FC2ブログ

間取り - シューズクローク

間取りのプランニング中は、あれやこれやと好き勝手にイメージをふくらませていますが、プロジェクトが具体化してくると、いつまでもそうはいきません。
(主にコスト面で)それなりに制約のある中で、いちおう思い通りの間取りデザインが出来て、それを基に設計図面が作成され、確認申請~資材の発注に進んでいきます。
とうぜん、ある段階で、間取りの大幅な変更は許されなくなります。注文住宅なのでいくらでもやり直しは出来るのですが、そのたびに建築着工が遅れる事になりますから、いつまでもわがままをいっていると、永久に完成しなくなるので、どこかでハラをくくらねばなりません。
我が家の場合は2008年9月下旬に基本設計が確定しました。もう大幅な変更は出来ません。
しかし、5年間もかけて練ってきたプランニングですので納得してはいたものの、そもそも自分の想像力だけで望みの家が出来るはずもなく、あちこちのモデルハウスや展示場めぐりをして来ました。
基本プランが確定してからも、"一生一度の事なのだから悔いのないように"と、相変わらずモデルハウスもうでは続けていました。
そして、これが最後と決めて見学に行ったのが、「宝塚山手台レジデンス」です。
菊美台では、きんてつの家以外の選択肢はないのですが、それだけにとらわれていては、本当に納得できる家は出来ませんからね。なにしろ関西人にとってあこがれの「阪急沿線」です。しかし、予算と地理環境(通勤の不便さ)で断念しました。それはさておき、"宝塚山手台"は最低でも 6,000万円からという、菊美台よりも更にランクが上の新興住宅地です。あくまで参考にと冷やかしに行ったのですが、そこで多用されていた"ロフト"と"シューズクローク"に触発され、ぜひウチでも取り入れたいと最後の設計変更をしました。
当初は練りに練った↓はずの玄関周りですが、
クロークなし
最終的にこんなカタチ↓に変更しました。このカタチにするのにかなり苦しみましたが。
コート収納のクロゼットまで無理矢理ひねり出して、ほとんどパズル感覚ですわ。(^^;)
クロークあり
スペースが最小限なので、シューズクロークのドアはありません。しかし、専用のクロークがあるのとないのとでは玄関のイメージが大違い。我が家は家族数たった3名ですが、ご多分にもれず玄関には常に5~6足以上の履き物が鎮座しています。
見慣れているので別に何ともない風景ではあるのですが、玄関がすっきりするに越したことはないので、専用ブース(クローク)を設ける事にしました。これはもちろん自分たちのためです。
玄関ドアを開けた時に履き物がひとつも目に入らないというのは、非常に気分が良いですから。
ところで。多数ある自宅建築のブログには、「お客様のために玄関をきれいにしておき、自分達はクロークに設けた裏口から出入りしている」という本末転倒な記事が散見されるのですが、この心理はまったく理解できません。
アホとちゃうか !? いったい誰のためのウチやねん !! どんな頭の構造や。信じられへんわ。
関連記事

建築日誌 - 基礎編

順序があべこべになってしまいましたが、基礎編です。
穴ぼこの中に見えているのは、「鋼管杭」。地盤が弱い(柔らかい)と判定された場合、基礎コンクリート打設前に専用の重機によって地中深く打ち込まれます。
直径約 100mmで、長さは十数メートルだそうです。意外と細いものです。
杭打ち2
写真のように、ちょうどケイタイ電話機の長さくらいの直径です。
杭打ち
地盤の状態によって、杭の数が決定されます。ウチの場合は、たしか全部で32本打ち込まれていました。
気がついた時には終わっていたので、残念ながら、杭打ち工事中の写真は撮れませんでした。(-_-;)
ちなみに、杭をガンガン打ち込むのではなく、こんな感じで先端にスクリューを取り付けてドリルの要領で回転させて押し込む工法のようです。これなら騒音もほとんどなく、杭自身の損傷も防止できるわけです。進んでるなぁ。
杭打ち3
ちなみに、鋼管杭の打ち込みは建築工事費以外に発生する完全なオプション工事費であり、決して無料ではありません。「坪25万円」のタマホームでも同様ですよ。
そして、打ち込む本数によって、当然ながら料金が変動します。100万から 200万円以上かかる事も珍しくないそうです。同じ菊美台住宅地の中でも、建築場所によって条件が違います。ウチの場合は当初見積額約 160万円(!!)でした。地盤補強が必要ない場所もあります。この場合は補強費用はゼロとなります。
ちなみに、写真奥に建っている家の宅地はほとんど補強が必要なかったそうです。ホンの隣り合わせなのに何という不遇・・・(-_-メ)
・・・と、今でこそクールに書いてますが、この注文住宅ならではの想定外費用によって資金計画が大きく狂って頭を抱えました。庶民の場合は、ギリギリの資金計画になるのが常ですから、ここで発生する費用がゼロか 200万円かによって、計画そのものの是非にまでさかのぼって考え直さねばならなくなるのです。
そんな事で多額の費用が余分にかかるくらいなら、菊美台には他にもいっぱい空き宅地があるのだから、地盤の良い場所にすれば良いのですが、そうは行きません。「緑道沿い」の選択肢はわずかしか残っていないのだ・・・
そうや!! きんてつに交渉してサービスしてもらえば良いんや!!
・・・以下、次号に続く。かも。
関連記事

建築日誌 - ホームシアター編

以前に載せた妙な配管の正体はこれでした。
空配管
見ての通り、ただのコンセントではありません。
分かる人には分かる、ホームシアター用の配管です。
これらの赤っぽい管は樹脂製の柔らかい電線管で、「PF管」と呼ばれています。内径16mmが1本・22mmが2本・28mmが1本です。管の中には何も入っていないので、"空配管(からはいかん)"といいます。その他、2本のグレーの細い電線が本来のコンセント用とテレビアンテナ用です。
空配管はホームシアターに必須の装備です。なぜかというと、将来ケーブルの入れ替えが必要になる可能性があるためです。老朽化ではなく、技術(と規格)の進歩によってです。
いちおう、老婆心で簡単にいっておくと「ホームシアター」とは、一般家庭に設けるAVルームを指します。
ちなみに"AV"とは"AUDIO & VISUAL"の意味です。念のため。
"ホーム"なんとかいう呼び方は非常にキライなので、"プライベート・シアター"と呼びたいのですが、必要以上にカッコつけてるようで更にイヤなので、通りの良い"ホームシアター"とします。
それ系の雑誌には、大型テレビを置いてる部屋もホームシアターと呼んでますが、わたしはスクリーンのない部屋を決してホームシアターとは呼びません。
観るのが映画であれスポーツであれ音楽ライブであれ舞台であれ、いやしくも"シアター"を名乗るからには、たかだか40インチ程度のテレビ画面では恥ずかしくありませんか ?
室内を真っ暗にして、スクリーンに映される映像のみが光っている部屋でなければ"シアター"を名乗ってはなりません。"リビング・シアター"など、もっての他です。
という、まさに「独断と偏見」はおいとくとして。

注文住宅の新築というのは、庶民にとって"ホームシアター"を持つ千載一遇のチャンスです。
そもそも、わたしもこれが目的で今の快適な自宅を処分してでも新築を決断したくらいですから。
暑さ寒さは、我慢と工夫と光熱費の多少の出費で何とか過ごせますが、「音」だけはどうにもなりません。部屋から出て行って隣近所に迷惑をかける音・外から入ってくるクルマや飛行機などの音・家中に響き渡り、家族に迷惑をかける音。
数百万かけて防音室にするという選択肢もありますが、10畳間が8畳間以下になってしまうし、どうせそんなカネをかけるなら新築にしてしまえというのが今回のプロジェクトなのです。
・・・・・ってオイオイ(^^;)

前置きが長くなりましたが、PF管の用途は「22φ2本が4組分のスピーカ・28φが映像ケーブル・16φがLANケーブル」用です。竣工後に自分で入線するので、電気屋さんには予備線だけを入れてもらう事にしました。
2階のAVルームには、気分に応じてシステム機器の配置を変えられるよう、写真のものとおなじ配管が2箇所にあります。これらの他にスピーカ専用の空配管も部屋の四隅にあります。
もちろん、肝心要のプロジェクター用配管も怠りありません。
・・・・・以下、次号に続く
関連記事

さよなら僕たちの幼稚園

あの感動をあなたにも !!
昨年の幼稚園卒園式からあっという間に一年の月日が経ってしまいました。
卒園式のハイライトであった「さよなら僕たちの幼稚園」合唱場面での忘れられない痛恨のミス!!
せっかく当時最新の高性能ハイビジョンビデオカメラを持参しながら、何と、我が愛息が一番奥の列にいて、反対側(画面手前)の撮影場所から動けなかったためにまったく映すことが出来なかったのでした。頭の先がわずかに見えるだけ・・・(号泣)
一生の宝物になるはずが、ほとんど価値のないものになってしまいました。
ようやくそのショックも癒えたので、せっかく撮った動画をみなさんに観ていただくことにしました。
画質が汚いですが、再生が始まってから表示される、画面右下の[HQ]ボタンをクリックするとハイビジョン映像になります。(回線品質によっては正常に再生出来ない場合があります)


さらに高画質で観てみたい方はこちらでどうぞ。
関連記事

間取り - たたみの話

わたしたち日本人は(・・・とエラそうに云ってみる)、部屋の広さを測るときにメートル単位ではなく、尺単位でしかイメージ出来ません。これは長年の日本人の生活様式・習慣・文化によるものです。
ちなみに、たたみのサイズ基準になっているのは、"6尺×3尺"ですが、メートル換算では、"1820mm×910mm(※)"です。つまり、畳一枚は約 1.66㎡なので、10畳の部屋は16.6㎡となります。
※もっと正確には"1818mm×909mm"なのですが、細かくなりすぎるので前者で話を進めます
例えば、モデルハウスの部屋に足を踏み入れたときに、「この部屋の広さは16㎡です」と説明されてもお客はきょとんとするだけで、「で、それは何畳のこと ?」と問い返し、「はいはい、だいたい10畳くらいです」と聞かされて、「あぁそうか、10畳か。ちょっと余裕があると思った。」
というやり取りにしかならないので、たとえメーターモジュールで造られていても、ほとんどのモデルハウスでは、"この部屋は6畳です"とか"このLDは15畳です"とか貼り紙がしてあります。
「その方が分かりやすいんやから、別にそれで良いではないか」とは云えますが、これがマンションとなると注意が必要です。
自分でも何度も体験しているのですが、マンションのモデルルームで"約8畳"とか"10畳相当"とか書かれてある部屋に入った時に、「ホンマに8畳か ? 6畳くらいにしか感じないけど・・・」
という感覚に間違いはありません。
"約○畳"という但し書きがついている場合は、例外なく畳一枚のサイズが小さく、単に"畳が○枚敷いてある部屋"という意味に過ぎません。
畳のサイズに厳格な規定がなく、"団地間"などというものが存在し、自由に呼称出来るためにこのような事態が起こるのです。詳細はここでどうぞ。

ま、きんてつのような名のある住宅メーカーではそのような詐欺的行為はないと思いますが、現代の木造住宅の場合、畳一枚のサイズは"壁心"を基準とする"江戸間(五八間)"になっているようです。すなわち、常に部屋の長辺短辺が約100mmずつ小さくなるので、畳 1枚のサイズが"1820mm×910mm"である事はほとんどありません。
ちなみに、たたみ2枚分相当の「1坪」は、厳格に"1820mm×1820mm"なんですがね。
和室に関心がないと言っておきながら、何書いてんねん、と自問自答しつつ。おしまい。
関連記事

もちつき会2009

三度目の開催で、はじめて好天に恵まれました。
さすがに段取りも慣れてきたので、材料の配分なども迷いなく出来るようになりました。
今回は事前に把握していた来場者数が前回並みだったので、それにあわせて 1人前当たりのもちの分量を決める事が出来ました。
1升あたり、いくつのもちをつくるかで調理の段取りが左右されるのです、今回はシンプルに1升で10人前としました。(前回までは12人前) 16升ついたので、160人前という計算です。
2台のレンタルもちつき器で計4升配分したので、人力もちつきは12升(6回分)でした。
菊美台クラブ・長寿会のみなさん、協力してくれた自治会スタッフのみなさん、道具類を提供してくださったみなさん、ありがとうございました。
もちつき2009
関連記事

| NEXT≫