FC2ブログ

バブル時代の遺物 WTC

所用で大阪府庁咲洲(さきしま)庁舎へ何度か通う機会が出来たので、愛用のカメラを携えて出かける事にした。

DSC04572.jpg
大阪市営地下鉄のコスモスクエア駅から臨む湾岸工業地帯。別に良い眺めというわけではないが。( ´ー`)

たかが地下鉄の駅なのに"コスモスクエア"とか、ミニモノレール路線に"ニュートラム"などという気取った名付けをするというのが、いかにも中身のないバブル時代を象徴しているとつくづく感じる。

DSC04577.jpg
右手に見えるのは"ATC"。"WTC"とともに、この地域一体の中心的存在となるはずであったが、バブル崩壊により、竣工後20年近く経過してもその周囲はまったく発展せず。関西国際空港とともに、"バブル時代の徒花"。
経済合理性など知らなくても、利益が出ているわけがない事くらいは誰にでも分かる情けない状況や。
"採算性"や"経営責任"という、民間企業では当たり前の至上命題が、そもそもまったく理解出来てない二流のお役人たちが寄ってたかって造り上げたのが"WTC"という砂上の楼閣。
こんなものに市民の税金がムダに浪費されたのだから暴動が起きそうなものだが、近所の大国などとは違って、決してそうはならないのが気高い国民性なのやな。

DSC04581.jpg
ど~んと右側にそびえ立つのが咲洲庁舎。というより元"WTC"、実に高さ256mの威容を誇っている。
ちなみに、左手にある立派なビルは、スポーツ用品メーカー"ミズノ"の本社ビルですわ。

DSC04589.jpg
30mm単焦点レンズでは、どこから撮っても全容が収まらないのであった。(。-ω-)
それにしても、ここに老朽化した大阪府庁そのものを移そうと心を砕いた、当時の橋下徹知事は掛け値なしにエライと思う。
けっきょくは抵抗勢力の圧力で、一部移転にとどまったわけであるが、それでも"強行"状態だったらしい。

DSC04597.jpg
建物内部の中心にあるアトリウムは、ちょいサイバーな雰囲気。単純に「かっけー」ですね。

DSC04594.jpg
で、所用というのがこの実に場違いな「建築振興課」への書類提出。一昔前と違って職員はみんな親切。
電子水準器をもってしても、ちょっと油断すると右肩下がりが顔を出す悲しい習性・・・
それはさておき、さっさと用を済ませた後は一路展望台へ。
展望台は二度目の挑戦である。一回目の訪問は昼前であったがその時に聞いた「営業は13時からです」に落胆。
「節電かい」・・・(。-ω-)。

DSC04600.jpg
体感時間2分ほどで52階まで上がり、後は長~いエスカレーターで展望台を目指す。

DSC04639.jpg
振り返って見るとこんな感じだが、写真では実感が沸かないよなぁ・・・

DSC04601.jpg
で、「55階」に到着。

DSC04632.jpg
おぉ、いるいる。"カメラ小僧"ならぬ"カメラおやじ"たちが。

DSC04638.jpg
が、まぁしかし平日の昼間やし、別の角度から見ると閑散としているというより誰もいない。( ´ー`)

DSC04605_20121028153129.jpg
とりあえず、足元を撮ってみた。後で解った、自身の影の存在感・・・

DSC04606_20121028153129.jpg
湾岸工業地帯を臨む。工業地帯なのに、何で観覧車があるのか、という野暮なツッコミはなし。

DSC04615.jpg
ATC。

DSC04619.jpg
逆行のシチュエーションでは、真昼間なのに朝焼けの雰囲気を感じた。人工島とのコントラストがちょっといいかも。

DSC04628.jpg
停泊中のフェリーも、被写体の中心としてはなかなか悪くない。

DSC04629.jpg
"サンタマリア号"。

DSC04641.jpg
展望台も20分もいると飽きてくるので帰途に着く。51階からの下りエレベーターの所要時間はこの通り。

DSC04643.jpg
シースルーのエレベーターホール。空間デザイナーの渾身の作だったのだろうが・・・Dream is Over やな。

DSC04648.jpg
また来るかもしれないが、来ないかもしれない"WTC"をスナップ。
関連記事

NEX-7 レンズの小さな悩み

レンズ交換出来るのがミラーレス一眼カメラの大きな魅力だというのに、手持ちレンズは三本だけ。
そして、いまだに勝負レンズはこれ一択。

DSC07341.jpg
"SEL50F18"。シャープでクリア、適切なボケ。手ブレとも無縁。今のところ描写力そのものには何も不満はない。
これで十二分に満足。購入時の感想と同じ。今でも、これ以上の品質は求めない。
が、しかし。"ポートレートレンズ"と呼ばれる通り、狭すぎる画角はおのずと用途が限定されるので出番が少ない。

DSC04786.jpg
で、実際の主力レンズはこっちの"SEL30M35"。
マクロレンズなのだが、スナップ用途には十二分な画質が得られるので、もう最近はこればっかり。
と画質は50mmにはかなわない事が明らかなのだが、近接撮影もラクラクこなせるので重宝している。

DSC04781.jpg
で、本当に重宝スべきなのはこの"18-200mm F/3.5-6.3 Di Ⅲ VC (Model B011)"のはずなのだが、その描写力が上記の二本より完全に一ランク以上下で、この数カ月間ほとんど出番がない。不憫ではあるが、近々オークション出品の運命である。

SEL24F18Z.jpg
そんなわけで、今もっとも欲しいのが"ゾナー"なのだが、とにかく8~9万円という実勢価格がこの一年間まったく下がらないのがしゃくのタネ。それどころか、口コミの主体が未だに"品薄"ネタというのも気に食わない。
実際、お気に入りの"荻窪カメラのさくらや"さんはじめ、8万円台で即納のショップは皆無の状況なのだ。
その値段でも、他に選択肢がないので買っても良いかと時々衝動買いしそうになるのだが、25,000円で買えた50mmの事を思うと、どうも踏ん切りが付かないのだな。近々"35mm/1.8F"が出そうだし。( ´ー`)
日常のスナップには、画角が30mmでもまだ狭く感じ、24mmというのは喉から手が出るほどなのだが・・・
関連記事

50,000カウント突破記念にアクセス分析

「今年中に50,000を突破するかも」と、6月に書いたのだが、早くも実現してしまったので記録しておく事にする。

カウント 日付
-------------------
10,000 2010.02.01
15,000 2010.08.19
30,000 2011.12.13
40,000 2012.06.06
50,000 2012.10.26

以上、かんたんレポートでした。

と、それだけではいくら何でも芸がなさ過ぎるやろという事で、ランキング発表。
"QLOOK"という無料アクセス解析ツールを使用した、7日間の集計結果である。
※無料版は7日間しか集計出来ないという制限があるため

ブログの中でどんな記事が多く読まれているかというのを知りたくて、1ヶ月前からこのツールを利用している。
予想はしていたが、ほとんどが見事にクルマ関連。"菊美台だより"の名が泣くぜ・・・( ´ー`)

QLOOK20121027.jpg

ただ、ちょっと気になるのが、集計期間中安定した人気を誇る、11位の"シューズクローク"。
まぁ"間取り"の文字を入れれば関心を持たれやすいのは分かるし、やはり家や間取りの記事を増やせばアクセス数が増えるのだろうなとほくそ笑んでいる。
いや、一応弁解しておくと、別にアクセス数を稼ぐために記事を書いた事はこれまで一度もないのだが・・・
関連記事

物想う秋(小さな悩み)

RX100_mainvisual_index.jpg
「これで良かったのかもしれない」「いや、これで良かったに違いない」としみじみと思う今日この頃。
"DSC-RX100"。自分がカメラに求めていたのは、きっとこれだったのだ。
2年前にこの"RX100"が出ていれば、その品質に完全に満足し、カメラや写真テクそのものに興味を持つには至らなかったかもしれない。というより、きっとそうなっていただろう。

しかし、当時は"RX100"は存在していなかった。代わりに"NEX-5"があった。
("RX100"は、"NEX"シリーズの成功があったからこそ生まれたのかもしれないのだが)
「ブログに載せる写真をもっとキレイに撮れないものか」と、長年愛用して来た"IXY 900IS"に限界を感じて来ていた頃に、ひょんな事から"NEX-5"の存在を知り、大して深く考えずに飛びついた。そして驚嘆した。「別世界や・・・」

「今よりキレイな写真が撮れればOK」程度の期待であった。しかし、あまりといえばあまりにも違った、その画質の格差。一気にプロ級のツールが手に入ったような錯覚を起こすほどに、その衝撃は大きかった。

当時は、センサーサイズが根本的に画質ランクを決定するのだという基本的事実さえ知らなかったのである。

カメラと写真撮影についてある程度の基本的知識を得た今となっても、たかだか日常のスナップやブログ用のネタ程度に過ぎない自分の用途では、きっと"RX100"一台あれば何の不足もなかったであろうと思う。

しかし、それはあくまでも仮定であり過去形である。昨年の夏に、これまたひょんな事から写真の師匠に出会わなければ、写真そのものの素晴らしさや奥の深さも理解しないままだったかもしれない。

DSC04570.jpg
そして、SUNTORYの"ほろよいサワー"をちびちびと呑みながら、あの時その事に気づいた自分もちょっとエラいのではないかと自己満足に浸っているのであった。

*** 蛇足 ***
「今さらファインダーのないカメラを買う気はしない」とうそぶきつつ、"RX1"が気になって仕方がないこの頃・・・
関連記事

NEX-7 不満(のひとつ)解消

およそ半年間使ってみて、NEX-7に対する評価は一言「大満足」「買って良かった」。
とはいえ不満はいくつかあり、レンズのラインナップの少なさと並ぶ最大級の不満が「MOVIE」ボタン。

DSC04546.jpg
これは以前の愛機「NEX-5」。まぁゼロではないが、間違えて押してしまった記憶はほぼない。

DSC07330.jpg
「NEX-7」。ツインダイヤル配置の都合で下部に移動されているようだが、無意識に指が触れて動画モードになってしまい、一体何回シャッターチャンスを逃した事か数えきれないほどである。
しかも、これまではMOVIEボタンを無効にする方法が用意されていなかった !! ヽ(`Д´)

最近はさすがに慣れてきて、押し間違える頻度はかなり減ってきたが、それも常にボタンの存在を意識しながらの事である。その事を忘れて油断するとすぐに動画撮影開始となってしまい、静止画が撮れなくなる。
MOVIE OFFとしても、動画を保存する時間待たされてシャッターチャンスを逃がすという最悪の展開。

NEX7Up.jpg
で、ようやくファームアップで対応したとの情報を目にし、即実行。ダウンロードしたデータでアップデートするのに要した時間は約3分程度。

DSC07325.jpg
めでたく、セットアップメニューに"MOVIE(動画)ボタン"の項目が追加されたので即"切"とした。

DSC07334.jpg
さっそくMOVIEボタンを押してみたら、無効のメッセージ。やれやれこれで悩みのひとつは一件落着。(゚∀゚ )
関連記事

複合機「Canon MG6230」に驚き

MG6230は素晴らしい出来である。ホントは、そもそも iP4100がダメになったら次はこれを買おうと思っていた。

がしかし。"鬼のようにインクの減りが速い"というネット口コミのために二の足を踏んでいたのである。
成り行きで予定よりリニューアルが早まったのだが、果たしてどうなるのか。ぼちぼちレポートしていこう。
まぁ、自分だけではなくおそらく自宅で印刷なんてほとんどしないのが実情なのだし、そんなに気にする事でもないのだが、「まったく使わなくても二ヶ月ですべてのインクが空になった」などという書き込みもあったのだ・・

DSC04531.jpg
"MG6230"にセットしたインクカートリッジたち。全色とも数年前からごていねいにLEDが付いている。

DSC04540.jpg
これは、"PIXUS iP4100 & iP4300"用のインクカートリッジ。

DSC04525_20121018212003.jpg
手前が"MG6230"のインクカートリッジ。

DSC04527.jpg
たしかに、「思わず笑ってしまう」ほどの容量差である。しかも新型は中身が見えない!!
これを"改悪"と言わずして何と言う!! こりゃあ、怒るわな、フツー。ヽ(°▽、°)

DSC04536.jpg
しかし、それ以外は飛躍的な進歩を遂げているのも事実。

DSC04537.jpg
背面給紙機構だって、従来機に比してずっと垂直に給紙出来るように改良されている。
関連記事

| NEXT≫