FC2ブログ

通天閣をめざして

「でんでんタウン」シリーズは五回続く予定であったが、急速に熱意が減退した(飽きて来た)ため打ち切り。
文章だけならそれなりに書けるのだが、何しろ殺風景なだけで何の魅力も感じられない街並みになってしまい、たくさん撮ったものの、オイシイ写真が皆無に近いという事もあり、二回でおしまいである。
それでは通天閣に向かうことにしようか。

DSC03494.jpg
おっと、その前に"チンチン電車"を忘れてはならない。正式には「阪堺電気軌道の阪堺線」である。通天閣前の"恵美須町"と"浜寺駅前"を結ぶ、昔ながらの路面電車である。

DSC03497.jpg
大阪名物ではあるが、いつ廃線になるか分からないという事もあり、記念撮影をする人は結構いる。

DSC03501.jpg
実に100年の歴史があるそうなのだ。

DSC03503.jpg
しかし、年間2億円の収入に対し経費4億円というとんでもない状態が10年以上も続いているという悲惨さ。
民間企業であればとっくに消滅しているはずであるが、生きながらえているのは半官半民経営のおかげか。

DSC03508.jpg
ちょっとしたブームの"富山ライトレール"等の成功例とは比べるべくもなく。

DSC03509.jpg
新時代の路面電車である"LRT"化の案も当然検討されているようだが、頓挫状態らしい
成功例があるとはいっても、単に新型車を投入しただけで業績が劇的に向上するはずもなく、そこには熱意と綿密な計画と官民一体の包括的な協力体制を整える事が可能であってこそである。

DSC03513.jpg
"老兵は消え行くのみ"といったところか・・・

DSC03527.jpg
しかし、どんよりした気候をものともせず、こちらの老兵は意気盛んのようである。

DSC03530.jpg
見よ、この堂々たる「大阪スカイツリー」( ´ー`)

DSC03533.jpg
いや、行ってみてマジで驚いた。通天閣通りは"キン肉マン"のポスターがあふれ、いや、それもこの際どうでも良いのだが、入場券売り場には長蛇の列。聞けば2時間待ち!!しかも、展望台に上がるにはさらに40分待ちと告げられ、一気に戦闘意欲喪失。とてもそんな根性はなく、すごすご帰る事になった。( ;∀;)

DSC03537.jpg
すぐ横にあった串カツ屋も大人気ですごい行列が出来ている。大阪人の熱気を感じたぞ。

DSC03548_20120826165357.jpg
ヒマつぶしに訪れただけなので、登れなくても特に失意という事もなく、のんびり散策。盆休みで閑散とした市場ものぞいてみたが、どこにでもありそうな風景に食指が動かず早々に立ち去る。

DSC03549.jpg
ウチのコも、ケイタイで記念撮影するようになりました。( ´ー`)

DSC03551.jpg
それにしても、ずっと続いているどんよりと冴えない気候が恨めしい・・・
関連記事

いいカフェが出来ました (゚∀゚)

阪奈道路の三碓(みつがらす)I.C.近くの、良く利用するセルフ給油所のすぐ隣に、新しいカフェレストランがひっそりと開店している事を知ったのが、およそ2ヶ月ほど前の事。内装や調度品・家具類も高級品で統一されている。

DSC03756.jpg
シンボルツリーが邪魔をして全容が見えないが、(この地としては)非常に立派な造りの高級感あふれる建物である。

DSC03757.jpg
左手にある駐車場の奥には、スタッフの研修所(!?)のような棟も。

DSC03750.jpg
駐車場からのアプローチ部にはテラス席もある。

DSC03762.jpg
若いカップルが、どっかで見たことあるようなしゃれたクルマでやって来ていた。

DSC03747.jpg
奥までチェックした後、エントランスへ。

DSC03760.jpg

DSC03744.jpg
「8月8日AM8:00からモーニングが始まります!!」の嬉しいお知らせがあった。

DSC03743.jpg
立派なドアを開けて、さぁ入ってみよう。

DSC03739.jpg
玄関正面がレジカウンター、奥が焼きたてパン売り場。

DSC03741.jpg
カフェはレジカウンター右手、すなわち写真の手前側に振り分けられている。

クラムボン
とりあえず注文したモーニングセット。手前のパンはボリュームたっぷりのフランスパン。
これで何と500円と、とってもリーズナブル。出来立てパンがアツアツカリカリで美味でした。

DSC03706.jpg
ゆったりした客席の配置。奥の席は上品そうな奥様たちが二組。そのうち一組が騒がしくおしゃべりされていて辟易していたが、ラッキーな事に15分ほどで退席されて、静かな室内に戻った。

DSC03710.jpg
壁面がほとんどないくらいに多数の窓があり、採光たっぷりの快適な客席。
コーヒーのお代りは100円と、これもリーズナブル。

DSC03712.jpg
隣接するオープンキッチンのカウンターに自家製ジャムが用意されていて自由に使用出来るようになっている。

DSC03715.jpg
トースターも置いてあり、パンを好みの焼き加減に出来る。スタッフも概ね親切丁寧。う~ん、いい店です。(・∀・)

DSC03719.jpg
レジのすぐ隣の部屋がパン工房になっていて、製造工程を見学出来るようになっている。

DSC03722.jpg
パン売り場コーナー。

DSC03729.jpg
レジカウンター背後の壁面には謎のパンが陳列されている・・・

DSC03733.jpg
せっかくパン工房に来たのだからと、出来立ての小山パンを買っていた。

DSC03770_20120825181445.jpg
退店する頃にはお客が続々と、というほどでもなかったが、ランチタイムは人気のようで、"混雑時は90分まで"との貼り紙があちこちにしてあった。
というわけで、クルマで15分程度の場所にお気に入りカフェが出来てくれてメデタシメデタシ。
関連記事

ファイルアップロードの不満解決!!

ブログの記事中に写真を多用するようになってからというもの、非常に不便 & 不満を感じているのがアップロード作業の面倒くささ。
FC2で写真ファイルをアップロードするには、専用ウィンドウを表示してから、いちいち"参照"ボタンを押して写真ファイルを選択し、"アップロード"ボタンを押すという手順。
1回目に選択したフォルダは記憶されるので、数枚程度で済んでいた時期なら特別不便とも思わなかったが、最近のように10~20枚前後もアップロードするようになって来ると「もう、やってられんわ!!」と悪態をつきつつ、単純作業に没頭させられて来た。

FC2Upload2.jpg
一応は"複数アップロード"という機能が用意されてはいるが、最大6ファイルまでしか一括処理出来ない。
何度かに分けて作業しているうちに、ダブってしまうなど、多数のファイルアップロード時にどれほどストレスが発生する作業かというのは、FC2ブログのユーザーには説明の必要もないだろう。

FC2Upload1.jpg
ほとんど我慢の限界に来ていたのだが、ある時ダメ元やけくその心理状態で、複数ファイル選択状態のままアップロード画面のファイルボックスにドラッグしてみたら・・・

FC2Upload.jpg
何のエラーも発生せず、涼しい顔で23ファイルが一発でアップロード完了となった。
で、出来るやんけ!! Σ(゚Д゚ υ)
こんな事、マニュアルのどこにも書いてなかったぞ!!
今までの苦労はいったい何だったのだ!?
自分が知らなかっただけで、ひょっとして、これってジョーシキ ?? ( ´ー`)

【追記】
どうやら一括処理が可能なのはは20個までのようである。よく調べてみたら、前述の通りエラー表示はないが、21個目以降はアップロードされていなかった。
関連記事

遥かなる「でんでんタウン」の想い出 Ⅱ/河口無線

由緒正しき高級オーディオショップの「河口無線」は奇跡的に残っていた。
ちなみに今回の「でんでんタウン」散策で店内に入ったのは、ここと「テクノランド」だけ。といっても、後者の方は単に家族との待ち合わせ時間の待機で、暑さしのぎに利用させてもらっただけなので、ショップとして純粋に関心を持てる場所はここだけであった。

061.jpg
近隣の店舗と一線を画す上品な佇まいが、かつての栄華を思い起こさせる。

063.jpg
分厚いガラス扉を開けて店内に入ると、外の喧騒がウソのように静寂な空間となる。
壁一面にアンプやプレイヤーが並べられた、昔ながらのオーディオショップ。かつては店内に入る度にわくわくしたものだが、オーディオ趣味を卒業した今となっては、心ときめく要素は何もない。単にノスタルジックのみ。

064.jpg
ヘッドホン売り場の奥は専用駐車場になっていて5台程度のスペースがある。さすがに高級店。通りに面したショップとしては異例に贅沢な造りなのである。停まってるクルマも「さすが」です。

065.jpg
しんとした店内のど真ん中に造られた、しゃれた階段で二階に上がれるようになっている。ちなみに、この日の来店客は、パーツを買いに来ていたこの方のみ。( ´ー`)

066.jpg
二階に上がってみると、案の定人っ子ひとりいない静寂の空間・・・
ここはスピーカが沢山設置してあって、比較試聴が出来るようになっている。階段のすぐ右手には、たぶんこの店でしかお目にかかれない"SACD(Super Audio CD)"が陳列されている。"DVD-Audio"もあったような気もするが、いずれもまったく関心がないので、記憶が定かではない。

067.jpg
奥の方にひっそりと展示されていた"新製品"アナログレコードプレイヤー。"糸ドライブ"ですな。このお店としては中級品といえる、約40万円という価格。う~ん、まったく食指が動かない。( ´ー`)
この他、3Fと4Fも主としてホームシアター関連の視聴室兼売り場になっているが、狭い階段を上らねばならないため足が向かなかった。ムカシは積極的に上がって行ってたたのだが、おそらくそこも他にお客はいそうにないし、購買意欲ゼロの身で店員と顔を合わせるのは気が引けるしでね。( ´ー`)

068.jpg
一階に戻って店を出ようとしたら、出入口脇に懐かしい顔を発見。いわゆる"往年の名機"の復刻版、LUXMANの"L-305"が展示されていた。このパネルフェイスを見ると、なんだかホッとするのだが、購入する事はあり得ないので、一瞥しただけでそそくさと店を後にした。結局この日みかけたお客は1名のみ。盆休みの最中とはいえ、オーディオ趣味の衰退を肌で感じるが、「老舗の意地として今後も頑張ってもらいたいものである」などと、ありきたりで無責任な事を書くつもりはない。(もう書いてるが)
ずっと以前からこんな状態なので、当然ながら経営危機が何度もあったようだ。単独で生き残れるはずもないのだが、そこは名門ショップ。見捨てられはしない。上新電機に吸収された後は、個人オーナー(※)になっているらしい。
※とは言っても、道楽ではなく、ちょっと変わったオーディオ機器メーカーの社長らしい

かつてのメッカであった日本橋のオーディオショップは"ほぼ"壊滅状態にあるのだが、大通りを一歩入ると、"アサヒステレオセンター"や"逸品館"は健在らしく、すなわち一定のニーズはあるというわけで、"絶滅"というほどではないようである。
さらに、"ヨドバシ梅田"にはかなりの面積を割いてオーディオ機器売り場が常に存在していて、そこそこ来店客もあるという事実もいちおう書いておこう。というわけで、さようなら、河口無線さん。( ´ー`)
関連記事

遥かなる「でんでんタウン」の想い出

さて。黒門市場から約2km弱の距離にある通天閣を目指すには「でんでんタウン」を通過せねばならない。
なぁ~んて姑息な説明をしてはいけない。忘れられない地名、その名は「日本橋(にっぽんばし)」。
もはや記憶の彼方にその名を留めるのみの、かつて足繁く通った"大阪の秋葉原"を再訪したかっただけである。
休日ともなれば歩道を歩くのにも苦労するほど多くの人々が熱心に通っていたのだが、日本橋の大小様々な店に陳列されているのは技術革新が際限なく続く最先端の電化製品やパーツであり、かつカネのかかるホビーの代表であった"オーディオ"~"ビデオ"~"パソコン"という大きなトレンドがあり、めまぐるしい程に入れ替わって行くおびただしい新製品の品々は何度通っても飽きることがなく、"大人のおもちゃランド"であった。
玉石混交の同業店が集積していたこの地域は実に活気と魅力にあふれていたのである。

しかし、楽しい街ではあったが、大型重量級の電化製品が主力商品というのに、駐車場不足という致命的な欠点があった。道路の二車線を占拠する慢性的な違法駐車に対処するため、隣接する浪速警察署が道路にラインを引いて有料駐車場にしてしまうという荒業に出たが、収容台数がまったく不足であり、焼け石に水に過ぎなかった。

やがて社会人となり、オーディオ趣味からいち早く卒業し、10年ほどのブランクを経た後、もっぱらパソコンやソフト目当てでふたたび数年間通ってはいたが、クルマを休日の足とするようになってからは加速度的に足が遠のくようになっていた。そして、おそらく他の多くの人々と同様に、2001年11月のヨドバシカメラマルチメディア梅田店の開業が、日本橋詣でに終止符を打つ事となった。ヨドバシ梅田には、パーツに至るまですべてが揃っていた。

030.jpg
おそらくこの界隈に足を向ける事は二度とないだろうという思いとは裏腹に、単なるスナップ(凡庸な)写真を撮り続ける事に終始した。まぁ、気合を入れて撮りたくなるような魅力的なデザインの店がほとんどないという事情もある。

ところで、左から二番目のビルは、かつて 1階部分が中古パソコンショップであった。短期間でその店も閉店となったのだが、特に忘れがたい思い出があるのだ。横断歩道を歩行中、ヤマモトタカシ君に突然声をかけられたのである。それは誰かというと、そのショップが開店する 1年ほど前に素行不良で当社を解雇していた二十歳そこそこの若者なのであった。見違えるようにきちんとした身なりで、マナーも身についていて、嬉しそうに話しかけて来てくれた。立派な社会人に成長してくれたのだと、心底嬉しくなった。
その場は「今度一緒に飲みに行こうぜ」と笑顔で握手して別れたのだが、ぐずぐずしているうちに月日が経ち、その次ショップを尋ねたらすでに閉店となっていた・・・( ;∀;)

034.jpg
日本橋3丁目交差点から南側の通りを臨む。通天閣側の道路である。休日の正午頃というのに、ほとんどゴーストタウン状態。

035.jpg
さらに左側にレンズを向けると、別世界のような立派な建物。大阪の老舗百貨店「高島屋」別館である。
高級家具専門店であったが、バブル崩壊とともに百貨店の店舗ではなくなり、倉庫のような使われ方しかしていない。そういえば、日本橋界隈に多数存在していた家具屋も壊滅状態である。

042.jpg
さらに南下してもゴーストタウン状態は変わらず。

044.jpg
技術系の職種に従事していた頃に良くお世話になった「ナニワネジ」さんは健在。

045.jpg
どこまで進んでも閑散と・・・

046.jpg
賑わっている店は、やはり"アレ系"や。( ´ー`)

048.jpg
照明器具の名門"ヤマギワ"のショウルームも今は昔。

052.jpg
昔ながらの電材屋さんは、ちらほらとしぶとく生き残っているようで、ほっとするな。

055.jpg
パソコンブーム全盛の頃、大変な賑わいだった人気店"ツートップ"があったビルの周辺。

056.jpg
満席の店があると思ったら、ご存知「マック」。昼時にしては行列が出来ていないが、その理由は散策するうちに判明した。この狭い界隈に4店もマックが営業しているのである。( ゚д゚)

058.jpg
経営の舵取りに失敗して破綻寸前であった"ニノミヤ"が最後の勝負を賭けていた大型店"ニノミヤホビー"の後は、意外や同業の店舗になっていた。

060.jpg
さぁて。日本橋4丁目に歩を進める前に、「あの店」に寄ってみることにしよう。
次号に続く。
関連記事

黒門市場に行ってみた

ごく短い夏期休暇の最終日。ふと、通天閣に上ってみようかという気になり、出かける事にした。
それには「黒門市場」を通らねばならない、という事もないのだが、めったにない機会につきふらりと寄ってみた。

DSC03385.jpg
長年に渡って"大阪の台所"と称されて来た黒門市場についてのうんちくはここを参照されたし
近鉄難波線の日本橋駅から徒歩一分の北側入口。"黒い門"はなく、提灯の文字が名残をとどめているに過ぎない。
生鮮食料品売り場の活気あふれる商いの現場を撮るぞと意気込んでいたのだが・・・

DSC03387_20120815185004.jpg
シャッターが下りている店の多いこと多いこと。そうか、今日はまだ"盆休み中"なのだ。タイミング悪し。
そして。入り口は何と、しょっぱなからこんな店。( ´ー`)

DSC03388.jpg
肉屋。

DSC03390.jpg
唯一開いていた食品スーパー「中川」さん。

DSC03391.jpg
パックされた食品しか見れなかったが、なるほど。新鮮な食材の安い事!!

DSC03392.jpg
見ての通り。

DSC03393.jpg
大好物の"きずし/しめ鯖"も、ここではこんなお値段。

DSC03395.jpg
"ブラックタイガー"もこんな感じ。

DSC03397.jpg
DSC03398.jpg
「うなぎもこんなに安い」と思ったら、"中国産"かぁ。でも旨いのかも・・・

DSC03403.jpg
おばあちゃんがひとりでやってる店はこんな感じ。

DSC03407_20120815185107.jpg
"何かが起こる"らしいが、この日は何も起こらなかった。

DSC03412.jpg
南の端もこんな雰囲気。活気なし。( ´ー`)
関連記事

| NEXT≫