FC2ブログ

NEX-7 の事

「フラッグシップ機」という言葉がある。
本来の語源はともかく、一般消費者向けのシリーズ製品のラインナップ最上位となる製品を表している。

そして、自分の人生の中での数少ない趣味やこだわりの中で、"フラッグシップ機"というものは間違いなくいくつも存在していたが、それを実際に新品で購入して愛でる機会はこれまでほとんどなかった。
いつも、その二番手か三番手でとりあえず満足(納得)していたのであった。その理由はもちろん"経済力"。
少し背伸びすれば"フラッグシップ機"を手に入れる事が出来る状況であった事も少なくないのだが、どうしても踏ん切りがつかず、ずっとそんな事を繰り返していた。

"フラッグシップ機"は、生みの親であるメーカーとしても大切に育てようとするが、二番手三番手のものは、早く云えばしょせん妥協の産物であり、究極的には使い捨て。でも、それは当たり前の理屈ではある事は理解していた。
それらはしょせん一流品ではない。やはり、妥協の心が邪魔をしたとはいえ、愛着の度合いが根本的に異なる。

20140309-1s.jpg
"SONYのNEX-7"。永遠の名機になりつつある。
本格的なカメラ小僧人生は、"NEX-5"から始まって、二台目である。その"NEX-5"もセカンド機として健在。

20140309-2s.jpg
思い切って買って良かった。その後他社も含めおびただしい新製品が発売されたが心を動かされたのは"RX-1"のみ。
現在に至るまで、ハードウェアとしての他のカメラへの関心はゼロに近い。
「良いものは結局お得です。」という、某製品の名キャッチコピーを思い出す。

20140309-3s.jpg
"フラッグシップ機"の価値は、長く愛でることが出来るという、大きな意味での経済性にも通じる。
あくまでも自分の場合だが、本当に良い物を手に入れると、世間(そのジャンル)の動向に関心がなくなるのだ。
それが「満足」というもの。思い切った投資と引き換えに、「もっと良いものを」という飢餓に近い欲求がほぼ消滅するのが最大のメリット。

20140309-4s.jpg
なんでこんな事をだらだらと書いているのかというと・・・残念な事態なのだが・・・
どうも、SONYの"NEX"シリーズは消滅するようだ。ネーミングは先輩の"α"に統一するらしい。
"NEX"ファンにとっても"α"ファンにとっても残念な事態だが、送り出す側はかつての"日本が世界に誇るソニー"ではないのだし、併存させる体力もないのだろう。両方共消滅するよりもずっと良いではないか、と前向きに捉えよう。
優等生のデジカメ事業といえど、経済合理性が優先されるのは仕方がないのだろう。

その影響というわけではないが、これからも永く愛用しようとあらためて決意するのでありました。
関連記事