FC2ブログ

究極のリモコン、それはiPod touch

さて、iPod touchという、今では中途半端な製品を買ったのは、もちろんインターネットブラウザとしてではない。
それには iPad なのだが、高額な通信料金とセットのためまだ手を出す気にはなれない。
だいいち、リモコンとしてはデカ過ぎるのだ。(^。^;
そう。今回の買い物には、明確な目的があったのである。それは、「究極の学習リモコン」

変則学習リモコンである"RC-589M"の操作も手になじんで来て、快適なリモコン生活(!?)であるが、「これさえあればもう何も要らない」というレベルに達しているわけではなく、やはり多少の不満がある事に変わりはない。専門外とは云え、空調や照明器具の信号学習が出来ない事も問題である。
そんなわけで、相変わらず学習リモコンの新製品ニュースはウォッチしていた。本当に満足出来る学習リモコンなら、3万円でもかまわないと思っていたほどである。
そして、ひょんな事から「iPhoneが学習リモコンになるアダプタ」という製品を知ってしまった。
「これだっ!!これしかないっ!!これこそ欲しかったリモコンなのだっ!!」

リモコンに強いこだわりを持つ者には、本当に満足出来るのは「自分でデザインしたリモコン」しかないのである。
そんなわけで衝動買いした iPod touchで作ってみたのがこれ。画面が小さめなので1画面にすべてを収めるのはムリとはいえ、何といっても、1台で無制限に操作パネルを使い分ける事が出来るのが最大の魅力!!
用意されているパーツもクール&スタイリッシュで、さすがapple一族のソフトウエアである。
とりあえず、理想としていたボタン配置をしてみた。

写真は上から順に、最下部から中間部~上部となる。各パネル部分は指でなぞれば上下にスクロールする。
iPhoneそのままのタッチパネルなので、照明の問題も完璧にクリアである。

ipod touchリモコン
最下部は、自分の定石通りに音量とチャンネルボタンを配置。A ~ D はマクロ専用ボタンである。
ipod touchリモコン
中間はブルーレイレコーダ用の操作部。
ipod touchリモコン
上部には十字カーソルボタン系を配置。

まだまだ試行錯誤中であるが、楽しいの何のって、ヒマさえあればリモコンデザインごっこをやってる今日この頃である。
関連記事

iPod touch のWiFi(無線LAN)接続

先週、念願の iPod touchを購入したものの、自宅と職場の無線LANに接続不能で困り果てていた。
iPod touch は、無線LAN接続出来なければ単なる音楽プレイヤーでしかなく、文字通り「宝の持ち腐れ」状態である。

自宅も職場も、Buffalo製アクセスポイントで、MACアドレス制限をしているが、これまではノートPCやAirmac Expressでも問題なく接続出来ていた。しかし、iPod touchのヤツはアクセスポイントに認識されずまったく見えない状態。そのためどうやっても接続出来ないのである。
iPodとBuffaloのアクセスポイントは、問題の多い組み合わせのようで、Web上には多くの解決策が公開されているが、どの方法を試してもダメで、解決までに丸4日間かかってしまった。
苦しんだ末にようやく本日解決。結論からいうと ファームウェアの更新で解決 となった。
自宅では WZR2-G300N Ver.1.54 → 1.55、職場では WZR-G300N Ver.1.60 → 1.76。
更新後は、あっさりとアクセスポイント管理画面に touch のMACアドレスが表示され、アドレス登録&パスワード入力で、いともカンタンにWeb画面が表示された。喜びと言うより、脱力である。ふぅ~~~。(-"-)

ipod touch 無線LAN接続成功
関連記事

再開宣言

ちょっと訳あって、無期限自粛としていましたが、その必要がなくなったので再開します。
ただし、本日以降は「自主広報」ではなく、単なる一住民として完全に勝手気ままな書き込みをします。
つまり、公共性にあまり配慮せず、かなり独善的で過激な表現をする場合があるので、「気に入らなければ見てもらわなくてもけっこう」というスタンスになります。
※今回からはコメントも受け付けますので、書き込みお待ちしてます。
関連記事