FC2ブログ

駅前に新店舗開店

ジェラートショップ"mamma"とホームセンター"コメリ"に続き、東山駅前に先月新しい店舗が開店しました。
大阪市内でもここ数年間開店ラッシュが続いていて、今やラーメン店よりも多いのではと思われるほどのブームのヘアーサロンです。
駅前ヘアーサロン
取材結果は後日レポートします。
関連記事

春の環境愛護デー

4月19日、恒例の合同清掃です。ここ数年間は参加者数300名強前後で推移してきましたが、今回はなんと400名近くになりました。季候が良かったからかな・・・
一見さわやかに晴れ渡った青空の下での作業でしたが、この日は最高気温が実に27度という真夏に近い暑さでした。さいわい、今回は既に町による雑草刈りがほぼ全域でされていたようで、たいした作業量にはならず、開始から1時間足らずでほとんどの区域が作業終了していました。
春の環境愛護デー2009

新しい会長と環境委員の方々が精力的にかつ要領よく段取りされたので、特に問題もなくスムーズに実施出来たようです。
わたしは、相変わらず写真撮影しながら、今年最大の目標である班再編成に備えてゴミステーションの現地確認に歩き回っていました。
菊美台に住むようになって、一住民としての初めての合同清掃日でしたが、やっぱり気楽ですわ。(^_-)
これだけの人数のイベントですから、世話役になるとかなり気疲れしますからね。
会長さん、環境委員長さんたち、お疲れ様でした。
関連記事

エアーウッド万歳 !!!

3月中旬に引っ越しを終え、ようやく落ち着いた生活が戻りましたが、無理してエアーウッドにした最大の目的のひとつであった、期待の防音性能は、まったく申し分ないものです。
今日も家族で(※)夜間に映画「ロード・オブ・ザ・リング」を観ましたが、地響き立てる大音響の戦闘シーンも心おきなく楽しめました。
以前の住居では考えられなかった事です。
夜中に同じ音量を出したら、5軒以上向こうまでの近所中に響き渡って、クレームの嵐間違いなしだからです。
以前に書いた「フーネモデルハウス」以上の性能かもしれません。
この閑静な環境にある戸建て住宅で深夜に堂々と大音響を楽しめるなんて、大げさでなく奇跡的な出来事です。
いろいろと計算外の不満はあるけれど、この点に関しては大大大満足ですわ。(^_^)v

(※)映画に関して、わたしはB級SFや戦争もの・ホラーもの等が好きなので、家族そろって楽しめるなんて、ライブラリの中の 2%程度なのです。そんなわけで、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズは貴重です。
関連記事

いったん卒業

4月5日に自治会総会が開催され、約100名の住民が参加しました。
毎回感じる事ですが、冒頭で主催責任者である会長から「ご多忙の中多数のご参加をいただき、誠にありがとうございます」的な謝辞を述べるのがどうにも不満です。
自分が会長なら、ゼッタイにこのようなへりくだり方をしないと思うからです。
便宜上、住民代表として会長や役員になってますが、一参加者であれ役員であれ基本的にみんな平等であるべきなのだから、参加者に向かって頭を下げる必要などないのです。
と、こんな事ばっかり言ってるのは、やっぱり少数派であり「ヘンなヤツ」なんでしょうね。
第8回総会
そのヘンなヤツがしゃべってますが、何かそっくりかえってますね・・・(^^;)
就任時から3年経ち、頭髪も減少しているような・・・
第8回総会であいさつ中
何はともあれ、3年間務めた自治会副会長の役目はこの日で終わりました。
好きでやってたとはいえ、かなりプライベートの時間を犠牲にしてきた事は間違いなく、一住民に戻って肩の荷を下ろしたという事でホッとしてます。
関連記事

"光"がほしい

我が家はとっくに(1ヶ月前)完成していましたが、「建築日誌」は終了しました。
建築着工当初は、よくある"マイホーム建築日誌"のように、詳細な進捗状況を書き込むつもりだったのですが、けっきょくは気まぐれに時折書いただけになりました。
この事は自分でも意外な結果だったのですが、考えてみると、いくら懇切丁寧に書き込んでも、しょせん自己満足に過ぎないとの思いがあったために、モチベーションが続かなかったのです。
身もフタもない言い方をすれば、ブログそのものが自己満足の産物なのですが、しかし、不特定多数に対する公開日記であるからには、どこかで少しでも他人様の役に立つような部分があるべきという考えから抜けきれません。
そんなわけで、毎日のように順を追って建築日誌を書くという事はしませんでした。そのようなブログは山のようにあり、終の棲家建築の参考にとあちこち見て回りましたが、最初は面白くても途中から急速に関心が薄れていく事の繰り返しでした。
そんな中で最も興味を引かれたのが「失敗談」です。そりゃそうですよね。「こんな風に夢を実現しました」という、他人にとってはまったくどうでも良い自慢話より「何でこの事に気がつかなかったのか」と悔やんでいる部分の方がよっぽど参考になるからね。
そんなわけで、竣工前から早くも後悔していた事がいろいろとあるので、それを記事にしていきます。

まずは「光」の問題です。
これまでに引っ越しは何度も経験してきているので、段取りには慣れているつもりだったのが、通信環境で落とし穴がありました。
電話回線の移転通知を、NTTには引っ越し 2週間以上前に連絡するのは当たり前の常識とわきまえていて、更に余裕をみて 3週間前に連絡したのですが、何と「移転先がサービスエリアの対象外なので光ファバーの工事には 3ヶ月以上かかる」との回答に凍り付いてしまいました。

高速インターネット環境必須の我が家では、ずっとひかり契約をしていました。大阪市内から菊美台住宅地に移転してきた時も、ひかり環境になるまで、やはり 3ヶ月程度はかかっていました。
ただ、移転といっても、同じ住宅地内でしかも徒歩 3分以内の場所なので、特に心配していなかったのが落とし穴でした。
やむなくとりあえずはADSL接続にしたのですが、これが遅くてたまりません。(-_-;)
gyaoスピードテストで、これまで平均速度が 30Mbps前後出ていたのが、何と今では 0.8から0.6Mbpsと、30分の一以下にまで落ちてしまった・・・
これが、ブログを書く気にもなれなかった要因のひとつではあります。
ま、こんな劣悪な状態でも、フツーにインターネットやメールを利用するには特別困るという事もないんですがね。わたしの利用状況はフツーではないのです。
関連記事

再出発

まったく、日記というものは、ちょっとさぼるとあっという間に間隔が空いてしまうものです。
目下のところ自分の人生最大のチャレンジであったプロジェクトが終わって、なぜかブログに記事を書くモチベーションが湧かず、気がついたら 1ヶ月以上も記事を書いていませんでした。
ブログシステムの主催者であるFC2からの、二度目となるいやがらせ(広告の強制表示)が始まっても、なかなか気分が乗らなかったのですが、この間にネタは十分に貯まっているし、今後は怒濤の更新に突入する予定です。そんな気になりました。
関連記事

| NEXT≫