FC2ブログ

iPadで読む朝日新聞デジタルの総括(解約)

無料お試し期間終了のお知らせが来たので、朝日新聞デジタルの契約を解約した。

8月1日からは利用できなくなるが、少し残念というだけで、何も支障はないためである。
簡単な操作と短いダウンロード時間で、しかも「横組の」最新記事が読めるのは非常に魅力的ではあったが、1ヶ月以上も購読してみて、やはり高額な料金(3800円/月)を支払うほどの価値は感じないという結論に達した。
操作性の不統一などのささいな不満もあるが、何よりも記事の内容の薄さが最大の不満点。紙の新聞とは大きな隔たりがありすぎるのである。記事のレベルが、いつも無料の朝日新聞Web版と変わらないというのはイタイ。
例えばプロスポーツ記事はわずか2面しかなく、野球のスコア結果や個人成績等もほとんど省略するほど手抜きしているのに、自社主催の高校野球には実に5面も延々と割いていることも気に入らない。
おそらく社運を賭けているのだろうと思わせるほどの意気込みで作成されているが、肝心の記事が、紙版より内容が浅いのに料金が同じなんて、読者をなめ過ぎである。新聞販売店に配慮しているのだろうという噂もあるが、読者には関係のない事である。とにかく今のレベルでは、1000円/月ならOKという評価は変わらない。

その他、大きな要素が「チラシ」の存在。(^。^;

新聞チラシ新聞チラシ2
週末になると、本誌よりも分厚いチラシが付いてくる。
主婦にとっては、平日に入る近隣スーパーのチラシが魅力
とある土曜日のチラシたち

もちろん、「デジタルチラシ」が存在する事くらいは承知しているが、地域の情報を網羅しているわけではなく、まったく役不足である。
もうひとつ、大きな欠点がある。デジタル新聞にはテレビ番組表がない
これ、かなり致命的な問題となる。紙をばっと広げて見れるものをiPadやパソコンの小さな画面で見る気はしないものである。テレビ内蔵の番組表も、一覧性が劣るという事で(我が家では)不評である。
大多数の一般庶民にとっての新聞の価値とは、一面とスポーツ面と、いわゆる三面記事の社会面、それにテレビ番組表であるのは世間の常識(もちろん自分の独断と偏見)である事を理解していないのでは朝日新聞デジタルの将来はまったく暗いと言わざるを得ない。
それより何より、新聞なんて(少なくとも我が家では)記事を一瞥したあとは単なるテレビ番組表としてしか利用されないというほどに重要なテレビ番組表が欠落しているのではどうしようもないではないか。

とはいえ、紙の新聞にしても、翌日以降はただの紙として積み上がるばかりで、家事の雑用に時折役に立つくらいのものでしかないので、デジタル新聞が魅力的である事に変わりはない。より高い妥協点を求めて精進してもらいたい。
関連記事

台風め

想定外
いま、この言葉を身にしみて実感している。「予想外」の出来事は日常生活で普通に生じるものであるが、「想定外」な事はめったに起こるものではない。
・・・と自分で書いていて、ギモンが湧く。
"予想"と"想定"は何が違うというのか ?
ニュアンスとしては、"想定"の方には「計画性」という要素が含まれている気がする。
しかし、この場合"気がする"では済まされない。ではGoogle神に問うてみる。

1."想定"とは「ある条件や状況を仮に設定すること」
2."予想"とは「物事の成り行きや結果について前もって見当をつけること」

うむ。予想通りであった。
マイナスの結果となった場合に"想定外"の方がダメージが大きいという事である。
で、想定外の出来事とは、台風6号である。職場のある大阪では、数十年ぶりの台風直撃(※注)かと思わせる進路だったため、社員に説明して臨時休業とした。
ところが、いつものように午前6時前に目覚めると、暴風雨どころか雨の一粒も降らない、シーンとした雰囲気。「何やこれは。嵐の前の静けさってヤツか !?」
すぐさま、テレビとパソコンの台風情報を確認し、愕然とした。"大型で強い勢力"のはずなのに、何という事か。徳島県に接触した直後に跳ね返されという感じで、ほぼUターンして紀伊水道の中をうろうろしているではないか。あちゃー。(*`Д´*)
この調子では、和歌山県にも跳ね返されてすごすごと太平洋に消えて行くしかないではないか。

台風6号

当然のごとく、関西の交通機関もほとんどが平常通り運行しており、やむなく定時出勤。管理職という立場上、平穏な気候の中で出勤しないわけにはいかないではないか。
しかし、やはり誰も出勤しておらず、想定外の静かな環境の中でこれを書いているというわけである。

それにしても、オレはなぜこんなに怒っているのだろう ?
会社の一員としては、臨時休業を回避出来た事を喜ぶべきではないか。しかも、いつもより静かな環境の中で粛々と自分の業務を進行させられる状況となった事も感謝すべきである。
というタテマエ論はさておき、単純に"休日が突然なくなった"事に腹を立てているという実に素朴な思考回路によるものなので仕方がない。何しろ昨夜から完全に休前日モードだったのだから。

これを増幅したのが、小学四年生の愚息である。本来なら今日は夏休み前の終業式だったはずが、台風接近のために中止となり、1日早い夏休みスタートとなったのである。
こちらの方は、例え台風が反転しようが消滅しようがカンケイなく、そのまま実施。
こどもってヤツは、休日になると勝手に朝早く起きるのだが、本日も5時半に起床して、「ともだちとイナズマイレブンストライカーズをやるのだ!!」と一人ではしゃぎまわっているのである。

とまぁ、何の意味もないくだらない事を書いているうちに気分も落ち着いてきたので、ゆっくりとお茶でも淹れながら仕事にかかるとしようか。

※注
大阪に台風が来たのは、1961年の「第2室戸台風」が最後らしい。
関連記事

ブログ更新停滞の真相

ブログの価値は更新頻度に比例する、とつねづね思っている。
とにかく鮮度が第一。個人のブログで普遍的な価値のある内容のものなどほとんどないというのが理由である。
※もちろん自分自身の独断と偏見による価値観

さて、そんな大層な価値観とは裏腹に、記事が月に10本を超えたことがほとんどない本ブログであるが、6月は iPad2のおかげで軽くオーバーするはずであった。しかし、突然失速して7本に終わってしまった。
6月中旬過ぎまで快調に進んでいた更新が突然停滞してしまったわけだが、実は原因はネタ切れではなく、"朝トレ"なのであった。
ブログは夜の就寝前に書くことが多いのだが、この 1ヶ月ほどは就寝時間が早いためほとんど書くことが出来なかった。どれくらい早いかというと、実に「夜9時台」なのである。9歳の子どもとほとんど変わらないという健康的な生活。(^。^;

問題の"朝トレ"とは、一念発起で朝6時から30分間(準備作業等があるので実質20分間程度)続けている筋トレ・ヨガトレである。インストラクターは、wii Fit Plusのお姉さん。(^^ゞ
wii大好きなゲーム小僧にも、おこぼれサービスで10分間トレーニングさせている。これのおかげで、朝勝手に起きてくれるので助かっている。
下の写真は、ヨガの"太陽礼拝"メニューをこなしているところ。

太陽礼拝

wii Fit Plusは実によく出来たソフトで、各種メニューが終わるたびに得点やランキングを発表してくれるので、励みになる。その他、飽きが来ないように随所に工夫がされている。
ゲーム感覚で、楽しみながらトレーニングが出来るという、wiiの特長を最大限に生かしたソフトである。と思う。
関連記事

iPad2 で画面キャプチャ

ちょっと更新をさぼっていたら、またたく間に20日間が過ぎてしまった・・・(-。-;
個人のブログなんて、ほとんど日記みたいなもので、間が空くと再開するのがどうにもおっくうになってしまうのである。
世の中には毎日更新しているブロガーも少なくないが、友人であり尊敬する写真の達人もその一人。
テキトーにお茶を濁している(手抜きともいう)日も散見されるが、いやはや、大した根気である。
とてもマネできるものではないが、せめて自分で決めた月2回ペースくらいは守らねばとあらためて決意。

さて、iPad2も早くもネタ切れかというと、そんな事はありません。本日のお題は「画面キャプチャ」。
"ハードコピー"とか"スクリーンショット"などとも呼ばれる機能である。
iPad2のユーザーズマニュアルをつらつらと眺めていて発見したのである。今頃になって!!

手帳のカタチをしていても、中身は高性能コンピュータなのであるから画面キャプチャ機能がある事くらいは容易に想像出来るのだが、これまでは必要性を感じなかった事もあり、調べる事もしていなかった。
本ブログでも何度か画面のキャプチャではなく、デジカメで撮った画面写真を載せているが、モバイル機器のイメージを優先していたためである。PC画面の方はちゃんとPCのキャプチャ機能で撮ってある。

ちなみに前回の日経ビジネス編で使用したものを画面キャプチャで撮ったらこうなる。

画面キャプチャ

さすがにきれいに撮れている。なにしろ画面表示そのままの品質なので当たり前ではあるが。

蛇足ながらいちおう書いておくと、画面キャプチャの操作は「ホームボタンと電源ボタンを同時に押す」。
シャッター音が鳴って、カメラ画像と同じ場所に保存される。
iPadをPCに接続したらエクスプローラで画像ファイルが表示されるので、必要に応じて取り出せばOK。
関連記事