。
自分の使用状況としては、プレーヤーまたはBluetoothアダプタの位置はジャケットの内ポケットやシャツの胸ポケット、またはズボンのベルトまでである。よって、80cm-100cmが使いやすいサイズとなる。

DSC07742.jpg
ケーブル交換出来るのが魅力のひとつである"SE215"。早速ケーブルの物色をしてみると、その高価な事に驚愕。
8,000円くらいから数万円のものがほとんど。アホらしくてそんなものに手を出す気にはさらさらならない。
で、良いタイミングで現れたのが"NOBUNAGA Labs TR-SE1"という製品。約3,000円である。これならOK。
ケーブル長は120cmだが、何とかガマン出来るだろう。

DSC07746.jpg
イヤホン本体との接続部はこんな感じの"MMCX"と呼ばれるコネクタ。ちょっと力を込めて引っ張ると外せるし、装着するときはカチンとはめ込むだけ。世の中進歩してます。
自分でツッコミを入れとくと、3,000円の追加投資をするくらいなら、最初から"SE215 Special Edition"を買うべきなのだが、あいにくとブラック仕様のものがなかったので、やむなく"SE215"にしたわけ。

DSC07747.jpg
120cmなのでまだ長いのだが、とりあえずはこれで問題解決。"SHURE"対応と称しているだけあり、先端の6cmほどは形状記憶ワイヤーとなっていて、耳の形に合わせて変形させる事が出来る。というより、この機能がないとケーブルを耳の裏側にからませる事が前提の"SHURE"のイヤホン用としては実用にならないのである。
ケーブル自体も純正よりはるかに細くてしなやかであり、これはお値打ち品であると断言しておこう。

"SE215"については、本体と人体(耳)のエージングが進んだようで、かなり聴きやすいサウンドになって来ている。
ぼんやりと聴いていると"SE420"と変わらないくらい。もちろん低域も超高域もまったく出ないので「これで満足」という域には達していないが、何とか実用レベルにはなったのでしばらく使うつもり。

さて、ケーブル交換した後の音質向上効果はあったのか !?
元々劇的向上など期待してないし、「少しクリアになったような気がする」という事にしておこう。( ´ー`)
関連記事

サイバーショット DSC-RX100M3

RX100M3_IMG.jpg
困ったヤツが現れた。ずっと気になっていた"RX100"にファインダーが付いてしまったのだ。ヽ(゚Д゚ )
よくもまぁ、手のひらサイズのあのボディに詰め込んだもんや。クチコミによると品質もイケてるらしい。
しかも、F1.8-F2.8レンズに自由自在のバリアングルモニタ付きでサイズも変わらず、重量もわずか263g !!
今の自分がカメラに求める要素に関して、ほぼパーフェクトである。ほとんど完全無欠に近い。
いつでも気軽に携帯できるコンデジサイズに、一般消費者には「これ以上は必要ない」という十分過ぎる高画質。
神をも恐れぬ覚悟で云えば、自分にとっては"RX1"よりも断然パーフェクトである。
「何してくれんねん。ソニー!!」って心境や。
唯一の救いは、8万円中頃という価格。これではカンタンに衝動買いは出来ません。
さて、いつまで待つかな。( ´ー`)
関連記事