FC2ブログ

AirTunesの音切れ解消法

AirMac Expressをオーディオ装置に接続し、iTunesをインストールしたノートパソコンをオーディオルームに持ち込めばAirTunesが実現します。
ソファに座ってようが、床に寝転がってようが、室内のどこからでも操作可能で、快適そのもの。
ノートパソコンがワイヤレスリモコン装備の超高機能ジュークボックスになるわけです。
itunesでジュークボックスAirMac
さて、左の写真では表向きは実にすっきり整備されてますが、AV機器収納ラックの舞台裏は右側の写真の通りの状態。AVシステムの配線となると、どうしてもこうなります。
これでもまとまってる方なんですが・・・(^^;)。左側に見えている白いケースがAirMac Expressです。インジケータがグリーンになってれば正常動作しています。

AirTunesシステムはかなり以前からやってみたかったのですが、ちょっとメンドくさそうな気がしてなかなか取り組む気が起きなかったのです。
まず、バッテリーだけで長時間稼働出来るノートパソコンが必須です。ワイヤレスリモコン代わりにするのだから、1時間や2時間の使用でAC電源の助けが必要になるようでは使い物になりません。
そこで、手持ちのPCの中から最も長時間駆動(公称12時間!!)が可能な「Let's Note CF-T4」に白羽の矢を立て、専用機にする決意をしました。実際の使用でも5~6時間くらい余裕で使える、頼もしいヤツです。iTunesをインストールしてテストしてみたら、難なく動作します。
よしよし、これで超快適なジュークボックスライフが楽しめるぞと喜んだのもつかの間、2分ほど経過してからは数秒ごとにブチブチと音が途切れはじめ、まったく音楽を聴ける状態ではありません。
あ~、やっぱりかぁ・・・(-_-;)。ネットワークがらみで何か新しい事を始めた場合に、これまでスムーズに運んだ試しがないのです。特に無線LANというシステムは、全自動・ワンタッチで動作してくれればOKなんですが、いったんトラブルが発生した場合に途端にシロートにはとても手に負えないくらい高度で不安定な仕組みだという事を痛感させられます。
電波の強度は十分すぎるくらいあるし、無線LANの天敵(!!)である電子レンジは2階のこの部屋ではなく1階の最も遠い位置にあるし。
AirMacの設定画面のどこを見ても、これに関係するような機能が見あたらないし・・・(-_-;)
しかし、今は困ったときのGoogle頼み。検索してみたら、原因はAirStationの設定にありそうだと判明。
アクセスポイントのCH設定
「無線チャンネル」を"自動(1チャンネル)"から"6チャンネル"に変更して、問題解消!!
AirStationとは、知ってる人は知っている、バッファロー社の無線LANシステムです。既に構成してあったAirStationのLANに、AirMac Expressを追加接続したために起きたトラブルなのかも知れません。
悪戦苦闘の苦労の末に問題を解決して公表してくれた先人に感謝です。
関連記事

平群バイパス、発展中

平群町を縦断するR168号線のほぼ中央(菊美台からはクルマで3分程度)に位置するバイパス沿いに、今年になって続々と新店舗が誕生しています。
以前から、中規模のレンタルビデオ&書店の「三洋堂」・コンビニ「サンクス」・美容サロン・フラワーショップ・ドラッグストア・中古車店などが集中している場所なので、ようやくふつうの郊外バイパスストリートの雰囲気が出て来ました。ちなみにまだパチンコ店はありません。計画が持ち上がっては反対多数で立ち消えになっているという噂もあります。個人的には、もちろん要らんけどね・・・
そろそろ、ユニクロやマックが来ても不思議ではない環境になりつつあります。
南都銀行 セルフSS
南都銀行コスモ石油(セルフ)
サンディ ガスト
激安スーバーのサンディガスト
西松屋 丸亀うどん
西松屋丸亀製麺
クリニック通り クリニック通り
内科、整形外科、眼科、歯科、調剤薬局。この向かい側には、以前からドラッグストアの"ジップドラッグ"があります。
今日は、9月に開店したばかりの「丸亀製麺」に行ってみました。ちょうど昼時のため、50名を超す長蛇の行列でした。意を決して並びましたが、さすがはうどん屋さんです。客の回転が速く、待ち時間は20分程度でした。
うどん厨房 うどんメニュー
大忙しの厨房は完全オープン激安メニュー
うどんトッピング 釜揚げうどん
お好みの具材でどうぞ釜揚げうどんとかき揚げで410円
わたしは当然のごとく看板商品である"釜揚げうどん"をいただきました。この日は1名当たり100円オフのクーポン券持参だった事もあり、写真のメニューでたったの310円!!
ぶっかけうどんを注文した家族共々3名分が810円で済んでしまいました。(^o^)
ところで、写真では天かすがたっぷり乗っていますが、これは自分で勝手に乗せたものです。
フツーは釜揚げうどんには使いませんよね。生まれつきの貧乏性で、うどんには天かすを乗せる習慣が染みついているため、何気なくそうしてしまいました。
もちろん、お目付役の妻にさんざん注意された事はいうまでもありません。(´д`)
かんじんの味はといえば、だしはかなり薄めですが「フツーに美味しかった」ですよ。うたい文句通りの"本場讃岐うどん"そのままの品質かとなると「麺のなめらかさが不足」と感じましたが、値段を考えると文句を言える筋合いではありませんね。
ま、グルメでもなんでもない一個人の感想ですので悪しからず。
関連記事

ドライの謎(改訂)

最近買った、お気に入りのデジタル温湿度計です。電波時計も付いてます・・・って、逆か (^^;)
液晶全盛時代ですが、この8セグメントLED照明の見やすさには逆立ちしてもかなわないですね。
デパートの展示品に一目惚れして衝動買いしましたが、一点を除いて大満足です。
秀逸なデザインですが、しょせんは二流メーカー。写真では分かりにくいですが、家庭内に置く実用品としては異常に輝度が高すぎるのが大きな欠点です。いちおう2段階の輝度調整スイッチがありますが、それを弱にしても、照明を消した室内ではまるで常夜灯のような発光です。
スヌーズ付きのアラーム機能もありますが、残念ながら寝室にはまず置けません。
とはいえ、何しろカッコいいし、室内の温度湿度が一目瞭然なので重宝してます。
※やっぱりクレームが多かったのか、すでに廃番です。後継品は、デザイン的にはかなり劣りますが、照度はちゃんと対策しているみたいです。
P1000150R.jpg
この温湿度計の表示によると、自室(約12畳)の環境では「温度32度・湿度60%」が扇風機でしのげる限界点だという事が分かりました。よって、室温が32度に達した時は迷わずエアコンをオンにします。何しろ断熱性能抜群の環境ですので、5分と経たない間にぐんぐんと数値が下がっていくのが快感です。エアコンの室温は29度に設定してありますが、10分以内に26度まで下がり、後は徐々に設定温度に近づいて行きます。ちなみに中々29度にはなりません。30分くらいかかる感じ。(-_-;)
10年前の、しかも一番安いクラスのエアコンなので、こんなものなのかもと思ってます。
その後、30度に設定しても問題ない事が分かり、以後そうしています。30度にすると、さすがに「涼しさ」はまったく感じなくなりますが、もちろん「まったく暑くない」ので、空調の目的は達しています。運転中の湿度はだいたい35%前後で安定しているので、この恩恵ですね。
それはさておき・・・
我が家では夏場のエアコン使用については、ほとんど"ドライ"運転にして来ました。"冷房"よりも電気代の節約になると無邪気に信じていたためです。
ところが、最近になって何気なしに色々と調べてみたところ「場合によっては"ドライ"の方がはるかに電気代がかかる」らしい事を知って、冷や汗がたら~りと滴り落ちたのでした。(^^;)
リンク先の記事は、個人の感覚や思い込みなどではなく、電力会社の見解です
そんな事は生まれて初めて知ったぞ!!なんというアホだったのだ!?
もともと、ウチでは高級機種のエアコンなど買った事がないし、ドライにすると必要以上に良く冷える(!!)ので、結果的にはドライ運転で正解だったようです。ただし、この事を知ってからは、ほとんど"ドライ"は使わなくなりました。
何しろ、"ドライ"運転の間は室外機が止まらないんですからね!!
それにしても、わたしの身辺ではこの事を知っている人に出会った事がないんですが、正しく使用している家庭はどれくらいあるんでしょうね・・・
関連記事

光熱費レポート その 1 (改訂)

外断熱住宅に住み替えたなら、当然のお約束(!?)である光熱費のレポートです。
断熱性能以外の比較条件としては、同じ木造一戸建てであり、床面積もほぼ同じで、電気+ガス → オール電化の違いです。
月度/年度2007年2008年2009年
4月24,33722,57421,209
5月21,02820,87114,168
6月15,87117,35810,665
7月15,96718,55310,324
8月20,00223,38812,114
5月-8月計72,86880,17047,271









光熱費グラフ 

2009年の4月以前は電気+ガスの合計額、5月以降はオール電化システムとなったので光熱費は電気代のみです。改善された事はグラフを見れば一目瞭然ですね。
4月は前住居とオーバーラップしているので参考値として、5月からの4ヶ月間のトータルでは、前年と比較して、半減とまでは行ってませんが、59%(4割減)・金額にして32,899円の節約という好成績でした。
ちなみに、8月になって更に大きく差が開いていますが、これはおそらく、8月になってから「入浴を止めてシャワーにした」事と洗濯時間の見直し効果です。
昨年までは、毎日浴槽を満たしていたのを、生活費の見直しで「夏場はシャワーで済ませる」という戦略が奏功したのです。やっぱりこの差は大きい事を実感しました。給湯は電気式に変わりましたが、温水加熱機能は深夜に働いています。
また、洗濯乾燥機をほとんど毎日使用していますが、オール電化になってからはタイマー運転で深夜から開始して早朝までの間に完了するようにしています。関西電力の「はぴeタイム」プラン契約では、時間当たりの電気代がほぼ四分の一という低料金になります。
そんなわけで、エアコンの使用時間に大差はないので、断熱性能以外の要素で節約出来ているようです。(^_^;)
ま、断熱性能の差は、昨年の光熱費最大47,000円/月を記録した冬場に効いてくるでしょう。
関連記事

もう座れない・・・

1年半前に「大阪まで座って通勤」できるという記事を書き、事実ずっとその便利さを享受して来ました。
しかし、突然の近鉄のダイヤ改悪により、残念ながら過去の事となってしまいました。
けいはんな線において、通勤時間帯の「生駒発→大阪市内」がほぼ廃止され、事実上すべてが「学研奈良登美ヶ丘発」となったのです。これにより、電車が生駒駅に入って来る時にはすべての座席が埋まった状態ですわ。(´д`)
体力的にどうこうと言う以上に、座ってれば両手両膝を自由に使えるメリットは貴重であった。
それでも、近鉄奈良線の痛勤列車ぶりよりは混雑程度がずっとマシとはいえ、これからは25分間(生駒→谷四)も立ちっぱなしになってしまう・・・
※白庭台~学研奈良登美ヶ丘間の利用者にとってはダイヤ「改正」
関連記事