FC2ブログ

建築日誌 - 窓

前回の撮影後に窓ガラスが入り玄関ドアが施錠されたため、好き勝手に侵入する事が出来なくなってしまいました・・・(^^;)

で、昨日詳細部分の設計確認会があり、5日ぶりに内部に入れてもらいました。屋根と外壁構造部分は出来上がっており、後は内部の造作と電気水道設備関係の工事に進みます。

3時間半にわたるヘビーなスケジュールでしたが、電気設備関係でこだわりの注文を多数出していたため、それらの打ち合わせに非常に時間がかかったのが原因です。
これについては、後日また別項のネタとします。

窓ガラスが入って、かなり家らしい雰囲気になって来ました。ところで本プロジェクトでは、洋風イメージを強調するため窓枠のカラーは白の格子入りで統一しています。
シャノンウインド」ブランドの高性能樹脂サッシとLow-E複層ガラスという、最強の断熱窓です。メーカーによると、防犯上も極めて高い効果がある事になっています。
シャノンウインドは、きんてつの外断熱住宅ではほぼ例外なく採用されているそうで、自分自身も5年前から他メーカーも含め、多数のモデルハウスでこの窓の遮熱・遮音性能は体験済みです。この高性能窓のおかげで、特に耐え難いほどの夏の西日を気にすることなく間取りをデザインする事が出来ました。

しかし。もちろん高性能はタダでは手に入りません。営業さんの説明では施工の手間に加えて、外部のネオマフォーム断熱材とシャノンウインド及び換気装置がかなり原価を押し上げているそうです。わたしの体験の範囲でも、およそ15~20%程度のコスト増になっています。
※あくまで「きんてつの家」での体験です。他メーカーの状況は分かりません。

ところで、下の写真右側の笑顔の人は、今回のプロジェクトのパートナーである、きんてつの営業マン網中利忠さんです。最初に相談をかけてから、実に5年間の付き合いになります。

この間、2度に渡る挫折があったんですが、めげずに良くサポートを続けてもらいました。
網中さんは一見頼りなげな雰囲気なのですが、その分押しつけがましいところもなくて、本当に誠実で知識も豊富で正確という、とても信頼出来る営業マンでした。
最も感心したのが、ややこしい質問や懸案事項にも迅速確実に対応してくれる、実に頼りになる営業さんでした。それくらい営業マンなら当然と思いたいのですが、これまで会った、いくつかの住宅メーカーの営業マンの中で、きちんと出来た人は皆無でしたので評価しています。施主の立場を良く理解していろいろと腐心してもらった事にも感謝しています。

・・・とはいえ、やはり彼もわたしも生身の人間です。長い付き合いの中でいろいろ思うところがあり、すべて100点満点とはいきません。わたしは近鉄の一顧客であり、その他の利害関係は一切ないので良くも悪くもありのままを書くことが出来ますが、今回のネタはシャノンなので、ここまでにします。
きんてつと網中氏については後日別項でみっちりと書く予定です。お楽しみに。

関連記事

建築日誌 - 窓枠

窓枠が入って、かなり家らしくなって来ました。

・・・「いきなりかよーっ!!」ってとこですが、現在こんな状況です。
上棟直後から三方を防塵ネットで覆われているため、残念ながら全景はこの方向からしか撮れません。
東側(向かって左側)のネットは、空き地なので実際要らんのやけどなぁ・・・(-_-;)

関連記事

終の棲家を造る(その2 外断熱)

長年大阪市内に暮らして来た者にとって、最低気温が3~4度ほど低い奈良の寒さはキツイです。引っ越して3年目からはだいぶ慣れてきましたが、職場は相変わらず大阪市内なので、通勤で生駒トンネルを抜けるたびに寒さが身にしみます。
とはいえ、今の住まいは一般的な木造住宅であり、特別に性能が低いわけではありません。ごく当たり前のレベルですので、贅沢な悩みというわけです。
この事が常に念頭にあるので、もし家を建てるならゼッタイに外断熱式しかないと思い続けて来ましたが、ようやく実現の運びとなり、非常に楽しみです。
もっとも、竣工は3月中旬なので、その性能を実感出来るのは蒸し暑い6月になってからですが。

ブログに何度も書いているように、菊美台に住む限り、基本的に「きんてつの家」以外の選択肢はありません。そして、通常の「きんてつの家」は日本の木造在来工法建築であり、造りそのものは良いのですが、気密性は日本の一般的な住宅と同様あまり良くありません。まったく「高気密住宅」ではないのです。
そこで、近鉄不動産住宅は(おそらく他社との差別化のため)、数年前から"エアーウッド"と称して外断熱工法に力を注いでいます。営業さんから「今後は100%外断熱になる方針」と4年前に聞かされたのですが、現時点でまったくそうなってません。外断熱の家はまだ少数派にとどまっています。外断熱の方が優れているに決まっているのですが、必然的に高価になるコストの壁はいかんともしがたいようです。

さて、外断熱工法に欠かせないのが、高性能断熱材と窓材と換気システムですが、今回は断熱材を紹介します。旭化成の断熱材「ネオマフォーム」です。発泡スチロールとウレタンフォームを合成したような高密度の材質で、素晴らしい断熱効果があるそうです。

我がエアーウッドでは、屋根には40mm厚・壁には25mm厚のものを使用する事になっています。

写真は建築現場から拝借してきたものですが、触れただけでその性能を感じる事が出来ます。例えば冬の冷たい地面にこれを敷いて足を載せてみると、すぐにほんのりと足裏が暖まって来るのが分かります。

試しに寝室の掃き出し窓に置いてみたところ、早朝の気温 -4度という寒い朝でもかなり室内温度が保たれる事が実感出来ました。こんなものが家中をすっぽりと覆うのですから、断熱効果は最高に素晴らしいものと期待せずにいられません。
そんなわけで、興味本位でテストしてみた後も、ずっとこの状態です。(^^;)

ちなみに、この 2枚は建築現場の廃材入れに捨ててあったものを回収して来たものなので、ご心配なく。 → 近鉄さん

関連記事

終の棲家を造る(その1)

今さら云うまでもない事ですが、資産家でも事業家でもない一介の庶民にとって、注文住宅を建てるというのは一世一代の大事業です。ほとんど一生かかって払い続けるローンと引き替えにようやく手に入るような高額な買い物であり、しかも今回は買い換えなので、更に事はカンタンではありません。

わたしは、男としては子供の頃から家というものにかなりこだわりがある方で、しかも「快適な環境に建つ一戸建て」にしか関心がありませんでした。ですから住居を考えるスタート地点である「持ち家か賃貸か」という議論は最初からパスです。

なぜなら、よほどの僻地は別として賃貸で「快適な一戸建て」など事実上存在しないからです。そのような物件自体はありますが、途方もなく高額な賃料と敷金であるため対象外です。

さて、現在居住中の家は中古物件なのですが、実は訪れる知人のほとんどが異口同音に羨ましがるくらいの良い物件なのです。外観はいまいち平凡なのですが、総サイディング貼りのため変色などほとんどなく、きれいなままです。そして南面に位置する一階の3室が合計26畳ほどあり、間仕切りなしで一体化しているため実に開放感にあふれています。家具や備品も最小限に抑えているため、とても小さな子供のいる家には見えません。そのうえ南側はクルマの通らない歩道に面していて、とても明るく、通行人もほとんどないので人目も気になりません。

更に、二階には自分のための10畳の個室があり、はた目には一体何の不満があって住み替えるのだというくらいの家ですが、終の棲家とするには耐えられないという大きな不満があります。
それは「冬の寒さと遮音性能」です。

関連記事

緑道プロジェクト発進

以前に何度か触れてきましたが、"緑道"とは菊美台住宅地を縦断する舗道です。

優れた住環境の菊美台住宅地ですが、中でもわたしにとって、この緑道沿いが最も魅力を感じる場所です。こんな所に住めたら良いのになぁ、というのが約5年越しの念願でしたが、この度ついに注文住宅を新築する事にしました。

実は、昨年 お気に入り風景で紹介した場所なのです。

まだ歴史の浅い菊美台の住人が同じ住宅地内に住み替えるというのは、最初のケースであり、おそらく最後かもしれません。(^。^;

大阪市内に住んでいて、菊美台住宅地に関心を持ったのが約6年前ですが、それから1年間ほどかけて度々調査に訪れるうちに緑道沿いの宅地に気がついたわけです。

当時は中央公園前の注文住宅が次々と建っていたので、早くしないとなくなってしまうとの焦りが生じましたが、なにしろ宅地の価格が目玉が飛び出るほどの水準だったので、とても手の出せる話ではありませんでした。

その後紆余曲折があり、中古住宅を購入して晴れて菊美台の住民となり、快適に生活して来たのですが、当初の想いを断ち切れずという結果になりました。

関連記事

2009年、菊美台便りが変わります

2009年になりました。明けましておめでとうございます。
実は昨年末から、我が家にとって最大のビッグプロジェクトがスタートしました。
それにともない、菊美台便りのコンテンツ内容が大幅に変わります。
とりあえずこんな感じです。

緑道プロジェクトのスタート

と、もったいをつけてみたりする・・・分かるよね ? (^。^)
関連記事