FC2ブログ

一世一代のネゴシエーション

1991年9月30日(月) 14時00分。晴天。
それまでの自分の人生の中で、最も異質かつ危険な人物と向き合って正座していたが、クールな心境だった。
別に心臓がバクバクしたり、手や足が震えたり、緊張で言葉がスムーズに出ないなどという状態にはならなかった。
なぜ、"クールマン"でいられたのか、今でも良く分からない。

S氏は外出帰りという事で、家の前で待っていると、指定時刻ちょうどに踏切の向こう側からゆっくり歩いて来た。
小柄だがそれなりにがっちり体型の相手は黒服スーツの正装である。がに股で近付いて来る。とても分かりやすい。
もちろん黒メガネもかけていたが家に入る時に外していた。精悍とはいえない顔つきだが、笑うわけにはいかない。
促されて家に入り、2階奥の和室に通され、「そこに座れ !」と指示されたのである。

9月26日(木)の夜に発生した事故だが、対面がその日までズレこんだのは単純に相手の都合である。
前週末に会社へ電話による恫喝があり、相手が一般人でない事は確認出来ていたが、だからといって心の準備が出来ていたなどという話ではない。「何事も経験や」などとうそぶきつつ、平静を装っていただけという方が正確やな。

幸いな事に、工務店社長N氏が同行してくれたので、心強かったという事もある。スムーズに外壁修繕にかかれるよう、あらかじめ依頼してあったのだが、長年の間取引がなかったため、最初からN氏に依頼したわけではなかった。
実際には、依頼していた別の工務店に事情を告げては次々と断られ、4件目でようやく引き受けてくれたのである。
N氏は自身がベテラン大工でもあるのだが、ひょうひょうとした性格の人で、頭の回転も速く、相手を煙に巻くようなタイプである。今回のような案件の相棒にはうってつけの人物だった。

そして、話合いが始まって5分も経たないうちに、ドス(短刀)が相手の懐から出て、眼前の畳に突き立てられた。
けっこう早業で、ドスはまっすぐ垂直に立ち、刀身は窓から差す光でキラキラして美しかった。
謝罪から始めたが、相手は最初からけんか腰。当然のように"損害賠償金"を要求され、拒否したためである。

この世界の連中の交渉方法は、威嚇したり懐柔したりの繰り返しが常套手段のはずなのだが、目の前の S氏は終始威圧的で、口を開く度に大声で恫喝の一辺倒だった。
家を見て、末端の構成員なのだとは推察していたが、態度も笑っちゃうほどそのまんまなのだ。階級が上がるほど紳士的になっていくものだという通説が証明されたな、と心の中でニヤリとしたほど。
しかしおそらく、末端だから助かったのだ。ホント。狡猾な相手だとどうなっていたか本当に分からない。
S氏の口から出るセリフはドラマなどで毎度おなじみのものばかりだったので、ここではいちいち書かない。

目の前(膝の先端から30cm程度)にドスが突き立てられた時はさすがに緊張したが、時間とともに慣れてしまった。
そして、何よりも、相手は決して自分に危害を加えないという自信もあった。
相手の目的はカネをふんだくる事であり、我々に傷を負わせたり殺したりしても何のメリットもないからである。
もちろん、対応を間違えて激昂させるような事になれば話は別なので、慎重な交渉になるのは当然である。

それにしても、今ならドスなんて見せただけでもアウトなのだが、何しろ20年以上前の出来事やからね。
とにかく、最初に威嚇されて萎縮し、屈したら終わりである。後は際限なくしゃぶり尽くされる運命となるだけ。

決死のネゴである。何度恫喝されても、カネの要求には一切応じず、こちらは修繕工事による賠償責任のみを主張。
そして、何度も何度もの堂々巡りで 1時間近くかかった問答の末、ついに根負けしてくれた。ときどきN氏が空気をやわらげるような発言をしてくれた事も大きかったと思う。

最後はいまいましげな捨てセリフ「手抜きなんかしやがったら承知せんからな!!」を受けて、N氏の「こんな修繕工事でどうやって手抜きが出来ますねんな。」これでようやく「確かにそうやな。」と相手の苦笑いを引き出せた。
ドスも元の場所に収まり、最後には「兄さんたち、気に入った。」とおほめの言葉まで頂いたのである。
ここで、"とりあえずは"一件落着である。帰り道は足取りも軽く・・・なわけない。体が鉛のように重かった。

【あとがき】
何で一件落着が「とりあえず」なのかだが、これで終わったと安心するのは早いと思っていたためである。
修繕工事は半日で終わるほどの内容なのだが、案の定、工事終了後に何かと難癖をつけて来ては関係ないはずの場所まで手直し工事をさせられ、本当にあとクサレがなくなったのは、実に12月4日だった。
けっきょく、1円の示談金も支払わずに済ませたわけだが、工務店にサービスしてもらう事は出来ないので度重なる工事代金はそれなりのレベルとなった。そして、クレームの度に飛んでいってなだめるのは自分の役目。
そりゃまぁ疲れましたよ。「こんなのはもう二度とやらん !!」と決意したのが本音です。

儲かりもしない厄介な仕事を引き受けてもらえたばかりか、最後まで面倒を見てくれた N社長にこの場であらためてお礼申し上げます。
・・・って、ブログを見てるわけないよな。( ´ー`)

【おまけ】
ドスの刺さったタタミの修繕は要求されませんでしたとさ。
お後がよろしいようで。(;`ー´)
関連記事

あなたならどうする ?

記事のタイトルが上手く付けられず、足りないアタマでなんとかひねり出そうとすると、どうしてもふる~い流行歌などを持ちだしてしまったりするのは恥ずべき事とは知りつつ、ついついやってしまうのであります。(;`ー´)

今日は何も予定のない休日。いや、実際にはあったのだが保留順延となり、午後から完全フリー状態となって、読みかけの本に向き合う事にした。外は寒いしたまには読書もしなくちゃね。本日は愚息のお相手は断固拒否や。( ´ー`)

20140119s.jpg
しばらく前に書店でタイトルと装丁に興味を惹かれ、何気なく立ち読みしてハマってしまったのがコレ。
ノンフィクション、すなわち体験記なのだが表紙だけをみれば、コメディ風だが、その内容はかなり深刻で驚愕もの。
すばり、タイトル通りの内容である。"店"を"会社"と読み替えれば実感出来るシャチョーさんも多数いるかも。
1/4ほどは書店で下見(立ち読み)を済ませていたので、残りを一気読みした、というより止められなかった。

副題にある通りの内容なのだが、何の後ろ盾もない一個人が、暴力団に対して一歩も引かず対等に向き合うお話。
本物のヤクザものに対しての姿勢が上でもなく下でもなく、「対等」なわけです。
長年にわたって極めて危険な状況を数多く体験しながら、著者が五体満足で生きていられるのは、この姿勢による事が最大の要因のように感じる。
もちろん深刻な窮地に陥ると警察官や刑事の存在がなければ戦えないのだが当然ながら専属警備隊とはなりえない。
とにかく、著者である宮本照夫さんは本当にスゴイ人です。
どうやったらこんなに信念があり、肝のすわった人物になれるのだろうかと尊敬に値します。

それにしても、関わりの深い業界人でもない自分がなぜ、この変わった本に惹かれたのか・・・
まぁ、フツーの一般人(?)はヤクザと対峙するなんて事は一生の間で何度もない、というより一度もない人がほとんどとは思うが、望まなくても関わらざるを得ない状況に遭遇する可能性はある。
運悪くそんな状況に置かれた時に、この本の巻末にまとめられている教えを忠実に守れば災難を回避出来る。
とは思うけど、誰もそんな保証は出来んよな。

さて、ここからが本題。自分はその体験をしている。しかも二度も !!
一度は、ヤクザの自宅に入り、本当に目の前でドスを突き立ててて恫喝された事さえある。
それは20数年前の事である。ヤクザ映画の一シーンのようで、今でも鮮明に記憶が蘇る。生涯忘れられない体験。
何でそんな事になったかというと、自分は情報システム責任者である前に、会社の総務責任者だったから。
社員の不始末でヤクザものを怒らせてしまい、手土産を携えて訪問する事にしたのだ。そうしないと、間違いなく会社に乗り込んで来るのが分かっていたから。何しろ非はこちらにあるのだ、軽々しく警察に頼るわけにもいかない。

当時の勤務先は大会社でもなんでもなく、たかだか社員数50名ほどの小規模な会社なので、そんな重大なトラブルは当然社長や経営陣の役目である。なぜ、自分が正面に立つ事になったのか。理由はかんたん。
相手の素性が分かると、ふだんは自信満々な社長や専務は震え上がり、ビビりまくって逃げまわっていたから。
相手が只者ではないという事が分かってからは、何しろ電話にさえ出ようとしないし、そのあげく「これはキミのシゴトや !」とありがたい業務命令を出されたのである。

事の発端は、社員が小型トラックに工事資材を積んで走行中に、荷台から大きく突き出して積載していた4m近い鋼管をくくっていたロープがゆるみ、カーブした時に荷台からはみ出してそのうちの一本が民家のカベに激突して穴があいてしまったというもの。外壁は良くある薄いモルタル仕上げだったので、いとも簡単に突き破ったのだ。
「留守宅だったので会社名と電話番号を書いたメモを置いて来ました。」と報告を受けた時は、こんな事態になるとはもちろん想像もしていなかった。

以下、次号に続く。
関連記事

130,000カウント

カウント 日付
----------------------
10,000 2010.02.01
15,000 2010.08.19
30,000 2011.12.13
40,000 2012.06.06
50,000 2012.10.26
60,000 2013.01.20頃
70,000 2013.03.25
80,000 2013.05.22
90,000 2013.07.06
100,000 2013.08.19
110,000 2013.10.05
120,000 2013.11.21
130,000 2014.01.11

今回は特にコメントなし。( ´ー`)

DSCN0003s.jpg
おまけ写真は、15年前の愛車"318i(E46)"。
MTで気持ち良く乗ってたのですが、とある事情により、同型のAT車に変わりました。
当時はまだバブルの名残があってフトコロに余裕があったのでね。(^ω^)
関連記事

いつも心に太陽を

「やられたらやり返す!!倍返しだ!!」
今頃になって、愚息がおなじみのセリフを良く吐くようになった。
とはいえ、本人がそう思っているのではなく、単なるモノマネなのだが、これがなかなか上手くて感心するのだ。
読書の習慣をつけさせようとの一環で、3ヶ月かかって「ロスジェネの逆襲」を読了し(もちろん話の内容は理解していない)、決めゼリフだけが頭に残ったようだ。

自分としても、ここ数年間、公私ともに憤懣やるかたない出来事が何度もあり、ずっとその心境が続いていた。
「何年かかってもゼッタイ土下座させてやる!!」と心に決めていた。

しかし、ある出来事を境に心境が変化した。「一年の計は元旦にあり」ってやつかな。正確には元旦ではないのだが。

自分は何を求めていたのか。敵対する相手を叩きのめす事が最終目的なのか。
敵を追い込んで土下座させればすべて解決するのか。とことん考えてみた。それはやはり違う。
問題の核心は、歪んでしまっている状況にある。本当の目標は自分が正しいと信じる状況に導く事である。
とはいえ、「憎しみや争いからは何も生まれない」とは賢人だからこそいえるのであり、理不尽な出来事や軋轢があれば「コイツだけは許さない!!」という怒りに満たされるのが凡人である。もちろん自分もその凡人に過ぎないのだ。

そんな中、ふと思い出したのが「北風と太陽」のお話。特に説明の必要はないだろう。その心境になる事が出来た。

20140101-2s.jpg
これからは太陽になろう。
何だか、そう決意した瞬間から、ウソのようにすっと気が楽になった。肩の力が抜けたってとこか。
考えてみれば、別に相手が極悪人というわけではない。倒さずとも「上着を脱がせる」事が出来れば良いのだ。
それも力づくではなく、「自分の意志で上着を脱ぐ」ような環境を作るのだ。
怒りのエネルギーはその方向に転換させて、心機一転、頑張るぞ!!

そんなわけで。
自分もまだまだ発展途上なのだとあらためて思い直し、少し嬉しくなってしまった今日この頃です。ヽ(゚∀゚)
関連記事

Dual 721 復活!!

20140104-2-1s.jpg
"13.7秒"。今まで一度も測定した事がなかったが、誤差も勘案して15秒程度というところか。
絶妙である。10秒では短すぎ、20秒では長すぎる。

20140104-5-1s.jpg
15秒なら、スタート操作から余裕を持って着席出来る。

20140104-3-1s.jpg
すみませんね。時折り、もったいぶった言い回しをしたくなる、困った性格です。( ´ー`)
測定したのは、右から2番目のスタートレバーを軽く左に操作してから、トーンアームがシャキッと持ち上がってスムーズに盤面端へ移動し、ピックアップカーリッジの針が盤面に降りて音声出力が解除されるまでの時間でした。
メリハリのある動作の後で、針先が羽のようにふんわりと盤面に降りて演奏が始まる。
この一連の動作を見るのが楽しみでレコードをかけているようなもんです。とは言い過ぎだが。(;`ー´)

20140104-6s.jpg
ヤフオクで"Dual 721"を手に入れてから、初めてのメンテナンスとなった。
今年の年末年始は曜日のめぐり合わせが良く、9連休をゲット出来たのだが、早くも今日が最終日かぁ・・・
特別な予定のない長い休日は、死蔵しているLPレコードをじっくりと楽しめるチャンスだった。しかし。
1ヶ月前にウォーミングアップのつもりで動かしてみたら、何と!!
再生音が何かヘンと思ったら、右側のスピーカから音が出ていない!! ガァ~~~ン!!(ノ゚Д゚)

ついにこの時が来たか・・・
何しろ製造されてから30年以上も経過した古い機器である。何時どこが不調になっても不思議ではない。
入手してからもメンテナンスらしき事は何もしていないのに、これまでは問題なく安定してシゴトしてくれていた。
使用する度に、「今日もちゃんと動いてくれるだろうか」という不安が緊張感を生み、心地良い音楽鑑賞の時となる、などという事があるはずはないが、古い銘機を愛でるにはこの種の覚悟を持つ事は避けられない。

足りない脳みそを駆使してアナログレコードプレーヤーから片方の出力が不能になった場合、考えられるのは次の要素
1.ピックアップカートリッジの針先や部品の劣化
2.カーリッジの配線劣化
3.取付シェルとトーンアームの接合部
4.プレーヤーの出力ケーブルやプラグの劣化
5.ヘッドアンプの不良
6.プリメインアンプの不良
7.プレーヤーの音声出力制御部分の故障

真っ先に疑ったのは 7.である。レコードをかける度に、かなりデリケートなリレー(?)が二回ずつ動作している。30数年間で動作した回数は数千回から数万回にも達するかもしれない。これしかない、と頭から決めつけていた。
5.と6.は正常である事が確認出来た。同一カートリッジを付けっぱなしだったので、1.から4.までの可能性は低い。

7.だとすると、自分の手には負えない。信頼できそうな修理業者がない事はないが、完全に治って戻ってくる保証はなく、直ったとしても数万円の費用は必要となる。ウジウジと迷っているうちに休暇に突入し、機会を逸してしまった。

20140104-1-1s.jpg
9連休も最後に近づいていて、ヒマな時間はたっぷりあるし、最低限のやるだけの事はやってみるかと重い腰を上げ、カートリッジを交換してみた。以前に所有していたプレーヤーを処分する時に、予備として保管してあったものである。
カートリッジ交換なんて、いったい何十年ぶりかと少しばかり感慨深くなったが、相手がデリケートな部品で構成されている事さえ忘れなければ、簡単な作業である。ていねいにやっても 1~2分あれば出来る。
交換した"SHURE 75B"をセットし、おそるおそるレコードに針を降ろしてみると・・・

ちゃんと左右から音が出てる。直ったぞ!!ヽ(゚∀゚)

しかし。よっしゃこれで一件落着。とはいかない。"M75B"ではなく、元の"SHURE V15TypeⅣ"でなければ気分悪い。
ちゃんとふたつを聴き比べたわけでもないし、そうしたところで明確な音質違いを認識出来るような繊細な聴覚も持ち合わせていないので、あくまでも"気分"に過ぎない。
趣味嗜好の世界なので"気分"を侮ってはならない。ダメ元でもう一度交換してみる事にした。ヘッドシェルが 1個しかないので、いちいちカーリッジを交換しなければならないのだが、さすがに二度目になるとサクッと作業完了。
そして、おそるおそる音出ししてみると・・・

ちゃんと左右から音が出てる。直ったぞ!!ヽ(゚∀゚)

・・・て、何やどうゆうこっちゃ!! コネクタを抜き差ししたら直ったというだけに過ぎない事になる。(・д・。)

20140104-4-1s.jpg
という怒りを抑えて心を安らかにするために、あらためて45年前のレコードをかけてみよう。"エリック・サティ"の名を初めて知った名盤中の名盤。シャープでスリリングな演奏の"Spinning Wheel"が特にお気に入り。
35年前のレコードプレーヤーから15年前のアンプを通し、20年前のスピーカから出て来るサウンドに何も不満はない。
最新最高の機器から比べられると次元が違うというレベルかもしれないが、そんなもんに関心がないので知りたいとも思わない。これで満足です。さて、次は何が起こるかな~。( ´ー`)
※ラックの左にあるのは、シアター用のスーパーウーファーであり、レコード再生時には音は出ない
関連記事

ぶらり散歩("人も風景"なのだが・・・)

三が日の最終日、夕刻前にぽっかりと時間が空いたので、運動不足が気になっていた事もあり、久々にカメラをぶら下げて近所の公園に出かけた。

20140103-1s.jpg
こんな空が撮れたのは何時以来かと感じるほど、最近はどんより曇り空が続いていた。

20140103-2s.jpg
岡谷鋼機さんの独身寮。おそらく菊美台でイチバン豪華な建物である。( ´ー`)

20140103-4s.jpg
何となくあれこれとシャッターを切っていて、子供がレンズの前を横切ったのでついでに撮ったら、その直後に子どもたちの「あの人写真撮ってるよ」などという小声が耳に入って来たので、念のため顔の出ない写真だけにした。
「そんなもん、いちいち気にしていたら人のいる場所での撮影なんか出来なくってしまうではないか !!」と開き直りつつ、見えないところから指を差されているようで、小心者はこの場からそそくさと移動した。
メンドくさい風潮に辟易。もう、やりにくいなぁ・・・( ´Д`)

20140103-3s.jpg
つまらん事で気を遣うのもバカらしい。そんなわけで、無人のベンチ。(;`ー´)

20140103-5s.jpg
3m近い高さのある使い道の良く分からない運動器具。バスケしかないと思うが使われてるのを見た事はない。

20140103-6s.jpg
中央の花が浮き出しているように見えればオッケー。

20140103-7s.jpg
左端に屋根が見えているだけだが、地元の素晴らしいスーパー銭湯「音の花温泉」。玄関前駐車場は既に満車。ここは第二駐車場だが、これだけ埋まってると客数はほぼ満員と思われる。ご同慶ですな。
一級品とまではいえないが、ちゃんとした寿司メニューや広くて立派な露天風呂が魅力で以前は良く通っていたが、いつまで経っても滑りやすい床材のまま放置されているなど、いろいろと不満も出て来て最近は年に数回程度となった。
1年くらい前から休憩室がようやく全面禁煙となった事だけは二重丸。

20140103-8s.jpg
「悲願」だった平群パイパスは三年前にようやく完成。おかげで住宅地前道路の交通量が激減した。

20140103-9s.jpg
ただいまっと。愛車の初撮り。右下がりなのは敷地が傾斜地だからです。念のため。( ´ー`)
関連記事

| NEXT≫