FC2ブログ

フィットのスピーカ交換工事

フィットの「オーディオレス仕様」車であるが、実際には左右フロントドアにスピーカが付いているので、CDプレイヤーやAVナビを取り付ければちゃんと音は出るのである。
そして、普及型ランクのAVナビ「AVN550HD」に接続された、このスピーカの出す音はごくフツーである。というより、音のこもりも感じられず、低音もブンブン出て来るし、これで納得というユーザーは少なくないと思われる。ま、このくらいのサイズ(16cm)のスピーカであれば、メーカーがあえて悪い音にしようとしなければ、そこそこの音で鳴って当たり前である。自分の体験した範囲では、音が悪いためにクルマで音楽を楽しめない原因の90%以上はヘッドユニット(ラジオやCDプレイヤー)にある。
フィットのおまけ(標準装備とも云う)である、このスピーカも特にひどい品質ではなかった。
しかし、少しでもオーディオにこだわりのある者の耳には、超高音も超低音も全く出ない、このスピーカはやはり"カーステ"レベルの音質であり、我慢ならない。
というわけで、今回のフィットいじりは「スピーカのグレードアップ作戦」となった。
家庭用オーディオと同様、クルマでも"サウンド"にこだわり出すとすぐに数十万円から百万円超のコストがかかる事態となるのだが、自分としては「マニア」になる気はさらさらないので、ある程度音質が向上すれば打ち止めである。その"ある程度"の基準とは、スピーカ 1個あたり 1万円である。音質の聴き分けについて大した能力があるわけではないので、このレベルの製品で十分である事は長年の経験値として分かっている。
今回の工事は、パイオニアの「TS-J1710A」(2個入りで実買約15,000円)をフロントドアに取付け、余った既設のスピーカをリアドアに移設して4 スピーカシステムとする事にした。
フィットのスピーカ工事フィットのスピーカ工事フィットのスピーカ工事
スピーカを交換するには、ドアの内張りを取り払う必要があるが、ナビ工事に比べればカンタンである。
取り外し方の情報と適切な工具とがあれば、ものの 3分程度で外せてしまう。「情報」とはいっても、ディーラーの営業マンに頼んでサービスマニュアルの該当部分をコピーしてもらえば済む話である。
フロントドアでは、アームレスト前方に内装はがし工具を差し込んで軽くこじあければカンタンにカバー部分が取り外せる。カバー内部のパワーウィンドウ用配線コネクタを外し、そのそばにあるビスを 1本取り外す。後はドアハンドル部分のビスを取り外してから、内装はがし工具を使って内張りを下端からバキバキと引っぱがす。詳細な手順については、「いじれ!!フィット」サイトを参照の事。
コツとしては、内張りパネル全体を少し浮かせ気味にしなければドアハンドルを抜けない事くらいである。
※ちょっと注意
内張を取り払った後で、中央の写真 ↓ のように、赤色のフックがドア側に残ってしまう場合があるので、専用工具やラジオペンチ等で引っこ抜いて内張に取り付けておくのを忘れない事。
フィットのスピーカ工事フィットのスピーカ工事フィットのスピーカ工事
右上写真のように、標準装備スピーカはボルト1本で固定されているだけなので外すのはカンタン。しかし、これを取り外した後で問題発生!!
固定ボルトの位置が異なるため、「TS-J1710A」はそのままでは取付不能である事が判明したのだ。(´д`)
パイオニアのHPの車種別適合表には、いかにも別部品なしで取り付け出来るような、あいまいな表現しかされていなかったため、ダメ元で取りかかったのだが・・・
そのままではダメと分かり、工事前に保険のために在庫を確認してあった、最寄りのスーパーオートバックス布施高井田店に突っ走り、フィット用「インナーバッフルボード(約1,500円)」をゲットして取って返し、インナーバッフルを取り付けたのが右の写真。
フィットのスピーカ工事フィットのスピーカ工事フィットのスピーカ工事
「TS-J1710A」には、HONDA車用のスピーカ接続コネクタの他に、ご丁寧にもデバイディングネットワークが付いてくる。説明書に従い、プチプチと接続して、防振用スポンジを貼り付けてバッフルに固定して完了。
フィットのスピーカ工事フィットのスピーカ工事フィットのスピーカ工事
右上の写真が、フィット純正スピーカとカロッツェリア(パイオニア)製である。さて、どっちが高級品か、分かるかな ? (・∀・)
取付と配線が終われば、音出しテストで確認した後に内装パネルを元に戻しておしまい。
さて、肝心の音質向上効果はというと、"カーステレオ"状態から"カーオーディオ"と呼べるレベルにはなった。しかし「劇的な変化」というわけではない。もともと、"AVN550HD"のサウンド調整機能によってそこそこの音が出ていたためである。
すなわち、スピーカ交換前後のヘッドユニットが、同じ"AVN550HD"だからである。これが、「標準装備のCDプレーヤ + 標準装備スピーカ」から「 新ヘッドユニット + 新スピーカ 」に変わったのなら正に"劇的に良くなった"であろうと想像するしかない。
とはいえ、音の解像度や高域・低域の伸びは格段に向上した事がはっきり分かる程度のレベル向上となったのは間違いない。とりあえずフィットを「走るリスニングルーム」にするという目的は達成したわけである。

関連記事

空手大会2010

元輝が週 1回「小平尾(こびらお)道場」に通っている武心會主催の東関西地区空手大会が開催された。
元輝が道場に通い出して 3年目。実力を表す帯の色が順調に「白→黄→緑帯」とランクが上がってきて、現在緑帯 4級である。
今回の相手は同じく緑帯であるが、同色でも更に細かく上から 4・5・6級というランクがあり、元輝は 4級、対戦相手は 6級である。
そんなわけで、前回と同じく、難なく 1回戦を突破した。しかもポイント 3-0 という完勝。
写真では白の防具を身につけているのが元輝。見ての通りの圧倒的優勢であった。(・∀・)
空手大会2010空手大会2010
しかし・・・
2回戦では、ちょうど 1年前の前会と同じバターンで、開始早々に相手のキックを腹にくらい、たちまち戦意喪失で後は防戦一方というふがいない展開。(>_<)
完勝の後は完敗。今回はそれほど強い相手ではなかったはずなのだが、とにかく打たれ弱いのが致命的弱点である事がはっきりした。
おいおい、2回戦ボーイで終わるなよな・・・(´д`)
関連記事

フィットのカーナビ工事

購入したフィットは「オーディオレス仕様」。
すなわち、ナビやCDプレーヤはおろか、ラジオさえも付いていない状態で納車された。
と言っても、ディーラーとケンカしたわけではない。現在は車外品の流通が発達しているので、こだわりのあるユーザーは好みの製品をどうぞお好きなものを、という仕組みである。
もちろん、わたしはほんの少々こだわりがあるので、このような仕様のクルマを発注する事にした。
なぜなら、メーカー純正のナビやオーディオは、高級(すなわち非常に高価な)仕様のものを除き、サイテーの品質でしかないためである。DIYさえ出来れば、同じ機能が純正オプションの半額程度のコストで実現出来るのである。
もちろん国民車(大衆車ともいう)であるフィットもこの点について例外であるはずがなく、迷うことなく後付けを選択した。
それがこの↓写真である。一昔前まではこのような状態で新車が納車されるなどあり得なかったのであるが、これは時代の進歩(ユーザーの選択肢の増加)であると感じている。
ナビ2 施工前
フツーは、この状態からカーショップで取付を依頼するのであるが、前の愛車をほとんど(というか、まったく)いじらなかった(いじれなかった)ため、気軽にいじれる事もフィットを選んだ大きな理由のひとつである。
今回選択した製品は、カーナビの老舗である富士通テンの最新型HDDナビ。"ECLIPSE AVN550HD"と調達した部材たち。
この他ディーラーに依頼した部品を含め、総額約11万円である。写真右は、DIYに必須の"内装はがし"工具である。
ナビ1 部材ナビ Z 工具
実は、今のクルマに関しては、カーナビの取付は情報さえ収集出来れば何も難しいものではないのである。もちろん"情報の収集"には部品の調達も含んでいるのであるが、さすがは天下のベストセラーカーである。フィットのDIYに関する情報はWeb上に豊富に存在する。中でも最も有用だったのが、"いじれ! Fit"サイトである。ありがとう作者さん !!
適応する部材さえ入手出来れば半分完成したも同然である。後は少しの勇気が必要なだけ。
さて、その"勇気"とは・・・
ナビ3 パネル外し
この↑写真のように、手袋をはめて思い切り「バキバキ」という音を立てながらひっぺがすという作業が多いためである。比較的安価なフィットとはいえ、まったくの新車でこれをやるのは素人にはキツイものがあるのだ。(´д`)
ナビ4 ハザードコネクタナビ5 パネル取り外し後
センターパネル撤去後。ぶらんと垂れ下がっているのはハザードスイッチ用のケーブル。
ナビ6 カプラ接続ナビ7 本体配線接続ナビ8 車速信号接続
最低限の電気の知識があれば、配線接続は想像するほど難しくはない。ここのでキモは、"本体側コネクタの22番"の車速パルス出力ピンである。現行型フィットの車両側コネクタが24ピンなのに対し、ナビ側のコネクタが20ピンしかないため、HONDA純正部品の24-20ピンコネクタを介して接続する事になる。このため、すべての信号を受け取ることが出来ないのだが、その不足した4ピンの中に"車速パルス"信号線があるのだ・・・(´д`)。で、右側の写真のように1本だけ配線加工が必要になったわけ。
ナビ9 フロントピラー取り外しナビA アンテナケーブル配線ナビB フィルムアンテナ
最大の難関はフィルムアンテナの取り付けと配線であると気合いを入れて作業にかかったが、左の写真のようにゴムのシールドを外してピラーを手前から引きはがすといともカンタンに取り外す事が出来た。フィルムアンテナを貼り付けて電極と接続し、アンテナケーブルをダッシュ前方の内部からナビ本体まで配線する。
ダッシュ裏側に手が入りにくいのだが、その答えは中央の写真。安物の針金ハンガーをぶった切って本体側から突っ込み、ビニルテープでアンテナケーブルを先端にくくりつけて引っ張る事でスムーズに作業が出来たのであった。
というわけで、拍子抜けするくらいカンタンに終了。
説明書によると、電極接合部をフロントガラスに貼り付ける際には、10秒間押し続けていなければならない事になっているのでそのようにした。ちなみに、ここでさりげなく映っている人差し指は、K社の営業マンであるA氏のものである。わたしの作業中、ヒマそうに突っ立っていたのでちょっとだけ手伝ってもらった次第。
ナビC アンテナケーブル固定ナビD ブラケットナビE 本体固定
アンテナケーブルを固定して、ナビ本体に専用ブラケットを取り付けてダッシュボードに固定。
ナビF 完成
見事完成。総工程に要した時間は約 3時間でした。これには、最初のおそるおそるの内装はがしに要した時間や、工事途中でつまづいて情報収集に費やした小一時間も含んでいるので、次回は 1時間程度あれば出来る自信がついたぞ。(・∀・)
DIYのもうひとつの大きなメリットが、カーナビユーザーのしゃくの種であるパーキングブレーキ制限からの解放である。駐車してパーキングブレーキを引いた状態でないと出来ない操作が多くあるという、メーカー及び整備業界の過剰な自主規制によるユーザーの不利益が解消出来るわけ。アースに接続するだけですべて解決なのだ。
関連記事

ダウンサイジング その2 クルマ編

レコードプレーヤーと同じく、クルマもドイツ製高級車(BMW 525i)を愛用して来たが、国産車の大傑作であるHONDAフィットにリニューアルした。こちらはさすがに勇気を要し、決断するのに半年近くかかってしまった。(´д`)
これまた半年間も選び抜いてから 3年半前に買った 2002年式 525iは、殆ど故障もなく、必要十分なパワーのスムーズなエンジンと重厚かつ極めて快適な乗り心地に品の良い内装など文句なしの素晴らしい名車である。現在もクルマとしての基本的な機能について何も問題なく、手放す理由など何もないはずであったが・・・
BMW 525iフィット
フィットは、発売以来ずっと関心を持ち続けてきたいつかは所有したいと思っていた"憧れのクルマ"であり、今春の車種変更で何とクルーズコントロールを装備した"1.5X"が追加されたのがダメ押しとなった。
購入するにあたり、さすがに 3台所有するわけにはいかず、涙をのんで 525iを手放す事に決めたのであった。
しかし。「高級車」というものに何の価値も認識しない子供は、フィットに変わって大喜びである。(^_^;)
で、さっそく新居を背景に記念写真・・・なわけがなくて、この豪華な住宅は昨日訪問した隣町である若葉台の Uさん宅なのである。フィットのようなコンパクトカーには、このような明るいビビッドなカラーがゼッタイ似合うという事が良く分かる一枚。
ところで、二枚の写真はあくまでもクルマが主役であり元輝はアクセントに過ぎないのであるが、なぜか偶然にもクルマと同系色のカラーコーディネイトのファッションである。
単なる偶然に過ぎないのだが、子供だけが目立つこともなく、なかなか自然でイイ写真になったと自己満足。(・∀・)
関連記事

極楽通勤ルート発見!! その1

すっげー発見をした。(・∀・)
既に知ってる人は知っているであろうし、この上誰かに知らせたいわけではない。だいいち大勢に知られたら不利益になる。
しかし、どうせこの状況が続かなくなる時が来るのは時間の問題であろうし、何となく黙っていられない。こんな通勤なら、毎日でもオッケー(!?) ってほど気分が良いのである。
このブログのウォッチャーの数なんて、たかが知れているとタカをくくって、書いてしまおう。
2009年4月の近鉄ダイヤ改悪によって、地下鉄中央線に存在していた大阪方面への生駒駅からの始発列車がなくなってしまい、転居先を菊美台に決定した大きな要因のひとつが失われてしまった事については以前にも書いた
しかし、本日大阪市内から菊美台への通勤ルートについて奇跡的にラクが出来る発見をしたのだ。
進行方向を向いたセパレートシートという特急指定席並の快適さで、運賃も所要時間も既存ルートと変わらず、しかも着席率(乗車率ではない)100%である。
本日、このルートで大阪市内(京橋)から東山駅まで利用してみた。そして昨日までの苦痛の通勤がウソのように快適な小旅行に変わった。
現時点ではあくまで「大阪市内から菊美台」である。
かんじんの「菊美台から大阪市内」ではどうか。そのレポートは後日(書くかも)。
関連記事

ダウンサイジング その1

愛用して来たドイツ製の高級レコードプレーヤーが故障し、悩んだ挙げ句に修理不能と判断して泣く泣くリニューアルする事にした。
ふだんはほとんどアナログレコードを聴く機会がないというのに、使えなくなった途端にレコードを聴きたくて仕方がなくなるという、ありがちな状況に陥ってしまった。
で、3ヶ月ほどあれこれと物色した結果に思い切って調達したのがこれ。オーディオテクニカ製の"AT-PL300"である。購入価格はなんと、送料込みで 4,760円 !! カートリッジの交換針にも満たないお値段。ホントに大丈夫ですか、これ??
ダウンサイジング-レコードプレーヤーダウンサイジング-レコードプレーヤー
アナログレコードを iTunesで活用するため、同社製のフォノイコライザーアンプとオンキヨー製USBデジタルプロセッサ"SE-U55GX"を介してPCに取り込むようにしてある。
オーディオテクニカには直接PCに接続出来るようになっている"AT-PL300USB"という製品もあり、こちらが主力製品のはずなのだが、既に所有していたふたつのパーツを活かしたかったので、このような構成となった。
ちなみに、故障した愛機は、知る人ぞ知る、デュアル社製の"Golden 1"という、完動品ならばオークションに出しても10万円は下らないという名器。何しろ新品の標準価格が10分の1以下の代物という事もあり、まったく、比較するのもはばかられるくらいにランク下の製品にしたわけである。
ダウンサイジング-レコードプレーヤー
"Golden 1"の、シックでゴージャスな仕上がりは正に工芸品並み。一方、新入りの"AT-PL300"と来たら、子供でも違いが分かるほどにチープこの上なく、オーディオ製品と呼ぶのもはばかられるような情けない姿である。
その昔、オーディオ隆盛の時期には人並みに関心を持ち、あれこれとオーディオ機器を入れ替えていたので、それなりにカネもかけていたしこだわりもあった。しかし、決して自分はマニアにはならず、ファンの域にとどまった。
友人知人が百万円レベルのカネを使っているのを見聞きしても、呆れる事はあっても羨む事は決してなかった。
そんな自分でも、デュアル社製のレコードプレーヤーには格別な思い入れがあったのである。「良い音質で気軽にレコードを楽しみたい」という当たり前のニーズに対して、真摯に取り組み完璧な結果を出した唯一のメーカーであった(はず)から。
関連記事

| NEXT≫