FC2ブログ

光熱費レポート【改訂】

だいぶデータが充実して来たので、おなじみの光熱費レポートを。
データが安定して来たので、今冬を過ぎてからのレポートを最後とする予定である。
今回は、4月を基点とするグラフを作成した。
現在の住居(オール電化)が3月末入居なので、前住居(電気+ガス)との比較が更にしやすいという理由である。
何度もしつこく書いているが、低気密住宅と高気密住宅における光熱費(省エネ度合い)の比較材料となる。
4本の折れ線のうち、上側2つが前住居のもので、ほとんど同じデータとなっている。
下側2つは転居後のもので、上2つとの相似形ではあるが、冬場の差異が大きい事が一目で分かる。すなわち暖房費の大幅な節約となっているわけである。年間通して10万円以上の節約となった事は以前に書いた通り

光熱費グラフ2010-2

水色の折れ線が今年のデータであるが、7月まで前年とぴったり並んでいたのが、8月から9月にかけて大きく上昇して前住居時代に迫っているのは、ご存じ史上最悪の猛暑が原因である。前年よりもエアコンの使用頻度が格段に増加したのがそのまま電気料金に反映されている。
とはいっても、最大でも 2万円を大きく下回っているのが高性能住宅の証明。
外断熱費仕様とするだけで 300万円強余分にかかってるが、さぁ何年で元が取れるか計算してみよう (^^ゞ
関連記事

平群北小学校の運動会

長い長い酷暑が去ってようやく秋らしい気候となり、清々しい青空の下での平群北小学校の運動会。

運動会2010運動会2010
運動会2010運動会2010
何と、元輝は「ソーラン節」前の旗振り役を務める事になんちゅうソーラン節 ? 元輝は一転最後列へ

関連記事

フィットの燃費改善計画

フィットに関する話題と云えば、一般的にはまず燃費である。
しかし、我が家のフィットのあまりの劣悪な成績を受けて、改善計画を実行する事にした。
さて、フィットに限らず、燃費を改善する方法はまったくカンタン。それは「アクセルを踏まない」事である。(@_@)
とは云っても、実際にアクセルを踏まなければ走行出来ないので、正確には「極力、アクセルを踏む角度を浅くする」となる。しかも、出来るだけ時間をかけてスムーズに加速しなければならない。
"出来るだけ時間をかけて"とは、具体的には、停車状態からからゆっくりゆっくり加速して、40kmに達するまで10秒間。決して14秒間ではない。日常の足としての使用環境ではこれで充分流れに乗れる。
実際にテストしてみた結果、自分としてはこれが限度である。生理的にこれ以上のノロノロ運転は出来ない。
次に留意すべきは、
1.アイドリング時間を最小限にする
2.信号が黄色になると判断したら、アクセルを離して慣性走行する
3.追い越しはしない
4.定速走行を心がける(近所の足状況ではムリだが) ・・・ クルーズコントロールが威力発揮
5.エアコンを切る
である。
もちろん、日常使用の大半を占めている"省燃費運転って何 ?"レベルであった妻にも伝授した。趣旨を説明して快諾を得たので、今後はかなり改善されるはずである。次回のレポートをお楽しみに!!

おかえりフィット
関連記事

フィットの燃費レポート

フィットが我が家にやって来て早4ヶ月。ほぼ毎日近所の足代わりとして活躍している。
現在の積算走行距離は約4500kmである。1000km/月ペースとなる。
本日のブログのカウンタは16,000。つまり、何とブログのアクセス増加ペースと同じである。(@_@)
さて、史上最悪ともいえる、まれにみる酷暑の期間内での最近 2ヶ月間の燃費記録はというと。

給油日 給油量 走行距離 燃費 使用状況
2010/09/19 34.0 L 379.0 km 11.2 km/L 近所の足、通勤(13%)、実家往復(30%)
2010/09/07 33.0 L 249.0 km 7.6 km/L 近所の足、駐車冷房
2010/08/24 31.0 L 418.0 km 13.5 km/L 近所の足、通勤(24%)
2010/08/12 27.0 L 276.0 km 10.2 km/L 近所の足、通勤(18%)
 
最高気温が連日35度超え当たり前という、この期間の走行時は当然すべてエアコンフル運転である。
通勤時の走行環境は、渋滞を含む都市高速と比較的空いた一般国道が半々の割合。
9月7日の「7.6km/L」というのがこれまでに唯一 10km/L を割ってしまった最悪の成績。
「フィットでこんなのありか!?」と叫びたくなるほどのていたらくであった。
※原因が分かっていたので、実際には叫んではいない (^^;)
フィットのカタログ燃費は 24.0km/L、ウチの1.5Xでは 20.0kmであるが、いずれも、もちろん悪名高き"10・15モード"測定でのハナシ。日常の使用でこのような成績になる事はまずない。・・・とはいえ成績悪いなぁ(-_-;)
"悪名高き"といわれるのは、実際の走行環境とかけ離れすぎているためである。
例えば、市街地想定の10モードで「アイドリング状態 ~ 40km/hまで加速する (14秒)」となっている。
時速たった40kmに達するのに14秒もかけるなど、交通状況をまったく考えない文字通りの"ノロノロ運転"であり、危険でさえある。少なくとも自分にとっては、ありえない条件である。

フィットに限らず、燃費は運転者の心構えと走行環境に大きく左右されるので、ただ単に"このクルマは15km/Lはいきますよ"などという表現は意味がない。

9月7日の情けない成績の最大の要因はフィットの責任ではなく、走行環境に加えて"長時間のアイドリング"にあったと思われる。この期間はすべて"近所(日常)の足"、すなわち片道5km以内・走行時間3分~10分程度という悪条件であり、さらに訳あって 1時間近く駐車場内での冷房フル運転をしてしまったのである。何しろこの間は 1mたりとも走行していないので燃費も何もあったものではなく、これ以上ない最悪の条件でありながら 7.6kmは立派ともいえるかも。(^^ゞ

おかえりフィット

さて心構えであるが、使用者二名とも、これまで省燃費についてはあまり(妻の方はまったく)配慮しない運転をして来たので、最低の成績を反省し、これからは少しは考えて運転しようと決意したのである。

関連記事

コーナンがやって来る(?)

最近気づいたのが、椿井農協北隣の農地にさりげなく設置されている看板。
コーナンKonan.jpg

ホームセンターの「コーナン」が出来るようだ。
しかし開店時期はHPにも情報がなく、分からない。1年後くらいかな。
この周辺は畑以外何もないといっても良いような環境なので、コーナンが出来て賑わうのは良いのだが、平群バイパス渋滞の頻度が増えるのは確実・・・
関連記事