FC2ブログ

プリンタのリニューアル完了/ Canon PIXUS iP4100 → iP4300 → MG6230

いかにも「オークションで賢い買い物をした」と自慢げに書いたばかりなのだが・・・

DSC04500.jpg
わずか三日間で役目を終えた"iP4300"。
到着時には正常動作していたのだが、昨日ブルーレイディスクに印字したら直後に致命的エラー"B200"発生。
知ってる人は知ってる、これが出たらもうお手上げの事態。メーカーに修理依頼するしかないのである。
しかも、電源入切を何度か繰り返しているうちに完全に無反応の突然死状態。( ;∀;)
長年インクジェットプリンタを利用して来たが、"B200"に遭遇したのは初めてである。
中古品の怖さを思い知ったがもう後の祭り・・・とあきらめる前に気を取り直し。

高評価を多数得ているオークション出品者である"フリースタイルジャパン"さんの担当者にダメ元で問い合わせてみたら、幸い快く返品 & 返金に応じてくれた。やはり出品者は厳選すべき、とあらためて自問自答。
で、次はもう新品購入しかないと決意。

DSC04502.jpg
すかさずやって来たのが、一年前の最新鋭機である"MG6230"、自宅用としては初の複合機である。
モデルチェンジしたばかりの最新鋭機"MG6330"を選択しなかったのは、現在の相場が実売価格 25,000円に対して、"MG6230"は 15,000円程度という大差がある上、背面給紙機構が廃止されてしまったのが最大の理由。

DSC04504.jpg
どこもかしこもテカテカピカピカで「いかにも高級そう」・・・には全然見えないのだが。
まぁ、そこは新品。いそいそと開梱しつつワクワク気分は自然と高まるのでした。
接地面積はほとんど変わらないが奥行きが増えた分、給紙カセットがキレイに収まるようになったのが大進歩。

DSC04506.jpg
まぁ、それにしても長い長い儀式の始まり・・・最初は何をやってたのか忘れてしまった。

DSC04507.jpg
ヘッドクリーニング中

DSC04508.jpg
見慣れない用紙"プリントヘッド位置調整用紙"をセット

DSC04509.jpg
鮮明な液晶画面にていねいなガイドが表示されるので、マニュアル要らずなのが救い。
・・・って、本当に紙のマニュアルが付いてない事に後で気がついた。( ゚д゚)

DSC04510.jpg
せかせかと作業中。とはいえ、夜の室内でも音は静か。

DSC04512.jpg
けっきょく、セットアップ開始からプリンタドライバ等必要最低限のソフトインストールまで20分くらいかかっててようやく使用可能となった。"AOSS"機能のおかげで、無線機器との接続も拍子抜けするくらい難なく完了。
それにしても、この状況適応型イルミネーションはなかなか素晴らしい。進歩してるなぁ~。

DSC04515.jpg
とりあえず雑誌表紙のコピーを。と・・・驚愕の体験
は、速いっ!! めちゃくちゃ速いっ!! ((;゚Д゚)
おそらくコピーボタンを押してから出力終了まで30秒くらいしかかかってない感じ。
コピー用紙にデフォルト設定で印刷しただけだが、特にコピー品質に問題は感じない。
数年前の同社製複合機(MP800)とは正に雲泥の差。すごい進歩である。
とにかくネットのクチコミでEPSONとともにインクコストの高さばかりがやり玉に上がっているが、たかだか2万円程度の家庭用製品でこの品質は尋常ではないと感じる。ここは素直に賞賛。

DSC04523.jpg
後日きちんとテストしてみるつもりだが、処理時間の測定はモノクロコピーを試してみた。(インク消費が気になるし)
スタートボタンを押してから用紙の排出まで、18.1秒でした。品質もまったく問題ない。
ふつうのコピー機と変わらない。素晴らしい。予想外。十二分に実用になる。(゚∀゚ )

DSC04521_20121017222501.jpg
モニタは便利だが、やはりデザイン優先の弊害。上面に物を置きにくくなってしまったのがイマイチやなぁ・・・
関連記事

寿司

ここひと月ほどで三度、"廻らない"本物であるはずの寿司を賞味する機会があったが、落胆の連続であった。
贔屓にしていた地元の老舗寿司屋も年々品質が低下し、"デパ地下寿司の方がまし"は言い過ぎにしてもと、そんな例えがふと出るいうレベルにまで落ちてしまった。
「さすが本物の寿司屋は違うなぁ」と喜んでいたのは、わずか一年前までの事なのだが。
その後何度か注文してはいたが、その度に「えっ!?」と落胆し、注文の頻度はどんどん開くいていくのであった。
「出前寿司を美味しそうな感じそのままに撮りたい」というのがカメラに目覚めたきっかけであったので、本当に残念である。

もう、近場では旨い寿司にはありつけないのか・・・
「旨い寿司が食べたいっ!!」

DSC04422.jpg
そんなわけで、一年ぶりに"くら寿司"へ・・・って、オイオイなのだがね ( ´ー`)

DSC04467.jpg
まだ17時過ぎというのに、この人気。しかし、奥のテーブル席はじゅうぶん余裕があった。

DSC04466.jpg
相変わらず進化し続ける素晴らしい情報システムは席待ち状態も明快に表示。これは帰りの精算時の撮影。

DSC04423.jpg
席に着くと、見慣れない広告が。

DSC04426.jpg
なるほど。グッドアイデア!! ますます進化してます。

DSC04449.jpg
ここ「王寺店」には超高速配達システムの"くら注文レーン"はないが、モニタで予告はしてくれる。

DSC04450.jpg
注文した品物は、専用の赤いキャリアで運ばれて来るのでひと目で判別できる。余裕でゲット。

DSC04437.jpg
う~ん、あまり美味しそうに撮れなかった・・・( ;∀;)

DSC04454.jpg
皿が残ってなくても安心な、コンピュータによるリアルタイムカウントの明朗会計。

DSC04461.jpg
テーブルから皿がなくなる原因はこれや。5枚貯まるとすかさず投入処分(゜∀。)

DSC04460.jpg
しかし、ほとんどは無情なこのメッセージ。

DSC04431.jpg
そして、「数撃ちゃ当たる」の結果・・・

DSC04440.jpg
オトナはその間冷酒をたしなむ。これ、けっこう好きなのです。○=(゚∀゚ )

DSC04455.jpg
満足。

DSC04462.jpg
ホールスタッフの呼出中。
実は、愚息が裏技を発見して得意げにそれを繰り返していて憂慮すべき事態となったのである。

DSC04445.jpg
皿の投入口に皿を挿入する時に、皿を手放さず何度か出し入れを繰り返すと、カウンタが加算されてゲームの権利が手に入る(5皿で1回)というわけである。う~ん、良く考えついたものだ。まさに悪知恵。
しかし、はたと気がついた。たしかにゲームは出来るが、食べてもいない皿がカウントされるという事は、精算時にその数をきっちり請求される事になるではないか !! まさにサルの浅知恵や !! (-∧-;)
1回ゲームをしたところでその驚愕の事実に気がつき、直ちに裏技を中止させてスタッフを呼んで事情を説明し、平謝りでカウントを戻してもらったのでした。

DSC04442.jpg
何事もなかったかのように、いい顔してますね。(^。^;
関連記事

プリンタのリニューアル完了/ Canon PIXUS iP4100 → iP4300

先日故障した愛用プリンタ"iP4100"の復旧のメドが立たず、リニューアルする事にした。
故障対策の選択肢は色々あったが、最終的に同メーカーの後継機種であった"iP4300"とした。

対策問題点
1.メーカーに修理依頼受付けされない、または高額見積り必至
2.プリントヘッドのみ購入6,000円~8,000円と高価な上、完治の保証なし
3.同機種の購入正常動作品がオークションで7,000円程度
4.後継機種"iP4300"の購入正常動作品がオークションで7,000円程度
5.後継機種"iP4200"の購入デザインが気に入らず
6.最新機種の購入ここ数年来の実質的なインク代金値上げに納得出来ず

ま、この他に他メーカーという選択肢もあるのだが、とにかく"iP4100"が気に入っていたので。
デザイン・機能・性能・品質・経済性のバランスが非常に優れていると評価している。故障さえしなければ、後数年以上は使い続けいたはずである。( ;∀;)

DSC04420_20121013152726.jpg
リニューアル後の記念写真。
「何や、変わってないやんけ!?」と思われそうだが、それもそのはず外観がほぼ同じなのがこの"iP4300"なのである。
この機種は職場でも常用しているので、品質と使い勝手を熟知(iP4100と同じだが)しているという安心感もある。

DSC04416.jpg
というわけで、約7,000円かけてリニューアル完了。現行機種の約半額である。
進歩した点といえば、フロントカバーを開くときに"パタン"と安っぽく開いていた"iP4100"に対し、ダンパーが効いて"ふわっと"開くようになったのが最大の相違点か・・・○=(゚∀゚ )

とはいっても、わずか7,000円の差に過ぎないし(しかも全色新品のインクカートリッジ付き)、あえて6年前の機種を選択するというのは、通常の電化製品しかもデジタル関連機器ではありえない判断である。

あり得ない判断。その理由は、家庭用インクジェットプリンタというのが非常に特殊な商品ゆえである。

知ってる人は知ってるが、異常なほど安い本体価格と引き換えに、利用税に相当するインク代金が年々値上げされているという紛れもない事実がある。※同価格でインク容量が減少
知人所有の現行機種"MG6230"で写真印刷してみた時に、品質の差がほとんど感じられなかった事もある。
そんなわけで、代わり映えしないリニューアルとなりました。( ´ー`)
関連記事

BMW 525i(E39) のナビ取付工事仕上げ

ポータブルナビの"ゴリラ"をアングル金物とマジックテープで取り付けて悦に入っていたが、3ヶ月経過して耐久性にも問題無さそうと判断して、配線を仕上げる事にした。
今年の夏も極悪な酷暑が長期間続いたわけだが、最も心配していたマジックテープの粘着力が想像以上に強力で、サウナなみの高温状態の室内でも微動だにせず、もうこれで安心というわけである。

DSC04387_20121008030917.jpg
強度不足が判明した場合は元に戻す事を考慮して、ちょっと中途半端な配線のままであった。
それとラジオ選局ボタン等が使えないので、ナビの位置も、もっと右側に寄せたい。

DSC04389.jpg
上部はアングル金物を差し込んでいるだけという事もあり、左右の位置調整は容易なのだが、オンボードコンピュータの調整ツマミが邪魔をしていたので、引っこ抜いてしまう。

DSC04390.jpg
BWMでは、車内のシガーライターソケットは常時通電のため、ACC連動とするには専用電源が必要であるが、E39はグローブボックス内にヒューズボックスがあるので、カンタンに取り出すことが出来る。

DSC04391.jpg
取り出した電源をナビ本体に直結とはいかないので、シガーライターソケットを経由。ここはちょい手抜き。

DSC04394.jpg
電源ケーブルとVICSケーブルはウッドパネルの内部に隠し、最小限の露出にとどめてある。
ウッドパネルの先端部を穴あけ加工すれば、完璧な隠蔽配線に出来るのだが、今はその勇気がない・・・

DSC04395_20121008030919.jpg
位置変更によって、ラジオの選局やCDマガジンの切り替えがラクに出来るようになった。これらはステアリングスイッチでほとんどの操作が出来るので、特に不自由していたわけではないが、ラジオとCD切り替えの"MODE"ボタンが自由に使えるようになったのが大きい。

DSC04401.jpg
ナビの位置を右側にかなり寄せたため、コンピュータやトーンコントロール機能がまったく使えなくなったが、めったに調整する機会もないし、その時はマジックテープ止めの気安さで脱着すれば良いだけなので問題なし。

DSC04396.jpg
工事完了。ダッシュ上に付いていたナビ用スタンドの粘着テープ後の除去には少し苦労したが、やはり完全に復旧とはいかなかった。ま、以前よりはずっとキレイな状態になったので、気にしなければ良いだけの事ではある。

DSC04400.jpg
遠目には後付けナビだとはほとんど分からない、素晴らしいシゴトになりました。

関連記事

若草山ハイキング その2

若草山は標高342m。イメージとしては山というより丘陵に過ぎないので、登山というほどのものではない。
ちなみに"山"と"丘"には、正式な区分はないようであるが、海抜300mがひとつの基準ではあるらしい。
そうすると、若草山はセーフという事になる。しかし、そんなのはまったくどうでもよろしい。( ´ー`)

さて、若草山の高さは、地元平群町の観光名所である信貴山朝護孫子寺のある場所と同程度なので、軽い気持ちでハイキングに臨んだのだが・・・前半はかなりキツかった。ヽ(д`ヽ)

※やはり50mm単焦点レンズでは風景をまともに撮れないので、ここからは30mm単焦点に交換。

DSC04304.jpg
南側コースはたしかに眺めは良いのだが、一体どこまで続くのかと不安になるほどに延々と連なる階段道。

DSC04306.jpg
階段がキツイ分、登り始めて10分程度でもうこんな眺望が開ける。

DSC04309.jpg
無限に続くのかと思われるほどの長い長い階段道。ようやくたどり着いた頃にはさすがの悪ガキもエネルギー切れ。
途中までは階段の数を数えながら登っていたらしいが、500を超えたあたりで止めたとの事。( ´ー`)

DSC04311.jpg
その後はゆるやかな勾配の芝生道を歩けるようで一安心。

DSC04313.jpg
最初のゴール地点「一重目」。タイム計測はしていなかったが、感覚的には30分は歩いた・・・と後で写真の撮影データから調べてみたら、登山道入り口から15分程度であった。

DSC04318.jpg
2つ目のゴール地点「二重目」まではわずか5分程度。
「一重目」「二重目」というのは、低い山が3つ重なって出来たのが若草山で、各々の山の頂を表しているらしい。
そのため、地元では俗称「三笠山」と呼ばれているらしいが、あくまで俗称である。
正確には、「奈良の三笠山」とは、東隣にある春日山の「御蓋山」が本家である。ま、シロートでもカンタンにウンチクを垂れる事が出来る気楽な時代ではある。興味が湧いたら各自調べて下さい。

DSC04321.jpg
ここでちょいと一休み。ちなみに、平地の右下に見えている寄棟屋根の建物が、かの有名な東大寺です。

DSC04322.jpg
二重目から山頂までは、もうすぐそこって感じ。真ん中に見える小さな白い建物は、登山チケットの検問所。

DSC04325.jpg
無事到着の証拠写真。後で調べたところ、入り口からここまでかかった時間は約30分であった。
事前情報では、1時間程度かかるはずであったが、我々はひょっとして健脚 ?? (゜∀。)

DSC04336.jpg
ここにもちゃんとあった「三重目」の標識。さすが「新日本三大夜景」に選定されただけの事はある素晴らしい眺望。

DSC04327.jpg
さて、待望のお弁当タイムである。展望台周辺には、いくつかベンチが設置されていて、その特等席に陣取っていた先着の美男美女カップルが鹿におすそ分けをせがまれていた。

DSC04341.jpg
山頂展望台から徒歩3分程度の場所にドライブウェイの駐車場がある事は調査済み。有名観光地なのだから、当然そこには自販機が設置されているはず。
そして、いそいそと缶ビールを仕入れに行ったのだが・・・オーマイガッ!!
良く考えてみれば「そんなもん、ここで売ってるわけないやろっ」と嘆いても後の祭り。

DSC04345.jpg
久々のピクニック弁当なので、大好物の牛肉佃煮をメインのおかずにリクエストしてあったのだが、肝心の最大の楽しみであったビールなしでいただく事態となってしまった。(/ω\)
今回は荷物を最小限にしていたので、いつもは欠かさないクーラーバッグも持参していなかったのである。
最大の反省点や。次回(あるかどうか分からんが)は絶対に用意するぞと固く決意してペットボトルのお茶で我慢。

DSC04354.jpg
頂上でもそこら中に鹿がいて、観光客にエサをねだっている。当然我々のテリトリーにもやって来た。
さすがに慣れてきた愚息も自分から近づいて行くが、今度は鹿の方で警戒して接近を拒むであった。
ここは惜しくもピンぼけ。AFがなかなか決まらず、待ちきれずにシャッターを押すこと数度。残念ながら一枚もジャスピンにならなかった。MFにすれば済む事なのだが、何しろ弁当タイムの合間であり・・・ちと反省。

DSC04361.jpg
巨木下でスナップ。青空があれば決まるのだが・・・

DSC04374.jpg
二重目まで降りてきて、愛息と記念撮影。

DSC04381.jpg
一重目まで戻って来て、愛息と記念撮影。(#^ω^)登山ルートの北側と南側は、この一重目で合流している。
帰り道は北側を選択したが、階段は整備されていて距離的にもかなり短いものの、道中は山道そのもので眺望はまったく楽しめないのは噂通りであった。

DSC04385.jpg
ピンぼけで終わるわけには行かないので、下山してから気合を入れ直して撮りました。
関連記事

若草山ハイキング その1

奈良県の観光名所のひとつである「若草山」に初めて出かけてみる事にした。

DSC04270.jpg
山全体が芝に覆われた、巨大ゴルフ場というイメージの山であるが、実際にはゴルフ場は存在しない。

DSC04267.jpg
近鉄奈良駅から奈良公園と春日大社を抜けて登山入り口にたどり着くコースとした。徒歩約15分程度の予定。
奈良公園周辺には当然のごとく鹿が待ち受けていて、堂々と人ににじり寄ってくる。奈良県民となってから、何度もここを訪れているのだが、ビビリの愚息は相変わらずおっかなびっくりである。

DSC04266.jpg
一息入れてママと記念撮影。

DSC04283.jpg
少し慣れたところで一枚。とはいえ、及び腰は変わらず。

DSC04279.jpg
途中にある、ちょっとしゃれたカフェ。良く見ると、ほとんどコストをかけていないのだが、上手に雰囲気作りをしてある。

DSC04281.jpg
その隣にある、何やら大行列の店を横目に、春日大社に向けて歩き進む。

DSC04285_20121006184341.jpg
一同のどが渇いて来たところで、休憩所を発見。ちょっと一休み。

DSC04288.jpg
その隣にある店で、一個のソフトクリームを三人で分け合う事にした。

DSC04289.jpg
春日大社の境内を、似顔絵描きのおじいさんを横目に歩き進む。

DSC04294.jpg
人気の「水谷茶屋」

DSC04295.jpg
いよいよ、若草山登山コースの入り口への入り口。( ´ー`)

DSC04300.jpg
登山入り口は"北側"と"南側"に分かれている。今回は迷わず"南口"とした。

DSC04301_20121006184337.jpg
若草山では、ハイキングコースを通るのが、何と有料である。親子三人で380円。

DSC04302.jpg
登山口"南側"にしたのは、事前の情報収集で"回り道になるが途中の眺めが良い"という点を重視したためである。
関連記事

≪PREV | | NEXT≫