FC2ブログ

iPad2で読む日経ビジネス【補足訂正】

日経ビジネスの最新号をダウンロードして読むことが出来る方法は以前紹介した通りであるが一点訂正。
個別記事をダウンロードする時に、ファイル名に番号を付加して時系列ソート(並べ替え)すれば良いと書いたのだが、そんな手間をかけずとも実現できる事にその後気が付いた。
"Good Reader"に備わっているソート機能を利用すれば良いのである。

これは元の記事
キャプチャ

個別記事をダウンロードした直後はこのように規則性のない並び方・・・
IMG_0015.png

[Sort]ボタンを押して、"by date"をタップすればダウンロードした日時順にソートされる。
IMG_0016.png

これでOK。
IMG_0017.png
関連記事

さらば BMW Z3

コンディション良好で何も問題はないのに、まさに「断腸の思い」で別れを告げた愛車 BMW Z3 2.2。

さらばZ3

脇に立っている人物は別として、どこから見ても「カッコイイ」としか言えない芸術的スタイリング。貧しい表現力ではありますが・・・カッコ良すぎ (^^)

さらばZ3

実は、Z3を所有したのは二台目である。奥にある"アトランタブルー"車はエンジン排気量1900ccの初期型(1999年式)、手前の"トパーズブルー"車が2200ccの最新型(2002年式)。当然、性能は雲泥の差。

新旧Z3

このクルマを手に入れた時は「今度こそ乗り潰すぞ !!」と固く決意したにもかかわらず、3ヶ月間迷いに迷ったあげく、わずか3ねん余りでガリバーに売却してしまったのである。何という薄弱な意志力か・・・ ヽ(´Д`)丿

薄弱な意志力を思い知らせて「断腸の思い」をさせた原因はコイツ。"E39" 525i。

E39 525i

分かる人にはわかるはずの、これまた二台目。(^_^;)
エレガントでスポーティ、しかもまったく嫌味のない美しいスタイル。無数にあるBMWカーの中でも、最も好きな二台です。ちなみに、デザインを手がけたのは、どちらも日本人デザイナーだったそうです。
いかにBMWが日本市場を重視していたかがうかがえるエピソードですね。
さらにちなみに・・・
525i の方は、新車で販売されていた時期にはあまり魅力を感じなかったのである。フルモデルチェンジで販売終了となってから、じわじわとそれまでにない価値を感じるようになった。
続きは次回。
関連記事

スロット生活

いかにも「スロットカー三昧」な夏休みを過ごしたように書いているが、スロットカー遊びをしたのは、実際にはたった2日だけである。
いい年した大人が「スロット」といえば、世間的には"ギャンブラーなあれ"を指すのであるが、ホント健全である。
自分の子供とスロットカー遊びをするのは、若い頃からのちょっとした夢でした。
写真は4年前のものですが、当時5歳の元輝君は思うようにコントロール出来ず、少し不機嫌。

ホームサーキット

しかし、一年後はパパと良い勝負をするようになり、このような得意げな表情に。

ホームサーキット2
関連記事

住吉大社鉄道フェア with スロットカー

お盆休みのど真ん中である8月15日に大阪の名所である住吉大社に行って来た。この時期にもかかわらず、というかこの時期だからなのか、午前中だった事もあり駐車場が空いていたのでラッキーであった。
住吉大社とはいえ、別に先祖のお参りというわけではなく、吉祥殿で開催中の「住吉大社鉄道フェア with スロットカー2011」と題されたイベント目当てである。
スロットカーにはまった愚息のために連れて行ってやったのだが、本格的なコースが設営されていてちょっとびっくり。
おそらく、大阪に二軒しかない営業コースのひとつである「SPEC」のコースをそのまま持ってきたのかもしれない。

住吉大社鉄道フェア with スロットカー

200円で約5分という料金を支払い、小さなお子様に混じっての走行となったが、もちろん本人はそんな事にはお構いなくマイペースでご満悦。

住吉大社鉄道フェア with スロットカー

二度目の走行でお付き合いして真剣勝負のレースとなったが、今日はスビンしまくりの愚息を尻目に快調に飛ばした父親の面目躍如でありました。世話係をしていた終始にこやかであった右端のお兄さんは「SPEC」の店主であると思われる。合間にお話ししてみたら良かったなと、ちと残念。
関連記事

スロットカーのメンテナンス

実は「サッキーズ・サーキット」に出かけた目的は、コース走行というよりも、パーツ購入のためであった。
スロットカーは"子供のおもちゃ"ではなく、"大人のホビー"なので、パーツの種類が数多くありしかも高価である。
所有するスロットカーの数台が、タイヤの経年劣化によって走行不能になったため補充交換の必要が生じたのであるが、身近に相談できる相手がいないため、とりあえず店主のアドバイスを求めに行ったわけ。

さて、ブログを見てる人はスロットカーなんて知らない人が殆どと思われるので一応説明しておく。
鉄道模型と同じ方式で、コース(道路)に埋め込んだ二本のレールから電気を供給してモーターを高速で回転させてタイヤを回し、速度を調整しながらコースを駆け抜けてレースを楽しむ遊びである。
・・・などと書いても、文章ではとても説明できません。どんなものかは、一目瞭然で下の写真のとおり。

スロットカー

知ってる人は知ってるし、知らない人はまったく知らないというマイナーな趣味。
スロットカーなんて、どうみても"子供のおもちゃ"なのに、"大人のホビー"である事の証明は写真一枚で十分。

スロットカー

どうです、このリアルさ。見えない部分も含め細部まで手を抜かない徹底的な"作り込み"により、走行せずとも高級な精密模型としての品質を保っている。
もちろん、そのために非常に高価である事はいうまでもない。ツルツルになってしまった後輪タイヤの交換の必要があったのだが、タイヤのみではなく後輪パーツ全部を交換するのがベターとサッキー店主に勧められて、素直に従った。

スロットカー
 スロットカーのガイド
ボディを外すと、こんなシンプルな構造シャーシ前端の"ガイドブラシ"から給電
 スロットカースロットカー
後輪一式を交換した(交換後)交換に使用したパーツ (組んであるのは交換前のもの)

さて、気になるパーツのお値段は、右下の写真の四点セットで約2,500円でありました。直径20mmほどの紫色の"スパーギヤ"一枚だけでも約1,000円。
高いか安いかといえば、そりゃもう「目玉が飛び出るほどに高い」というのが一般人のフツーの感覚。「高くてもったいない」とは考えないのがホビーの世界。別にサッキーさんがぼったくってるわけではなく、相場のお値段なのです。
で、パーツを交換してどうなったかというと、まったく別物のようなスムーズな走行をするようになった。元々の樹脂製のギヤが精密な金属製に変わった事とタイヤのグリップ能力が格段に向上したためである。劣化したパーツの交換にとどまらず、高性能パーツにする事でクルマそのものの性能向上にもなったわけ。
とはいえ、それならパーツ代など安いものだとはやはり思わない。(´Д`)
今の四分の一か五分の一程度が適正価格だと考えるが、そこは需要と供給バランスの世界。飛躍的に普及しないとムリなのも明白。ま、ぼちぼちとメンテナンスを進めるとしよう。
関連記事

スロットカー 「サッキーズ・サーキット」

大阪府摂津市にある「サッキーズ・サーキット」に行ってきた。知る人ぞ知るスロットカーの営業コースである。
ちゃんとした営業コースは大阪近辺にはわずか二ヶ所しかないので、非常に貴重な存在である。
コース長は実に 60mもあるらしい!!。
写真ではいかにも難しそうに見えるが、直線部が多く取り入れられていて、初めてでもすぐに慣れることが出来て気分爽快。立体交差部分がひとつもないために、これほどの長さにもかかわらず死角が全くなく、見た目よりはるかに走行しやすい実に優れたレイアウトであると感心する。
1時間以上練習して慣れてきたとはいえ、1周するのに、14~15秒程度要する、凄いコースでした。

DSC01476.jpg DSC01482.jpg
DSC01486.jpg DSC01490.jpg

ラジコンカーとは違って、スロットカーの運転はコントローラのトリガーを握るだけの操作なので、子供はすぐに覚えて上達します。撮影後に親子でレースをしましたが、ぶっちぎりとはいかず、結構抜きつ抜かれつのデッドヒートで、面目を保つのに苦労したほど。(^。^;)

帰りの車中で、愚息の「Wii のイナズマイレブンよりも面白かった !!」という興奮気味の感想を聞いて、ちと嬉しかったりしたのでした。

スロットカーは非常にマイナーな趣味なので、採算ラインが厳しいことは容易に想像が出来ます。そのため、営業コースはなかなか定着しません。店長のサッキーさんは、とても気さくで親切な方で、微力ながら応援したくなります。出来るだけたくさん通って運営に貢献したいとは思います。しかし・・・
初めて訪問して、店内に入って驚いたことに、何と空調設備がない !!
あるのは工場用の巨大扇風機数台のみ。この時期に冷房なしの屋内ははっきりいって耐えられません。子供はスロットカーに夢中でまったく気にしていませんでしたが、老体にはこの環境はちと厳しいものがあります。
そんなわけで、次回のレポートは秋口以降になる予定。(^_^;
関連記事

| NEXT≫