FC2ブログ

お宝のひとつ - オーディオブーム全盛期の贈り物

オーディオブーム華やかなりし頃。
かつて居住していた大阪でも、オーディオフェアなるものが開催されれば、入場口に長蛇の列が生まれるのが当たり前というほどの過熱人気だった。もちろん会場に入っても"人いきれムンムン"という状況。
1974年のある時、オーディオマニアの友人に誘われて、出かけてみた。開催地はもう完全に忘れた・・・( ´ー`)

おびただしい魅力的な世界中の新製品たち見るのも楽しみだったが、何となく応募したセミナーの抽選に当たり、オーディオ評論家センセイの有り難い講義を聞くことが出来た。その中身はといえば、何一つ覚えてはいないのだが、センセイの名前は忘れない。

20140225-3s.jpg
何と、100名近いセミナー受講生の中でさらに抽選で10名ほどの当選者に運良くなる事が出来たのだ。
そして、今も大切に保管している、自分のコレクションの中でも最高音質のこの一枚。

20140225-1s.jpg
センセイから、にこやかに笑みをたたえて直接手渡され、握手してくれた。忘れられない思い出。
"Okihiko Sugano may 26 '74"直筆サイン入りである。
オーディオ雑誌で常に眼にしていた名前である。別にファンでも何でもなかったのだが、しかし今では大切な宝物のひとつである。

20140225-2s.jpg
LPレコードの音質は一定ではない事は知っていた。音の良いレコード、良くないレコードの差は歴然としていた。
そして、帰宅して当時の愛機"Dual 1229"で再生してみて驚愕した。このレコードの"音"の良さは際立っていた。
まるで目の前で演奏しているかのような、スゴイ臨場感に圧倒された。レコードの音ってこんなに凄かったのか!!
もちろん、純粋に音楽としても素晴らしい。特に一曲目の"Fantastic That You"は最も愛聴する名曲のひとつ。
オーディオ機器のサウンドを確認する時は必ずチェックする、今に至るまで、リファレンスレコードである。
菅野沖彦氏の書く文章に、にわかに説得力を感じるようになった。菅野氏が書いている文章を、少しは理解出来るようになった気がした。
いつもパイプを手にしているキザな奴が、素直に尊敬の対象に変わるのに時間はかからなかった。合掌。
関連記事

140,000カウント

とりあえずの記録。
関連記事

SHURE V15 TypeⅣの復活!!

若かりし頃、日本中がオーディオブームの中にあった時代。
しかし、"ブーム"と呼ぶには、その期間はかなり長く続いたという記憶がある。
自分はオーディオマニアではなかったが、オーディオ機器には常に関心を持っていた。上り坂で活気あふれる業界だったので、欧米や日本の多くのメーカーから次から次へと新製品が発売されていて、魅了されるようなデザインをまとった製品も実に沢山あった。音を出さなくても、眺めているだけでも満足という魅力あふれるオーディオ機器達・・・

その主役であったオーディオ機器は、一部のマニアを例外とすれば、用途はもちろん音楽を聴くための道具であり、その音楽のソースはLPレコードだった。
もうひとつの柱として、FM放送も大きな役割を果たしていて、ちゃんとしたアンテナを立てて高性能チューナーで受信すれば、信じられないほど良いサウンドを楽しむ事が出来たが、やはりLPレコードの高音質とは比較にならなかった。
1枚の同じレコードでも、オーディオ機器のレベルが上がれば上がるほど、さらに高音質になる事を身を持って体験していたので、レコードは永遠の財産だと思っていた。
CDに駆逐されるまでは

レコードは再生する度に劣化するので、よく聴く盤はテープに録音してそれを再生していた。貴重な財産の品質を維持するためと、利便性のためである。そのテープは数年ほどでオープンリールからカセットに変わった。カセットデッキに注ぐ日本メーカーの執念はすさまじいものがあり、瞬く間にオープンリールデッキは過去の遺物になってしまった。

そんなわけで、LPレコードをそのまま再生するという事はあまりなかったし、長期間同じ機器を使い続ける事もなかったので、ピックアップカートリッジの針を交換した記憶もない。針の交換ってどうやるのかも知らんかったし。(;`ー´)

例によって長い前置きになってしまった。
愛機"Dual 721"に装着している"Shure V15 TypeⅣ"の針交換を決意したのである。

20140223-2s.jpg
これまで本ブログで「"721"の再生音に満足している」と何度か書いているが、問題がないわけではなかった。
時折り、音が歪むのだ。高音質なレコードで特に顕著に発生する。そのため、全体的に少し濁っているような感じがして、安心して聴いていられない状態が続いていた。再生機器としてはかなり致命的である。
もちろん、針圧調整やアンチスケーティング調整等は入念に何度もやり直したが改善しない。

20140223-1s.jpg
これはもう、ピックアップカートリッジの本体である針かカンチレバーの劣化であると断定し、交換する事にした。
何しろ発売日が 1978年なのである。手持ちの物が何年製か不明だが、劣化していて当たり前ともいえる・・・

20140223-3s.jpg
有り難いことに"日本精機宝石工業"さんが各社の互換製品を製造販売してくれている事が分かったので楽天で注文
手前が新品、奥が外してきたパーツ。
パーツのお値段は 9,480円と格安。これで名カートリッジが新品同様の品質になるなんて・・・

20140223-4s.jpg
おっかなびっくりで、パーツの両端を押し込みながらゆっくりと引き抜くと難なく取り外せた。
装着する時は同様に、慎重に押し込んでいくだけ。それにしても汚いツメやなぁ・・・(;`ー´)

20140223-6s.jpg
カートリッジをトーンアームに戻し、針圧を再調整してスタート!!

20140223-7s.jpg
す、素晴らしい!! まるで眼前で演奏しているかのようなクリアでダイナミックなサウンド。
音の濁りなどまったくなく、スクラッチノイズさえも激減したような・・・
これが TypeⅣの実力だったのか・・・今まで聴いていたのは何だったんだ・・・(´・ω・`)

20140223-8s.jpg
やっぱりレコードは不滅です。ヽ(゚∀゚)
関連記事

雪が来た 2014

先週雪遊びをしたばかりというのに・・・
東日本では記録的な大雪で多大な被害が出ているようだが、平群町でも30cmくらいの積雪となった。

20140215-1s.jpg
降雪がなくなった二日目の昼前でもこんな具合。ただし、菊美台住宅から一歩下に下れば、道路については問題なく通行可能な状態になっていた。この坂道でも、轍をそろそろと下ればノーマルタイヤでゆうゆうと走行可である。
・・・と分かった時には手遅れだった。
実は、この日は"320i(さんにーまるあい)"のリコール整備予約をしてあったのだが、とても門真サービス工場までたどり着けないだろうと思い込んでいて、9時過ぎにキャンセル通知をしてしまっていたのだった。
別に緊急でもないので、代車の都合で3月1日にしてもらった。← 変な表現だが、車種を指定しているためです。

20140215-3s.jpg
さてと。地元で雪景色を撮る機会は年に一度あるかないかの頻度なので、とりあえずテキトーに撮っておこうか。

20140215-4s.jpg
こんな数少ない花だが、ひとつもないよりはずっと見栄えがするな。( ´ー`)

20140215-6s.jpg
いや、赤いのならこっちでしょって。(;`ー´)

20140215-8s.jpg
ホントは昨日撮っておきたかったのだが、帰宅して入浴・夕食が済むとバタンキュー状態で、ムリでした。
関連記事

行きは良い良い帰りは・・・と

記録的な降雪に見舞われた日。

20140208-1s.jpg
ホテルの室内の窓から定点撮影。これだけ見れば大した事はなさそうともいえるのだが。
ちなみに、ホテルからハチ北スキー場はシャトルバスで15分程度の距離。これまで直接スキー場まで行った事はない。
すべてシャトルバス利用。何しろノーマルタイヤなのだし。(;`ー´)

20140208-2s.jpg
こんな風に缶チューハイで景気をつけてから、なんて事が可能なのもそのおかげ。

20140208-5s.jpg
子どもたちは出発直前までホテル前の雪山でかまくら作りに励んでいた。

20140208-6s.jpg
スキー場も、昨日とは打って変わって、終日曇天の降雪続き。いや、スキー場なのだから当たり前とはいえるが。
週末の休日なので、リフト乗り場は長い行列が出来るはずなのだが、この日は客足が伸びず乗り放題となった。
その理由は、ほとんどの高速道路が豪雪のための通行止めとなっていたためである。
おかげで、愚息は昨日よりさらに多くの滑りをこなし、メキメキ上達したのであった。
もう、来年には負けるかなってくらい・・・( ´ー`)

20140208-10s.jpg
道路状況も最悪だし、早めに引き上げたのだが、ホテルに戻ってもギリギリまでこれをやり続けるのであった。

20140208-8s.jpg
とりあえず完成してご満悦、と。

20140208-7s.jpg
今度こそチェーンなしでは帰れないのだが、手分けして3分ほどでサクッと完了。
今のチェーン(樹脂製だが)は本当に良く出来ていて助かる。
しかしその分、コツがつかめないと装着に苦労する。1周間前に特訓しておいて良かった。
「なぜビーエムではないのだ!?」というツッコミはなしでお願いします。理由は色々ありまして。(^ω^)

いつもは高速道路利用で自宅まで 2時間半程度なのだが、何しろすべて通行止めの状態で復旧の見通しも立たない状況だったので、2倍から3倍の時間がかかる事を覚悟して一般国道に向けて出発した。
道中いろいろあったのだが、実際には 5時間弱で帰り着く事が出来た。
自分にとって今回の最大の収穫は、雪道ドライブの自信がついたこと。この最悪の気候状況で、何とかかんとかノーマルタイヤのまま遠坂峠を走破したのだから。分かる人には分かるハナシや。(`∀´)
関連記事

スノボデビューのはずだったが・・・ 追記あり

20140207-01s.jpg
まずはウォーミングアップ ?

20140207-02s.jpg
ふわふわの雪にご満悦。

20140207-03s.jpg
そんなわけで、恒例のスキーツアー。ホテルは定番の"ヴィラハチ北"である。
こんな地域に出かけるのは年に 1~2回程度なので、タイヤはノーマルのまま。( ´ー`)
もちろんチェーンは用意してあるが、さいわい過去 3度のツァーではお世話にならずに済んだ。
悪天候の今回はそうはいかないだろうと覚悟していたのだが、国道に完備された温水シャワーのおかげで、なんとかかんとかたどり着く事が出来た。

20140207-04s.jpg
昨年に「スキーはもう飽きた。次はスノボしかやらない!!」と息巻いていた愚息だが、いざ履いてみると文字通りおっかなびっくりで、まともに前に進めない。

20140207-05s.jpg
何しろまったくの初体験なのだから当たり前。尻もちついて立ち上がることもままならず。
本人は軽く考えていたのだが、どうせまともに出来るわけがないと分かっていたのでスクール受講の予定だった。
開講まで時間があったので自己流でトライしてみたが、手も足も出なかったというわけ。

20140207-06s.jpg
この日のスノボスクールは、ジュニアクラスの受講生がたった一人だったので、マンツーマンレッスンとなった。
シューズの紐の結び方から始まって、手取り足取り90分間のレッスン後は、何とか前に滑れるようにはなったのだが、もちろんこの程度のレッスンでスイスイと滑走とはいかない。

20140207-07s.jpg
しばらく自習していたのだが、「カーブの仕方を教えてくれなかった。」などとぶつぶつ言い出し・・・

20140207-08s.jpg
けっきょくスキーに履き替えてゲレンデに戻って来る事になった。

20140207-09s.jpg
最初に「スキーは飽きた」というセリフを吐いていると書いたが、スキーだって入門レベルなのだから、エラソウな事はとてもいえない。ま、ゲレンデではスキー人口とスノボ人口が 2対8 くらいの比率になってしまっているので、そんな気分になってしまうのも仕方ないかなと。

20140207-10s.jpg
とはいえ、昼過ぎからみっちり集中して修行に励んだ結果、長足の進歩をとげて入門から初級レベルにまで進化してしまったのには感心した。やはり子供の飲み込みの速さにはかなわない。
ある程度滑走スピードも速くなって来て「やっぱりスキーのほうが面白い!!スノボは来年にする!!」に変わりましたとさ。

20140207-11_es.jpg
目いっぱい滑りまくった後は、但馬牛180gのすき焼きコースで満腹の満足の夜でありました。(^ω^)
ところで、この写真を見て「えっ!?」と感じた人は鋭いです。
実は、最初に載せていたのが、"分かっちゃいたけど"あまりに出来が悪く、愛妻から「せっかくの高級牛肉が全然美味しそうに見えない」とクレームがついたのを機に、久々にレタッチ(主に色調補正)をしたのです。
うん、こっちの方が断然実物(記憶上の)に近いです。
「ここまで来たんだから積極的にレタッチしろよ」という師匠の教えを今頃思い出した・・・
関連記事

| NEXT≫