FC2ブログ

東京駅舎を撮ってみた

久々に出張で東京に出かける機会が出来たので、NEX-7 & ゾナー24mm の最強の布陣で臨んだ。

DSC06103.jpg
最大の目的は、今や東京に関心のある人なら多分誰でも知っているはずの、赤レンガの東京ステーション。

DSC06098.jpg
実際、建物はほんとうに素晴らしいけど、いや、もう悲しいくらいに周辺環境から浮いてます。( ´ー`)
いかにそれを感じさせないかというのが腕の見せ所といったって、そんなスポットは自ずと限られてくる。

DSC06112.jpg
単焦点レンズなので、クローズアップには、すたすたと文字通り歩み寄るしかない。窓掃除のお兄さんにエールを。

DSC06106.jpg
あっちもこっちも、写真を撮りたい人たちでいっぱい。

DSC06119.jpg
ほのぼのした良い雰囲気やな。修学旅行生にしては、やけに数が少ないが。まぁ、詮索するのは野暮ってもんや。

DSC06128.jpg
フォトスポットのここは、撮影希望者が絶えない。

DSC06129.jpg
それにしても、赤レンガの建物ってどうしてこんなに魅力的なのだろうか・・・
ついでに。それにしても、毎回毎回注意しているはずなのに、なぜ右肩下がりになるのだろうか・・・

DSC06135.jpg
少しは緑も入れておかないとね。

DSC06160.jpg
順調に仕事の用件は終わって、東京駅に戻ったのが16時30分過ぎ。
そのまま帰宅するつもりであったが、この季節なのですでに夜の気配。
師匠と同じく早寝早起きの身としては、めったに遭遇することのないフォトジェニックな時刻ではないか!!
たぶん用語は間違ってると思うけど、無粋なツッコミはお断り。あらかじめご了承下さい。( ´ー`)
既に帰りの新幹線切符は買ってあったのだが、ダメ元で駅員に聞いてみると、何と途中下車自由との事。
やったぁ~~~。いや、常識かもしらんけど、そんなん知らなかったのです。○=(゚∀゚ )

DSC06162.jpg
指定席の時間を1時間遅らせて、撮影に没頭。
しかし、昼間以上にたくさん撮ったのだが、後で良く見たら使い物になるのはわずか数枚という有様。

DSC06185.jpg
なぜか、ピンぼけダメ写真の量産になってしまった。やはり三脚使わないとムリなのか・・・
いや、ミニ三脚は携行していたのだが。ちょっと甘かったと猛省。

DSC06197.jpg
ゲップが出るほどシャッターを切った後は、N700のぞみ号の車中でビール片手にのんびり駅弁でも食べながらとショップに寄ってみたら、スゴイ人だかりが。

DSC06199_20121130210258.jpg
駅弁も、一昔前の"高いのに旨くない"から"高いけど旨い"に進歩して、見た目もかなり良くなって来ている。

DSC06203.jpg
それにしても、あらためて見てみると、新幹線の車両ってめちゃくちゃ長いというのを実感・・・

DSC06204.jpg
お世話になりました、のぞみ号。ちなみに、公私問わず、わたしは近距離・中距離旅行なら断然鉄道派です。
え!?誰もそんな事は聞いてないって・・・?
関連記事

野辺山天文台ツァー その2

DSC05908.jpg
DSC05909.jpg
DSC05910.jpg
DSC05911.jpg
DSC05912.jpg
DSC05913.jpg
DSC05914.jpg
DSC05915.jpg
DSC05918.jpg
DSC05921.jpg
DSC05925.jpg
DSC05929.jpg
DSC05933.jpg
DSC05941.jpg
関連記事

野辺山天文台ツァー

そんなわけで、残り少ない人生の間にもう一度野辺山天文台に行きたくなり、満を持して出かけた。
いや、ホンマに"満を持して"なのである。何しろ10年以上前から、ずっと思い描いていたのだから。

DSC05873.jpg
どんな時にも欠かさない、"wii Fit"の朝トレをこなした後、予定より少し遅れの7時過ぎに勇意気揚々と出発。
野辺山までは400kmの行程。一気に走破しても良いのだが、急ぐ旅でもないし無理する必要もない。
とりあえず、休憩するなら諏訪湖S.A.と決めていた。時刻はちょうど12時前。この行楽日和で各店舗とも賑わっていた。

DSC05871.jpg
最近は規制緩和が進み、高速道路のサービスエリアのショップもようやくまともになって来て、都会のショップに遜色ない(は云い過ぎにしても)ほどに、企業努力が伺えるちゃんとした店が増えてきた。ここも例外ではない。

DSC05875_20121128201121.jpg
そして、そこで目にしたのが"ソースローメン"。近ごろはどこにでもある"B級"名物らしい。
怪しげなうたい文句を見る限り、無理やり名物に仕立てようとする魂胆ありありと感じた。

DSC05874.jpg
ふだんはそんなものは黙殺するのだが、今回は非常に余裕ある心と時間のため、500円出してみた。
すると、白い顎ヒゲの店主が積み上げられていたパックを愛想よく差し出した。
「何や、出来立てではないのか」と、失望とともに少し嫌な予感。でもま、たまにこんなのも良いかと・・・( ´ー`)

DSC05878.jpg
しかし。この時間帯に"積み上げられていたパック"って、要するに売れていないし冷めているって事ではないか!?
残念ながら不安は的中。見た目は完全に"焼きそば"であるが、やはり全然違う食べ物であった。
ただでさえ、"冷めた焼きそば"なんて、あまり気が進まないというのに・・・

で、おそるおそる食してみると、案の定口に合わない。まぁ、本場の粉もん好きからしたら「こんなもん、食えたもんやない!!」です。なにしろ、ちらほら見える肉は羊肉やし。もちろん羊肉自体は嫌いではないのだが、やっぱり炒めたそばと羊肉は決定的に風味が合わない。誰が考えたんや、こんなゲテモン。
それでも我慢して何とか半分は消化したが残りの半分は迷わずゴミ箱行きとなった。
だいたい、焼きそばもお好み焼きも、ソースが命。それをこの"ローメン"ってやつは、どこの家庭にでもあるようなとんかつソース風味のソースと、何より致命的なのはやはり"マトン"。
焼きそばは、豚肉があるからこそあの旨さが生まれるのである。もう二度と食いません、こんなもん。

DSC05880.jpg
で、お口直しに三ツ矢サイダー。

DSC05882.jpg
諏訪湖の風景。

DSC05884.jpg
著名な観光地のはずだが、琵琶湖を見慣れている目からすると、特に感銘を受けるような風景ではない。

DSC05887.jpg
とはいえ、撮影スポットには人だかりが絶えなかったのもまた事実。

DSC05889.jpg
さらに一時間進んで、野辺山に到着。盛大な右肩下がりをどうしようか迷ったが、あえてそのまま掲載。

DSC05890.jpg
ついに再会した、30年ぶりの光景。ここは気合を入れて、ゾナーの描写力を引き出してやろうと頑張った。

DSC05894.jpg
ついでに、エフェクトをかけて、サンダーバード発信基地風に。
以下、次号に続く。
関連記事

コンピューターとの出会い / 想い出の場所

ちょっとセピア気味の記念写真。良くこんなのを残してあったもんだと、自分で感心。
生まれて初めて"コンピューター"と出会ったのがこの地。その後の人生に決定的な影響を受ける事になった。
今から思い返しても、「なぜあんな境遇になったのだろう」と不思議である。

野辺山1981

当時、世界一の"電波望遠鏡"を目指して開発に邁進していた東大の宇宙科学研究所と、その施工を一手に請け負った三菱電機は、長野県の野辺山地方にて、完成に向けて精力的に各々の作業に従事していた。
目指していたのが誰も体験していない未知の領域ゆえ、双方とも苦労の連続であった事は言うまでもない。

そんな中、三菱電機の下請け会社であった大日通信工業の、そのまた下請けの零細会社の工事要員として駆りだされた自分は大勢の作業者の中の一兵卒以下の存在のはずだった。
なにしろ30年前の事であり、何人動員されていたのか記憶は定かではないが、とにかく数十名の作業者が炎天下にすり鉢状のツルツルのパラボラアンテナ表面に"忍者靴"で張り付いてパネルを合わせていくという、気の遠くなるような組立作業で、連日汗みどろになって働いていた。
実に、パラボラアンテナ組み立てにはミリ単位以下の精度を要求されていたため、パネルを貼ってはやり直し、貼ってはやり直しの繰り返しで、一体いつになったら終わるのかと忍耐の日々であったらしい。
・・・とまぁ、それに関しては他人事であった。

それでは自分は何をしていたのかというと、"電波望遠鏡"の中で、オペレーターとしてコンピューターとアンテナ運転操作のアシスタントを務めていたのである。
毎日汗みどろの作業者たちとは別世界の、空調の効いた快適な操作室で、正に鼻歌交じりの気分で働いていた。
そんな業務についたのは、たったひとりである。なぜ自分が選ばれたのか、今でも不思議(幸運)としかいいようがない。

毎朝、保管庫からオープンリールテープを持ちだして、"IPL"を操作するのが最初の日課であった。
今でも忘れない三文字。"Initial Program Load"。平たく云えばコンピューターの起動操作である。
テープをセットして、カンタンなコマンドをキーボードから入力して正常に起動する事を確認すればOK。

でもま、コンピューターの操作といっても実はそれだけ。( ´ー`)
その後は、プログラムされたスケジュールに従って、終日電波望遠鏡の運転操作をしていた。
合間に、東大教授連や技術者のちょっとしたアシスタント業務もあったが具体的な内容はすっかり忘却。
今から思い返しても、余りにラク過ぎて、「ホントにこんなんでいいのかなぁ・・・」と不安になるほどであった。

しかし、肝心なハナシはこの後である。以下、次号につづく。
関連記事

祝 1000日達成 !!

今や手放せないツールとなった"バランス Wii ボード"。

DSC05869.jpg
毎朝6時過ぎに起床して約30分、休日は 60~90分間の筋トレ・ヨガ・バランスゲームに励んでおります。

DSC04040_20121126210539.jpg
一念発起で本格的に始めてから1,000日が経過しました。とはいえ、これは2ヶ月前の記念写真。
一応キリの良い日として撮ってあったのです。もちろん今は更に日数が増加しています。
ちなみに、"ひこさま"は愛息が作ってくれたアバターです。え!?全然似てないって!? ま、イメージですから。

DSC04542-1.jpg
毎週土曜日になると、こうやって褒めてくれるのでなかなか止められなくなりました。
開始後1,000日間ではあるが、最初はせいぜい週1回程度のペースでした。しかし、いったん習慣づくと休めなくなってしまい、連続記録は現時点で55週間(撮影日は50週間)と自分でも信じられないくらい続いているのです。

DSC04054.jpg
体重測定の後にカンタンなバランスゲームをやらされ、体力年齢を宣告される。
これにはまっていて、止められない原因のひとつになっている。いや、ホント良く出来てます。
で、実際に何をやってるのかというレポートはまた後日。乞うご期待。( ´ー`)
関連記事

ひょうたんからコマが・・・

ちと思い立って、長野県経由で群馬県まで出かけて来た。
2日で1,000kmか。こんなに長距離ドライブしたのは何年ぶりかなぁ・・・

DSC06074.jpg
群馬県の訪問先からの出発直後に給油してトリップメーターをリセットしてあった。
そして、我が家まで、ぴったし500kmであった。しかし、トリップメーターは555km。
実は、出発後きっちり6時間経過の16時30分に帰還していたのだが、大問題発生!!
なんと、家の玄関のカギを持って出るのを忘れ、せっかくたどり着いたというのに、さらにひとっ走りするはめになってしまったのでありました。けっきょく、家に入れたのが見ての通り18時30分過ぎ。(*´~`*)
しかし、そのため思わぬラッキーな出来事が・・・以下次号。
関連記事

| NEXT≫