FC2ブログ

PLフィルターふたたび

ブログを長くやっていると「アホな事書いてるなぁ・・・」と後で恥ずかしくなる事が多々ある。
しかし、加筆訂正は日常的に行なっているが、一度載せた記事は基本的に削除しない方針なのである。
※よほどの事がない限り・・・( ̄Д ̄)

今思っている事は、このところ載せた写真について「見たままのイメージ」という表現を多用している点である。
単なる記録写真ではない"良い写真"を目指すなら、「見たまま」ではなく「感じたまま」のイメージにしなければならないのが自明の理である。という鉄則を忘れがちなので、今一度肝に銘じておこう。
ホワイトバランスや露出をいじって"紺碧の空"を描くのはどうしても不自然さを伴うので極力避けたい。

DSC09044s.jpg
というわけで、"PLフィルター"を買いました。例えば「青い空をより青く」等を実現してくれる強力アイテム。
南アルプス八ヶ岳を望む関東の平野部などとは異なり、実際問題として「抜けるような青空」なんて、考えてみれば年に数日しかないと云っても過言ではないくらいに汚い関西地方の空の環境では必須アイテムでもある。

ところで「この写真、前にも見たことがあるぞ」と閃いた人はエラい。ほぼちょうど一年前にも同じような事を書いていたのである。この時買ったフィルターと今回のフィルターは同じ製品なのです。62mm → 49mmと経が違うだけ。

同じものを買うはめになった理由は、前回のフィルターが 62mm経で、ズームレンズと共に売却してしまったため。
現在の"Eマウント"規格の所有レンズはすべて単焦点の"20・24・30・50"mmで、フィルター経は 49mmで共通。
さて、今回はどの製品にしようか。と迷うまでもなく、比較的高級品である"ZETA"シリーズを再び採用。

DSC09042s.jpg
PLフィルター、もっと安い製品はいくらでもあるのだが、現在ほぼ常用レンズと決めかけているのが"SEL20F28"。
基本性能は開放 F値2.8と、以前の定番であった"SEL24F18Z"の F1.8よりも一段劣るのだ。
そして、PLフィルターだって、レンズの一種。やはり明るさは価格と比例しているようだ。ケチる事は出来ない。
定番レンズを変更したためにただでさえ暗くなっているのに、更にフィルターで暗くなる事態は最低限としたい。

さて。今回の記事に載せた写真だが、一枚目はフィルターなし、二枚目はフィルターを装着してフィルター効果を最大に効かせた結果である。一見したところ大差がないようにも見えるのだが、同じレンズ("SEL20F28")を使用して、どちらも"ISO=200、EV 0"としたら、一枚目のシャッタースピードが 1/15秒で、二枚目が 1/8秒となった。
とはいえ、夜の室内でしかも最低限の光量しかない環境でPLフィルターの試し撮り比較なんてほとんど「意味なし」かもしれないが。(;`ー´)

DSC09039s.jpg
"SEL20F28"に装着した"ZETA"。ほとんど真っ暗けやし、純正でない弊害か、レンズフードを装着出来なくなった。
しかし、そもそもPLフィルターが付いたのならフードなんて要らないのかもしれないなぁ・・・
う~ん、それにしても、こんなんでちゃんと撮れるのだろうか・・・続編を乞うご期待。( ´ー`)
関連記事

初の「お初天神」と「阪急百貨店」

「大阪生まれの大阪育ち」といきがってみても、知らない場所の方が多い世間知らずであります。( ´ー`)
パンケーキレンズを買って、早速梅田に繰り出した、というわけでもないのだが・・・

DSC08838s.jpg
今回の知らなかった場所は、大阪人なら誰でも知ってるはずの「お初天神」。
大阪有数の、というより最も地価の高い"キタ"の中心地近くにある小さな神社です。

DSC08842s.jpg
所用があり、最新のオフィスビルである"第一生命ビル"にやって来たのだが、その真ん前にあるのがここ。
生憎の雨、というよりもかえって風情があって良いのだが、背景のビル群がどうにも目障りなのが残念。
「ビル街の真ん中にある神社」ではなくて「神社の周りにビルが立ち並ぶようになった」のたが。

DSC08845s.jpg
出来るだけビルが映らないようにとカメラを構えても、どこから撮っても入り込んで来るのだ。(;`ー´)

DSC08846s.jpg
ゾナーなら、もっとキレイにボケてくれたはずだが。ま、いいか・・・( ´ー`)

DSC08860s.jpg
裏口、という北側の門はこんな感じ。振り返ると・・・

DSC08863s.jpg
そこはもう、"曽根崎通り商店街"。

DSC08866s.jpg
所用を済ませた後はランチタイム。

DSC08868s.jpg
最初からここに来るのが目当てで仕事の予定を組んでたりして・・・(・∀・ )

DSC08872s.jpg
相変わらずイイ雰囲気です。でも、やはり昼間に来る店じゃないな。

DSC08876s.jpg
などとボヤきつつ、注文したのはこれ。( ´ー`)
「せっかくのビヤレストランでこれかよ!?」とツッコミたくもなるかもしれませんが、これがけっこうお気に入り。
この"ニューミュンヘン"では本格的な美味しいお寿司が頂けるのが大きな魅力。セットのうどんもとても美味。

DSC08882s.jpg
満腹になった後は、10分ほど歩いて、都会のオアシス「阪急百貨店」屋上広場へGO。
ムカシは、百貨店屋上といえば子供用のアミューズメントパークが定番だったのですが、21世紀の最新百貨店は違います。商売抜き!!大人のための癒しの空間となっている。
ベンチがあちこちに設置されていて、ゆったりとくつろげるようになっている。

DSC08883s.jpg
商売抜き、という点ではこちらも目玉の"祝祭広場"。何と9階から13階までぶち抜きの吹き抜け空間。

DSC08886s.jpg
ホワイトバランス"AUTO"では赤みが勝ち過ぎてしまったので"電球色"で調整。こっちの方が自然な感じ。
でも、やはり"AUTO"の方が実際の見た目に近いよな・・・
それにしても、平日の13時過ぎというのに、階段に居座っているこの連中はどうみても勤め人。
何やってんでしょうねぇ。と、人の事云えんのか!! (;`ー´)

でも、このような"くつろぎ空間"というのは、これまでの百貨店で決定的に欠けていた部分ではある。何しろ、旧来の百貨店なんて、店に足を踏み入れた後はすべてのスペースが売り場で占められ、ちょっと腰を下ろす場所さえなかったのだから。あったとしても、エスカレーターやトイレのそばなどのちょっとした隙間に設けられていただけ。
"お客様は神様"のフリをしていながら、本気でもてなす姿勢がなかったのは確か。

DSC08903s.jpg
最新の百貨店は、"化粧室"も一流ホテル並み。

DSC08913s.jpg
そろそろ帰らなくては、と一階に降りてみたら、オドロキの行列に出くわした。

DSC08908s.jpg
先をたどってみると、"中間地点"でも更に長い行列・・・( ゚д゚)

DSC08910s.jpg
ようやく発見したこのお店の名は、「バトンドール」。って、おい、"ポッキー"の店やがな!!
「カンブリア宮殿」で見た記憶があるが、正にその通り。飛ぶように売れていた。しかも平日の昼間やで!?

DSC09017s.jpg
これは翌日の帰途途中に撮った、本日開業の「グランフロント大阪」。
関連記事

ひょっとして神レンズ !?

ニューカマーのパンケーキレンズ"SEL20F28"。こんなに良いなら、さっさと買っておけば良かった・・・
今のところ、ゾナーとの違いは分からない。って、多数の写真を撮っても、所詮パソコンモニタで見てるだけ。
大伸ばしの印刷などする事はないし、分からなくて当たり前なのかもしれない。
だいたい、自分の審美眼なんて、"RX1"の実力さえ見分ける事が出来なかったというレベルなのである。(;`ー´)
20mmという画角も、日常のスナップ用途には 24mmよりも更に使いやすい。これで常備レンズの座は決まりかな。

ちなみにお値段は 32,500円。最安価格46,000円前後の"RX100"を買うよりも安上がりで済んだのもうれしい。
ヨドバシカメラ梅田店で現物を触っていて我慢できなくなり、衝動買いに及んだのだが、値札は 35,800円。
価格コム最安値は 30,800円前後、アマゾンで 31,800円である。ヨドバシ価格なんて大体こんなもん。
「差がありすぎるやろ」と販売員に詰め寄り(交渉し)、ポイントなしで値段交渉に成功したのである。
例によって店員が奥の方に入ってからまた戻って来て、希望通りの10%引きという納得価格になり、即ゲット。
おそらく誰でもちょっと交渉すれば実現する程度の値引きであるが、交渉しなければ 35,800円である。
ヨドバシだって、価格交渉すれば程度の差こそあれ、大抵は応じてくれるので気をつけましょう。皆さん。

とはいえ、とにかく安く手に入れたければ、お気に入りのネットショップである"さくらや"さんなら 28,600円で買える事くらいは知っていたが、なぜヨドバシなのかというと、これまでコツコツ貯めていたポイントを行使したため出費ゼロで済んだのでありました。たまには店で衝動買いもしてみたかったし。

手のひらサイズの神レンズ
とにかく病みつきになりそうな「手のひらサイズの高画質」ヾ(o´∀`o)
何しろ軽いし、通勤バッグにもラクラク収まるので、常時持ち歩きが可能になった。休憩タイムにも、セカンドバッグやポーチに放り込んで気軽に連れていけるので、「撮りたい時に撮りたいものを撮る」事が可能に。
やっぱコンデジはこうでなくっちゃね。お天気も良いし、今日は昼休みにサイクリングに連れ出そう。

DSC08915s.jpg
お気に入りの「飛翔橋」。青過ぎないブルースカイもほぼイメージ通り。

DSC08917s.jpg
何の変哲もないハトさんのお写真。

DSC08917_edited-1s.jpg
真ん中に佇むハトさんを、たまには「等倍切り出し」で画質確認してみよう。うん、そこそこイケてるのではないかと密かに自己満足。( ´ー`)
ところで、このパンケーキのやつはコンデジ並みの気軽さとはいえ、手ぶれ補正が効かない。
つまり、その機能がないため、コンデジみたいに片手でパシャッというわけにはいかない。それをやると、確実にブレブレ写真の量産となってしまうので、きちんと脇を締めて気合で撮る必要があるのでくれぐれもご注意。
いや、これは自分への警告です。初日にかなりブレ写真撮りをやらかしてしまったので・・・

DSC08942s.jpg
毛馬桜之宮公園の川岸はサイクリングロードとして整備されている。絶好のサイクリング日和でもあり、今日は北の端の毛馬水門まで足を伸ばしてみた。

DSC08955s.jpg
サイクリングロードの終点で堤防を上がってみると、眼前に広がるこの景色。これ、お弁当スポットに良いかも。

DSC08945s.jpg
そこで、ふと振り返ってみると、何やら墓碑らしきものを発見。

DSC08946s.jpg
ん!? な、何と「蕪村生誕地」なんて書かれて、じゃなくて彫られている。ヽ(゚Д゚ )

DSC08949s.jpg
読めるかな ?「春風や 堤長うして 家遠し」うん、堤防上にある事にひっかけたようだ。うまい。
とはいえ、本人がこの場所で詠んだわけではないようだ。そもそも"生誕の地"で「家遠し」もないよな。
詳細なうんちくについてはこちらをご参照下さい。この地ではかなり有名らしい。
都島区に棲息するようになって20数年間、今まで知らなかった事を恥じるばかり。
いや、まぁ自転車ででもなければこんな場所に来る事はないからねぇ・・・

DSC08954s.jpg
ロボット軍団のような水門操作場を背景に愛車を撮ってみる。どっかでみたような構図ですが・・・( ´ー`)

DSC08979s.jpg
そして、小一時間ほど走り回ったサイクリングの後は、これや。(;`ー´)
本日は愛妻弁当をパスして、出血値下げとなった"ヨシギュー"をいただく。ちょっと味が濃くなった気がするが、"史上最高のうまさ"だそうです。相変わらず高いお新香(90円!!)とセットでも何と 370円のランチ。
自分としては、いくらなんでも牛丼安すぎである。別にここまで安くなくても、食べたい時にはいつでも来るぜ。
これでどれだけ客足が戻るのだろうか。30%増との目標らしいが、上手く行けば良いがね。ガンバレ吉野家。

最後にピンぼけになってしまったが、早く食べたかったもので。お許しを。
ここでひとつ発見。背景ボケについてはゾナーの圧勝である事だけは確認出来て、ちょっと安心。
何しろお値段三倍ですからねぇ・・・
関連記事

コンパクトNEX

約一ヶ月間悩んだ末に、パンケーキレンズを買う事にした。最初に"NEX-5D"を買った時に16mmパンケーキレンズがセットとして付いてきたのだが、ぬるい描写力に愛想を尽かして一年前に処分してしまって以来である。
迷っていた最大の理由は、今以上にレンズを増やしたくなかったためである。
もし買い足すとすれば、高画質ズームと長焦点マクロレンズと決めていたのだが・・・

DSC07419s.jpg
こちらは、ここしばらく付けっぱなしとなっていた、"Sonnar T* E 24mm F1.8 ZA"。
説明の必要もない折り紙つきの銘品で文句なしの高画質。画角も最も使いやすいフルサイズ35mm相当で、ほとんどこれ一択状態だったのだが、唯一にして最大の不満が、この長~いレンズ長。とても気軽に持ち歩く事が出来ない。
"NEX"最大の魅力は「軽くてコンパクトで気軽に持ち歩ける高画質カメラ」なのだが、結局はこの微妙にデカイサイズのために、毎日持ち歩くにはいかないため、ここのところ"RX-100"に色目を使う日々であった。

DSC07422s.jpg
そこで。待ってましたの高画質パンケーキレンズ"SEL20F28"に飛びついたわけ。
とはいえ、前述のとおり、購入を決断するのに一ヶ月かかりましたが。(;`ー´)

DSC07417.jpg
ゾナーは重量がそれなりにあるので、20mmパンケーキの軽さも非常にありがたい。
フツーの一眼カメラからすれば、どちらも奇跡的に軽量なのだが、やはり軽いにこした事はないのである。

DSC07409s.jpg
これなら、セカンドバッグにも余裕で収納出来て、本当に気軽に持ち歩く事が出来る。

DSC07425s.jpg
これでシャープでクリアな画が撮れるとすると、ゾナーの立場も危うくなるのだが、果たして・・・
関連記事

スーパーツール「桐」

新天地となった A社では、宣言通り三ヶ月弱で事務系(経理業務)の残業を根絶させる事が出来た。
半信半疑であった先輩事務社員や経営陣の、自分を見る目が明らかに変わり、一目も二目も置かれるようになった。
最初に大風呂敷を広げたものの、内心気が気でなかったが、それを可能にしてくれたのが"桐"との出会いだった。
"dBASEⅢ"では、というより他のどんなソフトウエア製品を使っても出来なかっただろうと今でも思う。
それでは、データベースソフトではなく、"MultiPlan"なら同じ事が出来たかというとそれも「No」。

DSC08750.jpg
入社後しばらくは業務への慣れに要する時間と、"dBASEⅢ"でシステムづくりの準備をしていたという事もあり、実際に"桐"での実務処理に費やした時間としては、二週間もかけていない。それまでは「要件定義」の期間。
何をすべきかが見えてきた時点から、全速力で当面の目標に到達する事が出来たのである。
当時から「高度なデータ処理がワープロ並みのカンタンな操作で可能」などという類の宣伝文句はほぼすべてのデータベース製品が謳っていたが、本当にこれを実現していたのは"桐"だけであった。「これしかない」と確信。
以後、"桐V2"の末期から"桐Ver.5"まで、約8年間という長い期間にわたって"桐"との蜜月が続くことになる。
そして、"桐"との別れも唐突にやって来るのだが、それについてはおいおい綴っていく。

DSC08759.jpg
とはいえ、いくら"桐"の機能が優れているからといって、手品のように素人の身でそんな短期でちゃんとした「システム」が出来上がるはずもない。成功の理由は、必要最小限の作業項目のみを対象とした事であった。
何しろ時間が限られているのだから、聞き取りと観察・業務の分析によって事務作業の中で本当に今すぐ必要な項目のみを絞り込み、「選択と集中」によってコアな部分のみを半自動化したのである。

"半"自動化とは、"桐"を操作するのが自分自身にしか出来ないという状況である。他のユーザー(社員)にも説明なしで使えるような「システム」とするには、やはり多大な努力と時間が必要であろう事は認識していた。

ただ、実際には事務社員は"桐"の基本操作(会話処理)はすぐに覚えてくれたので、後は自動化する部分を少しずつ増やしていけば良いというわけで、余裕を持って業務改善を進める事が出来たのだが、いくら効率が良いとはいえ、やはり"システムづくり"は甘くはない。"一括処理"の習得にも時間がかかる事は覚悟しなければならなかった。
"酒井本"にも、一括処理による業務システム構築までも懇切丁寧な解説があったわけでなく、というか 1冊の単行本にそんな内容を網羅できるはずもなく、それはないものねだりに過ぎない。

他に頼れるものはやはり書店にしかなかった。しかし、"桐"を扱った市販の参考書籍はいくつか出ていたが、お決まりの内容の入門書レベルのものばかりでかえってストレスが溜まるばかりであった。
そんな中、自分にとっても生涯忘れられない、今はなき「エーアイ出版」の月刊誌であった「98magazine」だけが唯一例外的に実用的な解説シリーズを掲載してくれていて使いこなしのヒントも少なからず得る事が出来た。

DSC08762.jpg
ただし、やはり自ずと不特定多数の読者を想定したものであり、自分の懸案事項に関してタイムリーに役立つというには程遠い内容である事に変わりはなかった。
情報を渇望しつつあったその頃、富士通が主催者である"Nifty-Serve"の存在を知った。調べてみると、何と"桐"の会議室があるらしい事が分かった。(゚∀゚)
関連記事

造幣局桜の通り抜け その - 夜桜

DSC08644s.jpg
屋台をのぞいている内に時刻は19時を過ぎ、ようやく南門にたどり着いた。

DSC08645s.jpg
気温は実に 5度程度と、コート無しでは震えてしまうほどの冬の寒さでありました。

DSC08651s.jpg
夜なのだから撮れて当たり前の「漆黒の闇に浮かぶ花」。
以下同様、似たようなのばかりでセンスの無さを露呈。説明文も省略。特に書く事もないし・・・(;`ー´)。

DSC08652s.jpg

DSC08662s.jpg

DSC08666s.jpg

DSC08682s.jpg

DSC08685s.jpg

DSC08688s.jpg

DSC08691s.jpg

DSC08745.jpg

DSC08756.jpg

帰り道でさらっと丸ボケ撮りの練習。「造幣局桜の通り抜け」シリーズは、これにておしまい。
関連記事

| NEXT≫