FC2ブログ

間取り - たたみの話

わたしたち日本人は(・・・とエラそうに云ってみる)、部屋の広さを測るときにメートル単位ではなく、尺単位でしかイメージ出来ません。これは長年の日本人の生活様式・習慣・文化によるものです。
ちなみに、たたみのサイズ基準になっているのは、"6尺×3尺"ですが、メートル換算では、"1820mm×910mm(※)"です。つまり、畳一枚は約 1.66㎡なので、10畳の部屋は16.6㎡となります。
※もっと正確には"1818mm×909mm"なのですが、細かくなりすぎるので前者で話を進めます
例えば、モデルハウスの部屋に足を踏み入れたときに、「この部屋の広さは16㎡です」と説明されてもお客はきょとんとするだけで、「で、それは何畳のこと ?」と問い返し、「はいはい、だいたい10畳くらいです」と聞かされて、「あぁそうか、10畳か。ちょっと余裕があると思った。」
というやり取りにしかならないので、たとえメーターモジュールで造られていても、ほとんどのモデルハウスでは、"この部屋は6畳です"とか"このLDは15畳です"とか貼り紙がしてあります。
「その方が分かりやすいんやから、別にそれで良いではないか」とは云えますが、これがマンションとなると注意が必要です。
自分でも何度も体験しているのですが、マンションのモデルルームで"約8畳"とか"10畳相当"とか書かれてある部屋に入った時に、「ホンマに8畳か ? 6畳くらいにしか感じないけど・・・」
という感覚に間違いはありません。
"約○畳"という但し書きがついている場合は、例外なく畳一枚のサイズが小さく、単に"畳が○枚敷いてある部屋"という意味に過ぎません。
畳のサイズに厳格な規定がなく、"団地間"などというものが存在し、自由に呼称出来るためにこのような事態が起こるのです。詳細はここでどうぞ。

ま、きんてつのような名のある住宅メーカーではそのような詐欺的行為はないと思いますが、現代の木造住宅の場合、畳一枚のサイズは"壁心"を基準とする"江戸間(五八間)"になっているようです。すなわち、常に部屋の長辺短辺が約100mmずつ小さくなるので、畳 1枚のサイズが"1820mm×910mm"である事はほとんどありません。
ちなみに、たたみ2枚分相当の「1坪」は、厳格に"1820mm×1820mm"なんですがね。
和室に関心がないと言っておきながら、何書いてんねん、と自問自答しつつ。おしまい。

間取り - 和室なんて要らない

住宅の間取りを考えるにあたって、特等席の位置が「東南角部屋」というのは常識ですね。
朝から昼にかけて常に日当たりが良く、午後は西日の影響を受けないという好条件です。
南側に隣接して高い建造物がある等の悪条件でなければ、家の中で最も快適に過ごせるこの位置にトイレや浴室がある間取りなど考えられません。
そして、自分では決して考えられないのがもうひとつ、「和室」を配置する事です。実際に居住されている家庭で、活用されているんでしょうか、この部屋は!?
週末になると沢山入って来る新聞の折り込みチラシの住宅の間取りを見ると、家の中でただひとつの和室が特等席に収まっている例の多いことに、悪い意味で感心させられます。
これは一体何なんやろ ? マーケティングというやつなのか ?
だいたい「和室」と言えば聞こえが良いが、床面積がたかだか30数坪程度の家では、単に窓が障子でタタミが敷いてあるというだけの部屋がほとんどです。しかも面積ときたら5~6畳相当程度。
ひょっとして将来親と同居するかもしれないための準備、といっても、こんな狭い部屋に ?
リビングに隣接して広がりを感じさせるなんていうのなら、最初からその分も含めて広々リビングにすれば良いではないか!! (ごろりと寝そべると気持ちが良い事は否定しませんが)
もしくは年に数回あるかないかの、親族やお客様が泊まっていくための部屋 ? ま、頻度が多ければ理解出来なくもないですが。しかし、今時そんな家庭はごく少数派なのではないのかな ?
和室で生まれ育ったのだから、自分の家を持つにしても心情的にひとつは和室が欲しい。
和室は多目的に使える ? 等々・・・貴重な場所を専有させるにはあまりにも薄弱な理由と思う。

というわけで、誰がなんと言おうとわたしはこの特等席にダイニング&キッチンを配置します。それしか考えた事がありません。主に食事をする場所だから"ダイニング"と呼んでいるだけで、わたしにとってそれは"リビングルーム"を意味します。家族と最も長い時間を過ごす場所だからです。
当然、キッチンはその一部とみなすので絶対に対面式です。
我が家では、7才の子供を含め、おおむね食後は各自別行動です。専用の"リビングルーム"なるものの部屋で、家族そろってソファに座って談笑しながらテレビを見るなんて生活は考えられません。そんなわけで、建築中の家では「和室」も「リビングルーム」も存在しません。
我が家にとっては、「ダイニング =  リビング」です。
ですから、ダイニングには一般家庭としては大きめのサイズの食卓をどんと置いてます。食卓の上には食事の時以外はごちゃごちゃ物を置かず、いつも広々としています。休日の朝はゆっくり新聞を読んだり、とりとめのない話をしたり。もちろん大切な話もここでします。小学生の子供もここで遊んだり勉強もします。妻は洗濯物の処理やアイロン台として活用してます。
子育て真っ最中なので、ここはいつも怒号が飛び交っていて心安らぐ場所とは行きませんが・・・
「早くご飯を食べなさい!!」「おもちゃを片付けなさい!!」「宿題はやったの!?」「食事の時はテレビを消しなさい!!」「食べ物をこぼさない!!」等々。いっぱしの口をきくようになった愚息はいちいち反撃するし ・・・とはいえ心地よい空間です(^^;)

ダイニングを重視するのは、自分の幼少からの体験が大きく影響しています。居間である和室よりも圧倒的に多くの時間を家族が過ごしていたのが台所兼食堂だったからです。子供であった自分にとっても、最も居心地のよい場所なのでした。

余談。
庶民の住宅で、ムカシの和室には、続き部屋のフレキシブルな使い勝手や掘りごたつや縁側など、魅力的な機能がありました。しかし今の自分たちのライフスタイルにはもう合わないのです。

家造り - 間取り


私見では、家造りの最大の関門が資金計画と間取りです。
※わざわざ"私見"なんて云ってますが、個人のブログなので当たり前ですわ
資金については、施主の数だけ事情があるものであり、内容も生々しすぎるのでブログでは書きません。後々折にふれてさらっと書くことがあるかも知れませんが。

さて、間取りです。住宅のカタログやチラシは言うに及ばず、書店では間取りだけを書いた本がたくさん並んでいますし、Googleで検索しても間取りの記事は山のように出て来ます。誰の目にも実感しやすいので関心が高いのだと思います。
間取りは住宅設計の基礎となるので非常に重要です。一見カンタンに描けそうに思えても実際にはそうではありません。建築について最低限の基本知識がないと出来ない作業なのです。
実は、6年前に初めて菊美台を訪問した時に、「こんな感じの家にしたい」と営業のA氏に"言葉で"イメージを伝えました。早速数日後には図面が出来上がり、見せてもらったところ、あまりの"素晴らしい"出来映えに「こりゃあ、自分でやるしかないな」と決意したのでした。
なぜそう考えたかというと、営業マンの手仕事の提案や会社が用意したサンプルに手を加えて・・・というストーリーにはしたくなかったからです。せっかくの一生一度の機会なのに、イージーオーダーもどきなんてとんでもない。まったくのゼロから世界に一つのオリジナルを造ってやるぞと意気盛んになったのでした。
それ以上に、任せておけないと決意したのは、建築家に依頼するのでない限り、間取りや家のデザインは住宅メーカーや工務店の営業社員等が担当する事になるからです。個人の能力に大きく左右されるし、建築家に匹敵するような営業マンがいるとは考えられません。
もちろん住宅メーカーにも一級建築士は存在しますが、わたしが体験した範囲では、彼らは施主のライフスタイルなど眼中になく、営業マンが持ってきた間取り図を元に建築申請図面を仕上げる事にしか関心がないようです。自分のプランを元に、これまで数十枚に上る、異なるタイプの図面を書いてもらいましたが、メーカー側の建築士から来た問い合わせは、構造に関する事がわずかに数回あっただけという事実が証明しています。これはきんてつに限りません。
この点が、"建築家"と"建築士"の決定的な違いですね。

それじゃあ、住宅メーカーのけっこう見栄えの良いモデルハウスは誰がデザインしているのだという素朴な疑問も芽生えてきますけど。
そんなの、アウトソーシングに決まってるって? ・・・それはさておき

さてさて。自分でといっても、際限のない修正の繰り返しになるのが目に見えているので、方眼紙に鉛筆でなんてやってられません。
そこで、これです。家造りの強い味方「マイホームデザイナー」さまです。


大阪の吹田市にある"メガソフト"という会社が長年地道な改良を重ねて育て上げてきた優秀なソフトウェアで、当時の"プロに匹敵する"から現在では"プロのツール"といえるほど進化しています。
メガソフトは、パソコン歴の長い人なら"MIFES"という素晴らしいソフトを送り出した会社として記憶していると思います。と、余談はここまで。
とにかく「3Dマイホームデザイナー」なくして、わたしの家造りは語れません。
ちなみに、これは2度目の挫折時の作品です。クリックすると大きくなります。


どーです。シロートにしては中々のもんでしょう ?
この作品は、残念ながら見積と資金計画が折り合わず、断念してお蔵入りになってしまったのでした。
さて、このソフトの真骨頂は、その名前の通り立体図がカンタンに出来上がる点です。


外構も書き込めば、こんな感じできれいに仕上がります。

ところで。ふつうは自分の家の内部構造なんか、不特定多数に見せたくはないもんですが、公開したのは、現在建築中の家がこれとは全然違うものになっているからなんですわ。(^^;) ・・・以下次号